百鬼も活きられる世の好い加減さを。渋谷ハロウィンの喧騒から。

ピコ太郎「PPAP」×YMO「Solid State Survivor」



c0002171_19455961.jpg
さて、昨日はハロウィン。私も何か気の利いたことをしたいと新宿の信濃屋で仕入れたパンプキンビール呑んでいい気分になってました。

そして行ったは渋谷。実は渋谷ハロウィンは一昨年、去年に次いで来るのは3回目。今年は金土日月と車両を止めて歩行者天国を実施するなどしていましたが、週末はイマイチ盛り上がりに欠けるというか、仮装勢が少なくて、私を含めて見学者ばかりな感だったので”渋谷ハロウィーンもフェーズが変わったのかな”と想っていたのですが、31日の本番は流石の盛り上がり。PPAPで騒ぎ、センター街はゾンビにあふれて、外国人も超楽しそうでかなりのハッピーハロウィンなひと時を過ごせました。

一昨年の渋谷ハロウィンはめちゃめちゃ楽しくて、去年は混雑が酷くて楽しむどころではなかったのですが、今年はギリギリアウト位の塩梅だったので愉しめました。土日とズレたのと歩行者天国でスペースができたのが良かったのかもしれません。

私自身は渋谷のハロウィンの騒ぎはたとえ広告代理店が煽った部分はあったにせよ、主催者の無い野放図な祝祭とヴォランタリーでスペシャルな空間としてかつての桜木町高架下のグラフィティのようなストリートのリアルなファンタジーを感じて好きなのですが、Webなんかを検索すると怨嗟の念が渦巻いていて。

2chなんかはネガ意見ばかりだし。あそこのメイン層40代50代の男性だから小言は多くなるのはわかるけども。Twet検索でもコミケコスプレ勢の人達?が「あんなルール無用なのと一緒にして欲しくない」とのこと。ううむ。

人は誰でも自分とは異質の他人が調子乗ってるのは癪に障るところはあるし、リア充的な傍若無人な態度は渋谷ハロウィンにはあるかもしれず、ハロウィンでコスプレしてるウェーイ勢が「コミケ?コスプレイベント?ヲタキメェw!」なんてのがあったら唾棄すべきだなとは想います。ゴミや痴漢問題は改善すべき課題なのは確か。

とは言え普段「若者のXX離れ」なんて言われてしまう彼らが弾けている現代のユースカルチャーとして、そして原宿、表参道、中目黒、代官山、恵比寿といったエリアの中で最近文化発信地として磁場を失ってきている感のある渋谷の新たなウリとして、渋谷ハロウィンは続いていってほしいなぁ。桜木町のグラフィティは横浜市が関わって終わったけれど渋谷行政は上手いことやって欲しいものです。90年代の渋谷はどこか怖い街というか、あの敷居の高さが"ヤバさ"に連なっていた感がある気がします。街に色を付けて強度をもたらすのは惹きを作る意味ではいい選択だと想います。

それにしても、何でもかんでも全て褒め称えればいい訳でもなく、渋谷ハロウィンには若者が溢す問題点もあるけれど、目の敵のように叩く輩は残念というか、中には「秋葉原みたくトラックで突っ込め」なんて書き込みもあって。相模原の事件みたいにそういうのが影響して誤った正義感を振りかざす狂人が出てきたらどうするんだ…!?と想ってしまいます。

そもそも、そういう人は渋谷に行かなければいいだけの話で。自分と関りがないのに悪辣な意見を書いて怨念を滾らせるのは、まるでフジロックのタイムテーブルで好きなのを観ればいいのに自分が嫌いなアクトが一ついるだけで文句を言うようなメンタリテというか。

想うに“共存”とは“棲み分け”で、総てを均一化することでないのだと想います。己が気に入らないモノが社会に存在することを認め、距離を置く姿勢も大切で。勿論人倫に悖る行為は法で定め、規制する必要がありますが、多数派が少数を圧殺すると(たとえそれがウェーイなノイジーマイノリティでも)ファシズムとなってしまいます。

この国はマナーの領域に物凄く煩い割にはイジメなんかの法律で対応すべきところをなぁなぁで済ます処があって閉口します。本当に規制したければロビー活動をして法に訴えるのが筋かなと。とは言え今は渋谷で騒げているので、強者は渋谷ハロウィン勢ですから逆に棲み分けすべきなのは私の方で、2chやら何やらでガス抜きしている処に首を突っ込むのがいけないのだと今気づきました(苦笑 また繰り返しますが自浄でやるにせよ行政がやるにせよゴミと痴漢は解決すべきだと想います。

昔は「人種の坩堝」なんて表現がありましたが、最近は異質なものを融かしていくのではなく各人種が個性を保ちながら共存することを指すために「人種のサラダボウル」という表現を使うようです。

現代はインターネットで全世界がフラットになって、日本国内での叩きどころか国際的な"常識"を押し付けてくる欧米の輩などもいますが、無機質なグローバリズム(という名のダブルスタンダードな価値観の押し付け)には自分は閉口です。

寧ろ理想の治世というのは、ある人には不快に思われるような自由も存在できるような、或は複数の価値観が共存できるような世界。そしてこれは逆に生まれた土地に縛られず自分の合う場所へ自由に行ける世が来たら一番いいのにと想います。

とはいえ此れは世界で有数の安全がある日本社会にいるからこそ言えることで。更には渋谷でハロウィンで騒げる時世ですしねw渋谷ハロウィンもいつまで今のような形で開けるかは闇の中ですが、好い加減に馬鹿やれるような世を今は愉しみたい、まぁ神無月でカミサマ達が出雲に行っちゃってるから百鬼がわんさか現れちゃった、みたいな感じで御目零ししてもらえれば幸いです<(_ _)>

海外「日本のほうが楽しそう!」渋谷ハロウィンのクオリティの高さに海外から羨望の声(海外反応 キキミミ)
by wavesll | 2016-11-01 20:29 | 小噺 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kamomelog.exblog.jp/tb/26114164
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 読書感想: 新田祥子 / もう... 菅実花 / The Futur... >>