モノの情報密度 柳本浩市展「アーキヴィスト - 柳本さんが残してくれたもの」@自由が丘six factory

c0002171_22181855.jpg
c0002171_22182734.jpg
c0002171_22183758.jpg
c0002171_22184753.jpg
c0002171_22212566.jpg
c0002171_22213440.jpg
c0002171_22214355.jpg
c0002171_22215291.jpg
c0002171_2223145.jpg
c0002171_2223229.jpg
c0002171_22233193.jpg
c0002171_22233937.jpg
c0002171_22285069.jpg
c0002171_222936.jpg
c0002171_22291142.jpg
c0002171_22292163.jpg
c0002171_22312193.jpg
c0002171_22313756.jpg
c0002171_22314567.jpg
c0002171_22315472.jpg
c0002171_22334799.jpg
c0002171_22335642.jpg
c0002171_2234645.jpg
c0002171_22341814.jpg
c0002171_2236294.jpg
c0002171_22361991.jpg
c0002171_22362834.jpg
c0002171_22363881.jpg
c0002171_22392512.jpg
c0002171_22393624.jpg
c0002171_22395098.jpg
c0002171_224099.jpg
c0002171_2242767.jpg
c0002171_22421734.jpg
c0002171_22422562.jpg
c0002171_22424942.jpg
c0002171_22425819.jpg
c0002171_2301982.jpg


柳本浩市展「アーキヴィスト - 柳本さんが残してくれたもの」を視に自由が丘six factoryへ行きました。

一桁代にして音楽の自由研究を出し、11歳でジーンズのコレクションが二万本を超える等、早熟のコレクションの達人だった柳本さん。彼の夥しいモノの貯蔵とキュレート。e=mc^2で情報が光ならば、モノは極大な情報体ではないだろうか、梅棹忠夫『知的生産の技術』外山滋比古『思考の整理学』を読んだ直後でもありそんなことを想わされました。

トリヴィアルなモノの収集は、本当に憧れる畢生のシゴトだと感じました。究極の道楽が公共性を持つ、そんな世界をモノの集積に浸った時間でした。

six factoryは自由が丘駅からそこそこ歩いた学校の向かいの倉庫。夥しいファイル展示があるので時間かけようと思えばいくらでもみれそう。日曜まで。
by wavesll | 2017-06-02 22:53 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kamomelog.exblog.jp/tb/26709347
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 特別展 茶の湯@東博 シンプル... shotahirama + M... >>