LUCERNE FESTIVAL ARK NOVA 移動式コンサートホールにて『カルメン』楽曲を聴く

c0002171_4763.jpg
c0002171_474190.jpg
c0002171_48419.jpg
c0002171_482990.jpg


ミッドタウンで膨らまされた移動式音楽ホール、アーク・ノヴァにてルツェルン・フェスティバル アーク・ノヴァ2017 in 東京ミッドタウン スペシャル・コンサートを聴いて来ました。

ラインホルト・フリードリッヒ(tp), 竹沢絵里子(p), アンドレア・レッチェル(fl)による主に『カルメン』からの演奏。

ピアノのボディを弾いたのが印象的でフルートが心地いいシチェドリン「アルベニス風に」、波状的なメロディのピアノソロだったモシュコフスキ「ビゼーのオペラ『カルメン』から ジプシーの歌」が良くて。ビゼー(プロト編)「カルメン幻想曲」もトランペットが心に残りました。以前飛行機で『カルメン』を聴いて一度直に聴いてみたかったので良かった◎

磯崎新とアニッシュ・カプーアによって創られたこのアート建築プロジェクト。その発端は311の際にルツェルン・フェスティバル総裁ミヒャエル・ヘフリガーが安否を気遣う電話をかけて下さったことから。今まで松島、仙台そして福島にてコンサートが開かれてきたそうです。

空調音が気になったり、客席に傾斜がないため見づらさは感じましたが、全体的にとてもアットホームな心づかいを感じて、この特別な空間でのコンサートを楽しむことができました。

このアーク・ノヴァ、最初は外国の人が創ったのではないかと言う位日本人離れしたデザインに感じていたので日本人建築家設計というのに驚いて。ただ改めてみると速水御舟『翠苔緑芝』『名樹散椿』にも通じる自然の抽象デザインをみてとれる気も。興味深いトポスでした。

アーク・ノヴァの一般公開はもう終わっているのですが、10/4まで東京ミッドタウンに設置され、コンサートが開かれます。当日券はそれぞれの公演の1h前から売り出されるとのことでした。
by wavesll | 2017-10-03 04:31 | 街角 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kamomelog.exblog.jp/tb/27806990
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 渡辺信一郎監督『BLADE R... 鶴見線ぶらぶら 海芝浦駅・国道... >>