鎌倉大仏(高徳院 国宝銅像阿弥陀如来坐像)

c0002171_23174038.jpg
c0002171_2318091.jpg
c0002171_23182361.jpg
c0002171_2319923.jpg
c0002171_23194425.jpg
c0002171_232037.jpg
c0002171_23201945.jpg
c0002171_23205584.jpg
c0002171_23215865.jpg
c0002171_23221915.jpg
c0002171_23184462.jpg
c0002171_23223912.jpg

長谷の大仏をみました。
衣の彫の深さに”定朝様から運慶達が打ち立てた鎌倉時代の感性が顕れているな”と想ったのですが、Wikipediaによると”「宋風」の仏像”とのこと。

背中も語る語る。2017年に造られたという草鞋も配置されていました。

体内巡りをしに内部に入ると一つの廣い空間が。

青銅の地が其の儘出ているのが武士好み。”改めてみると案外めっちゃいいじゃないか、おさらぎ様”と想ったら国宝と。然もありなん。

cf.
北鎌倉の明月院にて

源氏山の頼朝像とCafe Terrace 樹ガーデン
by wavesll | 2017-11-03 23:34 | 街角 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kamomelog.exblog.jp/tb/28181304
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< Montreux Jazz F... 源氏山の頼朝像とCafe Te... >>