EXHIBITION : 中國最先端 C.H.I 池磊 @DIESEL ART GALLERYにみる蒸気波的狂騒

c0002171_20514913.jpg
c0002171_20514099.jpg
c0002171_20513137.jpg

c0002171_20230969.jpg
c0002171_20232960.jpg
c0002171_20240135.jpg
c0002171_20252481.jpg
c0002171_20254671.jpg
c0002171_20290157.jpg
c0002171_20294622.jpg
c0002171_20300621.jpg
c0002171_20301963.jpg

渋谷DIESEL ART GALLERYにEXHIBITION : CURRENT 中國最先端 C.H.I 池磊を観に行ってきました。

中国の藝術家は例えば横浜トリエンナーレでも活躍したアイ・ウェイウェイがそうであるように、政治的な思想性から中国国内から出て、海外で活動/評価されることが多く、実際の中国内部のアートの蠢きは中々触れることが叶わないものがありますが、この池磊氏はまさに中国国内で活動し人気を得ているという点でまず興味を惹かれました。

赤が共産党とコカ・コーラのWミーニングであったり、ファッショナブルな広告に黒髪のアジア人女性を使ったりするところに今の上り調子の中華からの西洋に向けた自信や眼差しを感じたり、或いは近年のパステルな作品に関してはチェン・ティエンジュオの作品にも通じる感性を感じました。

上海万博に行ったときにみた奇妙奇天烈なビル群と青く照らされ街中が六本木のような高速道路、そんなバブルな狂騒を想起して。中国は今まさにVaporwave & Future Funk的な事象が発言しているのだと想わされる、熱を感じる展示でした。

by wavesll | 2017-12-05 20:30 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kamomelog.exblog.jp/tb/28481493
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< Kimono Roboto a... 太陽の塔ロボが土偶み@TAMA... >>