田原桂一「光合成」with 田中泯 at 原美術館

c0002171_04575525.jpg

c0002171_04055971.jpg
c0002171_04061967.jpg
c0002171_04063652.jpg
c0002171_04065590.jpg
c0002171_04071411.jpg
c0002171_04073128.jpg
c0002171_04080356.jpg
c0002171_04082230.jpg
c0002171_04553758.jpg

c0002171_04090509.jpg
c0002171_04092943.jpg
c0002171_04095097.jpg
c0002171_04101734.jpg
c0002171_04104325.jpg
c0002171_04110079.jpg
c0002171_04112303.jpg
c0002171_04114498.jpg
c0002171_04120371.jpg
c0002171_04133736.jpg
c0002171_04143638.jpg
c0002171_04145351.jpg
c0002171_04151856.jpg
c0002171_04154269.jpg
c0002171_04155898.jpg
c0002171_04162363.jpg
c0002171_04164222.jpg
c0002171_04170239.jpg
c0002171_04172505.jpg
c0002171_04181235.jpg
c0002171_04183072.jpg
c0002171_04185321.jpg
c0002171_04191150.jpg
c0002171_04193108.jpg
c0002171_04194852.jpg
c0002171_04201290.jpg
c0002171_04204307.jpg
c0002171_04205703.jpg
c0002171_04212619.jpg
c0002171_04214775.jpg
c0002171_04222798.jpg


c0002171_04225103.jpg
c0002171_04230695.jpg
c0002171_04231804.jpg
c0002171_04223863.jpg

田原桂一:光合成 with 田中泯 at 原美術館に行ってきました。

今年逝去した写真家田原桂一が田中泯のおどりを撮る、30年越しの試み。田中の彫刻のような肉体は時に金属的に、時に生命体に映える。光闇の間に存在する體。その存在に向き合う時空間でした。

最後の5枚は今年白州で撮られたもの。それ以外は1978年から1980年にNYやローマ、アイスランド等で撮られたもの。
47X31cmの作品は田原さん自身が現像したものだそうです。

当初原寸大のサイズに生々しい艶、大判に金属的な粒子感を感じたのですが、中2階、2階の小判には荒い粒子感も感じて。そして2017年の作品には立体性よりも絵画のような、濃密な自然の中の皮膚感覚がみてとれました。

そして冒頭に挙げたボルドーのUボートが置かれていた空間での、彫像空間に惹きこまれる寫眞。展示室から現場へ突き抜けるインスタレーションのような存在性が有りました。

田中泯さんによる原美術館での舞踏の観覧は0分で完売だったそう。展示は12/24まで。

by wavesll | 2017-12-18 05:01 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kamomelog.exblog.jp/tb/28631367
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< The Residents –... #FR2「コンビニな女」at ... >>