Staff Benda Bilili - Très très fortに三岳お湯割りでアフリカがほわっと薫る 第121回酒と小皿と音楽婚礼

Staff Benda Bilili - Très très fort
c0002171_20251920.jpg
c0002171_20242389.jpg
スタッフ・ベンダ・ビリリが今自分の中で熱くなってきていて。

コンゴ民主共和国のキンシャサで路上生活を営むポリオ障害者とストリートチルドレンからなるリズム・アンド・ブルースとレゲエの要素を取入れたルンバ系の楽曲を主に演奏するこのバンド。

2010年に来日もしていたのですが、当時の私がコンゴに求めていた音はKonono No.1的なより激しいダンス音楽だったのでスタッフ・ベンダ・ビリリにはそんなに嵌らなかったのでした。

それがどうも最近の體のリズムからか、無性に聴きたくなって。で、いざ聞いてみるとこれがまた體に馴染む^^
瑞々しい音とブルーズな感性が交わる滋味深さにすっかり嵌ってしまったのでした。

と、なると一献行きたくなるw今回は三岳をお湯割りで呑ってみました。硬質な芋焼酎がお湯でほわっと薫るのはスタッフ・ベンダ・ビリリの音楽ともベル・マリアージュ。

2017年はラテンが来ていた気がして、それは2016年末にceroが示していた航路が正しかったという感じなのですが、(これは私自身のバイオリズムに依るところも大きいですが)何となく2018年はアフリカが来るんじゃないかなぁと。昨年のBest Discの一つ、Jlin - Black Origamiが鳴らしたGqomも併せて 今年はAfricaに注目しながらリスニング・ライフを過ごせたらと想います。

by wavesll | 2018-01-17 20:37 | La Musique Mariage | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kamomelog.exblog.jp/tb/29154083
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< あの早朝から23年。阪神大震災... ネパール巑岏 7日目・帰国日 ... >>