MeCA展 Media Culture in Asiaの光と闇のArt Experienceがスゴい。

平川紀道 - datum
c0002171_21212289.jpg
couch - TRACING SITES
c0002171_21224102.jpg
Tad Ermitaño - Spinning Jimmy v.2.0
c0002171_21235489.jpg
Kawita Vatanajyankur - SERIES: TOOLS / WORK
c0002171_21253427.jpg
c0002171_21311138.jpg

Bani Haykal - 「眠らない夜のネクロポリス」
c0002171_21270773.jpg
c0002171_21272172.jpg
Guillaume Marmin + Philippe Gordiani – TIMÉE (Vimeo link)
c0002171_21305324.jpg
MeCAへ行ってきました。

デジタルテクノロジーの現代アート展。ラフォーレ原宿と表参道ヒルズで行われていて、まずはラフォーレ6Fへ。

平川紀道の画像を色素分解し6次元ユークリッド空間上の点として顕わす≪datum≫がまず面白かった。スーラの点描画で画かれた公園を撮影してストップモーションで点描に編集、それを木片に投影したものをスクリーンに再投影することで作品が画くものの時間経過と非同期で写される鑑賞を顕わしたcouch≪TRACING SITES≫も。

そしてスクリーンに浮かんだ要素がプリンターで印刷され続けるStudio The Future - Klara van Duikeren / Vincent Schipper Fil Fiat Luxや映像で画面端にぶつかると車輪がついた画面が動くTad Ermitaño≪Spinning Jimmy v.2.0≫等電子と物理の関係が面白い作品も。

表参道ヒルズB3Fに移って、キム・ジヌンのボードの上にある珠の数と位置で音楽が変位する≪Ball≫や坂本龍一+高谷史郎がつくったアジアの一定地域の天候データによって天井からの水滴の落下と音の変化をもたらすという≪「water state 1(水の様態1)」≫をみました。女性の社会的負担を映像で顕わしたKawita Vatanajyankur ≪SERIES: TOOLS / WORK≫や一方的なチェスのゲーム展開で国際情勢を比喩したBani Haykal「眠らない夜のネクロポリス」等も。

そして一番感動を湧かされたのはGuillaume Marmin + Philippe Gordiani – TIMÉE!暗闇の中で孔々から光が射し空間の位相が変わっていく12分間の作品。ディスプレイの2次元では分かりづらいですが、生で観ると光の3次元性が本当に感銘を受けて…!シンプルなものだからこその真新しい体験、単純なものこそ創り出すのは奇跡なのではと思わされました!

会期は明日迄。この≪TIMÉE≫はホント目から鱗で、恒常展示して欲しいくらいの体験を呉れました。

by wavesll | 2018-02-17 21:51 | 展覧会 | Comments(0)
<< 超人スポーツゲームズ@國學院で... 国風盆栽展at東京都美 >>