Kaleema – Nómada X 花酒「与那国」60度 第125回酒と小皿と音楽婚礼

Kaleema – Nómada
c0002171_20170790.jpg
BamudaさんのTweetで知ったこのKaleemaことHeidi Lewandowskiの音楽。ジャンル的にはデジタル・クンビアというそうですが、クンビアのいなたさは洗練され最新系の音像になっていてとても聴きやすいです。

ユニオンによるとVoodoohopともつながりがあるレーベルからのリリースだそうで。シャーマニックでスロウな電子感と南米感のある、液体的で、妖しくも素敵な精神性を湛えています。

これに何を合わせようかと想ったときに丁度いいのがあるぞと手に取ったのが与那国の花酒。泡盛なのですが、与那国の花酒はなんとアルコール度数が最大で60度なのです。

けれど飲み口は寧ろ甘さも感ぜられて深いAlcohol体験をもたらしてくれます。ここら辺本当に美味しいテキーラにも似ているかも。

Kaleemaの音と合わさると馨しい花の香りをかぐような霊性な刺激があって。この企画はListening体験に別の次元を飲食で相乗効果を出したくてやっているのですが、今回の実験結果は上々、とても気持ちの良い組み合わせと成りました。



by wavesll | 2018-02-22 21:15 | La Musique Mariage | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kamomelog.exblog.jp/tb/29329221
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 2月22日26時に聴く怪談風朗... 木村充揮 X 日本酒のおでん出... >>