ネオ・クンビア【rafi:ki / mix(tape) 018】 X 一番搾り 花見デザインパッケージ 第128回酒と小皿と音楽婚礼

c0002171_20501581.jpg
先日当企画で取り上げたKaleema – Nómadaがとても今の私の気分にマッチし、改めてデジタル・クンビア周辺をDigってみようかとYoutubeを回遊した結果見つけたのがこのMix。

そもそもデジタル・クンビアとはコロンビア発祥のダンス音楽“クンビア”をアルゼンチンのアーティストたちがクラブのサウンド・システムを通してデジタル化したもの。

どうもクンビアはいなたすぎて今まで耳に合わずデジタル・クンビアも聴かず嫌いなところはあったのですがこの動画の様なNeo-Cumbiaという米国で発達したクンビア・シーンはいなたさを馨らせつつ非常に洗練されていて好きです。これくらい電子的に洗練された演歌なんかも聴いてみたい気もしました。

この新奇な音に合わせたいのがKIRIN一番搾りの新パッケージ。
”ただ新パッケージなだけで中身は変わらないんだろう?”とお思いの御仁、私もそう思う人間なのですが、買ってみるとなんか新パッケージのビールって美味いんですよね。

これを”イメージ的なものが加味されて”というのも一つの解ですが、個人的に想うのは”出始めの新パッケージは新規ロットで鮮度がいいからでは”と想って。缶ビールでも出来てから日数が経ってない方が美味い気がするのです。これはペットボトルのお茶にも感じるところで。

鮮烈な麦酒を、北米発、南米源流のハイブリッドな音楽に。春はいよいよこれから。三寒四温な啓蟄ですが、麗らかな光のどけき日の前哨戦にまず酔おうじゃないかとw今日みたいな春の雨の夜も花粉症が気にならなくていいですね◎

by wavesll | 2018-03-08 21:05 | La Musique Mariage | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kamomelog.exblog.jp/tb/29358307
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< TZUSING - 東方不敗 ... 3branches - lum... >>