Tash Sultana 金属的な艶のあるGuitarを始めとしたMulti奏者なSSW

c0002171_22030561.jpg
Tash Sultana en Lollapalooza Chile 2018 (Live) | Concierto Completo (Full Show)


今年もストリーミング放送されたCoachella.
私は日曜に土曜日の中継を主に観たのですが、去年にHans Zimmerが魅せてくれたような特別な瞬間は、今年も勿論Nile RodgersやDavid Byrneといった大御所も素晴らしいステージをみせてくれたのですが、何と言ってもBeyonceのStageでしたね。

超弩級な質・量、ブラスでP-FUNKやらなんやら全米の熱量を全部かっこんだような音とダンス、ダンナも出るは妹も出るは最後はディスティニーズ・チャイルド再結成でこれに匹敵する感動はもはやバーフバリ・レベル。圧倒されました。

そんなレジェンド達の中でキラリと輝きをみせてくれたアクトがこのTash Sultana.

オーストラリア・メルボルン育ちの彼女はバスキングから音楽キャリアを始めたそうです。そんなキャリアもあってか人を魅せるライヴパフォーマンスは絶品で、ギターで弾き語りもすれば、ヒューマンビートボックスもすれば、シンセ、サンプラーはてまたトランペットにサンポーニャまで披露!豪の者っぷりを思う存分魅せてくれて。

そして幹となるギターが金属的な艶のある響きで、そこにエレクトロニクス等の浮遊感のある音、さらには少し掠れた霊性を帯びたヴォーカルが入ることで何とも素晴らしい音像が起ち上がっていて。これはめっけものでした。

来日してほしいなー。苗場か、WWW辺りでみれたら最高な感じ。Blue noteとかもありかも。馳せ参じたいミュージシャンがまた増えました◎


by wavesll | 2018-04-16 22:10 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kamomelog.exblog.jp/tb/29438002
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< Daniel Buren 《L... Gutevolk, Cicad... >>