Sílvia Pérez Cruz live at Blue Note Tokyo 2018. 5. 12. 2nd Set 現代カタルーニャ音楽の旗手による弦楽五重奏の特上AO VIVO

c0002171_23073510.jpg
c0002171_23075393.jpg
SÍLVIA PÉREZ CRUZ - "LES SUDS, À ARLES 2017" (Arte) (HD) (completo)


ブルーノート東京にて現代カタルーニャ音楽の旗手、Sílvia Pérez Cruzのライヴをみてきました。

現代カタルーニャ音楽。カタルーニャ語、スペイン語の楽曲に加えファドやサンバ等ポルトガル語圏、はてまたレナード・コーエン「ハレルヤ」のような英語詞のものなど多彩な楽曲群を唄って。幸せで可愛らしく楽しい歌から生きる激情を魅せる歌まで披露してくれ全てが特級!弦楽五重奏の最上の音の鳴りも最高!

シルビアは手綱で操るように自在に弦楽五重奏を指揮していて。バイオリンの男女、ビオラ、コントラバス、チェロ。あんなにもビートも優美も鮮烈もできる楽団…とてつもなかった!!弓で弾くだけでなく全ての弦楽器でピチカートでも奏でられて。本当に音が素晴らしくて、シルビアの歌も相まって”この音質、めくるめく夢のようだ”と想いながら聴いていました。

そしてシルビアの弾ける様な笑顔が本当に綺麗で。ハッピーな雰囲気の中、一曲一曲終わるたびにまるでカーテンコールのような盛り上がり。オーディエンスとの相乗効果で本当に素晴らしい雰囲気のコンサートとなりました。

アンコールの「GALLO ROJO, GALLO NEGRO」は弦楽五重奏のメンバーもスタンディングで鮮やかに迫力に満ち情熱を発した楽曲が。もうほんと素晴らしい、緩急、柔剛、人生の歓喜と哀しみすべて自在に鳴らすバンドに酔いしれた夜となりました。シルビアをイメージして創られたワインカクテルもナッツのフレイヴァーがきいていて美味でした◎



Member
Sílvia Pérez Cruz (vo)
Carlos Montfort (vln)
Elena Rey (vln)
Anna Aldomá (vla)
Miguel Àngel Cordero (b)
Joan Antoni Pich (vc)

by wavesll | 2018-05-13 00:00 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kamomelog.exblog.jp/tb/29490376
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< Thai Festival 2... カザフスタン民族音楽コンサート... >>