ギリヤーク尼ヶ崎 50周年記念横浜公演@六角橋商店街ドッキリヤミ市場

c0002171_08324472.jpg

c0002171_03114361.jpg
c0002171_03115853.jpg
c0002171_03121698.jpg
c0002171_03123454.jpg
c0002171_03125807.jpg
c0002171_03133008.jpg
c0002171_03135199.jpg
c0002171_03141023.jpg
c0002171_03143283.jpg
c0002171_03145122.jpg
c0002171_03150819.jpg
最後の大道芸人!1990年代絶頂期のギリヤーク尼ケ崎『じょんがら一代』神戸公演より 湊川神社

数年前TVのドキュメンタリーで知って気になっていた舞踏家のギリヤーク尼ヶ崎さんが六角橋商店街で公演を行うと聴き馳せ参じてきました。

椎間板ヘルニアやパーキンソン病を患い、87歳という高齢にして命の向こう側まで続く焔のような舞い。なんて透き通った瞳なんだ。数珠を振り回し水を振り撒き、地をのたうちまわる。

どこまでも切実で呪術的なオーラを感じさせる舞いに人を惹きつける重力が生じ、ひしめきあう観客と演者の異様な熱量が闇の中に存在していました。

「あと2年で(念仏じょんがらは)完成させる」「次はもっと仕上げてくる」。藝の道とはかくたることか。終演後投げ銭して語りかけ握手してもらった際の本当に力強い握力が頼もしかったです。

by wavesll | 2018-05-20 03:27 | 舞台 | Comments(0)
<< ヴェトナムフェスティバルでの水... Les Paul - Whis... >>