西美のコレクション展にて新蔵品のベルト・モリゾやモネ、ドガ。ミロやカンディンスキー、藤田嗣治にポロックにピカソetcをみる

ベルト・モリゾ ≪黒いドレスの女性(観劇の前)≫
c0002171_20070282.jpg
ペーテル・パウル・ルーベンス ≪眠る二人の子供≫
c0002171_20090203.jpg
アレッサンドロ・マニャスコ ≪嵐の海の風景≫
c0002171_20100105.jpg
アリ・シェフェール ≪戦いの中、聖母の加護を願うギリシャの乙女たち≫
c0002171_20105274.jpg
レアンドロ・パッサーノ ≪最後の審判≫
c0002171_20113041.jpg
ヤーコブ・ヨルダーンスに帰属 ≪ソドムを去るロトとその家族(ルーベンスに基づく)≫
c0002171_20123893.jpg
ウィリアム・アドルフ・ブーグロー ≪音楽≫
c0002171_20140614.jpg
ギュスターヴ・クールベ ≪眠れる裸婦≫
c0002171_20144175.jpg
ピエール・オーギュスト・ルノワール ≪アルジェリア風のパリの女たち(ハーレム)≫
c0002171_20152974.jpg
エドガー・ドガ ≪舞台袖の3人の踊り子≫
c0002171_20163116.jpg
ピエール・ボナール ≪『デリエール・ル・ミロワール』第158-159号(1966年4月刊)『ラ・ルジュ・ブランシュ』誌のためのポスター(表紙)≫
c0002171_20183007.jpg
マルク・シャガール ≪赤い鶏≫
c0002171_20190451.jpg
マルク・シャガール ≪イスバの風景≫
c0002171_20193628.jpg
マルク・シャガール ≪青い魚≫
c0002171_20202948.jpg
c0002171_20204510.jpg
ジョアン・ミロ ≪絵画≫
c0002171_20220128.jpg
c0002171_20221811.jpg
c0002171_20223707.jpg
ワシリー・カンディンスキー ≪『小さな世界』:I≫
c0002171_20231523.jpg
ワシリー・カンディンスキー ≪『小さな世界』:II≫
c0002171_20234972.jpg
ワシリー・カンディンスキー ≪『小さな世界』:III≫
c0002171_20242569.jpg
ワシリー・カンディンスキー ≪『小さな世界』:IV≫
c0002171_20245963.jpg
ワシリー・カンディンスキー ≪『小さな世界』:V≫
c0002171_20253580.jpg
c0002171_20255029.jpg
オーギュスト・ロダン ≪フギット・アモール(去りゆく愛)≫
c0002171_20263117.jpg
モーリス・ドニ ≪若い母≫
c0002171_20270815.jpg
ジョン・エヴァリット・ミレイ ≪あひるの子≫
c0002171_20274655.jpg
ラファエル・ロラン ≪詩≫
c0002171_20281516.jpg
ラファエル・ロラン ≪楽≫
c0002171_20284049.jpg
ピエール・ボナール ≪働く人々≫
c0002171_20291463.jpg
ポール・シニャック ≪サン=トロペの港≫
c0002171_20294750.jpg
キース・ヴァン・ドンゲン ≪カジノのホール≫
c0002171_20302032.jpg
ジョルジュ・ルオー ≪道化師≫
c0002171_20304777.jpg
マックス・エルンスト ≪石化した森≫
c0002171_20312821.jpg
パブロ・ピカソ ≪アトリエのモデル≫
c0002171_20321288.jpg
パブロ・ピカソ ≪男と女≫
c0002171_20324244.jpg
藤田嗣治 ≪座る女≫
c0002171_20334223.jpg
ジャクソン・ポロック ≪ナンバー8, 1951 黒い流れ≫
c0002171_20342312.jpg
国立西洋美術館の愉しみと言えば常設展。先日プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光 を観た時にみたコレクション展はやっぱり凄くて。注目は新蔵品。写真を載せたモリゾ、ドガの他、モネも複数新蔵品があり、さらには≪つみわら≫なんかも展示してありました。

ポロックも最晩年の黒がうねる作品。そしてフジタが凄い良いのがあったのが嬉しかったです。そして新館 版画素描展示室で開かれているマーグ画廊と20世紀の画家たち―美術雑誌『デリエール・ル・ミロワール』を中心にもカンディンスキーやシャガールが素晴らしかったです。

おまけにこれまでも撮って来た西美常設展の寫眞レポをお裾分け◎






by wavesll | 2018-05-21 20:52 | 展覧会 | Comments(0)
<< “常連”考 悪の建築展 第4章:前衛 at... >>