yorosz / Ambient Thug Mix 004 X TOKYO CRAFT BELGIAN WHITE STYLE 第136回酒と小皿と音楽婚礼

c0002171_21541455.jpg

1. Ø(Mika Vainio) - Station 15, Room 3.064 Part 1 2. John Cage - In A Landscape 3. Joseph Clayton Mills - The Patient Part I 4. Giuliano d'Angiolini - Orrizzonte Fisso, Bordoni Mobili 5. D'Incise - L'Effort De L'Eau 6. Alvin Lucier - Risonanza 7. Jon Gibson - Cycles 8. Lieven Martens Moana - Music For A Clearing 9. Morgan Evans-Weiler - environments III 10. Will Montgomery - 2012(2) and 2012(4) by Manfred Werder 11. Bruno Duplant & David Véléz - Preservation II 12. THA BLUE HERB - サイの角のようにただ独り歩め 13. David Grubbs & Taku Unami - Failed Celestial Creatures 14. D'Incise - Hibernation De Mauvaise Herbe 15. My Cat Is An Alien - Fragments Suspended In Time (Alba / Sunrise) 16. Haptic - ten years under the earth 17. Victor Erice - from “El espíritu de la colmena” 18. Lea Bertucci - Sustain and Dissolve 19. Gilles Aubry - And Who Sees The Mystery II 20. Angelo Petronella - Insieme Sonoro 109 parte 1etc...


以前も取り上げたyoroszさんのAmbient Thug Mix。 今回ドロップされた音もとても佳かった。

がなりたてることはなく、けれど尖れたノイズの通低音が、情景を変貌させながら49:41流れていく手腕が美事。
個人的には聴いていてコンクリートという石に宿る聖性というか、赤道、バリ辺りの黒を基調としたリゾートホテルで自然音と人工音、緊張とRelaxが同居するイメージな感覚で、上質な時間が過ごせました。

何かそんなリゾートなイメージで飲料を選ぼうかとコンビニを覗くと置いてあったのがこのTOKYO CRAFT。”BELGIAN WHITEなら甘さとシックさがあっていいじゃん”と手に取って。

呑み始めると頭がほわっと緩くなっていくのとこの音のシャープさで、ダイヴィングでいう処の中性浮遊状態。そこから段々雑念が濾過されていって、深い場所へ潜っていく感覚は心地が好いものでした。

by wavesll | 2018-06-05 21:57 | La Musique Mariage | Comments(0)
<< 冗談の行間が読まれなくなった時... 「Kihachiro Onit... >>