人気ブログランキング |

与那国島旅行記 初日 最西端・西崎からの夕陽、そして台湾の島影

c0002171_21384955.jpg
与那国島へ行ってきました。日本最西端、台湾まで110kmの島。大変印象深い旅行となりました。

月曜に出発し、予定では石垣で一泊するつもりだったのですが、翌日台風で飛行機が飛ばないことが予測され、急遽乗り継ぎ20分で与那国行きへトランジットし前乗りすることにしたのでした。

羽田ー石垣のジャパントランスオーシャン航空は安室ジェットで、機内音楽にも安室chがあって。機内のビデオも安室のPV。Do It For Loveとかキラキラしてました。
c0002171_20444629.jpg
石垣着。珊瑚礁が美しい。羽田発が遅れ冷や冷やしたのですが、与那国行きも30分遅延し、石垣空港でシークワーサーの飲料を買う余裕も持てました。
c0002171_20475002.jpg
c0002171_20494679.jpg
琉球エアコミューターで与那国へ。小さめのプロペラ機。眼下に広がる海原に浮かぶ島々。”おぉ、あれは西表、あれが波照間かな”と眺めるのが楽しい。
c0002171_20512447.jpg
c0002171_20513457.jpg
機内に置いてあった八重山専門誌「やいま」を読む。石垣ー与那国は35分なのであっというま。
c0002171_20522057.jpg
みえてきた!与那国島!日本の西の果て。紺碧の海に浮かぶ緑が美しい。
c0002171_20540822.jpg
c0002171_20543935.jpg
着いたぜー!!!!
c0002171_20554765.jpg
空港までクルマで迎えに来て下さった宿の御主人に「最西端での夕陽をみたいのですが送っていただけることは可能ですか?」とお願いすると「もう台風でお客さんが帰ってるのでOKですよ」とのこと。台風で前倒しにした自分は奇特なタイプかw

最西端の岬の前に夕陽がきれいに見える浜をみせてくれた。
トイレの建物が円にくりぬかれていて、丁度ここから夕陽がみえるらしい。いいねぇ。
c0002171_20590872.jpg
c0002171_20592446.jpg
そしてクルマを走らせほどなく着いたのが西崎(いりざき)。ついに着いた。最西端。日本の東西南北の果てで一般人が入れる最果てはここのみ。(他は択捉、南鳥島、沖ノ鳥島)。人が入れるところだと北海道の宗谷と沖縄の波照間は行ったことあるから、あとは東か。小笠原とかだろうか?
c0002171_21013992.jpg
c0002171_21015724.jpg
c0002171_21021429.jpg
与那国島を望む。
c0002171_21025146.jpg
もう19:00くらいなのにまだこんなに日が高い。流石日本で一番日の入りが遅い處。日が沈むのはこの日は19:40。
c0002171_21041321.jpg
c0002171_21042729.jpg
段々日が低くなってくると島の人たちがぽつりぽつりと夕陽をみにいらっしゃってきた。

お話しさせていただいた神奈川から移住したご夫婦が「あれ台湾ですよ!」

おお!まじか!確かに雲に上にうっすら山影がみえる。「天気が悪くなる前はみえることがあって。年に2,3日しかみえないから幸運でしたね」おおお!来た甲斐があった!宗谷岬ではサハリンが見えなかったので、果ての先に世界が開ける感じ、感慨深い。
c0002171_21070533.jpg
c0002171_21073141.jpg
与那国島、西崎の夕陽。これがみれたから、いい旅となった。
c0002171_21094246.jpg
c0002171_21095402.jpg
c0002171_21103010.jpg
c0002171_21104700.jpg
台湾がこんなにみえることもあるのか。
c0002171_21115364.jpg
宿でチェックインし、夕食は居酒屋で。与那国は飲食店が少ないので事前に予約を入れておいた方がいいです。こちらには明日も予約をいれていたのだけれど明日は台風で店を閉めるらしく、集落の商店でパンとかペットボトルを買い込んで明日に対策。
c0002171_21151687.jpg
ハラゴ(カジキ)。島トウガラシの薬味がタバスコっぽくて面白い。
c0002171_21162368.jpg
島らっきょうの天ぷら。これが抜群に美味かった!
c0002171_21171164.jpg
カウンターに物凄い大きな酒瓶が置いてあって。カジキ釣り大会の景品らしい。与那国で一番大きな祭で、なんとこの前日まで3日間開かれていたとか。全然情報が入って来てなかった!今年の一位は238kgの超大物だったらしい!
c0002171_21185743.jpg
にごり泡盛 海波で離島一人酒。
c0002171_21203215.jpg
てびちがまーじうま!
c0002171_21214221.jpg
へちまのみそ炒め。明日は非常食だから今夜はがっつりw
c0002171_21253070.jpg
そして与那国で一番楽しみに飲もうと想っていたのがこれ!花酒 どなん60度。与那国だけ60度の酒をつくることがゆるされていて。以前飲んだことがあって、するっと飲めてしまうその恐ろしさに喉がカーっとなったものだったw

で、呑んでいたら隣のおじいから「そりゃ舐めるものでそんな飲み方をするものじゃないよ」と注意されてしまったwこちらの人は普通は「どなん30度」を水割りで嗜むらしい。しまった、奇天烈な飲み方をしてしまったか。それにしても美味い。地の酒をその島で飲めて嬉しい。
c0002171_21295873.jpg
外へ出ると満天の星空。こんなに星をみれるなんて感激だ。

車が吹っ飛ばされけれどさっきのおじいに「沖縄の台風を舐めちゃいかんよ」と言われていたなと想って宿で台風8号の情報を調べたら以前の台風で車が吹っ飛ばされたりコンテナが崩れたりとか恐ろしい情報が。ちょっと身の危険を感じながらいつの間にか寝落ちしていた。






by wavesll | 2018-07-13 21:32 | | Comments(0)
<< 与那国島旅行記 2日目 台風襲来の晩 Suchmos「VOLT-AG... >>