人気ブログランキング |

O'ZBEK蒼天 ウズベキスタン旅行記 10. サマルカンド:ビビハニム・モスク, ショブ・バザール

c0002171_20090133.jpg
c0002171_20501804.jpg

レギスタン広場から数分歩いてビビハニム・モスクへ。
c0002171_20103151.jpg
c0002171_20104745.jpg
c0002171_20111196.jpg
c0002171_20123041.jpg
c0002171_20112928.jpg
c0002171_20125011.jpg
c0002171_20130436.jpg
c0002171_20132067.jpg
c0002171_20135687.jpg
c0002171_20173928.jpg
ビビハニムは「第一夫人」の意味。
実際はチムールがつくったもので、中央アジアで最大のモスク(金曜モスク)で、チムールがインド遠征をした時にみた現地の建築の威容に負けない壮大なものをつくろうとしたそう。
c0002171_20183177.jpg
c0002171_21282113.jpg

c0002171_20190661.jpg
c0002171_20192988.jpg
わずか4年の突貫工事でつくったため、損傷・崩壊が進んでしまい、ユネスコからサマルカンドの世界遺産登録の際に「修復しすぎ」と難色を示されたそう。
c0002171_20220447.jpg
c0002171_20221843.jpg
c0002171_20223096.jpg
ジュマモスクの前には石造りのコーラン台が。
c0002171_20224683.jpg
c0002171_20231061.jpg
c0002171_20243947.jpg
c0002171_20245234.jpg
このモスクの建築にはある伝説があって。チムールの第一夫人・ビビハニムがチムールがコーカサス遠征をしている間に巨大なモスクを作ってチムールにプレゼントしようとしたというもの。

けれどこの伝説はここからが面白くて、建築家がビビハニムに惚れ、工事は遅々として進まず、しびれを切らしたビビハニムが建築家を責め立てると「キスさせてくれたら一瞬で間に合わせる」と。

ビビハニムは迷いましたが、最後はキスを許します。

チムールは帰ってきて巨大なモスクに喜びますが、ビビハニムに残るキスマークに憤慨し、建築家を殺そうとしますが、建築家は自作の羽機械で飛んで逃げて行ってしまったというもの。
c0002171_20320982.jpg
モスク内部はかなり荒廃していた。上から石が落ちてきてけが人も出て、入るのは推奨されていない。
c0002171_20330350.jpg
c0002171_20331647.jpg
c0002171_20333005.jpg
c0002171_20334434.jpg
c0002171_20340158.jpg
c0002171_20345017.jpg
c0002171_20351930.jpg
ビビハニム・モスクに向かって左の建物では細密画が売られていた。
c0002171_20353266.jpg
c0002171_20354720.jpg
c0002171_20360232.jpg
c0002171_20363420.jpg
c0002171_20364616.jpg
こちらはビビハニムモスクに向かって右の建築
c0002171_20381009.jpg
c0002171_20382132.jpg
ビビハニム・モスクを後へ
c0002171_20385583.jpg
c0002171_20390995.jpg
ビビハニム・モスクのすぐそばにはショブ・バザールが。ボゾールのそばに古来モスクはつくられた。
c0002171_20405715.jpg
c0002171_20411219.jpg
c0002171_20412838.jpg
c0002171_20414235.jpg
c0002171_20415685.jpg
ここではナッツ類やドライフルーツ、米、香辛料から電化製品、衣服、奥の方では酒類なんかも売られているそう。ドライフルーツなどは量り売り。
c0002171_20440464.jpg
c0002171_20441992.jpg
c0002171_20443223.jpg
c0002171_20444599.jpg
c0002171_20445907.jpg
c0002171_20451492.jpg
c0002171_20453983.jpg
c0002171_20455207.jpg
c0002171_20462046.jpg
c0002171_20463455.jpg
c0002171_20464986.jpg
これはサマルカンドナン。なんでもウズベクの乾いた気候では2年持つそう。
c0002171_20474268.jpg
c0002171_20480697.jpg
c0002171_20481860.jpg
c0002171_20483466.jpg
c0002171_20485201.jpg
c0002171_20491948.jpg
c0002171_20493375.jpg
c0002171_20494902.jpg
c0002171_20500426.jpg

c0002171_20504276.jpg
c0002171_20512522.jpg
c0002171_20513916.jpg
c0002171_20515492.jpg
c0002171_20520776.jpg
c0002171_20522202.jpg
c0002171_20523886.jpg
c0002171_20525398.jpg
c0002171_20531023.jpg
c0002171_20533355.jpg
c0002171_20534734.jpg
c0002171_20543546.jpg
c0002171_20544985.jpg
c0002171_20550433.jpg
c0002171_20551939.jpg
c0002171_20553374.jpg
c0002171_20554654.jpg
c0002171_20561368.jpg
c0002171_20562696.jpg
c0002171_20563955.jpg
c0002171_20565461.jpg
c0002171_22064852.jpg
試食もガンガンさせてもらえるけど、買わなかったからなんか悪かったなw
さて、サマルカンド観光はもちっとだけ続くのじゃ。




by wavesll | 2019-07-14 20:57 | | Comments(0)
<< ブチャラティVANS & ジョ... O'ZBEK蒼天 ウズ... >>