人気ブログランキング | 話題のタグを見る

山本精一有観客有配信ディナーショー「PHYSICAL CAFÉ BRAIN」@SUPER DOMMUNE 澄み切った前衛音楽

山本精一有観客有配信ディナーショー「PHYSICAL CAFÉ BRAIN」@SUPER DOMMUNE 澄み切った前衛音楽_c0002171_18411734.jpg
DOMMUNEで開かれた山本精一さんのPHYSICAL CAFE BRAIN、素晴らしかった。
3月に開かれたコロナ調伏撲滅祈念、 山本精一絶叫無観客ライブ@難波ベアーズはライヴというものの生々しい祝祭性・呪術性をありありと蘇らせるものでしたが、今回は宇川さんがそれに呼応し有観客有配信LIVE。私は生ではトーク部分で寝落ちするという失態を犯したのですが、幸いアーカイヴでみることができて。有料配信に於いてはアーカイヴ最高。

トークが始まる前に山本精一さんと大友良英さんのギター饗宴が。これも凄くいい質感の刻みで。大友さん、この間は秋葉原グッドマンで灰野さんとやってたし、凄腕のハブだなぁ。

そして山精さんの歴史を振り返るトークの後、いよいよライヴ!
まるで鈴虫の様に、小鳥のさえずりの様に響くインダストリアルな鈴の音と、ギターの鳴り響き。「アルペジオが一番ぶっ飛ぶ」とトークでおっしゃってたけれど、夜更けから夕方まで、幾度も幾度も寝落ちしてしまいつつ、リピートし返して。これ、相当に前衛的な音なのにずっと聴いていられるし、なんなら安らかに眠ってしまう。本当に凄い心の安寧が、こんな半ばノイズ・ドローン的なものからもたらされるとは。澄み切ってる、心の深いところへ潜っていく感じ。

ソロのギターでは途中で不均等なリズムで弦を弾く一幕がありそれも凄く良くて。ソロパートの最後にブルースハープ独奏(これも良かった!)があり、そこから大友さんやドラビデオさん、φononの佐藤さんらが加わり合奏、すげぇなぁ、これは生で観たらどれだけの感動だろう…なんとなく配信でも音いい感じだったけど。と同時に夕刻にこれを流しながら、窓から入る気持ちの良い風をベッドの上で受けると”あぁ、すっごくいいなぁ、これは、幸せだ”と想ったものでした。

by wavesll | 2020-07-26 19:02 | Sound Gem | Comments(0)
<< 大野えり (ERI OHNO)... Dos Monos - Dos... >>