人気ブログランキング | 話題のタグを見る

TERRY RILEY LIVE IN さどの島銀河芸術祭@DOMMUNE

TERRY RILEY LIVE IN さどの島銀河芸術祭@DOMMUNE_c0002171_05262171.jpg


ミニマルミュージックのオリジネイターの一人、テリー・ライリー。実は彼は佐渡島でのアートプロジェクトで今年の二月に来日していて、米国のCOVID-19の猛威を鑑み、そのまま日本に滞在、そしてさどの島銀河芸術祭において、観客も陰性証明必須の下、パンデミック以降初の来日ライヴ(滞在してるけど)が開かれたのでした。

そして何を隠そうこのプロジェクトの仕掛人の一人、宇川さんがDOMMUNEにおいて昨晩そのライヴを上映したのでした。

舞台となったのは北沢浮遊選鉱場跡。私も佐渡へ行った際に訪れたのですが、いい雰囲気なんですよね。超古代の遺跡みたいで。

ライヴの開始はAM5:00から。闇のなか、弟子のサラさんがアラビアのマスク・ダンサーのように妖艶に踊り、テリーさんの指弾もなんとも艶っぽくて。ミニマルミュージックという呼称でよくいわれるけれど、宇川さんが言っていたようにテリー・ライリーさんの音楽はラーガにかなり影響を受けていますね。そして不意に挟み込まれるレインボーな煌めき。虫達の声もとても良くて。

そしてやうやう明けていく中、テリーさんの鍵盤もパイプオルガンみたいな聖性を帯びて。スピリチュアル・ジャズさもきらりちらりとみせ、放送はアンコールまで含めてされました。素晴らしい演奏と環境でした。前に生でみたときより良かったかも◎!

さどの島銀河芸術祭ではテリーさんに百年残す音楽アートを佐渡島につくってもらうそうです。鬼太鼓とファッションショーとDJのShowとか、センスキレキレ。なんかホント、こういうプロジェクトはわくわくさせられますね。いいものがみれました。

by wavesll | 2020-10-27 05:47 | Sound Gem | Comments(0)
<< 鉄腕アトムの足音を創ったヒト ... SOI48 VOL.41 PO... >>