人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『ボルサリーノ』フレンチ・チンピラ・タッグ一代記

Borsalino - Trailer
『ボルサリーノ』フレンチ・チンピラ・タッグ一代記_c0002171_12430888.jpg
ジャック・ドレー監督『ボルサリーノ』を観ました。

1930年代のマルセイユを舞台に裏社会で成り上がろうとするジャン=ポール・ベルモンド演じるフランソワとアラン・ドロン演じるロッコの2人のチンピラの一代記が描かれて。

最初恋人を取り合って喧嘩し、意気投合してチャチな詐欺とかをやっているうちは軽妙洒脱な音楽も込みでコメディーチックな感じで、まぁしょうもないチンピラなんだけれども、フランス娘たちはカワイイし、それこそジャン=ポール・ベルモンドなんかルパン三世のモデルにもみえるような楽しい映画だったのですが、段々と裏社会の顔役との血で血を洗う抗争に物語は闇墜ちしていって。その中で験されるフランソワとロッコの友情。

このタッグが魅せたバディとしての結末は、”このバイブス、「あぶ刑事」にも通じるけど、遥かにその先まで描いてる”って感じで。本当に2h一寸の映画なのですが物語の描いた足跡が途中で『ゴッドファーザーIII』みたいな政財界まで射程に入るし、本当に遠くまで描き切って。まさに一代記。このストーリーメイキングには痺れました。

cf





by wavesll | 2023-11-26 12:56 | 映画 | Comments(0)
<< エドワード・ホッパー《Nigh... 『泥棒成金』ヒッチコックが描く... >>