wandervogel

突然ですが、みなさん、泣いたことありますか?
僕はここ十年くらい泣いたことがありません。
それどころか、なんというか、感情自体があまりわかりません。
快・不快はわかるのですが、人の心の機微なんていう高等なものはほとんどわかりません。
身近な人が死んだら僕は泣けるのでしょうか?
漠とした不安は、もしかすると「感情豊かであるべきだ」という考えから生まれているのかもしれません。
感情豊かな人というのはなんだか魅力的な気がします。
そのため僕は恐ろしいことに感情をわざわざオーヴァーに表現しようとする嫌いがあります。
「こーいうときは、こー思うべきだ」
なんて、うそ臭いんでしょう。
薄っぺらな自分を変えようともせず、緩やかに暮らしています。

ここではないどこかに、自分が自分でいられるところがあるのでしょうか?
北海道を自転車で回ってみても、鳥取砂丘を駆けてみても、万里の長城に独りで行っても、答えなんか見つかりませんでした。案外するっといけてしまうものです。何かにぶつかってたときに、こらえずにするっとドロップしてしまわなければまた違う景色がみれたのかもしれませんが、幸福でも不幸でもなく、刹那的な楽しさの中でするすると過ごしています。

一方的なコミュニケーションは、なんの意味もない。そう友人にいわれました。そして僕のコミュニケーションは、サッカーで行ったら全員FWのような、過多で、結果を急ぎすぎるあまりに負けてしまうものらしいです。
自分が死ぬ前に、何かを残したい。自分をどこかへ保存しておきたい。そんな気持ちで僕は情報を発信していたわけなのですが、それはコミュニケーションにはなってなかったのかもしれません。
バガボンドの武蔵のように、己、己、己のみで、他者を考えないコミュニケーションを、少なからずやってしまっているのかもしれません。
他人とわかりあうって何なのでしょうか?
他人と愛しあうって何なのでしょうか?
学校をさぼって時間ができたのでそんなことを考えながらブログを書いています。

くるり 向井秀徳 『ワンダーフォーゲル』
by wavesll | 2006-06-19 17:47 | 私信 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://kamomelog.exblog.jp/tb/4042837
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Massr at 2006-06-19 23:38 x
俺は21歳まで
何かで涙したことはありませんでした。

「身内が死んだから泣いておくべきかな」
的な世間体気にしたことではなく
形振り構わず、涙が止め処なく零れることも
きっとあるんだと思います。
Commented by wavesll at 2006-06-20 02:51
ほんとそう信じたいですね。
そこまで思いが募るような何かが人生に起こることをどっかで期待してるのかもしれません。
Commented by すずき at 2006-06-20 07:06 x
少なくとも、宮本武蔵はかっこいいじゃないか。
Commented by wavesll at 2006-06-20 08:59
そこが違い棚wwwww
俺も精進してかっこよくなりますw
<< 6/20の小ネタ 6/18の小ネタ >>