ゆれる

c0002171_18385725.jpg渋谷アミューズCQNでゆれるを観てきました。オダギリジョーと香川照之演じる兄弟の感情の炎が静かに激しく燃えるいい映画でした。以下ネタバレありなんでこれから観ようという方は注意です。









事前の情報で、やばいのは兄貴のほうだとは知っていたので、橋のシーンまでは予想の範囲内だったのですが、それでも兄貴に圧倒されました。
僕の醜いところを全部つめこんだような「いい兄貴」の変容に戸惑うオダギリジョーをみて、僕自身も弟に対してどうみられてるかなと思い返してしまいました。兄弟を持っている人には感慨深い作品だと思います。
誠実なだけの牢獄と、自由への逃亡。二人の人生はあまりに対照的で、積もった情念の焔がゆらりゆらりと迫ってくるような感じでした。
結局どうなったのかが明かされぬラストでしたが、きっとエンディングテーマのようになったのだ思いました。

ただ一ついうと、瀧とキム兄にはちょっと流れを乱されたかな。特に瀧はなんで使ったのかがちょっと不明でした。面白かったけどw
by wavesll | 2006-07-27 18:54 | 私信 | Trackback(2) | Comments(0)
トラックバックURL : https://kamomelog.exblog.jp/tb/4232548
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 万歳!映画パラダイス〜京.. at 2006-08-07 19:51
タイトル : 「ゆれる」〜香川照之の怪演光る
 観客の約8割は、「オダジョー」ことオダギリジョー目当てと思われる女性。そんな満員の京都シネマで、「ゆれる」(西川美和監督)を観た。オダギリジョーは、ぼさぼさのひげ姿だが、ハンサムでセクシーすぎて、男にとっては敵意すら感じる美しさだ。香川照之が兄役を演じ....... more
Tracked from 東京流行通訊 at 2006-08-19 22:15
タイトル : 西川美和と「ゆれる」
 7月8日。心を打つ新作映画の上映が日本各地で始まった。そのタイトルは「ゆれる」。驚くべきことは、この映画の監督がまだ32歳の女性であることだ。  故郷を遠く離れて東京でカメラマンとして成功している弟の猛が、母親の一周忌に久々に里帰りし、田舎町で父とガソリンスタンドを経営するまじめな兄の稔に再会する。翌日、兄弟はガソリンスタンドで働く幼なじみの智恵子を誘って近くの渓谷に出かける。そこで智恵子は吊り橋から足を滑らせて死んでしまう。その時、その場にいたのは稔だけだった。これは事故なのか?それとも事件な...... more
<< 7/28の小ネタ 映像散歩 >>