2018年 01月 17日 ( 2 )

あの早朝から23年。阪神大震災の震災文学から次代への眼差しを想う

満月の夕/ソウル・フラワー・ユニオン

23年前のことは実はあまり覚えていない。当時10歳。小学生の頃の記憶はぼんやりしている。寧ろ後のTV映像で高速道路とかが崩れたのをみて記憶が増大していったのが大きい。

幼心の体感ではあの時「頑張ろう、神戸」と首都圏から切り離されていたのを覚えている。その印象からか311時の「ニッポン」「絆」推しには「東京が揺れたら日本全体か」と思ったものだった。

無論、東日本の多くの場所を津波が襲い、いまも福島第一が現在も続いているという意味で日本が抱える大きな出来事だったのは確かだが、阪神大震災の時の首都圏の空気と311の時の報道を思ったとき、「東京は自己中心的なのではないか」との考えが去来したのは確かだった。

されど、シャルリーエブドの時シリアやリビアとかで「何故私たちのことは騒ぎ悲しまないのか」という声が上がったのもそうだが、身近なものを重要視してしまう本性が人間にはある。その上で“どう身近にするか”という意味で地場メディアの力が重要だろう。東京にはキー局があった。それはパワーの泉でもあった。

ネパールでもBBCやCNNはみれた。アル・ジャジーラもそうだが、全球的な報道・情報発信のプラットホームの存在は大きい。

正月に放送されたNHKBSのクマリの番組ではカトマンズの被災が大きく感ぜられた。ただ、実際に行ってみると、確かに爪痕は未だに残ってはいたが、人々の生活の活気と、思いのほか残る歴史遺産が印象深かった。

「何を伝達するか」の選別は、「力」そのものでもある。

あの時の震災文学として『いいひと』が“建物は再建されても、そこでの人の心や暮らしはまだ再建も癒しもされていないのですよ”と描いていて。東北を振り返れば今なお仮設住宅で暮らす人がいる。この23年、この7年、復興の馬力が落ちてきているのでは、と想ってしまう。建物ができても心の復興はその先なのに。

総体的に縮小のフェーズに今のこの国があるとして、新しい容への切り替えが必要として、そんな時に”ドメスティックの外”と小さな物語を連携させるような、そんな情報発信の土台を日本から出せないか。

一人一人の”現場の声”から発して一般意志の形成を行う途上に我々はいるのかもしれない。そのプラットフォームを創れたら、次代の一角獣となり、この国の50年を支えるのではないか。その為には”他者”と”自己”への客観的なまなざしがいるのではないか。あの満月の夜を描写したような、心を打つのは真摯なまなざしであるように23年目に想。

by wavesll | 2018-01-17 22:40 | 私信 | Trackback | Comments(0)

Staff Benda Bilili - Très très fortに三岳お湯割りでアフリカがほわっと薫る 第121回酒と小皿と音楽婚礼

Staff Benda Bilili - Très très fort
c0002171_20251920.jpg
c0002171_20242389.jpg
スタッフ・ベンダ・ビリリが今自分の中で熱くなってきていて。

コンゴ民主共和国のキンシャサで路上生活を営むポリオ障害者とストリートチルドレンからなるリズム・アンド・ブルースとレゲエの要素を取入れたルンバ系の楽曲を主に演奏するこのバンド。

2010年に来日もしていたのですが、当時の私がコンゴに求めていた音はKonono No.1的なより激しいダンス音楽だったのでスタッフ・ベンダ・ビリリにはそんなに嵌らなかったのでした。

それがどうも最近の體のリズムからか、無性に聴きたくなって。で、いざ聞いてみるとこれがまた體に馴染む^^
瑞々しい音とブルーズな感性が交わる滋味深さにすっかり嵌ってしまったのでした。

と、なると一献行きたくなるw今回は三岳をお湯割りで呑ってみました。硬質な芋焼酎がお湯でほわっと薫るのはスタッフ・ベンダ・ビリリの音楽ともベル・マリアージュ。

2017年はラテンが来ていた気がして、それは2016年末にceroが示していた航路が正しかったという感じなのですが、(これは私自身のバイオリズムに依るところも大きいですが)何となく2018年はアフリカが来るんじゃないかなぁと。昨年のBest Discの一つ、Jlin - Black Origamiが鳴らしたGqomも併せて 今年はAfricaに注目しながらリスニング・ライフを過ごせたらと想います。

by wavesll | 2018-01-17 20:37 | La Musique Mariage | Trackback | Comments(0)