2018年 02月 04日 ( 2 )

秩父・三十槌の氷柱に行ってきた!

c0002171_20053210.jpg
Björk - Hyperballad

J-Waveでサンパウロのカルニバルやローラン・ガルニエが番組を持つフランス/ラ・クリュサ村のインターネットレディオ、Radio Meuhの話なんかを流しながら奥武蔵を抜けるとそこに広がるは雪景色の秩父。RadioでかかったHyperballadが銀世界へ誘ってくれました。

c0002171_20110192.jpg
この日の目的は西武秩父よりももっと奥、三十槌の氷柱。横浜から走り続けて3h、縄文人住居跡、神庭洞窟を横目にSALAM NUBIA / ALSARAH AND THE NUBATONESふるさと / CHENG BIがかかって、そして電波が届かなくなっていった先に氷柱はありました。
c0002171_20141017.jpg
c0002171_20142263.jpg
c0002171_20143343.jpg
c0002171_20145066.jpg
c0002171_20150495.jpg
c0002171_20151722.jpg
c0002171_20153454.jpg
c0002171_20155018.jpg
c0002171_20160496.jpg
c0002171_20161596.jpg
c0002171_20162958.jpg
c0002171_20164031.jpg
c0002171_20165956.jpg
c0002171_20170956.jpg
c0002171_20172301.jpg
c0002171_20173422.jpg
c0002171_20174346.jpg
c0002171_20175674.jpg
c0002171_20180583.jpg
c0002171_20181636.jpg
c0002171_20183028.jpg
c0002171_20184048.jpg
みごとなつらら。手前の天然の氷柱も素晴らしく、奥の人の手を入れた氷柱も氷塊の迫力が凄い。この存在感は直にみれて嬉しいサプライズでした。

茶屋で食べたみそじゃがが中々にいけてました。そしてペットボトルで飲んだ秩父源流水も美味しかった。Sunday Songbookでナイヤガラ音頭とか聴きながら横浜へ帰路を走行して行きました。
c0002171_20240135.jpg
c0002171_20241352.jpg
山道はかなり冷えていて、道路脇には雪が積もっていて。ノーマルタイヤだと朝夕は凍ってスリップするかも。良く晴れた日中に行けてよかった。

三十槌の氷柱の他、秩父には幾つか氷柱スポットがあり、あしがくぼの氷柱は駅から徒歩で行けたり。またどこも夜はライトアップをしているそうです。夜間まで秩父を走るならスタッドレスを用意した方が賢明だと感じました。画像でみる千倍は良かったので、もしよろしかったら秩父小旅行、お薦めです。

by wavesll | 2018-02-04 20:30 | | Comments(0)

Slawek Jaskulke『Sea』を立春の朝に聴く

Slawek Jaskulke - Sea (Full Album, Youtube)


立春寒波、まだまだ寒い朝に珈琲を飲みながらこの円盤を聴いています。
ポーランド・ジャズ界が産んだ珠玉のピアニスト、スワヴェク・ヤスクウケ。彼のエレピのように甘美で、そして静謐なピアノ。

この『Sea』ではそんな彼の音像をこころゆくまで楽しむことが出来ます。生成消滅する波が『海景』のように動的平衡で時を越えていく、そんな音。冬の朝の白く鈍く輝く空からの光が、大寒の海に刺すような、そんなListening Experience.

一つの音世界を顕わす盤を手に入れる喜びは、上質な定番の服飾を持つ喜びにも似て。素敵な一欠片が嵌る、そんな気分になりました。

by wavesll | 2018-02-04 07:50 | Sound Gem | Comments(0)