2018年 04月 08日 ( 2 )

音楽歳時記 花祭は5杯のThe Moments







タモリ倶楽部でみうらじゅんがケーキまで発案し盛り上げようとしたお釈迦様の誕生日を祝う花祭、と言えば甘茶…という琴でこの楽曲群を◎

by wavesll | 2018-04-08 22:05 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

笹田靖人個展「WINGS」at 天王洲アイル T-ART HALL 虹光のCHAOS, 極彩のSURVIVING

≪KUJAKU≫
c0002171_06090906.jpg
c0002171_06095144.jpg
c0002171_06101226.jpg
c0002171_06102654.jpg
c0002171_06475007.jpg
c0002171_06103855.jpg

≪RED PROFILE≫
c0002171_06421327.jpg
≪ゆるふわ GIRL 降臨≫
c0002171_06434681.jpg
≪FRONT FACE≫
c0002171_06440959.jpg
≪ナラシカ(朝・昼・夜)≫
c0002171_06114227.jpg
≪ナラシカ(桃・橙・藍)≫
c0002171_07215698.jpg
≪大三元 中≫
c0002171_06121418.jpg
≪大三元 發≫
c0002171_06132026.jpg
≪大三元 白≫
c0002171_06135000.jpg
≪青海波 赤≫
c0002171_06142371.jpg
≪青海波 黄≫
c0002171_06150642.jpg
≪青海波 青≫
c0002171_06153566.jpg
≪上海ガール≫
c0002171_06165347.jpg
≪ピンクヘッドドレス≫
c0002171_06172576.jpg
≪仏像≫
c0002171_07243535.jpg

≪MEGUMI I≫
c0002171_06184510.jpg
≪MEGUMI II≫
c0002171_06204950.jpg
≪バビルサ≫ ≪ゼブー≫
c0002171_07255154.jpg

≪フードファイター≫
c0002171_06212146.jpg
≪待ち合わせ≫
c0002171_06232918.jpg
≪NINJA ガール≫
c0002171_06235822.jpg
≪ラクリマクリスティ≫
c0002171_06243359.jpg
≪パワースポット≫
c0002171_06253767.jpg
≪擬態≫
c0002171_06261707.jpg
≪ツタンカーメンとアンモナイト≫
c0002171_06265189.jpg
≪有無同然≫
c0002171_06274368.jpg
≪TSUNAMI≫
c0002171_06282394.jpg
≪MATSURI≫
c0002171_06291597.jpg
≪龍虎≫
c0002171_06295080.jpg
≪鳳凰≫
c0002171_06301415.jpg
≪ヤマタノオロチ≫
c0002171_06305128.jpg
≪相思相愛≫
c0002171_06320349.jpg
≪マルコのライオン≫
c0002171_07281530.jpg

≪トノサマオンブバッタ≫
c0002171_10284916.jpg

≪ガラパゴスズーガメ≫
c0002171_06325698.jpg
≪三葉虫≫
c0002171_06332200.jpg
≪冬虫夏草≫
c0002171_06334330.jpg
≪蛹室≫
c0002171_07301664.jpg
≪カブトガニIII≫
c0002171_07320412.jpg
≪カブトガニII≫
c0002171_07322330.jpg

≪オオクワガタ≫
c0002171_06340659.jpg
c0002171_06342303.jpg
c0002171_06343210.jpg
c0002171_06344330.jpg
c0002171_06345389.jpg
c0002171_06350455.jpg
天王洲アイルT-ART HALLにて笹田靖人さんの個展「WINGS」を観に行きました。
迸るカオスなエネルギーはともすればノイズになってしまうところが極彩色の虹光として放たれていて素晴らしい。絵画というより動画として動き出しそうな感覚。
画面にURL等の文字が打ち込まれているのも面白く、まるでTweetがMATRIXのプログラミング言語のように縦横に流れる感じ。
何よりも「サヴァイヴしてやる!」という激烈な生命力が伝達されて。こいつは凄いとエナジーを浴びました。

なんと会場にいた笹田さんご本人から解説を聞かせて頂けて。
展示場ではNETWORKS等の音が鳴っていたのですが、制作中もポニーキャニオンによりセレクションされた音楽を聴きながら描いたそう。

売れない時期に絵に専念しトップスピードのまま出し続けられたのは弟さんのサポートもあったから。そしてその援けに応えるように毎日十数時間も努力を続け、この物凄い熱量の作品達を多産してきたとのこと。

自らのルーツや周囲の環境も巻き込みながら、例えば「昔は何十万円もした天然のクワガタが今では量産できてしまって機械製品のようだ」なんて想いから描いたといったような解説に目から鱗が落ちたりしました。

自分の声に真摯にそして強烈に向き合い、創造を行う、孔雀が翼を広げるように自らの存在を世界に訴える様に大きな感銘を受け、”俺も老荘でなくハイカロリーに駆けよう”と想わされました。

この内容でロハは太っ腹。会期は十日までです。

by wavesll | 2018-04-08 06:19 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)