2018年 05月 19日 ( 2 )

Les Paul - Whispering X 紅茶花伝CRAFTEA 贅沢搾りオレンジティー でAfternoon Sweetbitterness 第134回酒と小皿と音楽婚礼



昨今の音楽業界を震動させた報せと言えばギブソンの経営破綻。買収によって経営多角化に失敗したとも、高級ギターを造るための木材が枯渇したとも、そして若年層にもうギターが支持されないという話も聴こえますが、どうやら所謂日本でいう”倒産”とは異なり、ギター製造分野自体は黒字を出していて今後も事業は行われるそう。

そんな時勢に、Sunday Song Bookで山下達郎さんが先週日曜の13日に”ギブソン・ギターで棚から一掴み”という企画を行っていて。
そこで聴いたのがレス・ポールの『Whispering』。

レスポールと言えばギターの代名詞的な存在。けれど実は音を聴いたのは初めてでした。
1951年という事もあってか、勝手に思っていたハードロックな音とは全然違う、寧ろ竹村延和さんの新譜と言われても違和感がないような楽しくトイっぽくて小洒落た音で。眼から鱗が落ちました。

さて、これに合う飲み物は何だろかと思案した時に真っ先に出てきたのが紅茶花伝のオレンジティー。
これ、美味いんですよ。普段私はフルーツフレーヴァーティーって苦手で敬遠してしまうのですが、これは茶葉に倍にしてある層で、渋みと甘みのバランスが素晴らしくて。このレスポールの奏でる音と共鳴してくれました。

サンソンのギブソン一掴み回は明日20日に後編が流れ、前編も明日までradikoタイムフリーで聴けるので、午後をGuitar Soundで快くするにはぴったりかと。曇も晴れ渡って健やかな昼下がりですね◎

by wavesll | 2018-05-19 15:14 | La Musique Mariage | Comments(0)

Pepe Tormento Azucarar - New York Hell Sonic Ballet X 硬質な湿度を帯びた灰叢雲空 第49回音の貝合わせ


c0002171_12381098.jpg
ムラのあるコンクリートのような天には『New York Hell Sonic Ballet』が好く似合う。どんな天候にもうってつけのSound Waveがあるものですね。

by wavesll | 2018-05-19 12:40 | La Musique Mariage | Comments(0)