2018年 08月 06日 ( 1 )

Superorganism aux Eurockeeennes X 舞富名 藝能超抒情 第143回酒と小皿と音楽婚礼


c0002171_01340038.jpg
最近の亜熱帯な気温もあって、寝入ったり起きたり、こんな時間にSuperorganismのライヴをかけながら与那国の泡盛で一献やって愉しんでます(笑)

Superorganism、FujirockのYoutube中継では数分しか配信されなかったのですが、SEを多用するライヴプレイに”これ凄い良いな”と想わされて。フジロックでは山手線の発射メロディなんかも入る楽曲も流れましたが、このライヴでは目覚ましのベルから開始されて。すっごい好きな感じ。オロノは新世代の一つの象徴になるポテンシャルがあるのでは。

そして与那国の酒造の中でも閉鎖しかけている入波平酒造によるレア度の高い泡盛、舞富名。与那国空港で買い逃したのですが、Web通販でゲットして。円やかな中にざわざわした泡盛みが入るこのお酒はSuper Organisimの音に佳く似合いました。

Fujirockの17時間はとても大きな感動があって、その余波は一週間たっても未だあって。そこで言ったら与那国旅行も大きな体験だったけれど、八重山は吹き抜ける広大な島時間としたら苗場は生の凝縮と言うか。共に夢幻な時間で。

そんな中で人生に刺さる質のライヴ・ショウを毎週のようにオロノ達は世界各地でやっているのだなぁと。私が愛聴しているInterFM897のTOKYO MOONの松浦俊夫さんも深夜のクリスタルパレスで回していたのですが、今週の放送ではフジロックを振り返ることもなくこの先のDJスケジュールをアナウンスして。人に夢をみせる職業の格好良さと、その莫大に要るであろうエナジーに思いを馳せました。

想い出に浸るのは夢をみせられる側の余裕なのかもしれない何て思いながら、けれどShowでない己の人生や大切な人との時間を陽るく過ごしていけたらなぁと想います。時に音楽に、時に酒にも酔いながら、朗らかに過ごせる貴さよ。この世を面白くしようとしている人たちに敬意と、その末端に在れるように頑張りたい思いを。Peace.

by wavesll | 2018-08-06 01:58 | La Musique Mariage | Comments(0)