人気ブログランキング |

2019年 07月 08日 ( 1 )

O'ZBEK蒼天 ウズベキスタン旅行記 4. ブハラ:アルク城

c0002171_20085914.jpg
旧市街を歩くと遺跡の発掘現場?みたいなのが。フォロ・ロマーノみたいだ。
c0002171_20102608.jpg
昼食のホテルから旧市街をアルク城へ歩く。現地の発音でアァク、城の意味。
c0002171_20165570.jpg
c0002171_20171360.jpg
c0002171_20180487.jpg
こちらは元々ソ連の、地下水を汲む施設で、今はレストランだとか。
c0002171_20200918.jpg
アルク城前の広場はレギスタン広場。レギ(砂)スタン(地)はサマルカンドが有名だが各街にあるそうだ。バザールや死刑、御祝が開かれたらしい。門の上のテラスは王様のための「月のテラス」という呼称のところ。
c0002171_20225473.jpg
このアルク城には1920年まで王様が住んでいたそう。城壁の最も古い部分は1Cからだそう。ロシアが破壊したが、現在も10%位残っている。城壁の中は街に成っていて、パレスやハマーム、モスクや井戸があったとか。
c0002171_20241173.jpg
c0002171_20242674.jpg
中へ。
ちなみにウズベキスタンの観光地では入場料の他、中で写真撮影したい人は写真撮影代がかかる。ここは幾らか忘れたが、大体10,000スムくらい。
c0002171_20305323.jpg
c0002171_20311307.jpg
c0002171_20321660.jpg
中に入ると牢屋が。
c0002171_20325734.jpg
c0002171_20335611.jpg
大砲も。
c0002171_20332789.jpg
上に上がるとジュマモスク(金曜モスク)が。ここで祈りが行われた。
c0002171_20351193.jpg
c0002171_20352913.jpg
c0002171_20354377.jpg
柱はニレの木で出来ていて、これはブハラデザインらしい。
c0002171_20361185.jpg
c0002171_20370773.jpg
天上はこんな感じ
c0002171_20372468.jpg
中は資料館になっていて、コーランなどが飾られていた。コーランは床に置いてはいけないらしく、コーラン台の上に置いてあった。
c0002171_20384029.jpg
c0002171_20392669.jpg
c0002171_20395600.jpg
c0002171_20404291.jpg
モスクには必ずメッカの方向への凹みであるミフラーブがあって、この金曜モスクにもあるのだが、白い部分もあった。これは元の姿が分かっていないところは勝手に修復しない方針から。
c0002171_20433204.jpg
c0002171_20435728.jpg
c0002171_20440936.jpg
天井
c0002171_20422126.jpg
c0002171_20443838.jpg
祈りのスピーチのための階段
c0002171_20450798.jpg
ウズベキスタンでは字の上手い人の名に「ミルゾ」をつける。コーランはそんなミルゾな人が書く。また紙は桑の木でつくられたサマルカンド・ペーパーでつくられたそうだ。
c0002171_20465433.jpg
c0002171_20474799.jpg
c0002171_20475935.jpg
c0002171_20481354.jpg
c0002171_20483579.jpg
c0002171_20484939.jpg
c0002171_20490061.jpg
c0002171_20491183.jpg
四角いカリグラフィーはクフィーという書体。
c0002171_20495438.jpg
c0002171_20501032.jpg
金曜モスクを出てさらに奥へ
c0002171_20504848.jpg
c0002171_20505921.jpg
ここは王様の馬場。ウズベキスタンでは昔あの伝説の汗血馬がいたらしい。この馬場には王様の馬のみしか留められず、外から来た要人の馬も停められなかったとか。
c0002171_20524376.jpg
c0002171_20530821.jpg
c0002171_20532259.jpg
ここは戴冠式などが行われる場所。一枚の絨毯が敷き詰められたらしい。最後の戴冠式は1911年のサイード・アリム・ハン。
c0002171_20565424.jpg
このライオン像の奥の地下室は金庫で、8tもの金塊があったそう。アリム・ハンは城を追われたときにこれを持ち出し、その半分をウズベキスタンのどこかに埋めたとか。徳川埋蔵金を超えるお宝話だ◎
c0002171_20592341.jpg
c0002171_20594140.jpg
玉座に座って王様の格好をして写真を撮ってもらえる奴もあった。
c0002171_21003266.jpg
c0002171_21004661.jpg
c0002171_21005666.jpg
c0002171_21010985.jpg
c0002171_21013560.jpg
この門の青いタイルは修復した部分と元々の部分があって、元々の部分は色が深い青。今の技術ではこの深い青は出せないんだとか。
c0002171_21030025.jpg
c0002171_21031234.jpg
c0002171_21032824.jpg
c0002171_21034167.jpg
さて、ここから資料館。
貨幣や、土器、陶器に衣服や武器、メッカへ巡礼するためのターバンなんかもあった。
c0002171_21052203.jpg
c0002171_21053617.jpg
c0002171_21054913.jpg
c0002171_21060248.jpg
c0002171_21061498.jpg
c0002171_21062577.jpg
c0002171_21064519.jpg
c0002171_21070081.jpg
c0002171_21071396.jpg
c0002171_21072760.jpg
c0002171_21073803.jpg
c0002171_21075179.jpg
c0002171_21080902.jpg
c0002171_21082055.jpg
c0002171_21083385.jpg
c0002171_21084408.jpg
c0002171_21090786.jpg
c0002171_21091981.jpg
c0002171_21094049.jpg
c0002171_21095199.jpg
c0002171_21100618.jpg
c0002171_21101971.jpg
c0002171_21103364.jpg
c0002171_21104810.jpg
c0002171_21110998.jpg
c0002171_21112000.jpg
c0002171_21113373.jpg
c0002171_21114624.jpg
c0002171_21120161.jpg
c0002171_21121403.jpg
c0002171_21123108.jpg
c0002171_21124429.jpg
c0002171_21130682.jpg
c0002171_21132037.jpg
c0002171_21140491.jpg
c0002171_21142302.jpg
c0002171_21143917.jpg
c0002171_21153005.jpg
c0002171_21155828.jpg
c0002171_21161024.jpg
c0002171_21163218.jpg
c0002171_21164691.jpg
c0002171_21165935.jpg
c0002171_21171394.jpg
c0002171_21172664.jpg
c0002171_21173784.jpg
c0002171_21175042.jpg
c0002171_21180281.jpg
c0002171_21182192.jpg
c0002171_21183187.jpg
c0002171_21184549.jpg
c0002171_21190042.jpg
c0002171_21191446.jpg
c0002171_21192644.jpg
c0002171_21194520.jpg
c0002171_21200044.jpg
c0002171_21202824.jpg
c0002171_21204150.jpg
c0002171_21205557.jpg
c0002171_21210987.jpg
c0002171_21212055.jpg
c0002171_21213081.jpg
c0002171_21215292.jpg
c0002171_21221177.jpg
c0002171_21222346.jpg
c0002171_21223689.jpg
c0002171_21224791.jpg
c0002171_21225976.jpg
c0002171_21231225.jpg
c0002171_21232577.jpg
ブハラ観光はto be continued....!!!



by wavesll | 2019-07-08 21:24 | | Comments(0)