ルドン展@三菱一号館美術館 微生物の生命ぞわめく幻想の花園

c0002171_22540735.jpg
三菱一号館美術館にルドンー秘密の花園 展を観に行きました。

オディロン・ルドンの≪グラン・ブーケ≫は三菱一号館美術館所蔵の顔的逸品なのですが、今回の展覧会は≪グラン・ブーケ≫を含むドムシー男爵の食堂装飾画16点が揃い踏みということで、是非みてみたかったのでした。

最初の部屋ではルドンが育った地≪ペイルルバードの小道≫や彼の師匠だったロドルフ・ブレスダンを描いた≪『夜』 I. 老年に≫、そしてロドルフ・ブレスダンが画いた≪善きサマリア人≫等が。この≪善きサマリア人≫が本当にいいリトグラフで。湧上る森と雲、そしてそれらに圧されながらも中央に居るラクダと2人の人物。美しい画でした。

ルドンは私はカラフルなイメージがあったのですが、黒い画も同等以上に書いていて。ルドン自身も自らの木炭画や版画を「黒」といっていたようです。≪荊の冠の頭部(キリストの頭部)≫もその一つ。窪んだ眼が印象的でした。同じく目が窪んだシェイクスピア『テンペスト』に登場する妖、≪キャリバン≫は優しい目をしていました。また巨大なサイコロを背負った≪『夢のなかで』 V. 賭博師≫も面白かった。

そしてやはり色絵が素晴らしい。≪二人の魔女≫は黄色い空に青い女性二人に赤い枝の作品。≪エジプトへの逃避≫の闇夜に輝く聖家族、≪アレゴリー(太陽によって赤く染められたのではない赤い木)≫はゴーガンのように鮮やかな色。逢魔ヶ時の浅黒い天使を描いた≪ヤコブと天使≫や蟲のように白い花が浮かぶ≪マドンナ≫も素晴らしかった。

ルドンは植物学者のアルマン・クラヴォーから手ほどきを受け、生物科学の知識だけでなく哲学的な知識を得て、サイエンス、そして疑似科学に興味を湧かせます。

そんな中で彼は植物に人の顔が入るクリーチャーを何枚も描きます。≪『ゴヤ頌』II. 沼の花、悲しげな人間の顔≫もそんな一枚。≪『起源』II. おそらく花の中に最初の視覚が試みられた≫≪『起源』III. 不格好なポリープは薄笑いを浮かべた醜い一つ目巨人のように岸辺を漂っていた≫も微細な生物がぞわぞわしているような世界が描かれていました。

またクラヴォーから師事を受けたインドの詩からの影響で画かれたのか≪若き日の仏陀≫は地球のような青い球体を光背に在る美しく聡明そうな人物の色絵も素晴らしかったです。

そして次が目玉のドムシー男爵の城館の食堂壁画たち。

≪ひな菊≫≪花のフリーズ(赤いひな菊)≫は具象と抽象の間のようなデザイン。≪人物≫そして特に≪人物(黄色い花)≫はSF的な構成。≪花とナナカマドの実≫は日本の植物画を思わせる構図、≪黄色い花咲く枝≫は朽ちていく美、≪花と実のフリーズ≫は鳳凰の様。≪黄色のフリーズ≫は戦闘のスクロール画のような勢いを感じ≪黄色い背景の樹≫2枚には黄色い密度のゾワメキを感じました。

ただ、保存のためにこれらの絵画は部屋が薄暗くて彩度が低く感じて。その点では一回下に在ったドムシー男爵第二部の方が印象的でした。

≪花の装飾パネル(明るい背景)≫2枚、≪灰色の小さなパネル≫2枚はグレーに滲んだ感じが黴のような微生物が繁殖する印象を受けました。微細な生命の声が聴こえてくるような存在感の筆致。

そして、愈々≪グラン・ブーケ(大きな花束)≫。暗闇の中で花瓶の花々が蛍光のように眩くて。こんな輝きは≪印象、日の出≫と比肩する水準。花々の描写に入る青が非常に良く効いていました。

またドムシー男爵保有の≪神秘的な対話≫も天上的な秘術の伝導が描かれて美しかったです。

≪祈り、顔、花≫は仏のように優しい顔の女性の画、≪小舟≫に乗る仄明るい人物二人。≪眼をとじて≫は物質としての油彩の存在感を感じました。≪オジーヴの中の横顔≫はエメラルドグリーンの美しい少女の画、≪ステンドグラス≫は幻獣のような姿、≪オルフェウスの死≫は首が石造のように転がる古代の情景。≪花の中の少女の横顔≫はもくもく湧いてくる花のはぐみ。緑の女性が描かれた≪神秘≫やこれも黴な風合いの≪幻影≫、紫の霧のような≪コンポジション:花≫も良かった。

ルドンは幾十もの花瓶の絵を描いていて、そんな中には鬼が描かれた≪日本風の花瓶≫なんてのも。マーブルな柄の花瓶の≪青い花瓶の花≫や青と黄の瓶が美しい≪首の長い花瓶にいけられた野の花≫も良かった。

そして最後のコーナーは装飾プロジェクト。ルドンは屏風やタピスリー、椅子や衝立のデザインも行っていたのでした。

画の裏に在る思想、科学的な知見を読み解くのも楽しい、裏の物語や意味の読み解きも面白く、そしてヴィジュアルとしても耀きのある展覧会でした。何よりやっぱり≪グラン・ブーケ≫が素晴らしかった。さっとみれ、いい展示でした。

# by wavesll | 2018-04-20 00:44 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)

銀座メゾンエルメス

c0002171_23503013.jpg
c0002171_23511482.jpg

# by wavesll | 2018-04-19 00:01 | 街角 | Trackback | Comments(0)

東急プラザ銀座が切子デザインなラウンジや金継ぎフロアでなかなか綺麗

銀座に行ってきました。

エクステリアも切子をテーマとしているビルですが、KIRIKOラウンジという茶屋バーラウンジが今盆栽展なんかもやっていて、こんな画に。

c0002171_21003518.jpg
そして良く見ると床面が金継模様になっていて。
c0002171_21011419.jpg
c0002171_21012793.jpg
そしてエスカレーターを上がると…
c0002171_21015733.jpg
c0002171_21021146.jpg
銀座のランドマーク、不二家の光が。
c0002171_21035628.jpg
不二家のマーク、「F」と「ふ」のWミーニングなデザインでいいですね。レクサスの「レ」もそうか。銀座メゾンエルメスも好くみえるし東京ミッドタウン日比谷もいいけれど、何気に東急プラザ銀座もお薦めです。
c0002171_21064781.jpg

# by wavesll | 2018-04-18 21:07 | 街角 | Trackback | Comments(0)

路傍のつつじ

c0002171_16092052.jpg
午後の陽に照らされて雨露がきらきら輝いていた。蜜甘し。檸檬水のように躑躅水を出すカフェがあったらそれだけでスペシャリテになりそうだ。

# by wavesll | 2018-04-18 16:11 | 街角 | Trackback | Comments(0)

Daniel Buren 《Like a flock of starlings: work in situ》@GINZA SIX

c0002171_20204845.jpg
c0002171_20210365.jpg
c0002171_20211799.jpg
c0002171_20212873.jpg
c0002171_20214512.jpg
c0002171_20215560.jpg
c0002171_20221196.jpg

# by wavesll | 2018-04-17 20:22 | 街角 | Trackback | Comments(0)

Tash Sultana 金属的な艶のあるGuitarを始めとしたMulti奏者なSSW

c0002171_22030561.jpg
Tash Sultana en Lollapalooza Chile 2018 (Live) | Concierto Completo (Full Show)


今年もストリーミング放送されたCoachella.
私は日曜に土曜日の中継を主に観たのですが、去年にHans Zimmerが魅せてくれたような特別な瞬間は、今年も勿論Nile RodgersやDavid Byrneといった大御所も素晴らしいステージをみせてくれたのですが、何と言ってもBeyonceのStageでしたね。

超弩級な質・量、ブラスでP-FUNKやらなんやら全米の熱量を全部かっこんだような音とダンス、ダンナも出るは妹も出るは最後はディスティニーズ・チャイルド再結成でこれに匹敵する感動はもはやバーフバリ・レベル。圧倒されました。

そんなレジェンド達の中でキラリと輝きをみせてくれたアクトがこのTash Sultana.

オーストラリア・メルボルン育ちの彼女はバスキングから音楽キャリアを始めたそうです。そんなキャリアもあってか人を魅せるライヴパフォーマンスは絶品で、ギターで弾き語りもすれば、ヒューマンビートボックスもすれば、シンセ、サンプラーはてまたトランペットにサンポーニャまで披露!豪の者っぷりを思う存分魅せてくれて。

そして幹となるギターが金属的な艶のある響きで、そこにエレクトロニクス等の浮遊感のある音、さらには少し掠れた霊性を帯びたヴォーカルが入ることで何とも素晴らしい音像が起ち上がっていて。これはめっけものでした。

来日してほしいなー。苗場か、WWW辺りでみれたら最高な感じ。Blue noteとかもありかも。馳せ参じたいミュージシャンがまた増えました◎


# by wavesll | 2018-04-16 22:10 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

Gutevolk, Cicada, 角銅真実, marucoporoporo live at Vacant "FOUNDLAND"

c0002171_06572840.jpg
VACANTにて"FOUNDLAND"というライヴ・イヴェントをみてきました。

一組目はmarucoporoporo, この会を知ったのも、Sonar Musicでくるりの岸田がmarucoporoporoを紹介しているのを知って調べたからで、お目当てのアクトでした。


このライヴではギター弾き語りで、赤ワインに酔いながら聴いた音像は荒原を吹き渡る風の聲、ギターを横にして弾いた闇と光の聲。大いなる自然から発せられるような、ラージ・スケールな音楽を聴かせてくれました。

次に出てきたのが角銅真実。ceroのサポートなんかもしている彼女をみるのはタワレコでのインストアライヴ振り。

角銅真実 石若駿 西田修大 ▶︎ October.20

本日はソロ。最初はふわぱしっとグロッケンを叩いて、そこにラジオ音源?を入れるエクスペリメンタルな出だし。中盤からヴォーカルとウクレレ、シンセが入り、自由さと神秘さが遊ぶ唄と演奏が良かった。たった30分でしたが世界観に惹き込まれました。

3組目は台湾から来た室内楽コレクティヴ、Ciada

Cicada – 等待再一次躍出水面 Dolphins Leap 《不在的你們都去了哪裡》White Forest

ブルックリンのyMusicにも通じるようなIndie Classicalな音像。イルカなどの台湾の自然にインスピレーションを受けた楽曲は、例えばAnti原発であったり、『White Forest』というアルバム名は珊瑚の白化現象であったりとメッセージ性の強度もありました。

そして弦楽器の音の気持ちよさ。ヴァイオリンの音が素晴らしく、ギターも印象的で。鍵盤もコントラバスもビオラも素敵でした。好いアンサンブルのツヤでした。

そして愈々鳳、Gutevolk.


Gutevolk - Antenna

『グーテフォルクは水の中』や『グーテフォルクと流星群』を大学時代聴いてエレクトロニカ・ポップの世界に目覚めさせ浸らせてくれた彼女、”まさかここでみれるとは…!”と嬉しく想っていました。

幻想的な楽曲群の綺麗さと、トンガリきさくなご婦人なMCとのギャップに軽く驚きつつも最初と最後に演奏された"Picnic"等のライヴを楽しみました。「私の好きな楽曲で」と言っていた曲、自分も好きだったなぁ。シンセの一人はex森は生きているの谷口君でした。

EN一曲目のカラオケでの「Antenna」がファンタスティックで、あの頃の甘酸っぱい想いが湧きあがりました。

これでも200分を越えるイベントでしたが、もっともっと一人一人の世界観を聴いていたいと想わせる良メンツのイヴェントでした。

# by wavesll | 2018-04-15 07:47 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

Jades from Philippine ー 新宿御苑にてヒスイカズラをみる

c0002171_11271336.jpg

c0002171_11301448.jpg
c0002171_11304893.jpg

c0002171_11321639.jpg
c0002171_11330208.jpg
c0002171_11333343.jpg
c0002171_11335848.jpg
c0002171_11354040.jpg
c0002171_11361770.jpg
c0002171_11363224.jpg
c0002171_11364629.jpg
c0002171_11370858.jpg
c0002171_11375807.jpg
c0002171_11372558.jpg
c0002171_11385385.jpg
c0002171_11391868.jpg
c0002171_11394070.jpg
c0002171_11401116.jpg
c0002171_11402656.jpg
c0002171_11404061.jpg
c0002171_11405978.jpg
c0002171_11411513.jpg
c0002171_11413193.jpg
c0002171_11423866.jpg
c0002171_11425760.jpg
c0002171_11434053.jpg
c0002171_11440232.jpg
c0002171_11444721.jpg

c0002171_11453846.jpg
c0002171_11455205.jpg
c0002171_11460853.jpg
c0002171_11463961.jpg
c0002171_11470564.jpg
c0002171_11474712.jpg
c0002171_11480307.jpg
c0002171_11481811.jpg
c0002171_11483450.jpg
c0002171_11485802.jpg
c0002171_11491822.jpg
c0002171_11493463.jpg
c0002171_11494948.jpg
c0002171_11500302.jpg
c0002171_11501721.jpg
c0002171_11503282.jpg
c0002171_11504873.jpg
c0002171_11512149.jpg
c0002171_11513820.jpg
c0002171_11525036.jpg
c0002171_11530712.jpg
c0002171_11533125.jpg
c0002171_11541104.jpg
c0002171_11543174.jpg
c0002171_11544650.jpg
c0002171_11550595.jpg
c0002171_11552114.jpg
c0002171_11554839.jpg
c0002171_11561615.jpg
c0002171_11563968.jpg
c0002171_11565276.jpg
c0002171_11570670.jpg
c0002171_11572051.jpg
c0002171_11573875.jpg
c0002171_11575299.jpg
c0002171_11580659.jpg
c0002171_11583203.jpg
c0002171_11584628.jpg
c0002171_11591701.jpg
c0002171_11594645.jpg
c0002171_12000922.jpg
c0002171_12002646.jpg
c0002171_12005694.jpg
c0002171_12011179.jpg
c0002171_12012695.jpg
c0002171_12015841.jpg
c0002171_12021313.jpg
c0002171_12023569.jpg
c0002171_12025159.jpg
c0002171_12031334.jpg
c0002171_12034827.jpg
c0002171_12032816.jpg
c0002171_12060106.jpg
c0002171_12062763.jpg
c0002171_12064804.jpg
c0002171_12070831.jpg
c0002171_12074922.jpg
c0002171_12082269.jpg
c0002171_12083935.jpg
c0002171_12090012.jpg
c0002171_12091720.jpg
c0002171_12093814.jpg
c0002171_12095554.jpg
c0002171_12101696.jpg
c0002171_12103805.jpg
c0002171_12105870.jpg
c0002171_12111444.jpg
c0002171_12113105.jpg
c0002171_12114792.jpg
c0002171_12120317.jpg

# by wavesll | 2018-04-14 12:12 | 小ネタ | Trackback | Comments(0)

天土の空色 ひたち海浜公園でネモフィラをみた

c0002171_19085806.jpg
c0002171_19124551.jpg
c0002171_18464923.jpg
ひたち海浜公園へネモフィラをみにゆきました。

東京駅八重洲南口にて茨城交通の高速バスに乗り込み、2h30mでひたちなかへ。なんと往復チケットが4000円。平日でしたが補助席も出る人気でした。
c0002171_18570694.jpg
「海浜公園西口」が最も近い停留所でしたが、帰りの便では止まらないようなので「海浜公園入口」で降り場所を確認。西口を出てまっすぐ600m歩いた道路沿いに停留所はありました。

西口の翼のゲート、ここに来るのはいつかのROCK IN JAPAN FES振り。
c0002171_18565448.jpg
中に入ると水仙やパンジー等も植わっていました。
c0002171_18582088.jpg
c0002171_19424280.jpg

そしていよいよ…ネモフィラ!たっぷりとお楽しみください。
c0002171_18592448.jpg
c0002171_18595692.jpg
c0002171_19002282.jpg
c0002171_19004389.jpg
c0002171_19005702.jpg
c0002171_19012436.jpg
c0002171_19020796.jpg
c0002171_19022265.jpg
c0002171_16010401.jpg

c0002171_19025287.jpg
c0002171_19030669.jpg
c0002171_19032188.jpg
c0002171_19033442.jpg
c0002171_19040860.jpg
c0002171_19045253.jpg
c0002171_19051965.jpg
c0002171_19054634.jpg
c0002171_19062117.jpg
c0002171_19063696.jpg
c0002171_19065113.jpg
c0002171_19072303.jpg
c0002171_19075056.jpg
c0002171_19081420.jpg
c0002171_19082776.jpg
c0002171_16015666.jpg

c0002171_19100605.jpg
c0002171_19102828.jpg
c0002171_19104710.jpg
c0002171_19110371.jpg
c0002171_19112284.jpg
c0002171_19113680.jpg
c0002171_19115174.jpg
c0002171_19122976.jpg
c0002171_19134609.jpg
c0002171_19134609.jpg
c0002171_19142528.jpg
c0002171_19144175.jpg
c0002171_19145916.jpg
c0002171_19151455.jpg
c0002171_19154198.jpg
c0002171_19155703.jpg
c0002171_16031490.jpg

c0002171_19170783.jpg
c0002171_19174376.jpg
c0002171_19180254.jpg
c0002171_19181953.jpg
c0002171_19183669.jpg
c0002171_19190657.jpg
c0002171_19192904.jpg
c0002171_19194656.jpg
c0002171_19200574.jpg
c0002171_16041606.jpg

c0002171_19205343.jpg

c0002171_19214037.jpg
c0002171_19221558.jpg
c0002171_16052543.jpg

c0002171_16083649.jpg

c0002171_19231545.jpg
c0002171_19233127.jpg
c0002171_19234500.jpg
c0002171_19253616.jpg
c0002171_19255186.jpg
c0002171_19244153.jpg
天地の青。丘の向こうは海なのですね。あっという間の夢見心地な、いつまでもぽかぽかしていたい楽園でした。
ひたちなか名物の五浦ハムのハム焼の屋台も。
早くもまた行きたくなりました。次はまたネモフィラの季節か、コキアの季節に◎

# by wavesll | 2018-04-12 19:32 | 小ネタ | Trackback | Comments(0)

DAOKO presents 『チャームポイント』@LIQUIDROOM

c0002171_04522239.jpg
恵比寿Liquid roomにDAOKOの自主企画イベント『チャームポイント』を観に行きました。

楽しい夜でした。青碧の火の玉のような、Youthの光と熱。

最初に出てきたAAAMYYYはTempalayのサポートの娘のバンド。サイケデリックロックなエレポップも良く、最後の曲「BLUEV」が打音がかっこいいばかりか呂布が入った瞬間がすっげーアオハルを感じて。

SUSHIBOYSのサイコーっぷり。初っ端の「KUNG FU」から沸く沸く!前からライヴをみてみたいグループで、音源のメロウな感じから生ではかなりアッパーにがんがんに騰げてくれました。「軽自動車」「ダンボルギーニ」「OMG」「ブルーハワイ」と聴けた。このハチャメチャにヌケがいいノリに理由のない楽しさや勢いがエネルギッシュで好いなぁと◎サビのメロディのとこをよりアッパーに発しかませたらさらに最高になりそう。最後はメッセージソング「問題ねぇ」も。

King Gnuは拡声器とクリーンのツインボーカルだったとは!「Tokyo Rendez-Vous」はSonarMusicで良くかかっていたけれど映像はみてなかったのでVoを1人でやってると想っていたから意外で面白かった!キーボードがちょっとおどけた味もしてたなぁ。こういうサウンドだったのか。フロアからは黄色い歓声も。

そしてDAOKO! 「チャームポイント」で光のボールを持ってファンタジックなオープニング。そこから「BOY」「同じ夜」、「FASHION」という昏い歌達。「BOY」の映像との相まりがとてもエモくて、「同じ夜」を聴けたのは嬉しかったなぁ。プロジェクションマッピングとは違うけれど映像を纏ったDAOKO, 美しかった。

そこから「水星」。これが心に沁みて。音源よりも生がとても良くて。さらに「ShibuyaK」「ステップアップLOVE」、これらのメジャーチューン、フロアで聴くと低音が効いてそこにDAOKOの声の対比がめちゃ良くて!すっげーいいじゃんと。DAOKOはベッドルームミュージックなイメージが強かったけれどフロアがんがんいいじゃないかと目から鱗でした。

そこから「BANG!」と「Juicy」という激カワな2曲。MCの生声もキュートでした。(ちなみにライヴ前の場内アナウンスも多分DAOKOだったのでは)。個人的な白眉は「BOY」かENの「ワンルーム・シーサイド・ステップ」。バンドアンサンブルと共に綺麗な感傷に浸って。そしてラストは「打上花火」で大団円。

欲を張れば「拝啓グッバイさようなら」聴きたかったなぁ。まだまだ食い足りない!サマソニでBECKとコラボしてくれそうなの楽しみ。等身大のYouthful Luxと今のDAOKOの感覚が伝わる朱夏の自分には眩ゆいShowでした。

# by wavesll | 2018-04-11 05:43 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)