Aretha Franklin - I Say A Little Prayer: her very best performance!

Aretha Franklin - I Say A Little Prayer: her very best performance!


# by wavesll | 2018-08-17 05:11 | Sound Gem | Comments(0)

お盆の終わりの朝にみた自分が幽霊になっていた夢



夢の中で俺はいつのまにか死んでいて。それに、友人たちと遊んでいるが俺だけ認識されないことで気づく。

この夢の世界では霊魂として存在するものも少しばかり物理現象を起こせて。
実家でポスターガイストとか起こすと親父が「あいつも迷惑なやつだ」とか愚痴って。母さんが「優しい子ではあったから」とかなんとか言って。俺が最後に「俺の音楽などのコレクションは◎◎へ譲ってやってほしい」との“死後遺書”を鉛筆で書くところから字が薄れていく情景で夢から覚めた。は!今の俺も実は…。

# by wavesll | 2018-08-17 05:00 | 小噺 | Comments(0)

Khalab ft Shabaka Hutchings and Tommaso Cappellato - Dense (On the Corner) X グルメビアの余韻 第146回酒と小皿と音楽婚礼

Khalab ft Shabaka Hutchings and Tommaso Cappellato - Dense (On the Corner)

c0002171_01201049.jpg

J-Waveで月木の21:00-24:00に帯でやっているソナーミュージック。当初はカレッジチャート的な企画が気に入って聴き始めたのですが、段々曜日ごとの”ミュージックレシーバー”のお薦めの音楽がいいなぁとCheckするようになり。この曲は水曜担当のLicaxxの推薦曲。

ユニオンのページによると、ジャイルス・ピーターソンも褒めたたえた UK の FUTURE BASS/BASS MUSIC のトップ・プロデューサー DJ KHALABによるSAXの塩梅が素晴らしいAFRO JAZZ meets FUTURE BASSとのこと。フィーチャリングのSHABAKA HUTCHINGSはサックス奏者らしいです。

DJ KHALABはイタリア出身でClap! Clap!との共業もあるとか。Ninos Du BrazilといいイタリアのDJ達のエキゾな音の愉しさには目を瞠るものがありますね。

そんな訳でこれに酒を合わせるとしたらとびきりエキゾな奴がいいだろうと、今回選んだのはグルメビア。アルペンザルツ(食塩)と黒故障、そしてライムピールで味付けした変わり種麦酒です。

で、聴きながら飲んでみたのですが、案外のど越しを味わう時よりも、飲み終わった後に香って来る黒胡椒やライムのフレイヴァーが音楽に彩を与えて呉れる気がしました。味自体もミネラル感と言うか、濃い感じがあってなかなか面白かった。

最近友人がイタロディスコに嵌っていて、そっち方面もDigって行きたいと思いつつ、現行のイタリア人DJシーンも相当に面白いんじゃねと想わされた一枚。真夏のピークが過ぎた感はありますが、なんか真夜中のSOLをみたような、そんな聴験となりました。

# by wavesll | 2018-08-17 01:17 | La Musique Mariage | Comments(0)

Calibre Ft Fats - Drop It Down X トリスハイボール<夜風のトニック> 第145回酒と小皿と音楽婚礼



c0002171_01071213.jpg
J-WaveのSonar Musicはイマをときめくユースな音楽シーンを伝えてくれて重宝しているのですが、一番楽しみなのは各曜日のミュージックレセプターが紹介する音源で。

この楽曲もDAOKOが紹介していたもの。彼女は最近ドラムンベースに嵌っていたようで、この楽曲はちょっと先祖返りと言うか、レゲエ的なVoが相まっていい感じなドラムンベース。この取り合わせ面白いなと想ったら元々レゲエ→ジャングル→ドラムンベースだから寧ろルーツに根差した音ですねよ。Drum'N'Bass、いい。DAOKOの新譜とかであのウィスパーヴォイスでドラムンベースとかやったら新世界が開けそう。

このCalibre(カリバ/カリブレ)はアイルランドはベルファスト生まれのDominick Martineによるプロジェクトで、その界隈では名が知られているアーティストだそう。ドラムンベースを拡張する様な音がとても気に入りました。

この音に合わせるならトニック系の酒だろうとローソンを訪れて買ったのがこのトリスハイボール<夜風のトニック>。オレンジスピリッツが使われていてちょっと鋭角な飲み口がこのドラムンベースの打音によくマッチしていました。

音と酒に酩する一夜、こんなのもいいですね◎

# by wavesll | 2018-08-16 01:22 | La Musique Mariage | Comments(0)

盛り上がるNueva盆踊りシーンから森戸の浜の盆踊りに行ってきた!

今年は6月に行った郡上おどりin青山を皮切りに、各地の盆踊りの話題を聴くことが多くて。


今回はそんな辺りを纏めながら、盆踊りシーンを色々とご紹介出来たらなと筆を執りました。

郡上踊りin 青山(外苑前・秩父宮ラグビー場)
岐阜・郡上八幡の青山家の武家屋敷があった縁で、青山で開催される郡上踊りの盆踊り大会。生の謡いで踊れるのがすっげー気持ちよく、会場では郡上八幡などの地場のお酒や食べ物の屋台も出ていて一大フェスとなっていました。


大和町八幡神社 大盆踊り会(高円寺)
近年の盆踊りシーンの中でも台風の目となっているdaibon. 今年はYoutubeでの中継でみていたのですが、俚謡山脈が民謡DJでもうバッキバキに盛り上げるわ、オオルタイチが鳳でとんでもないLIVEを披露するわで凄すぎました。去年は坂本慎太郎も出たとか。一度行ってみたい目が離せない盆踊りです。

恵比寿駅前盆踊り(盆ダンス)

数年前にたまたま通りかかってこのオーシャンゼリーゼーの替え歌を聴いて”え!盆踊りってこんな感じでオリジナルソングもやることあるの!?”と開眼させられた盆踊り。色々みたけれど、やっぱりオリジナルアレンジ楽曲の多さは群を抜いている気がする。街を上げてのお祭りという感じも凄くいい。

神田明神納涼祭り(御茶ノ水)

Twitterで流れてきたTRFのDJ KOOが神田明神納涼まつりの櫓の上でBOY MEETS GIRLの盆踊りリミックスをかけ、めちゃくちゃ盛り上がる光景に”まさに2018年のハポンの夏だ”と。コミケの裏で開催されたこともあり、初日はアニソン盆踊りとして盛り上がったよう。去年はダンシングヒーローの盆踊りverが。盆踊りは世につれ世は盆踊りにつれ★

すみだ錦糸町河内音頭大会(錦糸町)

近頃だとニクオンも盛り上がる錦糸町ですが、やっぱり夏の錦糸町のスタンダードといったら河内音頭。ワッルい音がなんとも格好いい。郡上踊りin青山もそうですが、新手の盆踊りの萌芽の土台をこうした老舗ががっちり支えているのが素晴らしいですね。


森戸の浜の盆踊り大会(葉山)
c0002171_02165402.jpg
c0002171_02175894.jpg
c0002171_02181368.jpg
c0002171_02182565.jpg
c0002171_02200395.jpg

そして最後に紹介するのが地元・神奈川の盆踊り。生バンドで躍らせる盆踊り大会が葉山にあるという記事をみて、今日馳せ参じたのでした。

新逗子駅からバスで森戸海岸に向かうと湘南の人たちの海な雰囲気の刺激が心地よくて◎

それぞれ歌い手さんが炭坑節、東京音頭、花笠音頭そして葉山音頭を謡って。バンドにはトロンボーンなんかもいてすげーいいかんじ。浜辺での踊りで、もうすぐそこが波打ち際で、踊るだけでなく浜辺や海の家でみんな思い思いに好い時間を過ごして。向こうでは花火をしてる子供たちがいたりえもいわれずエモさ。夏、祭りの夜!って感じ★

葉山音頭はすっかり振り付けを覚えて。波波波波富士山富士山重ねて重ねてずずいずずい胸クロス膝タッチ円かいてどどんがどん。ダンスはやっぱ踊ってなんぼ◎やー、めっちゃ楽しい夏の夜となりました。

そして勿論盆踊りは地の文化であり先祖供養のためのもの、地元の盆踊りにも馳せ参じたいと想います。前日に踊ったクン・ナリンズ・エレクトリック・ピン・バンドでのタイのノリの手の舞わせ方が何か日本の舞にも通じる気がして、そんなAsiaの共通の土着舞踊文化を想わされたり。池袋のにゅ~盆踊りではどぉにも止まらないでダンスするし、中野駅前大盆踊り大会ではボンジョビで踊るしアジアン・カオスを孕みながらまた来年以降も盛り上がっていきそうな盆踊りシーン、その熱に身を舞わせていけたらなと。また来たる夏が楽しみです。

# by wavesll | 2018-08-14 02:32 | Sound Gem | Comments(0)

Khun Narin's Electric Phin Band, ROVO, stillichimiya, Monaulal Mini Plug, Soi48 Live at WWWX

c0002171_05415751.jpg
c0002171_05421811.jpg
c0002171_05424763.jpg
c0002171_05430030.jpg
c0002171_05431133.jpg
c0002171_05432850.jpg
c0002171_05433977.jpg
c0002171_05435142.jpg
c0002171_05440280.jpg
c0002171_05441527.jpg
c0002171_05442506.jpg
c0002171_05443868.jpg
c0002171_05445483.jpg
c0002171_05481322.jpg
c0002171_05482316.jpg
Khun Narin - 'Khun Narin's Electric Phin Band LP' (Full Album Stream)


Khun Narin's Electric Phin Band (full concert) - Live @ Trans Musicales 2015


「爆音映画祭2019 特集タイ|イサーン VOL.3 プレイヴェント ~ピン・プラユック・スペシャル~」に行ってきました!

御目当ては本場タイ北部のピン・プラユックバンド、クン・ナリンズ・エレクトリック・ピン・バンドがなんと日本にやってきたときいて!Soi48のNHK出演番組でタイ北部での冠婚葬祭や出家の儀式の際にパレードで音を鳴らすピン・プラユックのバンドを観て”いつかこれを体験したい”と想っていたので、一にも二にもなく馳せ参じたのでした。

会場へ入るといきなりのクン・ナリンズ・エレクトリック・ピン・バンドによるお出迎え。メロウでスピリチュアルな音粒達がだんだんトランシーに山を越えていく空気感に”あぁこれフジロック月曜のクリスタルパレスの続きみたいだ”と高まって。最前でからだ揺らして踊ってたらライヴ終わりで握手も出来ました。鳳でのさらなる出演時が楽しみ!

Soi48の皿回しはいつも最高。タイのチキンピタとガイヤーンをハイネケンで愉しみながらイサーンな音像にみを浸らせていました。

そしてROVO! これが本当に今日の驚愕。前ではなくPA卓附近で観高らかかもしれないけれど、死ぬほど音が好くて!もうWWWXでROVO聴いちゃったら他では聞けないってくらいに!KharmaからはじまったSetはその強靭無敵なリズム隊に、殺しにかかるかのような山精のギターに割れる位まで高まる勝田さんのエレキヴァイオリンにもうほんと日本のトランシー・ロックの真髄を味わいました。

そして暫く階段で休憩してから臨んだのがstillichimiya。ビアラオ美味いよね!なんかブッダブランドのスピリットすら感じるというか、日本語ラップの大樹のイマはこの感覚かと。ドラゴンボールのSEを使った寸劇からの「やべ~勢いですげー盛り上がる」はガン騰げでした!

そこから登場したのが日本のピン・プラユック・バンド、モノラル・ミニ・プラグ!上野の不忍池でみた時からメンバーも増えバンドとしてどんどんビッグになってる!すげー!なんとフロアに降りてパレードも始めて!これやりたかったんだー!と列の後ろについて踊り練り歩きました!どんどん電子的な気持ちの良いグルーヴが人力で高められていって。パレードで何周も踊って汗だくになってたらお姉さんからスミノフを「飲む?」ともらえちまいましたw

そこからクン・ナリンズ・エレクトリック・ピン・バンドの面々がステージになだれ込んできて!ここからが圧巻!もうこのピンというタイの3弦ギターがエレキギターヒーローかってくらいにガンッガンに弾きまくる!ベースもまたワッルい音鳴らしてて!ブラスはマジでKonono No1かってくらいの楽しさ!ヤーッバイ!!!!!!踊り果て!パレードで降りてきてブラスがフロア、ピンがステージ上で鳴らしたときはもうぐるんぐるん回転しながら踊ってwタイも日本の盆踊りみたいに手をくねらせ上下させるのがまた気持ちいい。やっぱりソウルな踊りだよこれは。

天国のその先の最高に気持ちよすぎる果ての果てのえもいわれぬ完全燃焼!クエーサーのような熱狂でした!

# by wavesll | 2018-08-13 06:13 | Sound Gem | Comments(0)

BRAINFEERDE X ANNIVERSARY POP-UP SHOP@Gallery XにてTeebsの絵などをみる

c0002171_23433599.jpg
c0002171_23434703.jpg
c0002171_23440309.jpg
c0002171_23441660.jpg
c0002171_23444251.jpg
c0002171_23445705.jpg
c0002171_23451139.jpg
c0002171_23452617.jpg

# by wavesll | 2018-08-12 23:45 | 街角 | Comments(0)

Joe Strummer Afro Cuban Be Bop Generations II X パープルピンクの夕暮れ 第51回音の貝合わせ

c0002171_19581771.jpg
EZOでは山下達郎が「真夏のメリークリスマス」と言って『雨は夜更け過ぎに雪へと変わるだろう」と歌いだした、なんて知らせを聴きながら、今夕は桃紫の夕暮れに快い時間を過ごしていました。

# by wavesll | 2018-08-12 01:01 | La Musique Mariage | Comments(0)

キース・ヘリングが愛した街 表参道展@表参道ヒルズで感じたパタゴニアの風

c0002171_15431381.jpg
c0002171_15433209.jpg
c0002171_15435666.jpg
c0002171_15441564.jpg
c0002171_15443089.jpg
c0002171_15444407.jpg
c0002171_15445906.jpg
c0002171_15451408.jpg
c0002171_15453967.jpg
c0002171_15455557.jpg
c0002171_15461148.jpg
c0002171_15462789.jpg
c0002171_15464216.jpg
c0002171_15465670.jpg
c0002171_15471238.jpg
c0002171_15472784.jpg
c0002171_15474518.jpg
c0002171_15481760.jpg
c0002171_15485290.jpg
c0002171_15490657.jpg
c0002171_15492139.jpg
c0002171_15493437.jpg
c0002171_15500380.jpg
c0002171_15501739.jpg
c0002171_15504209.jpg
c0002171_15511010.jpg
c0002171_15512744.jpg
c0002171_15515673.jpg
c0002171_15521156.jpg
c0002171_15522694.jpg
c0002171_15524880.jpg
c0002171_15530111.jpg
c0002171_15531629.jpg
c0002171_15533141.jpg
c0002171_15534557.jpg
表参道ヒルズ B3F スペース オーにてPOP, MUSIC & STREET OMOTESANDO, THE STREET KEITH HARING LOVED展をみてきました。

キース・ヘリングの纏まった展覧会をみたのは初めてで、勿論アンディ・ウォホールからのPOPアート、そして今のバンクシーに繋がるストリートアートの特異点と認識していたのですが、今回観て想ったのは彼の画のプリミティヴな感覚は南米パタゴニアのVentに共鳴するものがあるのではということ。

アルヘンティーナの「CUEVA DE LAS MANOS(手の洞窟=クエバ・デ・ラス・マノス)」や南米最南端に住むヤーガン族を想起して。インスピレーション元というよりは、共振するArtとして彼の体の奥底にも響くようなリズムが原始共同体にもあったのだなぁと想った次第でした。

入場FREE. 展覧会は撮影OKで、中ではキース・ヘリングのNiceなグッズが沢山ゲットできるショップもあるので、表参道へVamosです★

# by wavesll | 2018-08-11 16:13 | 展覧会 | Comments(0)

Yuna - Terukir Di Bintangのマレー語ポップと自家製バナナジュース 第144回酒と小皿と音楽婚礼


c0002171_07272350.jpg
Across the skyで知ったマレーシアのシンガー, YUNAを聴きながらバナナと牛乳と氷をミキサーにかけて。こころをゆるっと、ふわっとした朝の穏やかな充実を。

# by wavesll | 2018-08-10 07:29 | La Musique Mariage | Comments(0)