カテゴリ:La Musique Mariage( 196 )

ネオ・クンビア【rafi:ki / mix(tape) 018】 X 一番搾り 花見デザインパッケージ 第128回酒と小皿と音楽婚礼

c0002171_20501581.jpg
先日当企画で取り上げたKaleema – Nómadaがとても今の私の気分にマッチし、改めてデジタル・クンビア周辺をDigってみようかとYoutubeを回遊した結果見つけたのがこのMix。

そもそもデジタル・クンビアとはコロンビア発祥のダンス音楽“クンビア”をアルゼンチンのアーティストたちがクラブのサウンド・システムを通してデジタル化したもの。

どうもクンビアはいなたすぎて今まで耳に合わずデジタル・クンビアも聴かず嫌いなところはあったのですがこの動画の様なNeo-Cumbiaという米国で発達したクンビア・シーンはいなたさを馨らせつつ非常に洗練されていて好きです。これくらい電子的に洗練された演歌なんかも聴いてみたい気もしました。

この新奇な音に合わせたいのがKIRIN一番搾りの新パッケージ。
”ただ新パッケージなだけで中身は変わらないんだろう?”とお思いの御仁、私もそう思う人間なのですが、買ってみるとなんか新パッケージのビールって美味いんですよね。

これを”イメージ的なものが加味されて”というのも一つの解ですが、個人的に想うのは”出始めの新パッケージは新規ロットで鮮度がいいからでは”と想って。缶ビールでも出来てから日数が経ってない方が美味い気がするのです。これはペットボトルのお茶にも感じるところで。

鮮烈な麦酒を、北米発、南米源流のハイブリッドな音楽に。春はいよいよこれから。三寒四温な啓蟄ですが、麗らかな光のどけき日の前哨戦にまず酔おうじゃないかとw今日みたいな春の雨の夜も花粉症が気にならなくていいですね◎

by wavesll | 2018-03-08 21:05 | La Musique Mariage | Trackback | Comments(0)

小川美潮 (FULL ALBUM) X 宝山特別限定酒 鹿児島ハイボール 第127回酒と小皿と音楽婚礼

小川美潮 (FULL ALBUM)
c0002171_00044644.png
YoutubeのおすすめSuggestってバカにならなくて、延々と回遊をつづけちゃったりしてしまうのですが今回見付けた此の85年にリリースされたアルバムもそんな掘り出し物。

Amazonによると白井良明(ムーンライダーズ)プロデュース細野晴臣・作・プロデュース「光の糸 金の糸」なども入っているという陣容。ちょっとドラゴンボールのED感というか、アニメソングっぽさがあって。80年代のほんわかした空気がありながらキレがきっちりある音づくりが魅力的。

”このアルバム名盤だけどなんでYoutubeがサジェストしてきたんだろう?”と小川さんのホームページでプロフィールをみて得心。先日取り上げたWha-ha-haのヴォーカリストだったのですね。そしてやっぱり親和性が有るのかアニメのお仕事もされているようでした。音楽数珠繋ぎ。

これを聴きながら呑みたいのが宝山特別限定酒 鹿児島ハイボール
ほんのり甘くて、するするっと飲めちゃうこのハイボールがこの音楽に温かな触感を与えて呉れます。

Wha-ha-haでは坂田明、そしてこのアルバムでは細野さんやムーンライダースの人脈の結点だった小川さんは今も現役でライヴを精力的にされていて。この歌声は今聴いても瑞々しく心地よさそう。聴きに行きたいです◎

by wavesll | 2018-03-07 00:23 | La Musique Mariage | Trackback | Comments(0)

Wha Ha Ha - On the Floor X ほうじ茶ラテ 第126回酒と小皿と音楽婚礼

Wha Ha Ha - On the Floor

c0002171_18185983.jpg

フォロイーさんから知った坂田明達が結成したアバンギャルドジャズユニットWha Ha Haの1981年に出た1stアルバム『死ぬ時は別』収録の楽曲。後半のスキャットなんか悶絶するほど素晴らしき哉。アルバムは今でいうとCHAIなんか好きな人にも刺さりそうな飛び抜けたものを持っているフリージャズmeetsテクノポップな快盤。

これにあわせたく想ったのがこれもTLで知った「ほうじ茶ラテ」。スタバとかでも売っているそうなのですが自分はTEA'S TEAの奴を先日飲んで「おお!TEA'S TEAって今までいいイメージなかったけれどこれは美味い!」と開眼いたしまして。

で、今この記事書くために近所のコンビニを回りまくったのですが、なんと見つからず。期間限定商品だったのかなぁ。

と、いうわけでほうじ茶の茶葉と牛乳で自分で拵えてみましたw
既製品とは味は矢張り違うけれども、ミルクティーなのにほうじ茶の薫りのおかげで後味がとてもさらっとしていて美味い。TEA'S TEAはかなり砂糖を入れている模様で、自分で創ると甘さが調整できてさらに爽やかにつくれていいかもしれません。

ちょっと摩訶不思議で、そしてさらさらとした爽快感がある新味の組み合わせ、ベルマリアージュでした。

by wavesll | 2018-02-24 17:45 | La Musique Mariage | Trackback | Comments(0)

Kaleema – Nómada X 花酒「与那国」60度 第125回酒と小皿と音楽婚礼

Kaleema – Nómada
c0002171_20170790.jpg
BamudaさんのTweetで知ったこのKaleemaことHeidi Lewandowskiの音楽。ジャンル的にはデジタル・クンビアというそうですが、クンビアのいなたさは洗練され最新系の音像になっていてとても聴きやすいです。

ユニオンによるとVoodoohopともつながりがあるレーベルからのリリースだそうで。シャーマニックでスロウな電子感と南米感のある、液体的で、妖しくも素敵な精神性を湛えています。

これに何を合わせようかと想ったときに丁度いいのがあるぞと手に取ったのが与那国の花酒。泡盛なのですが、与那国の花酒はなんとアルコール度数が最大で60度なのです。

けれど飲み口は寧ろ甘さも感ぜられて深いAlcohol体験をもたらしてくれます。ここら辺本当に美味しいテキーラにも似ているかも。

Kaleemaの音と合わさると馨しい花の香りをかぐような霊性な刺激があって。この企画はListening体験に別の次元を飲食で相乗効果を出したくてやっているのですが、今回の実験結果は上々、とても気持ちの良い組み合わせと成りました。



by wavesll | 2018-02-22 21:15 | La Musique Mariage | Trackback | Comments(0)

木村充揮 X 日本酒のおでん出汁割り 第124回酒と小皿と音楽婚礼

c0002171_20204783.jpg
c0002171_20210046.jpg
君といつまでも - 木村充揮





ドキュメント72hで赤羽のおでん屋が取材されてて、そこでワンカップをおでんの出汁で割るという反則技に近いコトが起きていて◎

これやってみたいなぁとセブンであえて安いワンカップ買っておでん総菜屋で一袋買って、家で拵えてみました。

ん~ん!これは…これは悪い酒だぜ…!酒飲みの行き着く味だwなんというか、べらぼうに美味いわけではないのだけどあれよあれよとぐいぐい進むw

これに合わせた音はex憂歌団の木村充揮さんの唄。もう最高でしょこいつぁ。このDopeな酒にこのブルーズ、もうほんと、これざよ、愉楽とは★

by wavesll | 2018-02-21 20:35 | La Musique Mariage | Trackback | Comments(0)

白銀のSnowboarding Slopestyle X Burnier & Cartier - Burnier & Cartier 第45回音の貝合わせ



Burnier & Cartier - Burnier & Cartier (1974) [Full Album / Completo]

熱戦が続くPyeongchang Olympic Games。スピードスケートの氷を蹴る音をクリック音にして電子音楽を創ったら面白そうだとか、ザキトワのキトリが『昴』のようだとか、高梨沙羅さんの渾身の飛行にも感動したし、リュージュの歓声と弾丸のようなスピード感に驚いたり。連日見入っています。

そんな中でも特別に印象的だったのがスノーボード・スロープスタイル。
まずみていて本当にワクワクする滑走と跳躍が繰り広げられるのは勿論、何気に嬉しかったのが実況解説の人が「かっこいいですね」や「いかに自分を表現するか」みたいなことを評価基準として話してくれて、スノーボード文化圏っていいなと。

3連休の中で昼間にみているスロープスタイルの白銀に照り返す景色を見ながらラップトップでかけていたのが『Burnier & Cartier』。ブラジリアンメロウ~AORのマスターピースによる明るいサウダージが快く響いて。

ゲレンデでかかっている音楽って疾走感と尖りがあるイメージがあるのですが、案外ブラジリアンも陽光の雪原に合うぞと◎映像にBGMをつけてスポーツの祭典を音楽と組み合わせ愉しむの、何気にお薦めです。

by wavesll | 2018-02-13 20:33 | La Musique Mariage | Trackback | Comments(0)

ボ・ガンボス - 夢の中 X ヘルシア緑茶うまみ贅沢仕立て 第123回酒と小皿と音楽婚礼

ボ・ガンボス - 夢の中
c0002171_08063389.png
BO GUMBOS、その名前はフィッシュマンズの流れや音楽雑誌のオールタイムベスト企画で知っていて。オーセンティックな日本のロックなのだという空気が文面から伝わっていきながらも聴くことはなくて。どんとさんの息子・ラキタの音を先に聴いたりしていました。

そして不意に「そうだ、ボ・ガンボスを聴こう」と想いまして。その理由を考えれば今年は何となく尖った音よりも少し丸っこい音がしっくりしてきた感覚があって。Youtubeで聴いたこのライヴ音源がくるり等の源流というか、まろやかさとヤンチャさがかなり好きな感じでした。

で、Spotifyをみてみると結構アルバムが上がっていて。特に1stが気に入りました。その上でWAV音源で聴いたらかなり良さそうなので円盤探しにめぐってみたいです。

そしてこの「夢の中」に合わせたい飲み物はヘルシア緑茶うまみ贅沢仕立て。
個人的にはトクホには効果は全然望んでないのですが、トクホ飲料はちょっと高額にできるからか黄金烏龍茶とかかなり美味いのが結構あるんですよ。これもそんな逸品で。

この深蒸しの甘やかな渋み、Webサイトをみると刈番茶と深蒸し茶とかぶせ茶の三位一体な旨みだったのかと。

この円やかでありながら爽やかな味覚がボ・ガンボスの音世界に新たな次元を加えてくれ、美味しくいただけました◎

by wavesll | 2018-02-08 19:47 | La Musique Mariage | Trackback | Comments(0)

スーパーブルーブラッドムーン X Orange Moon - Erykah Badu 第44回音の貝合わせ

c0002171_22535154.jpg


by wavesll | 2018-01-31 23:01 | La Musique Mariage | Trackback | Comments(0)

Papete - Planador X よろしく千萬あるべし焼酎ハイボール 爽麗なBrazilian Psychedelic盤に柚子香る美味い酒缶 第122回酒と小皿と音楽婚礼

Papete - Planador (1981) - Completo/Full Album

c0002171_20065070.jpg
Youtubeを回遊していてみつけためっけものアルバム。
1970年代より活動するブラジルのパーカッショニスト/ビリンバウ奏者、Papeteによる1981年リリースの名作(ORGANIC MUSIC)とのこと。

ビリンバウ好きにもパーカッシヴなものが好きな人にも、そして良質なポップミュージックが好きな人にもお薦めできる爽麗なBrazilian Psychedelic盤でした。

この素敵なAlbumにあわせるアルコールを思い浮かべると一番に挙がったのがよろしく千萬あるべし焼酎ハイボール

八海山の焼酎にレモン果汁や柚子果汁、そして炭酸を入れたハイボール。この甘みある酒の味わいがブラジルの音に殊の外あって。気持ちよく酔いしれます。

柚子の風味もベル・マリアージュ。快い楽しい夜に、いい酒と音楽を。

by wavesll | 2018-01-29 20:18 | La Musique Mariage | Trackback | Comments(0)

たまご かおり『無題(鳥)』X Tsegué-Maryam Guèbrou ‎– Éthiopiques 21 : Piano Solo 第43回音の貝合わせ

c0002171_23302598.jpg



この鳥を描いた<たまご かおり>さんの絵、私はたまらなく好きで。
美しいだけでなくて、どこか野生の焔を感じて。
いつか個展をみてみたい、或いは鴎庵上で電子個展を開けないかと夢想する画家さんです。

そんな生命力と可憐さを音であらわすならば、どんな音楽が好いのだろうと悩みに悩んだ結果、”よしこれで行こう”と想ったのがこの一枚
エチオピークス・シリーズの中でも珠玉の一枚である本作は女性ピアニストによる詩情あふるる、けれど大地にすっくと立った音楽。

風を彫ったような、ふわりとぞわりが同居するような。軽みと鮮烈さをこの2人には共通して感じて。
芸術への、そして人への愛情が内発するような、そんな温かいエクスペリエンスでした。


by wavesll | 2018-01-23 00:01 | La Musique Mariage | Trackback | Comments(0)