カテゴリ:展覧会( 188 )

MeCA展 Media Culture in Asiaの光と闇のArt Experienceがスゴい。

平川紀道 - datum
c0002171_21212289.jpg
couch - TRACING SITES
c0002171_21224102.jpg
Tad Ermitaño - Spinning Jimmy v.2.0
c0002171_21235489.jpg
Kawita Vatanajyankur - SERIES: TOOLS / WORK
c0002171_21253427.jpg
c0002171_21311138.jpg

Bani Haykal - 「眠らない夜のネクロポリス」
c0002171_21270773.jpg
c0002171_21272172.jpg
Guillaume Marmin + Philippe Gordiani – TIMÉE (Vimeo link)
c0002171_21305324.jpg
MeCAへ行ってきました。

デジタルテクノロジーの現代アート展。ラフォーレ原宿と表参道ヒルズで行われていて、まずはラフォーレ6Fへ。

平川紀道の画像を色素分解し6次元ユークリッド空間上の点として顕わす≪datum≫がまず面白かった。スーラの点描画で画かれた公園を撮影してストップモーションで点描に編集、それを木片に投影したものをスクリーンに再投影することで作品が画くものの時間経過と非同期で写される鑑賞を顕わしたcouch≪TRACING SITES≫も。

そしてスクリーンに浮かんだ要素がプリンターで印刷され続けるStudio The Future - Klara van Duikeren / Vincent Schipper Fil Fiat Luxや映像で画面端にぶつかると車輪がついた画面が動くTad Ermitaño≪Spinning Jimmy v.2.0≫等電子と物理の関係が面白い作品も。

表参道ヒルズB3Fに移って、キム・ジヌンのボードの上にある珠の数と位置で音楽が変位する≪Ball≫や坂本龍一+高谷史郎がつくったアジアの一定地域の天候データによって天井からの水滴の落下と音の変化をもたらすという≪「water state 1(水の様態1)」≫をみました。女性の社会的負担を映像で顕わしたKawita Vatanajyankur ≪SERIES: TOOLS / WORK≫や一方的なチェスのゲーム展開で国際情勢を比喩したBani Haykal「眠らない夜のネクロポリス」等も。

そして一番感動を湧かされたのはGuillaume Marmin + Philippe Gordiani – TIMÉE!暗闇の中で孔々から光が射し空間の位相が変わっていく12分間の作品。ディスプレイの2次元では分かりづらいですが、生で観ると光の3次元性が本当に感銘を受けて…!シンプルなものだからこその真新しい体験、単純なものこそ創り出すのは奇跡なのではと思わされました!

会期は明日迄。この≪TIMÉE≫はホント目から鱗で、恒常展示して欲しいくらいの体験を呉れました。

by wavesll | 2018-02-17 21:51 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)

国風盆栽展at東京都美

鬼頭正男 真柏
c0002171_07505016.jpg
佐藤三夫 五葉松
c0002171_07522244.jpg
市村富雄 真柏
c0002171_07542248.jpg
廣瀬幸夫 黒松
c0002171_07551312.jpg
c0002171_07552352.jpg
c0002171_07553359.jpg
c0002171_07554279.jpg
田中慶治 かりん
c0002171_07564748.jpg
c0002171_07570234.jpg
c0002171_07571969.jpg
小松正幸 真柏
c0002171_08000854.jpg
高橋廣美 五葉松
c0002171_08011977.jpg
高村佳雄 真柏
c0002171_08022764.jpg
c0002171_08023707.jpg
大泉義郎 一位
c0002171_08034276.jpg
大平二作 真柏
c0002171_08044731.jpg
c0002171_08050157.jpg
斎藤晃久 いわしで
c0002171_10255688.jpg

c0002171_08075079.jpg
c0002171_08080116.jpg
山田剛士 五葉松
c0002171_10263623.jpg

c0002171_08092003.jpg
森勝喜 真柏
c0002171_08100934.jpg
c0002171_08102006.jpg
池田有光 赤松
c0002171_08111081.jpg
袁健棟 真柏
c0002171_08115527.jpg
鈴木憲一 檜
c0002171_08123820.jpg
石内勉 杜松
c0002171_08134308.jpg
c0002171_08135609.jpg
c0002171_08140315.jpg
小山明徳 真柏
c0002171_08151451.jpg
中野隆 赤松
c0002171_08155438.jpg
登之内博 うめもどき
c0002171_08162685.jpg
c0002171_08163768.jpg
遠藤雅久 真柏
c0002171_08175574.jpg
c0002171_08180812.jpg
佐藤輝 蝦夷松
c0002171_08184940.jpg
池原一美 がじゅまる
c0002171_08192043.jpg
沼田清 真柏
c0002171_08201421.jpg
c0002171_08202503.jpg
c0002171_08203636.jpg
綿引新一郎 一位
c0002171_08211875.jpg
c0002171_08212910.jpg
c0002171_08214052.jpg
葉坂勝 真柏
c0002171_08221585.jpg
橋本義信 山もみじ
c0002171_08235640.jpg
絹和勝利 蝦夷松
c0002171_08243323.jpg
真鍋光一 真柏
c0002171_08251448.jpg
c0002171_08252633.jpg
中村正美 五葉松
c0002171_08260101.jpg
山崎養世 寒ぐみ
c0002171_08264595.jpg
富岡正夫 真柏
c0002171_08274223.jpg
島田博靖 真柏
c0002171_08283371.jpg
c0002171_08284417.jpg
広田孝伸 五葉松
c0002171_08292074.jpg
照井享悦 真柏
c0002171_08300127.jpg
c0002171_08301315.jpg
白井雅彦 ちりめんかずら
c0002171_08305238.jpg
丸山かつみ 真柏
c0002171_08312331.jpg
c0002171_08313698.jpg
白井美子 真柏
c0002171_08324516.jpg
坂野卓弘 山もみじ
c0002171_08332330.jpg
高本康司 真柏
c0002171_08340904.jpg
c0002171_08342329.jpg
c0002171_08343621.jpg
c0002171_08344950.jpg
c0002171_08350334.jpg
佐伯一男 かえで
c0002171_08363029.jpg
河内淳司 黒松
c0002171_08371251.jpg
c0002171_08372531.jpg
並木浩一 一位
c0002171_08382440.jpg
c0002171_08383668.jpg
c0002171_08384892.jpg
c0002171_08385971.jpg
大森要次 皐月(栄冠)
c0002171_08401632.jpg
c0002171_08402866.jpg
内田任人 五葉松
c0002171_08412993.jpg
鈴木金五郎 真柏
c0002171_08421946.jpg
久保田嘉文 赤松
c0002171_08432327.jpg
松島稔 真柏
c0002171_08440418.jpg
古澤辰雄 山もみじ
c0002171_08444523.jpg
二見厚 一位
c0002171_08452185.jpg
c0002171_08453305.jpg
鈴木利男 蝦夷松
c0002171_08463747.jpg
c0002171_08465399.jpg
c0002171_08470744.jpg
豊田喜代子 野梅
c0002171_08475681.jpg
下総幸男 皐月(大盆)
c0002171_08484976.jpg
靍見敏夫 皐月(栄冠)
c0002171_08493792.jpg
c0002171_08500736.jpg
小倉薫 赤松
c0002171_08512858.jpg
c0002171_08515820.jpg
岩出政雄 五葉松
c0002171_08532099.jpg
c0002171_08534928.jpg
山﨑義信 皐月(光華)
c0002171_08550151.jpg
山口久弥 真柏
c0002171_08555336.jpg
高橋忠義 一位
c0002171_08564921.jpg
Adam Balick ちりめんかずら
c0002171_08573069.jpg
摂待睦夫 赤松
c0002171_08580666.jpg
熊谷寿 五葉松
c0002171_08584824.jpg
大川賢三郎 一位
c0002171_08592626.jpg
Melvyn Goldstein 皐月(栄冠)
c0002171_09000654.jpg
c0002171_09003001.jpg
高橋勇義 蝦夷松
c0002171_09012534.jpg
廣島勝沖 杜松
c0002171_09020641.jpg
仲村威 蝦夷松
c0002171_09025153.jpg
湯浅一徳 黒松
c0002171_09033016.jpg
坪井孝一 五葉松
c0002171_09040980.jpg
荒川和也 真柏
c0002171_09044935.jpg
佐々木春樹 長寿梅
c0002171_09052677.jpg
鈴木政行 真柏
c0002171_09063406.jpg
c0002171_09064704.jpg
塩田満夫 真柏
c0002171_09073907.jpg
上川忠雄 五葉松
c0002171_09083515.jpg
髙木一幸 真柏
c0002171_09091878.jpg
吉永芳男
c0002171_09100195.jpg
鷺喜三郎 真柏
c0002171_09115488.jpg
鷺喜三郎 うめもどき
c0002171_09122268.jpg
萩原勇吉 長寿梅
c0002171_09130035.jpg
関口吉男 皐月
c0002171_09134351.jpg
田続明 真柏
c0002171_09142438.jpg
高倉一男 野梅
c0002171_09145766.jpg
八木沼芳二 真柏
c0002171_09153459.jpg
澳耳又邑全教 かえで
c0002171_09163995.jpg
杉浦義尚 五葉松
c0002171_09171603.jpg
井上豊一 真柏
c0002171_09180242.jpg
島方孝晴 かえで
c0002171_09184014.jpg
菊田勝三 赤松
c0002171_09191579.jpg
近藤一史 野梅
c0002171_09200268.jpg
館幸太郎 真柏
c0002171_09204179.jpg
中野喜美江 かえで
c0002171_09212200.jpg
廣瀬町子 長寿梅
c0002171_09221530.jpg
c0002171_09222700.jpg
平山重孝 五葉松
c0002171_09230434.jpg
関根宏一 紫式部
c0002171_09233923.jpg
星良一 野梅
c0002171_09241881.jpg
村上佐和次 姫美好
c0002171_09245691.jpg
村上佐和次 ちりめんかずら
c0002171_09251700.jpg
霜田義江 けやき
c0002171_09260095.jpg
霜田孝光 五葉松
c0002171_09263034.jpg
大森忠嗣 山もみじ
c0002171_09270684.jpg
清水欣一 寒ぼけ
c0002171_09275966.jpg
内田昇 五葉松
c0002171_09284534.jpg
青木洋 黒松
c0002171_09292360.jpg
斉藤功 真柏
c0002171_09301777.jpg
塚越満雄 寒ぼけ
c0002171_09310902.jpg
久保田将万
c0002171_09314390.jpg
小林昭雄
c0002171_09322018.jpg
藤原重政
c0002171_09330103.jpg
石井千一
c0002171_09334103.jpg
羽鳥弘 けやき
c0002171_09341581.jpg
吉永久徳 黒松
c0002171_09345252.jpg
隅田真一 ちりめんかずら
c0002171_09352772.jpg
笠井清秀 五葉松
c0002171_09370504.jpg
豊田啓治 真柏
c0002171_09374321.jpg
和田法宏 五本松
c0002171_09382003.jpg
c0002171_09390728.jpg
c0002171_09392184.jpg
c0002171_09395168.jpg
c0002171_09445210.jpg
米村金夫 真柏
c0002171_10270871.jpg

永塚滋 五葉松
c0002171_09461098.jpg
森波博 真柏
c0002171_09464319.jpg
森岡英一 真柏
c0002171_09470996.jpg
c0002171_09472070.jpg
梅原武 山もみじ
c0002171_09474152.jpg

宮内庁 檜
c0002171_09402655.jpg
東京都美術館の国風盆栽展へ行ってきました。

“アランカル”なんて言いたくなるような中2心をくすぐられる造型美。盆の上の宇宙。兼六園に行ったとき”これは殿様のリアルサイズ盆栽だ”とか想ったけれど、素晴らしい盆栽はまるで縄文杉の縮小版のような密度の魅力でした。

小さな大樹の幹は骨であり筋肉だと知り。捩じれる體は荒木飛呂彦のよう。そしてひとつひとつの容貌は運慶の彫る無著菩薩立像 世親菩薩立像のような存在感を湛えていました。

年輪を重ねたひだの美は若々しいつるっとした者には出せないと謂ったはかわぐちかいじだったか。時間がつくりだす美しさがそこにありました。



by wavesll | 2018-02-17 09:40 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)

III枚のDavid Lynchによる版画

Sqeaky Flies in the Mud 泥の中のキーキー声の蠅
c0002171_18142170.jpg
Two Hands 二つの手
c0002171_18153125.jpg

Bug Angel Weeping 虫の天使が泣いている
c0002171_18162073.jpg
from デヴィッド・リンチ版画展 於 8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Gallery
by wavesll | 2018-02-12 18:24 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)

つめをぬるひと個展「サードパーティー」at 渋谷andercurrent

c0002171_16292028.jpg
c0002171_16293973.jpg
c0002171_16300958.jpg
c0002171_16303429.jpg
c0002171_16302541.jpg
c0002171_16305641.jpg
桜丘町のandercurrentにてつめをぬるひと個展「サードパーティー」をみてきました。つめをぬるひとはDOMMUNEでいつも好いネイルをULされてる女性。つめと絵や短歌を合わせた作品が嬉しくなる効果がありました。ネイルは販売も。本日まで。
by wavesll | 2018-02-11 16:35 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)

Photographs of 第66回 東京藝術大学 卒業・修了作品展

懸谷直弓 ≪2.5次元の触覚≫
c0002171_17330877.jpg
藤田クレア ≪閾≫
c0002171_17340679.jpg
鈴木修一郎 ≪夜景≫
c0002171_17350755.jpg
c0002171_17353814.jpg
齊藤琴絵 ≪影は絶えず≫
c0002171_17363070.jpg

SIMONE PHILIPPOU
c0002171_17381637.jpg
堀内悠希 ≪Circular Clues≫
c0002171_17390366.jpg
栗木結生 ≪今日めぐりあえなかった人達≫
c0002171_17395397.jpg
石塚嘉宏 ≪数えきれないほどたくさんの粒子の移動について≫
c0002171_17404836.jpg
鷹觜絢香 ≪Twin Chair≫
c0002171_17421180.jpg
岡ともみ ≪岡山市柳町1-8-19≫
c0002171_17480343.jpg
黒氏琢也 ≪ムズムズ≫
c0002171_17504231.jpg
後藤宙 ≪Composition:Heptagon≫
c0002171_17524655.jpg
澤井恭平 ≪Soul Immortal≫
c0002171_17544997.jpg
倉田明佳 ≪When I came back to myself≫
c0002171_17555686.jpg
趙恩枝 ≪記憶の緑≫
c0002171_17565111.jpg
日下部岳 ≪可能世界と石≫
c0002171_17580160.jpg
岸由紀子 ≪Paradise(ver.JY)≫
c0002171_17592071.jpg
伊藤五津美 ≪孤を描く≫
c0002171_18002618.jpg
京増千晶 ≪容疑者:■本陽一(32)≫
c0002171_18031128.jpg
住吉美玲 ≪いつかその時が来たら、私は≫
c0002171_18043335.jpg
c0002171_18044714.jpg
渡邊優子 ≪漂う夢≫
c0002171_18054790.jpg
細渕すみれ ≪いるかホテルの友人≫
c0002171_18064508.jpg
川上椰乃子 ≪弁慶橋より≫
c0002171_18073077.jpg
真鍋由伽子 ≪変わらない海≫
c0002171_18085686.jpg
大山菜々子 ≪今はまだ揺籠の中で≫
c0002171_18094889.jpg
金丸理恵 ≪かつ消えかつ結び≫
c0002171_18103775.jpg
安河内蘭 ≪回帰≫
c0002171_18120429.jpg
上野真樹 ≪畜生道~獄中愛物語~≫
c0002171_18133376.jpg
岡村峰和 ≪自画像「鷺男」ポスター≫
c0002171_18141834.jpg
長谷川友香 ≪Here≫
c0002171_18151574.jpg
石村大地 ≪自刻像~好きを集める~≫
c0002171_18163908.jpg
澤村崇太郎 ≪あとどれくらい僕は深く潜れるだろう≫
c0002171_18174682.jpg
c0002171_18175894.jpg
澤村崇太郎 ≪ダイバー≫
c0002171_18193964.jpg
石下雅斗 ≪The Tower of Life≫
c0002171_18203898.jpg
江田伊吹 ≪望郷≫
c0002171_18212137.jpg
小早川和香奈 ≪filtered sunlight≫
c0002171_18220587.jpg
吉原優里子 ≪A blink of bloom colon starry≫
c0002171_18231488.jpg
東京藝大の卒展に行ってきました。

先ず目に飛び込んで来たのは懸谷直弓さんの≪2.5次元の触覚≫。超巨大なマウスカーソルが現前したプレゼンテーション。逆ARというか、仮想が現実化することで、物質というのは超密度の情報体でもあるのかもしれないと思いました。

本日は最終日で、棟によっては1/31までだったのか><!とか思いつつも藤田クレアさんのヴンダーカンマーな≪閾≫を愉しんで。

絵画では写真と見まごうような鈴木修一郎さんの≪夜景≫、黒炎に闇虹が滲む齊藤琴絵さんの≪影は絶えず≫、日本的なめでたさがいいSIMONE PHILIPPOUさんの作品、堀内悠希さんの≪Circular Clues≫の機械と風景スケッチのめぐりあわせ、紫輝に透ける栗木結生さんの≪今日めぐりあえなかった人達≫、石塚嘉宏さんの≪数えきれないほどたくさんの粒子の移動について≫のコンポジションや水でつくったかのような鷹觜絢香さんの≪Twin Chair≫のエメラルドグリーンに目を瞠りました。

そして岡ともみさんの≪岡山市柳町1-8-19≫はお婆様の家の品々を使いながら、静謐に鳴る環境音と透明な板を使ってレイヤーを組む暗やみの中で光が存在する作品。懐かしさと尖端性が同居する感覚でした。

藝大美術館へ行くとまず黒氏琢也さんの≪ムズムズ≫が。虫が這う劔?面白いフォルムでした。中の展示も素晴らしいものが多く、後藤宙さんの≪Composition:Heptagon≫の堂々たる美、木で人魚を顕わした澤井恭平さんの≪Soul Immortal≫、現代的な女の子の可愛さとカッコよさが表現された倉田明佳さんの≪When I came back to myself≫、情報の構造体を形成した趙恩枝さんの≪記憶の緑≫、日下部岳さんの≪可能世界と石≫と岸由紀子さんの≪Paradise(ver.JY)≫は連作の中での全体の合成の面白味がありました。

ここで東京都美術館へ移動、伊藤五津美さんの≪孤を描く≫は貝殻が張り付けてある球体の作品。京増千晶さんの≪容疑者:■本陽一(32)≫は「の」の字が盗まれた世界線のユーモアがある作品。結婚情報誌の表紙を全部自分の顔にした住吉美玲さんの≪いつかその時が来たら、私は≫にもニヤリとさせられました。

日本画がとっても素晴らしくて、渡邊優子さんの≪漂う夢≫の漆黒のカイロス、細渕すみれさんの≪いるかホテルの友人≫はピンクの壁から南米のマジックリアリズム世界への扉が開かれる様に感じて好きでした。川上椰乃子さんの≪弁慶橋より≫の濠の緑が美しくて。写真より全然生が良かったです。

真鍋由伽子さんの≪変わらない海≫の冬の情景、大山菜々子さんの≪今はまだ揺籠の中で≫は仙人掌が良かった。金丸理恵さんの≪かつ消えかつ結び≫は懐石料理のような澄んだ味とキャンディーのようなPOPさが融合していて。安河内蘭さんの≪回帰≫にはクリムトの金地のような美しさを感じました。

上野真樹≪畜生道~獄中愛物語~≫はスティッキーフィンガーズのようなファッショナブルな狂いがあって好きで◎岡村峰和さんの≪自画像「鷺男」ポスター≫はアイディアと実装クオリティの勝利。長谷川友香さんの≪Here≫にはLOSALIOSの音が似合いそう。

B1へ降りていくと彫刻作品群が。石村大地さんの≪自刻像~好きを集める~≫は甘い毒っ気が好みで。澤村崇太郎さんの≪あとどれくらい僕は深く潜れるだろう≫は潜水士を木で彫るのが面白く、素潜りの≪ダイバー≫は泡を彫刻してて興味が惹かれました。

石下雅斗さんの≪The Tower of Life≫は古代遺跡から採って来たような崩れが見事。江田伊吹さんの≪望郷≫には裏にあるドラマの深さを感ぜさせられました。そして恐竜骨格のような小早川和香奈さんの≪filtered sunlight≫。最後に吉原優里子さんの≪A blink of bloom colon starry≫金属の花を目の保養に会場を後にしました。

結構焦って回ってCheck洩れも多数、出来れば最終日も12:30終わりでなく17:00までやって欲しかった><と想いつつも、結構スパスパみれて快い卒展となりました。

by wavesll | 2018-02-03 18:24 | 展覧会 | Trackback | Comments(2)

野生展 飼いならされない感覚と思考+α@21_21 DESIGN SIGHT 縄文的な澄んだクオリアのArt展

≪這い熊≫ 柴崎重行、根本勲
c0002171_20143193.jpg
≪丸石神≫
c0002171_20152109.jpg
≪Between You and I あなたに続く森≫ 青木美歌
c0002171_20174214.jpg
≪Finding Perceptions≫ aircord
c0002171_21035174.jpg
c0002171_20270223.jpg
≪Old Boar and Orangutan≫ ステファニー・クエール
c0002171_20184773.jpg
≪獣の遠吠え≫ 田島征三
c0002171_20203667.jpg
≪始まりの庭 水の切り株、土の切り株≫ 鈴木康広
c0002171_20213905.jpg
≪道具と作ることのインスタレーション -case1-≫ 渡邊拓也
c0002171_20224429.jpg
≪139/08//200 85/2008//250 51/2005//230≫ エルンスト・ガンベール
c0002171_20241906.jpg
≪無題≫ 黒田征太郎
c0002171_20263386.jpg
c0002171_20245696.jpg
c0002171_20251448.jpg
≪ボゼ、勢理客の獅子舞、糸崎の仏舞、バーントゥ、御霊神社の面掛行列・阿亀、石見神楽・大蛇、御霊神社の面掛行列、糸崎の仏舞と石見神楽・疫神≫ 西村裕介
c0002171_20252895.jpg
≪野生の現出≫ しりあがり寿
c0002171_20333677.jpg
c0002171_20360324.jpg
c0002171_20361575.jpg
中沢新一のディレクションによる野生展 飼いならされない感覚と思考を観に六本木21_21DESIGN SIGHTへ行ってきました。

南方熊楠の唱えた「縁起」や「やりあて」というスキームや『可愛い』といったような古からの非西洋的思考から脳の野生を開けていく。

ここで顕わされる野生は緻密でエレガンス。レヴィ・ストロースの野生の思考も恐らくベースにした展示全体のクオリアは澄んだ感覚は琉球のイザイホーアイヌの神謡のような縄文の血が濃い地での音響を想わせられました。

またデザインサイトには田島征三氏の≪流木オブジェ≫も展示してありましたので御掲載。
c0002171_20094754.jpg

cf.



by wavesll | 2018-01-31 20:50 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)

Gerhard Richter 『Painting 1992‒2017』at WAKO WORKS OF ART

Abstract Painting (947-3)
c0002171_19533739.jpg
Abstract Painting (945-2)
c0002171_19540261.jpg
Abstract Painting (946-4)
c0002171_19542365.jpg
Abstract Painting (943-2)
c0002171_21162238.jpg

Abstract Painting (950-2)
c0002171_19551561.jpg
Abstract Painting (SANA) (716-2)
c0002171_19554114.jpg
Abstract Painting (Ravine) (873-2)
c0002171_19560507.jpg
Abstract Painting (Juist) (918-2)
c0002171_19562644.jpg
ゲルハルト・リヒター展『Painting 1992-2017』を六本木ワコウ・ワークス・オブ・アートにて観てきました。

一番好きだったのが一番上のAbstract Painting (947-3). この抽象画のシリーズはカラフルでアメーバ状のノイズ・イメージは90年代的なデジタル・スカムを感じますが、近年になるほど形が洗練され高められ放出していくイメージ。

特にこの947-3は猥雑なの路上の現代性が表れている気がしました。また943-2も都市構造の中にある熱帯・密林性が現れているようで好きでした。

その上で、アブストラクトな画はついついロールシャッハ的に「こうみえる・ああみえた」と感じがちなところを抽象を抽象のままで受け止め語れたらいいなぁなんても想ったりしました。

by wavesll | 2018-01-30 20:04 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)

Nissan MID 4 (Type II) AND Nissan R382 No.23 @日産グローバル本社ギャラリー

c0002171_03270727.jpg
c0002171_03263044.jpg
c0002171_03264060.jpg
c0002171_03265346.jpg
c0002171_03272524.jpg
c0002171_03273731.jpg
c0002171_03275061.jpg
c0002171_03281085.jpg
c0002171_03283076.jpg




by wavesll | 2018-01-28 03:29 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)

ヘンミモリ個展「表層/発生」@大久保ART SPACE BUENA

「表層β」
c0002171_23190129.jpg
「表層α」
c0002171_23194204.jpg
「においの化石」
c0002171_23200073.jpg
「手紙」
c0002171_23201738.jpg
「やわらかな庭」
c0002171_23205384.jpg
「みをつくし」
c0002171_23211171.jpg
「夜の残像」
c0002171_23215249.jpg
「おやすみ」
c0002171_23221933.jpg
「壁A」
c0002171_23224052.jpg
「壁B」
c0002171_23225919.jpg
大久保ART SPACE BUENAで開かれているヘンミモリ個展「表層/発生」へ行ってきました。

前回の『メタモルフォシスと飽和』からさらに進化し焦点がくっきりした蜜蝋を使ったミクストメディアの作品群。半立体の絵画性は光によって表情を変え、生で観ると格別でした。

そのテクスチュアは鉱物の断面のような、孔雀の羽根のような、貝の質感のような。紙の繊維や鉛筆の描写が活き活きとしたライヴ感をもたらしていたり、瀧水図のようにも天界からみた陸と海の境にも感じれて。エレクトロニカな美と大地の拍動が同居する物質としての存在感を感じました。オープニングイヴェントでエレファントノイズカシマシの音と共にイシズカユウにライヴペインティングした衣装も展示してありました。

作品は購入することが出来、既に注文が入っている作品も。マーチャンダイズには果物が液状化するポストカードやアクリルカードに描かれた作品も。ミクストメディアの作品群が白壁にしっくりとマッチして格好良かった。これはホント現場でみる充実感のある展示で凄くおススメです◎会期は1/28(日)まで。

by wavesll | 2018-01-24 00:02 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)

三井記念美術館『国宝 雪松図と花鳥 美術館でバードウォッチング展』にて雪松図屏風・鳥類真写図巻・牡丹孔雀図剪綵衝立などをみる

c0002171_12315026.jpg
三井記念美術館『国宝 雪松図と花鳥 美術館でバードウォッチング展』に行ってきました。

開館とほぼ同時に入り、円山応挙≪雪松図屏風≫の展示室へ。しんと吸い込まれるような体験。遠目にはほわっと雪があふるる姿が近づくと尖端の線の筆遣いが劇画の様なインパクトがあって。エクスクルーシヴな時間でした。

最初に戻って展覧会をみると、まず展示前室にあった三井高福≪牡丹孔雀図剪綵衝立≫が素晴らしくて。 剪綵という表現方法、素晴らしい。三井家の人が盛り立てた技法、蒐集に留まらず創造行為を行うのが三井家の洒脱な處ですね。

本展はバードウォッチングがテーマということで鳥に纏わる品々が並んでいて。

≪孔雀卵香合 了々斎好≫や≪鶴卵香合 前後軒園中産≫、柴田是真≪稲菊蒔絵鶴卵盃≫といった卵を使った工芸品やモデル立ちのような鶴が描かれた円山応挙≪梅花鶴図小襖≫が好くて。三井高福≪梅花金鶏鳥図≫も華やかな美しさが熱を放っていました。

そして鳥のコレクションの中で白眉だったのが渡辺始興≪鳥類真写図巻≫!これが素晴らしくて。野鳥の描写図なのですが、その野帖さと確かな筆致が一編の絵巻のような趣きすらあって。非常に見応えがありました。

鳥以外だと河鍋暁斎≪花見の図≫が良かった。永樂和全≪扇面貼交風炉先屏風≫のエメラルドグリーンに黒の斑も中々でした。

そして改めて応挙≪雪松図屏風≫。少し離れたソファに座って眺めていると、”あぁ。左の松は山峰、右の松は滝を見立てているのかもしれない”と感じて。そしてぐっと近づくと屏風の立体性から松に奥行きが生まれ折の視座の面白さが感ぜられて。

松が遠くには山水図、近づくに松自身の存在感が露わになって。≪志野茶碗 銘卯花墻≫とも呼応する曙の金色に映えるWhiteの美しさが大寒のいいくゆりとなりました。

by wavesll | 2018-01-20 13:02 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)