カテゴリ:小ネタ( 336 )

愛国ソング批難騒動から想う「当たり前」が違う相手との実効性のあるコミュニケーション

を聴いて。

最初は”ううぇえ…こういう話は聴いてて靄りそうだし、聴かないでおこうか”と考えたのですが、きちんと聞いてみると一面的な批判ではなく、真っ当な考察がなされて、また論客の一人が結構右だったりして左過ぎない構成になっていて聴けました。

個人的には「HINOMARU」も「ガイコクジンノトモダチ」も「NIPPON」も彼らの楽曲の中では凡曲に感じるのですが、それに対して「軍歌だ」「排外主義だ」と声高に批判されるのはどうにもTwitterも息苦しくなったものだなぁと。

無法図な批判が表現の自由からのバックラッシュが起こすという点も番組では触れられていて、やはり良くモノを考えている人の考察は深いと想ったので当ラジオ番組を聴かれるのをお薦め致します。番組の中でも「『HINOMARU』は軍歌ではない」と先ず語られていて、その上で歌詞の出来の悪さが語られていたりします。

ゆずの二人についても中高生の時にオールナイトニッポンSUPERで浜辺から公開放送してリスナーに「全体ここにくんな!いやク〇ニ!」とか言ってバカ騒ぎしていた二人を知っている身からすると、今の二人にはとても”正しい事”が求められているんだなぁと。

“もう彼らは少年少女が気持ちを重ねる若手な立場と言うより、或いは音楽好きの若者から「あいつら大したことないのに売れやがって」というルサンチマンを浴びる大メジャーな存在なんだなぁ、「栄光の架橋」あたりからその流れに一気になったのかなぁ、二人もおっさんの年だものなぁ、お互い年取ったなぁ”なんて思ったり。

番組の中でも『「右でもなく左でもなく」は無自覚なウヨクのテンプレ』『無思想を表明することの暴力性』が語られていましたが、確かに右の方がマジョリティな分、自分のポジションに無自覚な処はあると感じます。「何を言ってるの?これは”普通”でしょ?」と。

逆に「『右でも左でもなく』というのは右」と言われるということは、是々非々で語るのは右が多く、左は聴く耳を持たない印象があるのではと。これは左の人は普段右の世界に合わせなければならない状況の中で、異議を常に発する立場な構造が前提にあると想います。左の人は「『当たり前』が通じない世界」に怒りを感じざるを得ない。

人間激昂する時は何にかといえば「当たり前」が為されない時であって、「当たり前」が違う人同士で語ることの難しさを改めて感じた一件でした。

現状で出来るとしたら、無自覚な右派は自分が語っていることがどのポジションにあるかを自覚する事、そして左派はバックラッシュの藪蛇を生み出す言葉狩りの触発よりもアイメッセージ等を使っての他者への諭しがコレクトなのではないかと。意識を高くあろうとする側こそ度量がいるなと。

以前に知り合いから聴いたのは、選挙で、特に地方での選挙に於いては「どんなに相手が馬鹿だと想っても、馬鹿だなと見下げた瞬間に票は消えていく」ということ。革新派よりも保守派の方が清濁併せ呑む余裕があるというか、左派の方が原理主義的に感じることがあります。

Webではその狭量さが可視化されやすいのが残念な反発を招いている気がして。

現実世界ではマジョリティの保守派や腐敗した政治家が無自覚にデリカシーのない横暴を行っていて。逆に左派は多様性や弱者への優しい眼差しがあるのに、古くは新聞などのメディア、今だとWebでのエコーチェンバーで塊で提示される故に左派がマジョリティ的にプレゼンテーションされ、逆説的に”保守”がオルタナティヴな本音の選択肢として一つの土着になってしまった流れが、『ゴーマニズム宣言』以降の流れだと。

実効性のある戦いを左派がするために、濁りや愚かさを感情的打破ではなく深い言葉、叡智も駆使しながらやってほしいななんて先般の知事選のバウトをみても想う処です。

by wavesll | 2018-06-19 02:10 | 小ネタ | Trackback | Comments(0)

Drone Raceを日産グローバル本社ギャラリーにてやってきた

c0002171_15372325.jpg
c0002171_15370914.jpg
c0002171_15374247.jpg
たまたま立ち寄った日産本社でドローンレースの体験コーナーがあって参加してみました。

プログラミングで高度が保たれていて、アクセルとハンドリングを操作すれば良くてなかなかカンタンに操作が出来て楽しい!

動画だとこんな感じ。結構空中でクラッシュすることもあってドッグファイトな感じも面白い。なかなかの先端趣味を愉しめました◎

by wavesll | 2018-06-10 15:44 | 小ネタ | Trackback | Comments(0)

Jades from Philippine ー 新宿御苑にてヒスイカズラをみる

c0002171_11271336.jpg

c0002171_11301448.jpg
c0002171_11304893.jpg

c0002171_11321639.jpg
c0002171_11330208.jpg
c0002171_11333343.jpg
c0002171_11335848.jpg
c0002171_11354040.jpg
c0002171_11361770.jpg
c0002171_11363224.jpg
c0002171_11364629.jpg
c0002171_11370858.jpg
c0002171_11375807.jpg
c0002171_11372558.jpg
c0002171_11385385.jpg
c0002171_11391868.jpg
c0002171_11394070.jpg
c0002171_11401116.jpg
c0002171_11402656.jpg
c0002171_11404061.jpg
c0002171_11405978.jpg
c0002171_11411513.jpg
c0002171_11413193.jpg
c0002171_11423866.jpg
c0002171_11425760.jpg
c0002171_11434053.jpg
c0002171_11440232.jpg
c0002171_11444721.jpg

c0002171_11453846.jpg
c0002171_11455205.jpg
c0002171_11460853.jpg
c0002171_11463961.jpg
c0002171_11470564.jpg
c0002171_11474712.jpg
c0002171_11480307.jpg
c0002171_11481811.jpg
c0002171_11483450.jpg
c0002171_11485802.jpg
c0002171_11491822.jpg
c0002171_11493463.jpg
c0002171_11494948.jpg
c0002171_11500302.jpg
c0002171_11501721.jpg
c0002171_11503282.jpg
c0002171_11504873.jpg
c0002171_11512149.jpg
c0002171_11513820.jpg
c0002171_11525036.jpg
c0002171_11530712.jpg
c0002171_11533125.jpg
c0002171_11541104.jpg
c0002171_11543174.jpg
c0002171_11544650.jpg
c0002171_11550595.jpg
c0002171_11552114.jpg
c0002171_11554839.jpg
c0002171_11561615.jpg
c0002171_11563968.jpg
c0002171_11565276.jpg
c0002171_11570670.jpg
c0002171_11572051.jpg
c0002171_11573875.jpg
c0002171_11575299.jpg
c0002171_11580659.jpg
c0002171_11583203.jpg
c0002171_11584628.jpg
c0002171_11591701.jpg
c0002171_11594645.jpg
c0002171_12000922.jpg
c0002171_12002646.jpg
c0002171_12005694.jpg
c0002171_12011179.jpg
c0002171_12012695.jpg
c0002171_12015841.jpg
c0002171_12021313.jpg
c0002171_12023569.jpg
c0002171_12025159.jpg
c0002171_12031334.jpg
c0002171_12034827.jpg
c0002171_12032816.jpg
c0002171_12060106.jpg
c0002171_12062763.jpg
c0002171_12064804.jpg
c0002171_12070831.jpg
c0002171_12074922.jpg
c0002171_12082269.jpg
c0002171_12083935.jpg
c0002171_12090012.jpg
c0002171_12091720.jpg
c0002171_12093814.jpg
c0002171_12095554.jpg
c0002171_12101696.jpg
c0002171_12103805.jpg
c0002171_12105870.jpg
c0002171_12111444.jpg
c0002171_12113105.jpg
c0002171_12114792.jpg
c0002171_12120317.jpg

by wavesll | 2018-04-14 12:12 | 小ネタ | Trackback | Comments(0)

天土の空色 ひたち海浜公園でネモフィラをみた

c0002171_19085806.jpg
c0002171_19124551.jpg
c0002171_18464923.jpg
ひたち海浜公園へネモフィラをみにゆきました。

東京駅八重洲南口にて茨城交通の高速バスに乗り込み、2h30mでひたちなかへ。なんと往復チケットが4000円。平日でしたが補助席も出る人気でした。
c0002171_18570694.jpg
「海浜公園西口」が最も近い停留所でしたが、帰りの便では止まらないようなので「海浜公園入口」で降り場所を確認。西口を出てまっすぐ600m歩いた道路沿いに停留所はありました。

西口の翼のゲート、ここに来るのはいつかのROCK IN JAPAN FES振り。
c0002171_18565448.jpg
中に入ると水仙やパンジー等も植わっていました。
c0002171_18582088.jpg
c0002171_19424280.jpg

そしていよいよ…ネモフィラ!たっぷりとお楽しみください。
c0002171_18592448.jpg
c0002171_18595692.jpg
c0002171_19002282.jpg
c0002171_19004389.jpg
c0002171_19005702.jpg
c0002171_19012436.jpg
c0002171_19020796.jpg
c0002171_19022265.jpg
c0002171_16010401.jpg

c0002171_19025287.jpg
c0002171_19030669.jpg
c0002171_19032188.jpg
c0002171_19033442.jpg
c0002171_19040860.jpg
c0002171_19045253.jpg
c0002171_19051965.jpg
c0002171_19054634.jpg
c0002171_19062117.jpg
c0002171_19063696.jpg
c0002171_19065113.jpg
c0002171_19072303.jpg
c0002171_19075056.jpg
c0002171_19081420.jpg
c0002171_19082776.jpg
c0002171_16015666.jpg

c0002171_19100605.jpg
c0002171_19102828.jpg
c0002171_19104710.jpg
c0002171_19110371.jpg
c0002171_19112284.jpg
c0002171_19113680.jpg
c0002171_19115174.jpg
c0002171_19122976.jpg
c0002171_19134609.jpg
c0002171_19134609.jpg
c0002171_19142528.jpg
c0002171_19144175.jpg
c0002171_19145916.jpg
c0002171_19151455.jpg
c0002171_19154198.jpg
c0002171_19155703.jpg
c0002171_16031490.jpg

c0002171_19170783.jpg
c0002171_19174376.jpg
c0002171_19180254.jpg
c0002171_19181953.jpg
c0002171_19183669.jpg
c0002171_19190657.jpg
c0002171_19192904.jpg
c0002171_19194656.jpg
c0002171_19200574.jpg
c0002171_16041606.jpg

c0002171_19205343.jpg

c0002171_19214037.jpg
c0002171_19221558.jpg
c0002171_16052543.jpg

c0002171_16083649.jpg

c0002171_19231545.jpg
c0002171_19233127.jpg
c0002171_19234500.jpg
c0002171_19253616.jpg
c0002171_19255186.jpg
c0002171_19244153.jpg
天地の青。丘の向こうは海なのですね。あっという間の夢見心地な、いつまでもぽかぽかしていたい楽園でした。
ひたちなか名物の五浦ハムのハム焼の屋台も。
早くもまた行きたくなりました。次はまたネモフィラの季節か、コキアの季節に◎




by wavesll | 2018-04-12 19:32 | 小ネタ | Trackback | Comments(0)

CHANELのCOCO GAME CENTER@神宮前に行ってきた!

c0002171_15484062.jpg
c0002171_15492748.jpg
c0002171_15501248.jpg
c0002171_15505247.jpg
c0002171_15510875.jpg
シャネルのゲーセンが出来たと聴いて行ってきました。 凄い人気で。中では新作の口紅をモチーフにした幾つかのゲームがPLAY出来るアーケード筐体やレースゲーム的な映像が流れるフォトスポットがあり、景品を取れるUFOキャッチャーなんか長蛇の列でした。男でも入れるのかな?と想っていたけれどお土産にルージュのサンプルとシールを貰ってしまったw明日までとのこと。

by wavesll | 2018-03-10 15:58 | 小ネタ | Trackback | Comments(0)

Vibram Five Fingers ポップアップショップ@中目黒に行ってきた!

c0002171_19475515.jpg
c0002171_19495039.jpg
c0002171_19500523.jpg
c0002171_19503231.jpg
c0002171_19504986.jpg
先日読んだ『BORN TO RUN』で気になった裸足のように走れる五本足シューズ、Vibram Five Fingersを検索するとポップアップショップが開かれているとみつけ、中目黒のレンタルスペースさくらへ行ってきました。

五本指シューズは初めてだったので装着に手こずりましたが、気になっていた履き心地は全然違和感がなくて。元々マリンスポーツでの使用から発達した靴だからとにかく柔らかいし、用途もジム用からランニング用などなど沢山あり、店員さんはこれで登山もしたことがあるとか。

ランニングモデルと最薄モデルを履いたのですが最薄モデルの黒がなかなかいいなと。踵でなく爪先から着地する歩き/走り方講座もあるとか。最初の一足目は3ヶ月で履き潰してしまっても足の運びを覚えれば半年持つとか。五本指ソックスも売ってました。

アートスポーツ等での取り扱いがあることも聴け、中々の収穫を持ち帰路に着けました。

by wavesll | 2018-03-02 20:00 | 小ネタ | Trackback | Comments(0)

超人スポーツゲームズ@國學院で最新型のスポーツギア体験

c0002171_20315836.jpg
c0002171_20322525.jpg
c0002171_20323838.jpg
c0002171_20325418.jpg
c0002171_20331234.jpg
國學院大学で開かれた第二回超人スポーツゲームズにて最新型のスポーツギアを体験してきました。

まず体験したのがキャリオット
手元のボタンで3段階にアクセルを入れ、手綱で旋回する人機一体のスポーツ。
前傾姿勢にし体重を前にかけないと進まなくて結構苦戦しました。体重が重かったのかもしれないw

またボッチャを電脳的にプレゼンテーションしたサイバーボッチャと車椅子型VRレーサーサイバーウィールも中々に面白かった。




そしてこの日一番印象的だったのがHADOカート!フィールド上にAR表示されるコインを実物のカート運転でゲットしていくゲーム!

実際にARゴーグルをかけると想った以上にゲーム世界に没入出来て!2P対戦したのですが、ゲーム後半になるとフィールド上にボムが出てきてそれに触れると獲ったコインをバラまいてしまうという、リアルマ〇カーなエクスペリエンスでかなり楽しかったです。


最後に体験したのがバブルジャンパー。バネで出来た西洋竹馬を装着しバブルサッカーでも使うような弾力性のある透明な球体を上体に身に着け、本式では相撲をするというゲーム。

私はバブルジャンパー体験で西洋竹馬とバブルを纏い歩いてみたのですが、竹馬も得意でなかった人間には中々に動的平衡を維持するのが大変でしたw


私はここで会場を離れたのですが、この後HADOの大会やシンポジウム等も開かれたそうです。
超人スポーツゲームズ、eスポーツと物理スポーツのマージナルな感じでパラスポーツとも重なるユニバーサルデザインなゲームだしすっごくわくわくさせられ中々ご機嫌な午前となりました。

そして夜。今日も五輪をみていました。ORを出した小平さん、羽生君。そして炎のようなスケーティングだった宇野君を讃えると共にラージヒルの選手達にもリスペクトを示したい。人類の今のSportsの頂点を決める競技が流星群のように発生する短い季節に、パンピーとしてホロリとさせられたりウッキウキにさせられたり、このウェイヴ、凄いなぁ。

思ったのはキーボードを打つことはあまりにも身体を鍛えない運動だと。スポーツギアで遊んだり、生で折衝すること、身体性をいかに駆使するか。コントロールする部位の複雑な指示系統が神経というものか。運動神経に縁遠い人間にはこうしたアクティビティとしてのスポーツはありがたい、などと想った一日となりました。





by wavesll | 2018-02-18 21:17 | 小ネタ | Trackback | Comments(0)

世界最大の格ゲー祭、EVO JAPAN 2018に行ってきた!

c0002171_00133509.jpg
c0002171_00444268.jpg

池袋サンシャインで開かれているEVO JAPAN 2018へ行ってきました。

会場に近づくと全世界から来たゲーマーが続々と歩いていて。なんかコロコロマンガの現実化というか、リアル天下一武道会の様に兵共が集結してきてる感じ。

で、会場に入ってみるとアーケイドコーナーで盛り上がってる他、今日は大々的な予選会の為そこら中でディスプレイで対戦が行われていて。アーケイドコントローラーを持ち込んでいる人も多数。

なんかこの空気、中高の頃の部活の大会の感覚を思い出すというか、ゲーマーの熱がダイレクトに伝わって凄くいい!観戦者からの歓声もBucketheadのキルスイッチ奏法並みに熱い!

で、ホールBのメインステージではARMSの決勝トーナメントが行われていました。まさに手に汗握る決戦!実況も場を盛り上げる!

明日・明後日も大会は行われAbemaTV等でストリーミングもあるとか。日曜のチケットは売り切れですが、土曜は無料で入場出来て、KOFの決勝も。わくわくさせられる連夜、スポンサードしている日清カップヌードルとレッドブルもたんと貰ってしまいました◎
c0002171_00262046.jpg

2018.1.28.21:10追記
AbemaTVでDay2そしてDay3をみました。度胆抜かれるバウト目白押しで。

伏兵だったのがギルティギア、こんなにも熱い2D3Dバトルとは…!まるで闘舞。今まで古武道の演武の足捌きの打音剣道の裂帛にエクスペリメンタルな音楽性を感じたことはありましたが、架空の身体性に武と舞の繋がりが感ぜられて。
多様な必殺技の演出も非常に熱いものがありました。決勝は本日のベストバウト。

そしてストV。ときど豪鬼がアビゲイルを倒したところから梅原ガイルVS板橋ザンギエフ、ときどVS梅原、そして一度ジョンが勝った後にメナトで梅原を倒してジュリで決勝へ上がったインフイルトレーションの化け物クラスの強さ。もう本当に固唾をのんで観戦しました。

e-Sportsとは良く言ったものでサッカーを流すみたいな感じでいい酒が飲める好パフォーマンスで。
日本選手が韓国などの外国勢に撒けることが多かったのですが、悔しさと共に同じレギュレーションの元で死力を尽くしたという爽やかなスポーツマンシップのリスペクトを感じることが出来たいい大会でした。

by wavesll | 2018-01-27 00:27 | 小ネタ | Trackback | Comments(0)

年1の忘年会飲みはレディヘ新譜のようなものかもしれない



私はどうにも内向的な人間で、多人数の飲みとかはHPMP削られるので近年なるだけ避けてるのですが、昨夜は地方から帰浜した友と、もう一人の友と三人で野毛で軽い忘年会をしてました。

そこで感じたのは私生活で自分が随分政治経済から藝術興行に時間配分してしまっていたなぁということ。後、何かを説明するときにちょこちょこスマホでWebを引用しようとしてしまって、口頭での説明スキル高めないとなと。

Twitterなんかに身を浸していくとどんどん濾されるというかコアな噺に行きがちですが、年1くらいでのコミュニケーションだとお互いのベースとなる常識が異なって、基礎噺の交換が主なんだなぁと。普段触れない分野の話が色々聴けて新しい血が入れられた感じ。

私がすっかり『年一人仲間内の誰かと関係悪化してるキャラ』扱いになっていてw「いやいや俺も学んで本格的な衝突の前に距離置く選択するようになったんだよ」と弁解w近くなりすぎて期待しすぎると色々と軋みも生まれますしね。

「今年は鴎庵全然読まなかったなぁ」と言われ、読んだ中として鰻の記事を小馬鹿にされピキピキっときつつも読者なんてのはそんなもんだろうとwこのBlogなんかも褒めるコメントなんかめったにつかないけれど誤認情報へのツッコミは即座に入るし、大体自分も音楽やArtやその他に好きなこと書いてますし、表現したらこういうのはしゃーないもんでしょう。

それこそ昔は「普段面白いと想うことをWebでプレゼン記事書いて欲しい」なんて期待を顔見知りに持っていたのですが、そもそも「面白い刺激」を必要としなくなってる感が傍目だとあったり、情報公開リスク意識もあるだろうし書かない奴に期待するだけ無駄だといい加減覚ってw

そこら辺はTwitterのフォロイーさんやLINEで好いネタを送ってくれる友とだけやってればいいかなと。で、まぁWebに書かない連中も会ってみれば話のネタは持っていて。それこそ似た感覚で集まりやすいTLでは拾えない噺で。

やっぱり年一での会合だとぎこちない所もあったりするのですが、逆にそのしっくりいかない感じは新領域を探索してる部分、レディオヘッドの新譜に求めるいい意味での違和感だと。

強いて言えば、もうちょっと面白く深堀り出来そうな話題を上手く質問できなかったなというのはあって。自分は好きなようにガンガン話すタイプなので”聴きだす”というのが下手なんですよね。。

とはいえ、他分野の噺が時をかけて咀嚼・消化され血肉になるかもと感じれて、飲み会に対するイメージが好転した夜になりました。

by wavesll | 2017-12-30 05:52 | 小ネタ | Trackback | Comments(0)

センター北ノースポートモールのゲーセンがAR砂場やHADOで未来感スゴい

c0002171_05501834.jpg
c0002171_05502927.jpg
土木展での砂遊び

c0002171_05505999.jpg
c0002171_05511296.jpg
HADO WORLD CUP 2017


HADOマレーシア予選大会 - HADO Tournament in Malaysia

c0002171_05512965.jpg

cf.


by wavesll | 2017-11-17 06:05 | 小ネタ | Trackback | Comments(0)