人気ブログランキング |

<   2016年 04月 ( 33 )   > この月の画像一覧

commmons10 健康音楽でまったり大人のフェス遊び

『2001年宇宙の旅』at恵比寿ガーデンシネマ爆音映画祭に続き、恵比寿ガーデンプレイスで催されたcommmons10 健康音楽に行ってきました。
c0002171_21273684.jpg

着いたら、生演奏ヨガが終わったところ。
c0002171_21301745.jpg

ガーデンホールへ、あふりらんぽ!
良かったー☆★人生初生あふりらんぽ。生は全然Youtubeよりいい!一曲目でギターの弦が切れ、それをテーマに即興演奏!ステージから掛け出しホール後ろの二階の柵をドラムスティックで叩く!この生命力、最高!日本語の五感を解放しているというか、太古の巫女のよう。素晴らしかったです。
c0002171_213585.jpg

そして一階へ、コモンズ寄席で柳家喬太郎さんがライヴしてくれるのです。
c0002171_21373374.jpg

前座の若手さんの後柳家師匠が登場。初生落語が喬太郎師匠とは嬉しいじゃねぇかw
でも最初「落語を生で聴くの初めての人手を挙げて」といったら、「少ない」とw

赤ちゃんの鳴き声に「今日は赤ちゃんいくらでも泣いていい、撮影もオーケー、肖像権は正蔵だけ!」とおっしゃってたけどシャッター音が全然ないのは流石寄席客たち。私も無音撮影アプリでぱしゃったらステージライトで師匠が光になってましたw
c0002171_21404835.jpg

まずマクラが最高wコロッケそば、今年食べたばっかだったのですげー良く分かるw
また地名ディスり、立ち食いそばディスりも愛が伝わってきて気持ちよく笑えました。ってかほんとにこんなに笑い起きるんですね。今までJALやANAの機内でしか聴いてなかったけど、生だとやっぱり演技もみれて立体的に惹きこまれるなー。演目は「時そば」。フェスならではの必殺ナンバーなのかな?古典でこんなに自分が笑えるとは、新鮮な驚きでしたw

そして二席目は機内でも聴いたことがあった「夜の慣用句」。またこれが面白いんだw
Youtubeにありました。


恵比寿という土地を活かしたご当地ボケもおもしろかったですw

外へ出ると広場では太極拳が行われてました。なんとBGMはオノセイゲン氏が録ったアマゾンの音!まぁ鳥音とかアマゾンサウンドはちょと小さかったのですが、いいストレッチになりました。
c0002171_21495172.jpg


再びホールへ戻り、空間現代のギグを。
これがまた凄かった。ロックという概念建築を解体し再構成したような鮮烈衝動、特にラストの昂ぶりにはおおおおおっと前で体をぎこちなく揺らしましたw!あふりらんぽに続きみたかったバンドを生で観れるとは、このフェスほんとにnice choiceです^^

c0002171_21532767.jpg


ここでちょっとブレイク。広場で教授と福岡伸一さんのJ-WAVE公開収録をみたりしながら屋台ブースを散策。
このフェス、こだわりのチョコレート店や、サムゲタン、漢方茶の調合ブースとか、まさに「フェス飯ってレベルじゃないホットミール」達。いいなぁ。自分は獺祭スパークリングでつくられたサングリア飲みました。
c0002171_21583843.jpg


ちょっと清水ミチコみようかなと想ったら入場規制。AKによるハイレゾでの『レヴェナントOST』試聴ブースとかみながら時間を過ごし、何気に楽しみにしてた「やくしまるえつこ(掛け声)、坂本教授(ピアノ)、そして見本のお姉さんによるラジオ体操」を見てきました。まるえつ、いつかRSRで相対性理論みたときは混みすぎて顔見れなかったけど、今回みれて、可愛かった◎このラジオ体操、時計チッククラスにいいまるえつの活かし方だったと思います☆Twitter動画に早くもあがっていました。
c0002171_2241225.jpg


そしてそのままうないぐみへ。いーい唄でした。四人の混響とでもいうべきか、めっちゃいい合唱。ウチナー言葉はまるで外タレ、というか普段は沖縄だろうから、外タレを見る気分でした。この前のフェス出演もフジロックだったし。『童神』もやってくれました。
c0002171_2263718.jpg



てぃんさぐぬ花の歌唱は古典落語のような瑞々しく格調高いクラシック。その琉球の天然自然の生活の中の歌が教授のピアノが入ることで、都市にも通じる硬度が入ったの、化学反応だったなぁ。そしてコラボ曲の「弥勒世果報 (みるくゆがふ) - undercooled」もまた恵比寿で美しく歌い上げられました。



そして最後は安里屋ユンタ!最高!昨日の吉野ハイキングで足が結構限界でこれをフィナーレに帰りました。幸宏さんも相当良かったらしいですね。いやー、良い時間を過ごさせました。感謝!音楽X健康を軸に「知る」「笑い」「運動」という多次元へ広がった新たなフェス。食事に関しても、場の雰囲気に関しても大人が楽しめる空間、今後もやってほしいなぁ。最高の日曜日をありがとうございました。感謝!
c0002171_2214195.jpg

by wavesll | 2016-04-10 22:16 | Sound Gem | Comments(0)

吉野の山桜 晩春爛漫

六義園のしだれ櫻中目黒の夜桜千鳥ヶ淵の花筏と上野の桜吹雪と桜尽くしだったこの春。そのフィナーレを企図し、"みよしのの山辺に咲けるさくら花雪かとのみぞあやまたれける(紀友則)"と聴く奈良・吉野山へ行ってきました。

c0002171_23252848.jpg


5時出発で羽田-阿倍野橋-吉野-中千本-上千本ーそして奥千本まで歩いてきたのですが、、およよ?あまり桜、本調子でない。というか、伐採されてる??植え替えの計画でもあるのかな???

c0002171_23334260.jpg


"晩春"という言葉があるとすれば、夏へ加速していく季節に"晩"という字は似つかわしくありませんが、あるとすれば、桜の舞い散った跡を指すのかもしれない。そんなことを考えながら、吉野の山を下っていました。

しかし、上千本・中千本・下千本で山が櫻に染まりました!

c0002171_23363450.jpg
c0002171_23365746.jpg
c0002171_23371893.jpg
c0002171_2338810.jpg
c0002171_2338407.jpg
c0002171_2339191.jpg


やー、軽く安堵しましたw舞い散る桜、爛漫から晩春へ移るその様が、解つれていく春を見るようで、美しかった。鶯の歌にときほぐされ、途中でみたフクロウとカエルにも和みました。柿の葉寿司も葛きりも美味しかった。わざわざ吉野まできちゃってたから、ほっとして帰りの近鉄に乗りましたw

c0002171_23413442.jpg
c0002171_2341539.jpg
c0002171_8271625.jpg
c0002171_8314743.jpg


そして、ここでエクスペリアの電池が切れてしまって、写すことはできなかったのですが、近鉄の車窓からみた奈良の景色が、ある意味吉野の櫻以上にまなこに焼付きました。

のっぱらに咲き零れる紫の小さなすみれ?の可憐さ、その然り気無さを写真に写したかった。瓦屋根の立派な家々は武者屋敷のよう。今に息づく更新されてきた伝統の継承がありました。また屋根が腐ったか、オーバルに歪んだ廃屋、バロックのような味がありました。空間、その豪勢な空間の優美さ、空が広いことが、どれだけ心に羽を生やすか。駅々に掲示される古墳の案内。美しい片田舎がそこにありました。

大阪に近づくにつれ建物で視界が狭まり、電線を眺めると、黒く線がぶれ揺れる様がアニメヴィデオインスタレーションのよう。そう言えば、奈良の木々の黒い枝の折れ曲がった生え様、まるで若冲の筆致のようでした。いや本当は逆かw藝術から現実への投影は、夕陽に照らされ大阪に直立するあべのハルカスがモノリスの様に存在しているなぁ、なんても想いました。

羽田へ着陸しに下降するとき、機内から見える東京の輝き、東京湾のマテリアル感。昔はシナプスの反応図のようだと想っていた耀きが今回は宝石が鏤められたジュエリーのようにみえました。ラグジュアリーさに浸りたかったのですが、JALさん、照明をグラデーションつけて落としていく装置を開発するなら機内アナウンスがあるときサウンドサービスも一時停止する仕組みいれてくれんかい、落語のオチが聴けなかったじゃないかwあ、墜ちない為か、御後が宜しくねぇなぁwこんな感じで過ぎていく日々、春ですな。

P.S.
機内システムで聴いたRIP SLIMEの曲のトラックがくっそカッコ良かったです。機内で邦楽の新曲知ること、結構あるなぁ。

RIP SLYME 「Take It Easy」SPECIAL MOVIE

by wavesll | 2016-04-10 00:05 | | Comments(0)

植物男子ベランダーがやっぱり良かった

c0002171_0143993.jpg
植物男子ベランダーの第3シーズンが始まりましたね。

友達が好きだと言っていて気になっていたのですが、今昼に再放送してたシーズン2をみて、おぉ!面白い!雰囲気もちょうどいい!しかも原作いとうせいこうなのか!とw

『孤独のグルメ』を受けて飯ドラマ全盛な昨今。NHKも『ごちそうさん』という飯朝ドラでスマッシュヒットを飛ばしたなと想っていましたが、ハードボイルドを自認してないほんわか系なのにめちゃハードボイルドを成している五郎さんに対し、ハードボイルドを成そうとしてるけど全然ハードボイルドでないベランダーという裏孤独のグルメなドラマですね、ベランダー^^

特に予想外に気に入ったのがROCKな選曲。今日なんかD'angeloがBGMで流れましたよ。しかも田口トモロヲさん演じるベランダーの愛らしいハードボイルドさがまたBGMを上滑りさせないところもいい!

あと、劇中劇もいいですね。多肉植物が昼ドラやる、みたいなwやっぱ攻めてんなNHKw
前シーズンではMCがラップかますコーナーもあってそのレベルがまたしっかりしているというw音楽面でもかなりいいw銀杏の峯田もでてますよー。来週からも楽しみです◎雰囲気も最高だけど、雰囲気だけでない面白ドラマでお薦めです◎孤独のグルメ好きだけど飯ドラは正直ちょっと食傷気味だなという人に是非w

NHK BSプレミアム「植物男子ベランダー」presents「MC植物」 / m.c;ShockBoots「Botanical」Trailer

by wavesll | 2016-04-08 00:25 | 小ネタ | Comments(0)

アダム・スミス著/山岡 洋一訳 『国富論 国の豊かさの本質と原因についての研究』第二・三編読書メモ

c0002171_19491881.jpgアダム・スミス 著, 山岡 洋一 訳 『国富論 国の豊かさの本質と原因についての研究』 第一編 読書メモに続き、上巻を読み切りました。

第一編では"富とは何か、何を持って価値とみなすか、その原理とメカニズム"について論じられましたが、第二編では資本の分類、そしていかにして資本が増大していくか、その蓄積と利用について語られ、第三編では富を管理する政治の側面の分析がなされていました。

アダム・スミスの視点だと、単純な快楽に金を使うのは浅ましい行為で、日々の娯楽に消費するのではなくで、資本は資本を増やしていく為に使うのが素晴らしい使い方だとしているのが印象的でした。しかし、こうした消費快楽が、大領主が富を家来たちを喰わせるのではなく宝物を買いあさることに使わせ、結果として都市国家の成立、つまり商人・手工業者の独立に繋がったと、第三編では論じていました。

また、第二編では銀行による信用創造が解説されるのですが、面白かったのは、過去の歴史を辿って、”無法図な貸し出しは必ず破綻する。世の企業家は「なぜ貸し渋りをするのか」と騒ぎ立てるが、そんな声に惑わされず、慎重な貸し出し業務を行うべきだ"という論陣が張られていること。それから200年以上たち、量的緩和やゼロ金利政策が行われる現代日本からすると、隔世の感というか、実際2世紀過ぎてるんだもんなぁと想いました。

生産的労働、つまり社会資本のストックとしてモノが残る労働と、非生産的労働、宗教・法律・医者・文人・エンターテイメント産業の人々を分けるのも興味深かったです。当時は著作権と言うものが無かったから、これらのサービス業者はフローとしてしかみなされなかったのでしょうか?"遊び好きは怠惰で貧しい"といわれるのは耳の痛い言葉ですね(苦笑 第三次産業が発達する現代の先進国は、コモディティから抜け出すためにデザイン性やエンターテイメント性、あるいは好感度なサーヴィスが求められることを想うと、数世紀前は貴族が暮らしていた生活高度を庶民が愉しむようになったと。アダム・スミスが現在を見たら、驚くでしょうね。或いは嘆くかもしれないw

それでも、スミスは"大国が民間人の浪費や無謀な経営で貧しくなることはないが、政府の浪費や無謀な政策でまずしくなることはある"と述べます。ここでやり玉に挙がるのは軍事費と宮殿や教会の煌びやかな建築費。憲法改憲や新国立競技場で揺れるどこかの国にも適用できるような話です。

政治と税の使い方に関して、本書を読んで興味がわきました。第三編では国王や大領主が如何に民衆を支配していたかが語られるのですが、そこでは集められた税は、支配層の贅沢や、軍を維持する費用、政治を行う費用に与えられていた。この税の利用の移り変わりと言うか、いかに”富の再分配”に遷移していったかの歴史、気になるなぁ。その前に政治、法、軍(当時の領主は判事でもあり総司令官でもあった)というのが社会のリーダー層に求められることなのだろうなぁと。アダム・スミスを読んでいると小さな政府の信奉者になりそうでもありましたwケインズも読みたくなりました。

また、"人は誰でも農業がやりたい。生きていくものを自分の手で誰にも指示されずにコントロールしたいから。その次は製造業、最後に一番結果をコントロールできない貿易がやりたいものだが、リスクを取った分だけ儲けも大きくなっていく"とか、"領主は自分の土地を改良してより生産的にしようとはしないが、商人は成功の見込みが見えたら、どんどん資本を投下して改良していく"という話も、リターンを得るためにはリスクを取れるか、計画性があるか、決断できるかにかかってるんだなぁと想いました。

いよいよ次の編からは下巻。アダム・スミス教授の話は面白く、学びと言う贅沢な時間を過ごせて幸せですが、スミス教授からは「生産しろ!」とどやされそうですねw

アダム・スミス著/山岡 洋一訳 『国富論 国の豊かさの本質と原因についての研究』第四・五編読書メモ
アダム・スミス著 村井章子+北川知子訳『道徳感情論』"もしアダ"が書きたくなる稀代の"いいね論"
by wavesll | 2016-04-07 20:36 | 書評 | Comments(0)

第5回音の貝合わせ 千鳥ヶ淵の花筏、上野の桜吹雪、なんだかそれは花見日和なんだ

今日は東京駅で降りて、ぐるっと皇居を周り千鳥ヶ淵、神保町、本郷、上野と散策しました。

中でも印象的だったのが千鳥ヶ淵の花筏。この水面に浮かぶ花弁をあらわす表現、今季フォロワーさんが使われていて知ったのですが、とても綺麗な言の葉ですね。良い名を知れました。

c0002171_16264698.jpg

c0002171_1627413.jpg
c0002171_18253264.jpg
c0002171_16272118.jpg
c0002171_16273830.jpg
c0002171_16275937.jpg
c0002171_16281967.jpg


不忍池に遥か望むスカイツリーを眺め、上野公園へ。良く歩きました。
盛況な人出で、上野公園のメインストリートを散策。もう枝先には葉が芽吹き始め、桜がはらはら舞い散るさまは音楽の調べのよう。
花見の宴も満開。香港で見た路上ピクニックの人たちをちょっと想起しました。

c0002171_163166.jpg
c0002171_16312051.jpg
c0002171_16313762.jpg
c0002171_16314949.jpg
c0002171_1632161.jpg


一人でデートしたような今日に楽曲を合わせるなら、これでしょうw

Weather Report -FISHMANS


東京今季最後の花見日和、楽しめました。

追伸:ベッドで目を閉じると花筏とはらはらと散る花びらが浮かびました。海水浴の夜に波を感じるよう。桜尽くしの一日でした。
by wavesll | 2016-04-06 16:34 | La Musique Mariage | Comments(0)

読書山岳レースアプリ案

相変わらず、何年か振りの読書熱を上げているのですが、つくづく読書、それも古典の大書なんかは、登山をメタファにできるのではないかというような読書体験に感じます。

もう10年前くらいにファイル交換ソフトで"音楽を交換・交渉する"というゲームを体験したり、或いはもっと以前に『モンスターファーム』というPSのソフトで"CDからモンスターを造る"というゲームを体験したことから、人がコンテンツから受け取る歓びや、コンテンツに嵌る仕組みの一つに"新たなゲーム性"があるのではないかと私は想っているのですが、読書もゲーム性が取り入れられるのではないかなーなんて想うんです。読書通帳みたいなものでもいいですが、大昔にサイトのアクセス数をライヴの箱で示したみたいに、視覚化出来たらなと想うのです。

最初に考えたのは今既にある読書メーターに登山要素を取り入れてはどうか、みたいなものでした。

例えば、599ページ読んだら高尾山踏破、3,776頁読んだら富士山踏破、8,611ページ読んだらK2踏破、8.848ページ読んだらチョモランマ踏破とか。ページ=メートル換算で、ポイントの振り分け次第で、日本百名山踏破や8000メートル14座踏破とか、ヴィジュアルで自分が読んだ量が可視化されて面白いのでは?等と想ったのでした。というか結構簡単な仕組みだし、創ろうと想えば今すぐにでもこういうサイト、創れそう。読んだページ数は自己申告にすればいいし。

で、読書=山登り、みたいな所から連想して、山の傾斜角=読みやすさ/難しさみたいなメタファはどうだろう?みたいなアイディアが出てきたのでした。紙の本だと難しいでしょうが、例えば電子書籍のアプリで1ページあたりにかかった時間を測定し、その速度を換算することで、高低差をグラフ化して、ツール・ド・フランスの山岳コースの高低差表みたいにできたら面白いかもしれない。なんて想ったのです。

c0002171_1845421.jpgこんな感じ。自分の読書スピードを提供するのに抵抗がある人もいると想うので、Webサーヴィスというよりか読書を通じた個人的アートみたいなものになるかもしれませんが、一旦高低差表ができたら、それを流用することで、一冊を通じた"山岳コース"を如何なるスピードで走ったかと言うタイムアタックレースを愉しめるのでは、なーんて思いました。イメージとしては、NIKE+みたいに、自分の"読書ランニング"のヴィジュアル化って感じ。NIKE+と同じように、スマートウォッチやGoogleグラスみたいなウェアラブル端末を使えばもしかしたら紙の本でも測定できるかもしれませんね。

なーんて妄想をしながら、今日も今日とて本を読んでいた、という噺でしたw
by wavesll | 2016-04-05 18:51 | 私信 | Comments(0)

第49回酒と小皿と音楽婚礼 富田勲/Arabesque No. 1 & 七賢 四月の夜の透明深度

Isao Tomita - Arabesque No. 1


七賢を飲みながら、この透明な深みにあう音楽はあるかなと思案した時、出てきたのは富田勲さんでした。
澄明な宇宙へ沈んでいくような、鏤められた星々がゆっくり螺旋に回転していくのを眺めるような味わい。麗しい酒に、麗しい時間を与えてくれました。

c0002171_08939.jpg

by wavesll | 2016-04-05 00:09 | La Musique Mariage | Comments(0)

第4回音の貝合わせ 菜の花 at 鶴見川 X Feed / Laughing 春芽吹く夕

電車の車窓からみえた菜の花畑。綱島で降りて向かいました。
若草の匂いに春の芽吹きを感じました。
c0002171_18595749.jpg
c0002171_190833.jpg


これに合わせたいのはFeedというバンドのアルバム、『9songs』。彼らの事はラブサイケデリコのラジオで知ったのですが、あっという間に解散してしまって。一度もライヴは観れませんでした。光と気怠さ。春の夕にはぴったりのアルバムだと想います。特に"Laughing"という曲が、この菜の花には合うなと想います。

"9 Songs"

by wavesll | 2016-04-04 19:27 | La Musique Mariage | Comments(0)

『2001年宇宙の旅』at恵比寿ガーデンシネマ爆音映画祭と中目黒の桜

ひょんなことからチケットを頂き、YEBISU GARDEN CINEMAにて『2001年宇宙の旅』を観てきました。

『2001: A Space Odyssey』は、昔に家のTVでみて、”こ、こんな映像作品があるのか!?”と衝撃を受け、一度は映画館で観てみたいと切望していたのですが、今回、「音楽家と音楽愛好家のためのムジークエレクトロニクガイザインで聴く爆音映画祭 selected by 坂本龍一」でみれ、この映画は視聴覚体験の一つの頂点だという想いを再び強くしました。

クライマックスの“あのシーン”を見ているときの私は、漫画『昴』でスバルのボレロをみている観客のようにぽーっと恍惚に圧倒されていたと想います。そしてあのオープニングの圧倒的な壮大さ。またあのエンディングロールの優雅さ。本当に素晴らしかったです。

とはいいつつ、途中、故障部品交換の辺りで寝かけてしまいましたwそういえば家で見た時も朦朧としながら"あのシーン"で衝撃を受けたなぁと想いだしましたw

宇宙空間にはクラシックが良く似合い、そして当然ながら宇宙空間には音が無い。しかし、宇宙服の内部では、ダイビングをしている時の様に自分の呼吸音がするだろう。そんな当たり前のことに気付かせてくれます。面白いのは機械の通底音がまるで夏の夜の虫音の様に響いていたこと。呼吸ノイズだけの長回しのシーンは、母体の中の胎児の気分と言うか、寝落ちしかけましたw

とはいえ、今回はほぼ起きていたので、物語が把握できました。モノリスに触れた猿は道具を使って獣を殺し出し、モノリスの存在を思考することによってスーパーコンピューターHALは狂い始める。そして宇宙飛行士は、銀河の果て、超文明、遂に自分の時空の果てをみることになる。SFというより神話、映画でしか表現できないものながら、舞台演劇のようなimaginationを喚起させる作品でした。

2001年をとっくに越えても、2001年を超える作品はなかなか無いように思えますが、最近は『インターステラー』や『オデッセイ』等、宇宙映画の新流行が起きているように思えます。その中でも船橋のTOHOシネマズでTCXとドルビーアトモスで楽しんだ3D版『ゼロ・グラビティ』は出色の体験でした。

衝撃的だったのは、本当にリアルな無重力が描かれ、現実に現在有り得る技術での作劇が成されていた為、リアリティレベルがSFではなくて、『ダイハード』みたいなものだったということ。『2001年宇宙の旅』では神話だった宇宙が、人間の生活労働圏になったのか、と。映像の衝撃、そして最後に原題”GRAVITY”が象徴する生きることの重力。あれも素晴らしい、映画館でしかありえない体験でした。

その意味で『2001年宇宙の旅』は、家で見た衝撃度でも十分衝撃的だったのですが、あのエンディングロールは映画館ならでは、それも爆音映画祭ならではだなと想いました。USJで、2001年宇宙の旅のアトラクションを造ればいいのではないか、世界で最も黒いヴァンタブラックを使ってモノリスを造って…などと想いましたが、映画館でただこの映画を流すだけで最上のライドになるなと思い直したのでした。

映画上映をイベントに組み込むというアイディアは、実は今回の「音楽家と音楽愛好家のためのムジークエレクトロニクガイザインで聴く爆音映画祭 selected by 坂本龍一」にも活かされていて、このイベント、commmons10 健康音楽という今週末のフェスの中の一つの催しなのです。坂本教授が発起人なのかな?初代ネーネーズがメンバーのうないぐみアイヌ歌唱のマレウレウ空間現代あふりらんぽ等のライヴアクトの他、音楽と健康と言うテーマで、柳家喬太郎等の落語があったり、坂本教授の伴奏、やくしまるえつこの掛け声でのラジオ体操や、U-zhaan・蓮沼執太・ヨシダダイキチの生演奏ヨガがあったりと、多次元なフェスとなっていて、その一つに映画もあるという。ワールドハピネスのこれからも気になりますが、わくわくさせられる面白いイベントが立ち上がったのは嬉しい限りです。

最後に、恵比寿から中目黒まで歩いて撮った"あのシーン"並にみごとな夜桜を。エレクトロニクスの果てのようなあの光景に差し込まれるあの生々しい映像はARCAをちょっと想起させられるような妖しさがありました。『2001年宇宙の旅』は4/6水曜夜にも上映があるそうです。
c0002171_10171287.jpg

by wavesll | 2016-04-04 10:12 | 映画 | Comments(0)

江ノ展にメカ撮り行ってきた!

鳶が飛んでゆく曇り空。江ノ島に来ました。江ノ展(江ノ島模型展示会)を観に来たのです。
c0002171_21321570.jpg
c0002171_21342466.jpg
c0002171_21344131.jpg
c0002171_2134586.jpg


村瀬材木さんの作品、これがみたくて来たんです。
c0002171_2137167.jpg
c0002171_21371959.jpg
c0002171_2137364.jpg
c0002171_213863.jpg


モスさんの作品
c0002171_21392258.jpg
c0002171_21393567.jpg
c0002171_21395251.jpg
c0002171_21401855.jpg


暗黒神さんの作品
c0002171_21411950.jpg


Katoyaさんの作品
c0002171_2142668.jpg
c0002171_21422239.jpg
c0002171_21424219.jpg
c0002171_21431060.jpg
c0002171_21433145.jpg


こまささんの作品
c0002171_21443842.jpg


あまさんの作品
c0002171_2145316.jpg


おーくさんの作品
c0002171_21461873.jpg
c0002171_21463445.jpg
c0002171_2147123.jpg
c0002171_2148561.jpg
c0002171_21482326.jpg


ベニィさんの作品
c0002171_2150582.jpg
c0002171_21505923.jpg
c0002171_21504546.jpg
c0002171_21503353.jpg
c0002171_21501883.jpg


もんたさんの作品
c0002171_21552918.jpg
c0002171_2155477.jpg
c0002171_2156242.jpg


来場の方の作品
c0002171_21571325.jpg


会場をちょっとでて、Enoshima Beerなるものを飲みました。
c0002171_21584685.jpg


この自販機が謎に地方特産飲料が多くて何気に面白かったw
c0002171_21594075.jpg


再び来場し、ちょっとだけ村瀬さんと挨拶できました。きょどってしまった、江ノ島ビール飲んでる場合じゃなかった(苦笑 「曲線が生物の様でいいですね」とお伝えしたら「魚をモチーフに作ってるんです」とおっしゃられてました。いいものみれました。

c0002171_2224236.jpg
c0002171_223548.jpg
c0002171_223338.jpg


さっきの自販機で水買って江ノ島を後にしましたw
c0002171_2243074.jpg

by wavesll | 2016-04-02 22:04 | 展覧会 | Comments(0)