人気ブログランキング |

<   2017年 09月 ( 34 )   > この月の画像一覧

これはヴァーチャルでない、人生の味がする選曲演奏ーECD IN THE PLACE TO BE:21世紀のECD on DOMMUNE

ECDの一夜。まさに私はDOMMUNEに釘付けになり、数時間に渡る"目撃"を体験しました。

私は熱心な日本語ラップのリスナーではないのですが、学生時代のある日下北のユニオンでECDとillicit tsuboiさんのライヴ盤『session impossible』を一聴惚れして買って。”なんかもうこのRealな感じ最高に渋くてがつんとくる”と衝撃を受けて。それからちょくちょくWebでECDさんのことを拝見して。近年は病魔との闘いをしていることも伝え聞いていました。

とはいえ正直なところこの夜に初めて「石田さんだからECD」なのを知る位の浅さなのですが、あの『session impossible』の「Buddha Brand以外にもこんなにも心身に響くラップがあるのか、なんてソリッドで直接日本語が鳴らされてるんだ」という衝撃に貫かれた音楽好きの一人だと勝手に想っています。

この日のライヴはスチャダラがECDにフックアップされたきっかけだという「スチャダラパーのテーマ PT.1 」からの「今夜はブギーバック」で開始して。

スチャのブギーバックは近年何度か見る機会があって、こういう決め曲は、勿論色んなステージそれぞれでプロとして本意気でやっているのだろうけれども、魂の込め方が群を抜く舞台が稀にあって。この夜のアニの歌唱からあふれるものにぐっと来て。

そして田我流。彼は今まで「やべ〜勢いですげー盛り上がる」くらいしか知らなかったのだけど、トチリも含めて己の舌で口腔でライム紡いでるのが伝わって、その身体性にRealを感じて。「言うこと聞かせる番だ俺たちが」

K-DUBの「ロンリーガール」も良かったし、YOU THE ROCKの「証言」からの迫力、音塊の圧は初めて高校生ラップ選手権でMCニガリをみたときのようなマッシヴな魅力がありました。DJ YASさんの無修正ブッダ等のレア・ヴァイナル回しも最高で。

そしてECD自身のRAP LIVEが。繰り出される硬質でPUNXなリリック。あの初めて聴いたライヴ盤と双肩を為す、全然衰えてないパワフルさ。なんと新譜に収録の新曲だそう。最高。リベラルなアティチュードが、楽曲だけでなく実際に官邸前デモで叫んでいたことからも覚悟が座っていて。

想うにDOMMUNEという場をWebで体験することは、生の現場の劣化版ではなくて、TLに流れるオーディエンスの呟き群や、本当はかなり狭いけれど全然それを感じさせないカメラ割りで、DOMMUNEという場が創造されていて。

創造と想像、或いは仮想はそれぞれ共通するところを持ちながら別個に物理現象の上に現実としてレイヤーを成していて。古代なんかは演劇がヴァーチャル・リアリティー芸術であったように、芸術家は社会の固定化されたシステムから遊離した存在として、その流動性がポリティカルな先端で機能するのだと想います。

しかしそれ故に「口先のレイヤーでしかない、所詮情報に過ぎないじゃないか」、そんな揶揄に、ECDはまさにリアルな身体の運動性を持って、社会性・経済性の赤裸々なボムを持ってリアリズムを貫いた。だからこそ彼の言葉は上滑りせずに芯を食うのだと思います。

最近の北朝鮮からの脅威も、どこかTVショーのような非現実感があって。

そこで想起するのがロングランし続けている『この世界の片隅に』。すずさんも破壊に合うまで半ばヴァーチャルな戦争体験な日常生活だったのではということ。だから先日のミサイルの黒塗り警告画面は“気付け”に良かったと個人的には想いました。現実に起きている事だから。

そしてだからこそあの映画ですずさんが身をもって示したように、国家につき合って、付き合って、大きな犠牲を払ってまで付き合った上に、梯子を外されて裏切られてから怒っても、遅い。

言うことをきかせられるのではなく、言うことを言う姿勢こそがヴァーチャルでないリアルな態度だと思ったのでした。

さらに、実はこれらのライヴの前に演ったECDのDJ PLAYこそがこの夜の音楽的なピークで。あんなにも心を打つDJはなかった。

誰しも知っている邦楽のオールディーズの、豊饒な音楽の山野から採りだされたとっておきのカヴァー。そしてエスプリの聴いた洋楽。みそ汁のように馴染むソウルフードな名曲群でありながら、それでいて気っ風の良さというか、ユーモアはあるんだけど全然臭くなくて。

良質で驚きの隠された日常の中の宝玉達のような楽曲群に、人生という最大のリアルの中で出逢う様々な味を感ぜさせる、そんなDJ演奏でした。ECDさん、いいものをありがとうございました。

この素晴らしい一夜は1000円で販売されていてその全てが石田さんの為に寄付されるそうです。あの伝説の夜を見逃した方は、是非とも。私はあの一夜の思い出を記憶の中で鮮やかに焼き付けるかどうするか今は逡巡しているのですが、何よりドネーションだし、観てない人に見せるために購入するのありだなと想っています。販売期間は10日間程とのことです。
by wavesll | 2017-09-05 23:13 | Sound Gem | Comments(0)

Emir Kusturica & The No Smoking Orchestra Live in Buenos Aires X Pale Ales 第105回酒と小皿と音楽婚礼

Emir Kusturica & The No Smoking Orchestra Live In Buenos Aires 2005.avi


最高に愉しいバルカン・サウンドを聴かせてくれるのはエミール・クストリッツァ / アンダーグラウンド - ユーゴスラビア民族叙事詩でも取り上げたクストリッツア率いるノー・スモーキング・オーケストラ!

実は9/2に9年ぶりの来日公演がZepp Tokyoであって、泣く泣く諦めたのですが、今朝未明に聴いたら最高すぎて!これね、真夜中の空間で聴くとトベますよ。

c0002171_16181061.jpgで、昼間にトボウとペールエールでドーピングしてみましたw最近はペールエールやIPAじゃないとビールの馨しさが感ぜられなくてw

Tiny Rabel Caliが今回飲んだ3本の中ではイチバンだったかな。(残りの2本はGO WEST! IPAとMazama Bremina)

このライヴ自体単独でも存分にトベルので、序盤は音で飛んで、ちょっと勢いが落ち着いた終盤でペールエールを加油して終盤でまたトブのが一番のお薦め。

「ウンザ!ウンザ!」とか「黒猫、白猫」とか、エミール・クストリッツァの映画を知ってると楽しみが倍増すると想います。『アンダーグラウンド』、mjd傑作でした!

欧州のトラディショナルな土の匂いのする響き、秋の豊饒さ、馨しさが華やぐ熱っぽいZoundに夢見心地になりました。

こーれほんとに生で味わったら最ッ高の奴じゃないか!ベッドルームで情熱と楽しさが炸裂!次にもしも来日があれば、是が非でも馳せ参じたいです★
by wavesll | 2017-09-03 16:25 | La Musique Mariage | Comments(0)

Afro Begue live at 東京JAZZ2017でセネガルの音塊を浴びてきた!

c0002171_18264363.jpg


Afro begue 1st アルバム "BEGUE"  リリースパーティー5/23@渋谷


東京国際フォーラムから渋谷エリアに移った東京JAZZ、代々木公園欅並木にAfro Begueをみにいきました!

ちょっと前から気になっていたこのバンド。Begue(ベゲ)とはセネガル語で"楽しむ"とのこと。セネガルのダイナミズムあふるるビートが最ッ高で★最ッ高のセネガル・サウンド!ジェンべのオマールが最早核弾頭クラスの爆発力!最ッ高でした!!!

東京JAZZは昨日・本日・明日と開催。欅並木の”Street”ステージ等フリーのステージも多数、朝にはJAZZ YOGAなんかも。またライヴはNHK FMが中継してます。あと例年通りだとBSで放送もされるはず。今宵はらじるらじるで楽しもうと想います◎

cf.
AFRICA HIBIYA FESTIVALに行ってきた!

by wavesll | 2017-09-02 19:14 | Sound Gem | Comments(0)

打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?

forever friends | REMEDIOS

c0002171_1220291.jpg

DAOKO × 米津玄師『打上花火』も話題のアニメ映画、『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』のオリジナル実写、今までそのキャッチーな題名は良く聴いていたのですが、いざTSUTAYAで借りてみて50分のTVドラマだったと知りました。

夏休みの或る花火の日、少女と少年の思春期の儚い一日が描かれていました。

同級生のはずの奥菜恵と山崎裕太、そして少年グループの役者間には年齢差も感じさせられましたが、映像効果も相まって、御伽噺的な抒情性の強い物語となっていました。

あの年頃は女の子の方が精神年齢が高くて恋愛を意識する一方、小学生の少年は男同士でつるむ方が楽しかったり恋愛なんて恥ずかしいと想っていたなぁとか、1993年発表のドラマ内ではスーファミのスーパーマリオが遊ばれていたり、丁度自分と同世代でノスタルジーに襲われて。

敢えて言えばインターネットに汚染されていなかった頃の少年少女の世界。例えば「花火は横から見たら丸く見えるか平べったくみえるか」なんか今は検索すればすぐわかってしまいます。

さらに大きいのは、昔は少年・少女だけの世界があったけれども、今はネットで”大人”にすぐ触れてしまう。それも罵詈雑言や大人の汚い所にも。

勿論、今の子どもたちならではの、例えばYoutuberみたいな世界が今もあることは分かっていても、三十路としてはついつい”あの頃、良かったなー”と想ってしまうなぁと。

”少年の目からみた少女”があまりに鮮やかに描かれていて、今の視点からすれば”この少女の描き方はあまりに男のファンタジーに過ぎるな”と想ったり。勿論現実にこういう神秘的な女の子もいるかもしれないけれど、”こんな少女妄想じゃねか”とw

そして、男は異性と付き合うことでしか精神的に成長できない領域があるなぁと。女の人のライフサイズな強さ、弱さを知ってからみた感想は多分小学生の時にこのドラマを観ても想えなかっただろうと思います。

物語のエモーショナルな鮮やかさ。時を経てまた新たな輝きを放つFantasicな名作でした。50分のドラマでちょっと時間余る位のボリュームの物語をアニメで90分でどう調理したのか気になります。

またいつかの8月にレンタルして観てみようと思います。8/31のロスタイムに夏休みの残り香を嗅ぎました。
by wavesll | 2017-09-01 01:34 | 映画 | Comments(0)