<   2018年 01月 ( 41 )   > この月の画像一覧

ネパール巑岏 6日目 カトマンズでクマリに拝謁、スワヤンブナートの目、パタン黄金寺院の女神仏、光に彩られたストゥーパ

c0002171_19374172.jpg
ナガルコットからの暁。甘茶と共に。
c0002171_19382005.jpg
c0002171_19382848.jpg
c0002171_19383642.jpg
c0002171_19384546.jpg
c0002171_19385945.jpg
c0002171_19390895.jpg
c0002171_19391800.jpg
c0002171_19393022.jpg
c0002171_19393918.jpg
山を観ながら朝食
c0002171_19400628.jpg
c0002171_19401843.jpg
今日は昨日のバクタプルに続き3つの内の残りの王都、カトマンズとパタンを訪ねます。
c0002171_19415938.jpg
c0002171_19421251.jpg
c0002171_19422077.jpg
c0002171_19423083.jpg
c0002171_19424867.jpg
c0002171_19425737.jpg
c0002171_19431029.jpg
カトマンズの歴史地区までの車窓からみる都市の風景。電線がスゴい。
c0002171_19432233.jpg
c0002171_19433730.jpg
c0002171_19435028.jpg
c0002171_19440439.jpg
c0002171_19453918.jpg
c0002171_19455443.jpg
c0002171_19460833.jpg
出た!この乗り方!インドみたいな乗り方だw
c0002171_19462003.jpg
c0002171_19481296.jpg
c0002171_19482196.jpg
c0002171_19484550.jpg
c0002171_19485764.jpg
c0002171_19491330.jpg
c0002171_19492576.jpg
c0002171_19494094.jpg
c0002171_19495006.jpg
c0002171_19500531.jpg
c0002171_19501865.jpg
c0002171_19503581.jpg
c0002171_19504697.jpg
c0002171_19510394.jpg
この建物の崩壊で幾人もお亡くなりになったそう。同じ震災国として先達の姿として視る。
c0002171_19511518.jpg
c0002171_19534026.jpg
c0002171_19535408.jpg
c0002171_19550082.jpg
c0002171_19551250.jpg
クマリの館へ。ネパールでは少女を活き神クマリとして祀っている。今のクマリは3歳の少女。クマリは毎日窓から顔を出してくれるそうだけれども何時に顔を出すかは不定期とのこと。

そこを何とガイドさんが従者さんに声をかけてくれ、クマリを呼んでくれた!写真はNGで、「ナマステ、ナマステ」と呼びかけるので夢中だった。夢幻のような一時だった。
c0002171_19552738.jpg
c0002171_19553561.jpg
c0002171_19554419.jpg
c0002171_19592365.jpg
c0002171_19593235.jpg
c0002171_19594768.jpg
c0002171_20000012.jpg
c0002171_20000985.jpg
c0002171_20002632.jpg
c0002171_20003622.jpg
c0002171_20004819.jpg
c0002171_20005838.jpg
c0002171_20011236.jpg
c0002171_20012387.jpg
c0002171_20013341.jpg
c0002171_20014884.jpg
c0002171_20015711.jpg

c0002171_20022065.jpg
ダルバール広場。ダルバールというのは王宮の意。ここでの鳩の鳴き声は中々にエクスペリメンタルな響きだった。
c0002171_20023242.jpg
c0002171_20041265.jpg
c0002171_20042745.jpg
c0002171_20043873.jpg
c0002171_20044709.jpg
c0002171_20050028.jpg
c0002171_20051175.jpg
c0002171_20052494.jpg
ヒンドゥーの神?花が捧げられていた。
c0002171_20053489.jpg
c0002171_20054634.jpg
c0002171_20062929.jpg
c0002171_20064682.jpg
c0002171_20065767.jpg
c0002171_20071171.jpg
c0002171_20072134.jpg
c0002171_20073424.jpg
c0002171_20074409.jpg
c0002171_20075786.jpg
c0002171_20080835.jpg
歴代の王の写真がずらっと並んでいた。ネパール王政は暗殺がらみのお家騒動で廃絶されたらしい。
c0002171_20090911.jpg
c0002171_20091989.jpg
c0002171_20093273.jpg
c0002171_20094268.jpg
c0002171_20095225.jpg
c0002171_20100549.jpg
c0002171_20101821.jpg
c0002171_20103256.jpg
c0002171_20104269.jpg
そしてカトマンズといえばこれ、スワヤンブナートへ移動
c0002171_20105562.jpg
c0002171_20113861.jpg
猿たちが。
c0002171_20122278.jpg
c0002171_20124184.jpg
この経典がかかれた五色の旗、タルチョと言っていたがネパール語ではマーニーというらしい。マニ車にも通ず。半可通ではいかんいかん、謙虚であらなければ。
c0002171_20125320.jpg
c0002171_20144018.jpg
c0002171_20145036.jpg
c0002171_20150700.jpg
c0002171_20151721.jpg
ぬこ
c0002171_20153033.jpg
そして愈々スワヤンブナートのストゥーパ!この目がまさにネパール仏教◎
c0002171_20163484.jpg
c0002171_20164762.jpg
c0002171_20165705.jpg
c0002171_20171006.jpg
c0002171_20172538.jpg
c0002171_20173893.jpg
c0002171_20174815.jpg
c0002171_20180022.jpg
c0002171_20181055.jpg
c0002171_20182266.jpg
c0002171_20183108.jpg
c0002171_20184325.jpg
c0002171_20185351.jpg
c0002171_20190675.jpg
c0002171_20194442.jpg
c0002171_20195706.jpg
犬が本当に気持ちよさそうに寝そべっていた。
c0002171_20200713.jpg
昼はヒマラヤ蕎麦。「ヒマラヤで蕎麦w?」と侮るなかれ。なんと長野県戸隠村で研修を受けたネパールの青年の技術が活かされ、ムスタン郡ツクチェ村で栽培されたそば粉を使ってるとか。

で、肝心の味も美味い★!天ぷらまでついて蕎麦湯も頂ける。これは結構めっけものだった。
c0002171_20301045.jpg
c0002171_20301950.jpg
ネパールの国旗って長方形じゃないのって、知ってた?
c0002171_20304618.jpg
c0002171_20305950.jpg
最高裁判所では何か著名人の事件があったらしく報道陣が詰めかけていた。
c0002171_20310723.jpg
c0002171_20315520.jpg
c0002171_20320519.jpg
c0002171_20321539.jpg
c0002171_20322898.jpg
c0002171_20323972.jpg
c0002171_20325182.jpg
c0002171_20330151.jpg
c0002171_20331271.jpg
c0002171_20332255.jpg
c0002171_20333555.jpg
c0002171_20334662.jpg
c0002171_20335989.jpg
c0002171_20340899.jpg
c0002171_20342114.jpg
そしてパタン歴史地区へ。
c0002171_20343279.jpg
c0002171_20352046.jpg
c0002171_20360149.jpg
c0002171_20363271.jpg
c0002171_20372169.jpg
c0002171_20375064.jpg
なんかこの通りでペット用の首輪も売っていた。首輪売ってんのかよw
c0002171_20383612.jpg
c0002171_20392158.jpg
ここがパタンのダルバール広場かな?
c0002171_20400639.jpg
c0002171_20403645.jpg
c0002171_20411343.jpg
c0002171_20412854.jpg
c0002171_20413984.jpg
c0002171_20415349.jpg
c0002171_20420524.jpg
c0002171_20421945.jpg
c0002171_20422846.jpg
c0002171_20424252.jpg
c0002171_20425303.jpg
c0002171_20430769.jpg
c0002171_20431715.jpg
c0002171_20433335.jpg
c0002171_20434204.jpg
c0002171_20435519.jpg
c0002171_20440586.jpg
c0002171_20441757.jpg
c0002171_20442644.jpg
街で出会った少年。リフティングをみせてくれた。
c0002171_20451488.jpg
c0002171_20452552.jpg
c0002171_20453921.jpg
c0002171_20454906.jpg
c0002171_20460280.jpg
c0002171_20461256.jpg
c0002171_20462418.jpg
パタンは仏師が多い王都。今でも仏像店が多かった。
c0002171_20463571.jpg
c0002171_20472904.jpg
c0002171_20473806.jpg
c0002171_20475123.jpg
c0002171_20480197.jpg
c0002171_20481578.jpg
c0002171_20482504.jpg
c0002171_20483865.jpg
パタン観光のクライマックス、ヒラニャ・ヴァルナ・マハー・ヴィハールへ。
c0002171_20484865.jpg
c0002171_20502445.jpg
c0002171_20504373.jpg
c0002171_20505333.jpg
c0002171_20510465.jpg
c0002171_20511517.jpg
ゴールデン・テンプルと知られるこの建築は12世紀にバスカール・ヴァルナ王によって建造されたもので、クワバハルの中庭に位置する3層構造のネワール族の僧院。
c0002171_20540077.jpg
c0002171_20541057.jpg
c0002171_20542297.jpg
c0002171_20543239.jpg
c0002171_20544763.jpg
c0002171_20545840.jpg
c0002171_20551121.jpg
c0002171_20552136.jpg
c0002171_20553346.jpg
この女神仏が本当に本当に素晴らしくて。旅の空に祈りました。
c0002171_20562888.jpg
c0002171_20563878.jpg
c0002171_20565089.jpg
c0002171_20570146.jpg
c0002171_20571402.jpg
c0002171_20572866.jpg
c0002171_20574294.jpg
c0002171_20575286.jpg
c0002171_20580538.jpg
c0002171_20581679.jpg
c0002171_20582979.jpg
c0002171_21204536.jpg

c0002171_20585267.jpg
c0002171_20590118.jpg
c0002171_20591442.jpg
c0002171_21000753.jpg
c0002171_21002387.jpg
c0002171_21003316.jpg
c0002171_21004668.jpg
c0002171_21005659.jpg
c0002171_21010929.jpg
c0002171_21012121.jpg
c0002171_21013349.jpg
c0002171_21014326.jpg
c0002171_21015534.jpg
c0002171_21020517.jpg
c0002171_21022099.jpg
この太陽の旗、ナガルコットへ行く際も良く見かけたが政党のマークらしい。
c0002171_21023188.jpg
c0002171_21032885.jpg
c0002171_21033770.jpg
夜の街は路上に市が開かれていた。
c0002171_21040108.jpg
c0002171_21043210.jpg
c0002171_21044327.jpg
c0002171_21045418.jpg
c0002171_21055215.jpg
c0002171_21060733.jpg
c0002171_21061952.jpg
c0002171_21063109.jpg
c0002171_21064323.jpg
c0002171_21065286.jpg
c0002171_21070443.jpg
c0002171_21071399.jpg
このストゥーパはツァールマーティーというそう。ライトアップが古代と現代の交わりのようで面白い。
c0002171_21085531.jpg
c0002171_21090712.jpg
c0002171_21091998.jpg
c0002171_21093011.jpg
最後の晩餐はギャコック鍋。エベレストで乾杯し、なんとネパールの餃子であるモモも食べれた◎さて、愈々明日は最終日。フィナーレがどうなるものか、楽しみだ。
c0002171_21112876.jpg
c0002171_21113802.jpg









by wavesll | 2018-01-15 21:12 | | Comments(0)

ネパール巑岏 5日目 バクタプルを逍遥 震災を越えて今なお魅了する街を歩く

c0002171_13544796.jpg


ポカラを離れ、空路カトマンズへ。アンナプルナの山景も見納め。
c0002171_13561565.jpg
c0002171_13562484.jpg
c0002171_13563231.jpg
c0002171_13564520.jpg
c0002171_13565567.jpg
c0002171_13570619.jpg
c0002171_13572015.jpg
カトマンズ周辺には3つの王宮があり、兄弟で国を治めていた。今日向かうのはカトマンズからクルマで20~30分の街、バクタプル。
c0002171_13583087.jpg
c0002171_13584052.jpg
ネパールのデコトラ文化はなかなかいかしてる。
c0002171_13591032.jpg
c0002171_13591984.jpg
歴史地区へ。
c0002171_13594370.jpg
c0002171_14000086.jpg
c0002171_14001693.jpg
c0002171_14003330.jpg
c0002171_14005075.jpg
c0002171_14010246.jpg
c0002171_14011921.jpg
地震の爪痕は未だ残りながらも、想像以上に文化財的な建築物が残っていて。こういうのは来てみないと体感できないものだ。
c0002171_14013933.jpg
c0002171_14025207.jpg
c0002171_14030432.jpg

c0002171_13544796.jpg
c0002171_14035459.jpg
孔雀窓
c0002171_14043906.jpg
c0002171_14050248.jpg
c0002171_14051783.jpg
カーマスートラのレリーフ。性愛の聖典。ヨガなんかも書かれているらし。
c0002171_14144338.jpg
c0002171_14145905.jpg
c0002171_14150955.jpg
c0002171_14152834.jpg
c0002171_14153949.jpg
c0002171_14155392.jpg
c0002171_14160407.jpg
c0002171_14161403.jpg
c0002171_14162826.jpg
c0002171_14164089.jpg
c0002171_14171975.jpg
c0002171_14173344.jpg
c0002171_14174338.jpg
c0002171_14175896.jpg
c0002171_14181208.jpg
c0002171_14182851.jpg
c0002171_14184126.jpg
c0002171_14190410.jpg
c0002171_14194167.jpg
c0002171_14195690.jpg
c0002171_14200932.jpg
c0002171_14202454.jpg
c0002171_14203629.jpg
c0002171_14205155.jpg
c0002171_14210224.jpg
c0002171_14211681.jpg
c0002171_14212955.jpg
c0002171_14214721.jpg
c0002171_14215998.jpg
c0002171_14222705.jpg
c0002171_14223992.jpg
c0002171_14225833.jpg
c0002171_14231170.jpg
c0002171_14232799.jpg
c0002171_14234107.jpg
c0002171_14235650.jpg
c0002171_14240819.jpg
c0002171_14243076.jpg
c0002171_14244325.jpg
c0002171_14245810.jpg
c0002171_14251526.jpg
c0002171_14252520.jpg
c0002171_14254314.jpg
c0002171_14255956.jpg
c0002171_14260940.jpg
c0002171_14275557.jpg
c0002171_14280974.jpg
c0002171_14281905.jpg
五重塔に登って日本人のお姉さんに出逢って。もう何度もネパールに来ていて、今回も十数日ずっとバクタプルだそう。夜になると音楽とライトアップがされるそう。
c0002171_14300173.jpg
c0002171_14301314.jpg
c0002171_14303264.jpg
c0002171_14304321.jpg
c0002171_14310126.jpg
c0002171_15440765.jpg
c0002171_15443715.jpg
c0002171_15450487.jpg
c0002171_15451605.jpg
c0002171_15452849.jpg
c0002171_15455619.jpg
c0002171_15461153.jpg
c0002171_15462426.jpg
バクタプルの街中には仏教とヒンドゥー教の祠がそこかしこにある。そこに赤い染料が塗られている。これはネパール人の男女が額に彩るものと同じものだそう。霊性の赤。
c0002171_15480298.jpg
c0002171_15481748.jpg
c0002171_15482789.jpg
c0002171_15484003.jpg
c0002171_15484942.jpg
c0002171_15490111.jpg
c0002171_15492428.jpg
c0002171_15494162.jpg
陶器広場
c0002171_15495510.jpg
c0002171_15500911.jpg
c0002171_15501995.jpg
c0002171_15503127.jpg
c0002171_15504167.jpg
c0002171_15505342.jpg
c0002171_15510576.jpg
c0002171_15512028.jpg
c0002171_15513037.jpg
c0002171_15514438.jpg
c0002171_15515400.jpg
c0002171_15520744.jpg
c0002171_15521951.jpg
未だに街は震災から回復しきっていない。このネパール仏教の目が描かれたストゥーパも再建されていないまま。しかし街の魅力は存分にある。訪ねて金を落すのは好いエンパワーメント。
c0002171_15541687.jpg
c0002171_15542585.jpg
昼はバターチキンカレーを始めとしたランチ。美味し。
c0002171_15550577.jpg
c0002171_15551212.jpg
c0002171_15552188.jpg
c0002171_15553143.jpg
c0002171_15554189.jpg
c0002171_15555367.jpg
c0002171_15560684.jpg
c0002171_15561646.jpg
c0002171_15562811.jpg
c0002171_15563687.jpg
ゴールデンゲート
c0002171_15570121.jpg
c0002171_15571188.jpg
c0002171_15572334.jpg
王の浴場はナーガが守護していて。
c0002171_15573668.jpg
c0002171_15574868.jpg
c0002171_15575831.jpg
c0002171_15581117.jpg
c0002171_15581986.jpg
c0002171_15583061.jpg
c0002171_15583986.jpg
c0002171_15585083.jpg
c0002171_15585831.jpg
c0002171_15590965.jpg
c0002171_15592215.jpg
c0002171_15593411.jpg
寝そべってるイヌが気持ちよさそう
c0002171_15595979.jpg
この通りでヘンプ製のリュックが売っていた。昔自分も渋谷で買ったヒマラヤ・ヘンプのリュック。東京では16,000円くらいした記憶があるがこちらでは3500ネパールルピーくらい。
c0002171_16001319.jpg
綿飴売り
c0002171_16012531.jpg
c0002171_16014550.jpg
c0002171_16015924.jpg
c0002171_16020890.jpg
c0002171_16022012.jpg
c0002171_16022928.jpg
c0002171_16024137.jpg
c0002171_16030567.jpg
バスでナガルコットへ。アンナプルナ連峰をみたサランコットもそうだが、「コット」とは「丘」の意。
c0002171_16032026.jpg
c0002171_16043406.jpg
c0002171_16044475.jpg
c0002171_16045511.jpg
c0002171_16050459.jpg
c0002171_16051677.jpg
c0002171_16052538.jpg
ホテル着。
c0002171_16053665.jpg
c0002171_16054635.jpg
ヒマラヤの峰々。ポカラでみていたのとはがらりと変わる山々に、なんか転校して新たな人間関係に飛び込んだ時のような感覚を覚える。
c0002171_16071471.jpg
c0002171_16072333.jpg
c0002171_16073382.jpg
c0002171_16074060.jpg
c0002171_16075292.jpg
c0002171_16080030.jpg
ランタン・リルンやガンチェンボ、そして漢字「山」のような三連峰のドルジェ・ラクパ、フルビ・チャツが青茜に染まる。
c0002171_16115604.jpg
c0002171_16120487.jpg
c0002171_16122563.jpg
c0002171_16123642.jpg
c0002171_16124835.jpg
c0002171_16125717.jpg
c0002171_16131072.jpg
c0002171_16131832.jpg
c0002171_16183747.jpg
夕食のバイキングも美味い。ネパール料理は飛び抜けることはしないがアベレージが非常に高い。
c0002171_16192007.jpg
ホテルのテラスからみた星空。ポカラよりも映えてみえた。旅先の写真はたいていはエクスペリアで対応できるが宙ばかりはデジカメの出番。天の川が幾重にも流るるような満天だった。
c0002171_16400776.jpg
c0002171_16401730.jpg
明日は愈々カトマンズ。流線型の悪魔をみるだろうか?天使とかと気が合いたいものだ。







by wavesll | 2018-01-14 16:19 | | Comments(0)

ネパール巑岏 4日目 ポカラ散策 日本山妙法寺、ラニバンの丘、CD Diggin' in Pokhara

ポカラからナマステ。ネパールではおはようもこんにちはもこんばんはもナマステ。『トゥルーマンショウ』なら「ナマステ!そして会えない時のためにナマステとナマステ!」。
c0002171_11514970.jpg
c0002171_11521905.jpg
c0002171_11531388.jpg
c0002171_11545071.jpg
c0002171_11551275.jpg
c0002171_11552551.jpg
c0002171_11553536.jpg
c0002171_11570089.jpg
c0002171_11555260.jpg
c0002171_11560492.jpg
c0002171_11561725.jpg
c0002171_11570089.jpg
c0002171_11585513.jpg
マチャプチャレは曙、やうやう白くなりゆく山際、少しあかりて 紫だちたる赤光が雪渓に耀きけり
c0002171_11594720.jpg
c0002171_12031989.jpg
c0002171_12033034.jpg
c0002171_12034016.jpg
c0002171_12035786.jpg
c0002171_12040928.jpg
c0002171_12043095.jpg
c0002171_12050457.jpg
c0002171_12052262.jpg
c0002171_12053521.jpg
c0002171_12054970.jpg
c0002171_12060961.jpg
ホテルの朝食バイキングのその場でつくってくれるオムレツがミトチャ(美味い)。
c0002171_12070230.jpg
レストランには日本人登山家達の写真が。
c0002171_12074167.jpg
バスで移動し日本山妙法寺に登る。日本の寺院がネパールにもあるとは。
c0002171_13263782.jpg
c0002171_12090930.jpg
c0002171_12092391.jpg
c0002171_12093408.jpg
c0002171_13271388.jpg
c0002171_13351344.jpg
c0002171_13282105.jpg
c0002171_13360862.jpg
c0002171_13365191.jpg
c0002171_12135782.jpg
c0002171_13373408.jpg
c0002171_12142876.jpg
c0002171_13383295.jpg
猫を見掛けた。ネパールの人達は完全イヌ派で、猫はそこまで好かれていないらしいが超かわいいヌコだった。
c0002171_12154634.jpg
ポインセチア越しの仏塔。
c0002171_13391683.jpg
c0002171_12163896.jpg
ラニバンの丘のオーベルジュで飲んだTuborgという麦酒。デンマークがオリジナルだがライセンスを取ってネパールで生産しているらしい。
c0002171_12180907.jpg
ライスプティングなかなか美味かった。インディカ米が良く合う。ミトチャ。
c0002171_12185194.jpg
c0002171_12190121.jpg
レストランの屋上で寝そべる犬。ゆるふわ。
c0002171_13395807.jpg
ポカラの街中へ。
c0002171_12202071.jpg
天秤でみかんの量り売り。分銅の実際的な用法!
c0002171_13403458.jpg
c0002171_12224379.jpg
c0002171_12240308.jpg
c0002171_12242411.jpg
ポカラのメインストリートで見掛けたタルチョが巻かれている樹。仏のレリーフも。ご神木かも。
c0002171_13413879.jpg
c0002171_12264920.jpg
c0002171_13420925.jpg
c0002171_12280764.jpg
c0002171_12282585.jpg
CD Diggin' in Pokhara. 軽く値切って3枚で1000ネパールルピーでトラディショナルミュージックを購入。旅Dig、恒例になってきたw
c0002171_12303022.jpg
店主のオジサンに「ヒマラヤ is スンダル」というと「スンダルはインドの表現だからネパールではラムロと言わなきゃ」と言われて。ラムロとは「良い」という意味らしい。ダンニャバード(ありがとう)と言ってレコ屋を後にした。
c0002171_12304334.jpg
c0002171_12311946.jpg
c0002171_12312866.jpg
c0002171_12314012.jpg
c0002171_12315515.jpg
街並みの先にマチャプチャレ。静岡や山梨に行くと富士山にいだかれた街っていいなぁと想うがこちらはヒマラヤが燦然と輝く。大自然はその土地の最大の存在でもある。ラムロ!
c0002171_12322107.jpg
c0002171_12351465.jpg
c0002171_12353387.jpg

街並みの中にはヘンプ製のリュックやパチモン屋、純正のNorth Faceのショップやカシミヤ織物店なども。
c0002171_12362966.jpg
このバルーンが浮かんでいる場所はなんだろうと思ったらクラブだった。ポカラの街には音楽處が多い。今回は行かなかったが旅クラビングも楽しそうだ。いつかハワイで行ったなぁ、Club.
c0002171_12410637.jpg
c0002171_12411977.jpg
c0002171_12415381.jpg
c0002171_12420478.jpg
c0002171_12421105.jpg
イッヌが丸まって寝てた。猫鍋ならぬ犬鍋ができそうw
c0002171_12434920.jpg
c0002171_12440146.jpg
レストランからみたペワ湖。ポカラは湖が多く、語源の"ポカリ"は湖などの意。またしてもライセンスを取ってネパールで生産しているサンミゲルを飲んだ。ついついビールはコンプしたくなるw
c0002171_12454659.jpg
c0002171_12455720.jpg
ガーリック・ミネストローネや鶏の鉄板焼き、そしてデザートもミトチャだった。

ミトチャ(美味い)の他、ダンニャバード(ありがとう)、ラムロ(Good)、スンダル(Beautiful)、ナマステとか話してたら店員から「1、2年ネパールにいたのか」言われたwたった5単語でも現地語知ってるとアイスブレイク出来るものだw
c0002171_12470980.jpg
c0002171_12473641.jpg
c0002171_12474627.jpg
ホテルにて撮ったネパール音楽CD。ヒマラヤン・フォークとネパール・ダンス、そしてネパール・ドラムの盤。
c0002171_12484290.jpg
さて、愈々明日はカトマンズへ。地震の爪痕はどうなっているのだろうか?建築に期待とドキドキが胸を打つ。









by wavesll | 2018-01-13 12:53 | | Comments(0)

ネパール巑岏 3日目 アンナプルナ連峰を遠近す サランコットの丘で朝陽をみる、アンナプルナ遊覧飛行、ノーダラの丘ハイキング

c0002171_17090052.jpg
朝目覚めると宙が黒赤青に染まって。
サランコットの丘へ朝陽に照らされるアンナプルナ連峰を観にいきました。
c0002171_17124162.jpg
c0002171_17130086.jpg
c0002171_17130909.jpg
c0002171_17131976.jpg
c0002171_17133142.jpg
c0002171_17134092.jpg
c0002171_17135225.jpg
このマッターホルンのような頂はマチャプチャレという山。角度によっては二又に分かれる山頂からフィッシュテイルとも呼ばれます。それを左右にアンナプルナ・サウス、アンナプルナI、アンナプルナIII、アンナプルナII等が挟んで。一番右にはマナスルも。
c0002171_17140371.jpg
c0002171_17170228.jpg
c0002171_17171234.jpg
c0002171_17172287.jpg
c0002171_17173948.jpg
c0002171_17180567.jpg
c0002171_17182127.jpg
c0002171_17183520.jpg
c0002171_17184891.jpg
c0002171_17185993.jpg
c0002171_17190972.jpg
c0002171_17192764.jpg
c0002171_17194095.jpg
c0002171_17195375.jpg
c0002171_17200328.jpg
c0002171_17201744.jpg
c0002171_17203006.jpg
c0002171_17205217.jpg
c0002171_17210364.jpg
c0002171_17212330.jpg
c0002171_17213379.jpg
c0002171_17214589.jpg
c0002171_17215552.jpg
茜青に染まるアンナプルナに吉田博の新版画を想い起して。何故かバングラディシュの人達に囲まれて写真を一緒に撮られまくったりしましたw


c0002171_17243228.jpg
c0002171_17244860.jpg
c0002171_17245725.jpg
バンでホテルへ戻るとプールに逆さマチャプチャレが映っていました。
c0002171_17263469.jpg
c0002171_17264383.jpg
そしてさらにここからアンナプルナ連峰への遊覧飛行をしにポカラ空港へ。天気も良く風もなく、サランコットからも飛行機が見えたりしたから無事飛んでくれそう。
c0002171_17272869.jpg
c0002171_17273970.jpg
c0002171_17282284.jpg
c0002171_17283446.jpg
c0002171_17285057.jpg
そして搭乗、空から峰へ。
c0002171_17293438.jpg
c0002171_17294955.jpg
c0002171_17300038.jpg
c0002171_17301271.jpg
c0002171_17302503.jpg
アンナプルナ・サウスよりもさらに左にあるダウラギリもよくみえました
c0002171_17304059.jpg
c0002171_17312127.jpg
c0002171_17313437.jpg
c0002171_17314361.jpg
c0002171_17320128.jpg
c0002171_17321019.jpg
コックピットからみたアンナプルナは蒼が冴えて。
c0002171_17324687.jpg
c0002171_17325985.jpg
c0002171_17331110.jpg
c0002171_17332619.jpg
c0002171_17333860.jpg
c0002171_17334792.jpg
c0002171_17335996.jpg
c0002171_17341063.jpg
c0002171_17342171.jpg
c0002171_17343570.jpg
c0002171_17344458.jpg
CAさんに「ネパール語でBeautifulとはなんというのですか?」と聴き「スンダル」と教えてもらって。マチャプチャレ、スンダル。
c0002171_17345305.jpg
c0002171_17362837.jpg
c0002171_17364264.jpg
c0002171_17364804.jpg
以前ナスカの地上絵をセスナで観た時はかなり酔いが酷かったのですが今回は旋回が緩やかだったからか酔うこともなく夢中で山峰をみることが出来ました。
c0002171_17380628.jpg
空港で会ったランムリチャ(可愛い)な子ども。でもネパールでは頭に神様が住むと考えられているから頭をポンポン撫でるのはご法度。
c0002171_17390285.jpg
ここからノーダラの丘へ山村を通り抜けるハイクへ。
c0002171_17401687.jpg
c0002171_17402597.jpg
c0002171_17404074.jpg
c0002171_17405296.jpg
c0002171_17410699.jpg
c0002171_17411621.jpg
c0002171_17414810.jpg
c0002171_17420195.jpg
c0002171_17421511.jpg
c0002171_17422720.jpg
c0002171_18230837.jpg

c0002171_17425540.jpg
c0002171_17431097.jpg
c0002171_17432264.jpg
村では軒先で水浴びをしている女性などもいて、山村の普段の暮らしを拝見することができました。
c0002171_17434370.jpg
c0002171_17435645.jpg
c0002171_17441168.jpg
c0002171_17450459.jpg
c0002171_17451951.jpg
c0002171_17453202.jpg
マチャプチャレの頂が二又に分かれて。フィッシュテイルの光景をみることができました。
c0002171_18233570.jpg
c0002171_17455540.jpg
c0002171_17470775.jpg
c0002171_17471619.jpg
c0002171_17474889.jpg
c0002171_17475848.jpg
c0002171_17481080.jpg
c0002171_17482142.jpg
c0002171_17483545.jpg
c0002171_17484816.jpg
c0002171_17485965.jpg
c0002171_17492012.jpg
c0002171_17494568.jpg
c0002171_17513376.jpg
昼食は丘のレストランで。その時100ネパールルピーに犀が描かれているのを知って。ネパールには一角の犀が棲んでいるそうです。
c0002171_17534711.jpg
c0002171_17540889.jpg
こちらのクルマはフロントガラス上部にメーカーの名を張る人が多かったです。ヒュンダイやタタなんかも多かったけれど、クルマ・バイクはトヨタ、スズキ、三菱等日本車をよく見かけました。
c0002171_17542330.jpg
c0002171_17555792.jpg
いつの間にかついてきてガイドのように先導してくれたイッヌ。ネパールでは「ワンちゃん」みたいな呼びかける言葉はないそうですが「シロ!」のように白い犬に「シュッテ!」と呼びかけることはあるそう。ちょっとこちらが止まってると振り返って待ってくれて可愛かったなぁ。

ちなみに人に対して「色が白いですね」というような”白”には別の単語があるそう。違う言語は異なる認識世界の扉を開いて。
c0002171_17573859.jpg
c0002171_18004478.jpg
c0002171_18005597.jpg
c0002171_18010768.jpg

c0002171_18011725.jpg
この石が積まれた休憩所はソウタリというそう。股旅の間の憩いの場。
c0002171_18013069.jpg
道半ばで聞いたのは「ダージリンは昔ネパールだった」コト。イギリスに奪われ、そのままインドの物になってしまったとか。今でもネパール語を話す人が多く暮らしているとか。北方領土もそうだけれど、領土に関する争いは複雑な哀しみがありますね。
c0002171_18025087.jpg
c0002171_18030310.jpg
c0002171_18031135.jpg
c0002171_18032321.jpg
棚田が美しい。
c0002171_18033417.jpg
c0002171_18040751.jpg
隣のカスキット村を望むところまで歩きました。

ここで草木を担ぐおばあさんに出逢って写真を撮らせてもらったらお金を求められて。まぁ100ルピー(100円強)だから大したことはなかったのですが、直後に懐いてくれた少年二人に対して少し警戒してしまって。

英語で話しかけてくれたのですが早い英語で「Are you ステッペン?」という言葉が分からなくて。今思い返すとあれは「Student」だったのかも。上手く対応できず顔を曇らせてしまったのが申し訳なかった。こういう時もっと英語能力を向上出来たら、もっと度量をと強く想。
c0002171_18041959.jpg
c0002171_18084853.jpg
c0002171_18101998.jpg
c0002171_18104403.jpg
ホテルに戻ると夕暮れ。午後は雲が出るので全体は見えませんでしたが茜紫に染まるアンナプルナ・サウスがみえました。
c0002171_18121842.jpg
c0002171_18122733.jpg
c0002171_18123514.jpg
c0002171_18124683.jpg
c0002171_18125546.jpg
c0002171_18130593.jpg
c0002171_18131357.jpg
c0002171_18132475.jpg
c0002171_18133457.jpg
c0002171_18134782.jpg
c0002171_18135782.jpg
明日はアンナプルナ遊覧飛行の予備日兼ハイキング日。すっかり惚れてしまったマチャピチャレの暁をまたみれるのが嬉しい。すっかり健康的に早い時間に就寝。












by wavesll | 2018-01-12 19:46 | | Comments(0)

ネパール巑岏 初日・2日目 羽田→バンコク→カトマンズ→ポカラ国際山岳博物館

c0002171_18451732.jpg
4日から本日まで5泊8日のネパール旅行へ行って参りました。ヒマラヤの蒼穹、素晴らしかった。

今日から徒然とネパール紀行を記していこうと思います。

羽田から24:00過ぎに経由地のバンコクへ出立。
c0002171_19542413.jpg
タイ航空の機内食がなかなか美味かった。
c0002171_18273045.jpg
バンコク空港はガラス張りの巨大ターミナル。以前トランジットで来た時は本当に美しい光景が広がっていたが今日はガスってそこまででもない。

羽田で買った『草枕』を読む。極上の言の葉で語られる芸術論に世の俗事から意識が離陸していくのを感じる。帰りも数時間の待合、読むのが楽しみだ。
c0002171_18352096.jpg
タイ式マッサージのスパが空港に。流石タイ◎
c0002171_18355752.jpg
空港で買った緑茶。無糖なのがいい。クレカを使おうとするとパスポートの提示を求められた。
c0002171_18402819.jpg
5時間近くの待合を経てカトマンズへ。やっぱり機内食が美味い。タイ航空なかなかやりおる。
c0002171_18393657.jpg
ネパール入り。ここから国内線のイエティ航空でポカラへ。
c0002171_18412935.jpg
c0002171_18414161.jpg
c0002171_18415168.jpg
プロペラ機で格好いい。プロペラ・ノイズを堪能すw
c0002171_18440526.jpg
c0002171_18442612.jpg
c0002171_18443816.jpg
窓からみえたヒマラヤ。
c0002171_18451732.jpg
ポタラ着。
c0002171_18460937.jpg
c0002171_18461916.jpg
c0002171_18462986.jpg
バスに乗り込み街中を走る。こちらの建物は門構えが大層立派だ。で、意外にもネパールは結構温かい。というか厚着では軽く暑いw街のざわめきに心が躍る。
c0002171_18474616.jpg
c0002171_18482079.jpg
c0002171_18482820.jpg
c0002171_19060868.jpg
c0002171_19575157.jpg
c0002171_19581926.jpg

c0002171_19071766.jpg
ポカラ国際山岳博物館へ
c0002171_19080751.jpg
c0002171_19592196.jpg
ネパールに住む様々な民族の展示。
c0002171_19094248.jpg
c0002171_19095683.jpg
c0002171_19100892.jpg
c0002171_19102394.jpg
c0002171_19110434.jpg
c0002171_19112774.jpg
c0002171_19115032.jpg
c0002171_19120859.jpg
c0002171_19121856.jpg
c0002171_19134940.jpg
チョモランマというのはチベット語でネパールでの名はサガルマータと知る。サガルマータを始めとする8000m14座の登頂の記録品。女性で初めてサガルマータに登った田部井淳子さんの登山用具なども。
c0002171_19171320.jpg
c0002171_19172882.jpg
c0002171_19174551.jpg
c0002171_19180415.jpg
イエティの展示もw
c0002171_19182538.jpg
c0002171_19184770.jpg
様々な民族の写真達
c0002171_19191548.jpg
c0002171_19192952.jpg
c0002171_19194485.jpg
c0002171_19195793.jpg
c0002171_19202265.jpg
c0002171_19204153.jpg
c0002171_19205896.jpg
c0002171_19211031.jpg
c0002171_19213883.jpg
c0002171_19221553.jpg
c0002171_19224816.jpg
c0002171_19233497.jpg
ホテルへ移動。ネパールの街中は結構犬がのっそり自由に歩いていた。
c0002171_19252334.jpg
c0002171_19255396.jpg
c0002171_19262351.jpg
c0002171_19265254.jpg
c0002171_19275759.jpg
c0002171_19290217.jpg
c0002171_19293500.jpg
c0002171_19294619.jpg
c0002171_19300394.jpg
c0002171_19301983.jpg
c0002171_19304198.jpg
c0002171_19305978.jpg
c0002171_19313055.jpg
c0002171_19325075.jpg
c0002171_19330309.jpg
c0002171_19331890.jpg
c0002171_19334020.jpg
c0002171_19335863.jpg
c0002171_19341051.jpg
c0002171_19343049.jpg
c0002171_19344512.jpg
c0002171_20010355.jpg

ホテル前からみた山並み
c0002171_19354604.jpg
夕食。地の麦酒を飲むのは旅の楽しみ。エベレストというビールとゴルカというビールがあった。エベレスト、なかなか美味い。
c0002171_19370172.jpg
c0002171_19371230.jpg
c0002171_19372933.jpg
ホテルのスタッフが民族舞踊をみせてくれた。
c0002171_19375310.jpg
c0002171_19380751.jpg
c0002171_19381641.jpg
c0002171_19383306.jpg
ポカラの街の灯。明日はナガルコットの丘からのヒマラヤの朝焼けと、アンナプルナへの遊覧飛行。遊覧飛行は天気次第。期待と不安に胸が躍る。
c0002171_19395948.jpg










by wavesll | 2018-01-11 19:40 | | Comments(0)

音楽歳時記 旧暦11月18日は沖縄 久高島 イザイホーの神歌

c0002171_08360875.jpg
「沖縄 久高島のイザイホー-第1部-」東京シネマ新社1979年制作

「沖縄 久高島のイザイホー-第2部-」東京シネマ新社1979年製作


イザイホーは沖縄県南城市にある久高島で12年に一度行われる、久高島で生まれ育った三十歳以上の既婚女性が神女(神職者)となるための就任儀礼。社会環境の変化から1978年に行われたのが最後で以後40年間行われてはいません。

イザイホーが行われるのは十二年ごとの午年・旧暦の11月15日から4日間、最終日である旧暦の11月18日は今年でいうと本日1月4日となります。

そして、このアルバムは最後となった1978年のイザイホーを録画・録音したものです。その音楽性に、私は昭和28年から51年にかけて録音されたアイヌの歴史的音源の神謡を想起させられました。

沖縄やアイヌは今でも弥生人の血が薄く縄文人のDNAが濃く残っているとか。縄文時代は近年、1万年単位で大規模な戦争が起きていなかったのではという研究でも着目されていて。なんとも淡く平和で幽玄な音世界に原故郷の日本民族の情景を想う聴験となりました。

by wavesll | 2018-01-04 08:52 | Sound Gem | Comments(0)

東洋文庫ミュージアムにて『東方見聞録』や『魏志倭人伝』等をみる

c0002171_18085118.jpg
駒込にある東洋文庫ミュージアムで開かれている東方見聞録展 モリソン文庫の至宝をみてきました。


100万点以上にのぼる東洋文庫の蔵書の中核をなすのが、創設者である岩崎久彌が1917年に購入した貴重な洋書・絵画資料のコレクション「モリソン文庫」。本展では、コレクションの渡来100周年を記念し、「東方見聞録」、「アヘン戦争図」など、教科書でおなじみの資料をはじめとする有名な歴史資料の宝庫「モリソン文庫」の全容を公開いたします。本コレクションを築いたジョージ・アーネスト・モリソンは、20世紀初頭に「タイムス」の海外特派員、そして中華民国の政治顧問をつとめ、激動の時代を見つめ続けた人物です。本展では、これらの名品が収集された時代背景についても、モリソンの眼をとおしてご紹介いたします。

というこの展覧会、何しろ目玉はマルコ・ポーロの『東方見聞録』!東洋文庫では世界随一の『東方見聞録』の写本、翻訳本コレクションがあり、見応えがありました。
c0002171_18192830.jpg
c0002171_18193915.jpg
c0002171_18200290.jpg
c0002171_18204033.jpg
c0002171_18244176.jpg
c0002171_18245180.jpg
c0002171_18250399.jpg
c0002171_18251613.jpg
c0002171_18262520.jpg
c0002171_18263412.jpg
なんと一番上のものはコロンブスが所持していたのと同じ刷!世界史浪漫を感じました。

さて、東洋文庫はその名の通りアジアの書物を中心にコレクションされている處。なんとこんなものも。

国宝・春秋経伝集解
c0002171_18283032.jpg
御成敗式目
c0002171_18291997.jpg
徒然草(嵯峨本)
c0002171_18294159.jpg
日本書紀
c0002171_18300711.jpg
魏志倭人伝
c0002171_18302348.jpg
なんと魏志倭人伝も!しかも右頁の境の行の中央少し下をみると「卑彌呼」の文字が!これ、ヤバくないっすか。見つけた時感動してしまいました◎

また

殿試策という中国・科挙の最終試験である殿試の模範解答なんかも。昔からノートが出回ってたのですねw
c0002171_18393617.jpg
そして西洋の文物も展示してありました。
c0002171_16502014.jpg

c0002171_18402902.jpg
ロビンソン・クルーソー漂流記
c0002171_18431454.jpg
J.グールド著 1850-83年 アジアの鳥類
c0002171_18410566.jpg
J・グールド著 1831年 ヒマラヤ山脈の鳥類
c0002171_18414028.jpg
ジョゼフ・フェイラー著 1874年 インドの蛇
c0002171_18420044.jpg
ジョン・ヘンリー・リーチ著 1892-94年 中国・日本・朝鮮の蝶類
c0002171_18423911.jpg
ガルニエ著 L.ドラホルト画 インドシナ探検行
c0002171_18441404.jpg
ヘルマン ロバルト編 1861-66年 インドおよび高地アジアへの科学調査隊派遣の聖歌
c0002171_18443027.jpg
最後の絵図に描かれたエベレストをこの本ではガウリサンカールと呼んでいたそうです。実際には別の山でガウリサンカールという山があるそう。

この展覧会では世界史上に残る書物を生で観ることが出来て、音楽好きとしてはこのデータ時代に於けるフィジカルの価値を感じたりwやっぱりディスプレイでなく五感で体感することっていうのは経験として大きいですね。

そんなことを想った自分、実は今夜日本を発ってガウリサンカールならぬチョモランマを眺めにネパールへ行く予定です。旅行は8日間の予定です。地球上で一番宇宙へ近い場所へ(登りはしませんが)見聞に参ります。ではまた後日!

by wavesll | 2018-01-03 18:53 | 展覧会 | Comments(0)

パリ・グラフィック ロートレックとアートになった版画・ポスター展 at 三菱一号館美術館

c0002171_19323844.jpg
c0002171_19324523.jpg

アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック ≪アリスティド・ブリュアン、彼のキャバレーにて≫
c0002171_17324348.jpg
アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック ≪エルドラド、アリスティド・ブリュアン≫
c0002171_17325674.jpg
アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック ≪コーデュー≫
c0002171_17332526.jpg
アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック ≪ジャヌ・アヴリル≫
c0002171_17341129.jpg
アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック ≪マルセル・ランデール嬢≫
c0002171_17342903.jpg
アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック ≪ムーラン・ルージュ、ラ・グーリュ≫
c0002171_17345907.jpg
アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック ≪メイ・ベルフォール≫
c0002171_17353889.jpg
アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック ≪メイ・ミルトン≫
c0002171_17360436.jpg
テオフィル・アレクサンドル・スタンラン ≪シャ・ノワール巡業公演のためのポスター≫
c0002171_17364103.jpg
正月の清冽な空気の中、三菱一号館美術館パリ・グラフィック ロートレックとアートになった版画・ポスター展へ行ってきました。
三菱一号館美術館は19世紀末のグラフィックの収集品があり、同じく良コレクションがあるファン・ゴッホ美術館と共にこの展覧会を開催したという運び。

最初に展示されるのはウジェーヌ・グラッセ≪版画とポスター(『版画とポスター』誌のためのポスター)≫。高尚である版画が擬人化された美女と低俗であるとされたポスターの擬人化の美女が描かれたリトグラフ。版画・ポスターの関係性は今消滅しつつあるオタク・サブカル的なものなのかもなんて感じました。

この時代にはポスターが貼られた景色を描いた絵画も。ルイ・カリエ=ベルーズ≪鍋修理≫なんかかなりいい感じでした。またまさに販促ポスターであるピエール・ボナール≪「フランス=シャンパン」のためのポスター≫にその始まりから広告は美女とアルコールそしてパーティーなのだなとw

この展覧会でとても印象的だった画家がエドゥアール・ヴュイヤール≪自転車≫。もうほんと現代的でアディダスのアドみたいな感性が最高で。自転車の画だとこの展覧会の主役、アンリ・ド・ドュールーズ=ロートレック≪シンプソンのチェーン≫も好きでした。やっぱり自転車が描かれると欧州って感じがしますね。

モーリス・ドニ≪『ラ・デペッシュ・ド・トゥールーズ』紙のためのポスター≫を始めとして淡い色調の物が多くて、日焼けとかもあるのかなと思いスタッフの人に”これはこの色味を意図したものだったのですか?”と聴くと”展示品はどれも状態のいいものです”との答え。この時期の欧州は原色より薄い色調が好まれていたのかもしれません。

ロートレック≪ディヴァン・ジャポネ≫のツンとした眼差し。研ぎ澄まされた人間観察からの表現だなと。ロートレック≪ジャヌ・アヴリル(ジャルダン・ド・パリ)≫ なんかは醜く歪んだ一瞬の表情を捉えて。

この時期のパリの文化発信地である場のポスターも多くて。アンリ=ガブリエル・イベルス、アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック≪「カフェ・コンセール」表紙≫のカフェ・コンセールなどもそう。

そして撮影OKの部屋に展示してあった「シャ・ノワール(黒猫)」という名のキャバレーのポスターであるテオフィル・アレクサンドル・スタンラン≪シャ・ノワール巡業公演のためのポスター≫も素晴らしかったし、ロートレックは≪ムーラン・ルージュ、ラ・グーリュ≫という作品も描いています。

ロートレックだと≪マルセル・ランデール嬢≫のこの顔力!そして≪アリスティド・ブリュアン、彼のキャバレーにて≫の諧謔的な表情には浮世絵のような感触も味わいました。カミーユ・マルタン≪「レスタンプ・オリジナル第2年次の表紙」≫もちょっと北斎的な植物構図を感じて。

この時代はリトグラフの時代。
リトグラフは、石版石(石灰岩)や金属板(アルミ板・ジンク板)の平らな版面(平版)を、油性インクを引き付ける部分と水分を保つ部分(インクを弾く部分)に化学的処理で分離し、水と油の反発作用を利用して専用のプレス機により刷る版画です。 版面に直接描いた絵を、ほぼそのまま紙に刷り取れるのが特徴です。


かなりの作品群が展示してあったフェリックス・ヴァロットン。≪お金(アンティミテ』V)≫は男女の怪しみが捉えられて。


ロートレック≪座る女道化師(シャ=ユ=カ=オ嬢)(『彼女たち』より)≫≪ムーラン・ルージュの女道化師≫は同じ女性を描いた作品。シャ=ユ=カ=オ嬢の芯の強さが感ぜられて好きでした。


テオフィル・アレクサンドル・スタンラン≪ボディニエール画廊にて≫は黒猫と三毛猫が可愛らしくて。エドゥアール・ヴュイヤール≪仕立屋≫は1895年の『OK COMPUTER』。 モーリス・ドニ≪恐れ≫は暗青のちょっと仏教性を感じる二人の絵。ピエール・ボナール≪通りにて≫とマヌエル・ロブ≪版画を見る二人の女性≫は日常の一瞬を刷った感覚。ピエール・ボナール≪パリ共和国衛兵隊≫は墨絵の如し。

そして次の部屋が本当にずばんと好みで。シャルル・マリー・デュラック≪図版1(『風景画連作』より)≫。全て違う色で刷られたというこの作品は水面の波紋の描写が卓越していて。絵の下には鯉?も。

アリスティード・マイヨール≪少女の横顔≫は黄色のバックが素晴らしい効果を生んでいて。同じくアリスティード・マイヨール≪波≫はまさに版画的な肉感のある波の背景が印象的。

そしてエドゥアール・ヴュイヤール≪街路(風景と室内)より≫ の抽象と具象のあいだの街路のテクスチャー。エドゥアール・ヴュイヤール≪吊りランプのある室内(『風景と室内』より)≫は生で観ると黄緑と黄色と橙でエーテルが爆ぜアウラが凄い!エドゥアール・ヴュイヤール≪二人の義姉妹(『風景と室内』より)≫の白黒に身を包んだ姉妹と背景のミロやゴッホのようなきらめきを持った色粒、素晴らしかった。

ケル=グザヴィエ・ルーセル≪縞模様のドレスの夫人(『風景画集』より)≫は妖精的な領域へ。ケル=グザヴィエ・ルーセル≪ニンフのそばで戯れるキューピッドたち(『風景画集』より)≫ではまさに神話的情景へ。同じくグザヴィエ≪泉(『風景画集』より)≫のGreat Waveのような緑。


フェリックス・ヴァロットン≪怠惰≫にははっとさせられるぐずさと色気があって。同じくヴァロットン≪『群衆ーパリの野次馬たち』(オクターヴ・ユザンヌによる序文他)≫にパリのモノクロな服装を想ったりしました。

アルフレド・ミュラー≪グスタフ・ファン・ザイプ『梯子』およびグンナール・ハイベルク『バルコニー』の劇場プログラム≫ は名画のポスターのよう。ロートレック≪ドイツのバビロン≫は慧可断碑図の達磨のようにシンプルな線がいい。

この時代、版画はプライヴェートな発注で官能性を高めていたそうですが、物議を巻き起こしたというロートレック≪悦楽の女王≫をみるに、公共空間ではかなり生真面目な空気があったのではとも感じました。

その分ジョルジュ・ド・フール≪『神秘的で官能的なブリュージュ』表紙≫のエンボス加工に秘めた艶を感じたり。



そして最後の作品が白手袋をしてしてめくっていけるピエール・ボナール≪ポール・ヴェルレーヌ『平行して』(ファクシミリ版)≫。文章を読めなかったのですが、究めてプライヴェートな性愛?の挿絵があって、これが版画の官能性か…!と。

三菱一号館美術館は上趣味な展覧会をやってくれて。今回も好ましいひとときを過ごすことが出来ました。展覧会は1/8まで。

by wavesll | 2018-01-02 18:59 | 展覧会 | Comments(0)

銀座のSerpentineなBVLGARI

c0002171_14502149.jpg

by wavesll | 2018-01-02 14:50 | 街角 | Comments(0)

元旦初詣@伊勢山皇大神宮

c0002171_14250459.jpg
c0002171_14251414.jpg
c0002171_14253390.jpg

横浜総鎮守 伊勢山皇大神宮へ。今年もつつがなきを祈って。そして挑める勇気を願いました。
by wavesll | 2018-01-01 14:29 | 街角 | Comments(0)