人気ブログランキング |

<   2019年 04月 ( 28 )   > この月の画像一覧

EL Folclore Paradox presents “Uji JAPAN TOUR ”@daikanyama Unice

c0002171_00232380.jpg
c0002171_00235041.jpg
c0002171_00240348.jpg
c0002171_00242203.jpg
c0002171_00243527.jpg

c0002171_00245172.jpg

Shhhhhさんオーガナイズのピーターコンに行ってきました。最高のパーティーでした。一番肌にしっくりきて、心から自然に楽しめました。
ほぼOpenから終わりまでいたけど、南米の音の風に踊って、この上なく楽しかった。みなが創り上げたとびっきりの夜に感謝。

ShhhhhさんとKAZUYA a.k.a.PEEさんのワールドミュージックDJをゆったりと楽しめて。最後はアガって。

UjiのLiveはビートに笛の生演奏から始まり、DJ Playにドラムや歌も被せるエクスクルーシヴなもの。ZZK所属でデジタルクンビア的かと想ったがヒップホップやバイレファンキ的、或いはインド?アラブ?的なバラード・ソウルまで繋ぐ多彩さ。歌唱には霊性もあって。本場ならではの澄んだ感覚が良かったなぁ。

そしてMartha van Straaten、彼女が突き抜けて良かった!のっけからアンデスなフォルクローレとテクノな打音がシャーマニックで踊り踊らされw日本人2人のDJの方がワールド音楽な呪術性の濃さをUjiさんより感じていたのでMarthaの此の秘孔をつくPLAYにはやられました。ワールド音楽をとば口に一番気持ちいい音へ連れてかれて。明けて今日は月曜なのにw

今はデジタルクンビアでなくエレクトリック・フォルクローレというのですね。南米の音は快い風通しの良さがある。音楽が吹き抜ける中で思い思いに踊る空間性の良さ。カクテルもスペシャリティコーヒーも美味しく、楽しさしかない時空を過ごせました。i Gracias !

by wavesll | 2019-04-22 00:39 | Sound Gem | Comments(0)

頭脳警察Live@アースデイトーキョー

c0002171_23342426.jpg













頭脳警察LIVE@アースデイをみてきました。と言っても寝過ごしたせいでラス曲のみ。そのためセトリはTwitterで検索して記しました。

頭脳警察というと三億円事件の犯人のモンタージュのアルバムの不穏な政治性が強烈な印象を残しますが、アコギにコンガ、そしてアーバンギャルドおおくぼけいによるKeyで滔滔としたなかに熱を秘めた魂篭ったフォークロックでした。

今の時代にフロウでなく社会性と個人の意志のアウフヘーベンな歌を鳴らすPANTAさん達の姿は未だに新鮮な違和感を与えてくれました。今年は月イチでライヴやってくそう。

by wavesll | 2019-04-21 23:58 | Sound Gem | Comments(0)

BAD COMMUNICATION



以前のことでトラウマとなっているのは、躁鬱で傍若無人に暴れた際人間関係が破綻したことで、その象徴として「もう二度と会うことはないだろう」と言われたことがありました。
その時正直“会いたいと思うほど愛せる魅力を君はみせていたつもりなのか?”と思ってしまって“嗚呼俺は人でなしなのだな”と己に呆れたことがありました。魅力をみせる努力しない人っているものだと思うと共に、自分は”友達づきあい”に求めすぎなのだと感じます。

ンな事みな要求してない、というか向こうからしたら私なんかはToo Muchなのだろうと。最低限の礼儀がありゃ友人関係の維持には何の問題もないということでしょう。それじゃつまらない、となると羅の螺旋に入る(苦笑)

自分は他人に話したいネタが多いタイプで、自分ばっかり話すのも悪いと一時期友人に「何か面白いことあった?」とあいさつ代わりに聴いていたのですが、これが不評でw今見返すと鬼のような”What's up?”だなとは思いますw「面白いこと」の程度にはよりますが、鉄板レベルだとそうそう人生で産まれるものでもないですしね。

そもそもこのBlogを立ち上げる時も”どうせやるなら毎日更新したいけれど、自分でネタをつくっていたら毎日更新は難しいから、そうだ羅列型ニュースをやろう”と個人ニュースサイトとして始めたのでした。

その後羅列型ニュース更新は止め、自分で主に画くエントリが増えましたが、それでも藝に対するレポートが多く、取材して書くという点では広い意味で鴎庵はニュースサイトだなぁと想っています。ほぼ日刊更新で完全に内から出てくるものだけで書き続けるのは少なくとも私には難しい。

となると「取材(という名の遊興)」を行う訳ですが、ここで友人との齟齬が起きてくる。そりゃ未だ一人やもめの私と子供ができ、下手したら家のローンも払っている友人とでは遊びの話題、特に頻度が合うという訳にもいかない。

そんな訳で話しかけるPushを止め、Webに綴り反響営業を待つPullへと軸を移したのでした。

「面白い」にも色んな観点がありますが、私の場合は趣味と実益を兼ねるというか、自分自身に藝や學びのカリキュラムを組んで、それを論述するというのが基本で。これも家庭を持つと自分のきままなわがままを通せない場面も多いと思います。

逆に夫婦・子ども・あるいは「働き」なんかは私から見たら完全独自コンテンツであって、メディア的なものより第一運動純度の高い面白さがそこにあるとおもいます。オーガニックというか。それを成せることへの憧憬は私も勿論あります。”俺は煩悩だけなんじゃないか”と。

冒頭の古い友人への想いもそうなのですが、私は面白さを求めてどこか破綻していたのだなと想うし、逆に言えばこのあいだ描いた居たかった場と縁・出発というエントリで書いたようなTwitterという書くことで存在する安全基地のお陰で、自分の欠落へ目を向ける力を得れたのかもしれないなと思います。

B'zの「Pleasure '91 -人生の快楽-」に「勝手知ったる少ない仲間と敵だ味方だと騒いでる 止まれないこの世界で胸を張って生きるしかない」なんて詞がありますが、お互い道が離れていったときに「Love Phantom」とように「2人で1人になれちゃうことを気持ちいいと思ううちに 少しのズレも許せないセコい人間になってたよ」では不味いということでしょうね。それぞれの道から遠くへ交信を送るくらい、異なることへの真摯さが必要なのだなぁと今朝想いました。

by wavesll | 2019-04-21 09:10 | 私信 | Comments(0)

国立公文書館にて≪平成≫を観る

c0002171_19464364.jpg

竹橋駅からほど近く、国立近代美術館の先にある国立公文書館にて小渕さんが掲げた≪平成≫の書がみれると聴き、訪れました。

c0002171_19481026.jpg
c0002171_19482270.jpg
現在国立公文書館では江戸時代の天皇という特別展をやっていて、その最後にかの書はありました。

c0002171_19492807.jpg
c0002171_19493912.jpg
c0002171_19495310.jpg
c0002171_19500439.jpg
生で観ると「戌」っぽいというか、踊るような筆致。平成の時代、もう再来週には終わっているんだなぁ。

書の隣には平成と令和の原典となった書物の頁が開かれていました。

c0002171_19515907.jpg
c0002171_19525222.jpg
c0002171_19523892.jpg
c0002171_19521516.jpg

また大日本国憲法や終戦の勅書、日本国憲法の原本も展示してあって。思わず「堪え難きを堪え、忍び難きを忍び」を探してしまいました。
c0002171_19543572.jpg
c0002171_19545146.jpg
c0002171_19551102.jpg
c0002171_19553350.jpg
國の歴史を伝える国立公文書館、なんと無料で観ることが出来ます。平成の終わりにこんな歴史探訪もいかがでしょう?

by wavesll | 2019-04-20 19:56 | 展覧会 | Comments(0)

ハナミズキってこんな花だったのかと知る

c0002171_16174062.jpg

by wavesll | 2019-04-20 16:18 | 街角 | Comments(0)

代々木第一体育館が改修のためかブルーに覆われていてこれはこれで何かのアートな仕掛けにみえなくもなかったw

c0002171_15040524.jpg

by wavesll | 2019-04-20 15:05 | 街角 | Comments(0)

原宿駅舎

c0002171_14541768.jpg

by wavesll | 2019-04-20 14:54 | 街角 | Comments(0)

平成最後の満月

c0002171_03540779.jpg

by wavesll | 2019-04-20 03:54 | 街角 | Comments(0)

知久寿焼インストアライヴ@hmv record shop shibuya

『セシウムと少女』知久寿焼 主題歌フルバージョン(映画 新予告編)2015.10.20



『ああ素晴らしき音楽祭vol.2』知久寿焼"らんちう"





c0002171_00094098.jpg
元たまのVoの知久さん。デジスタでみた「電車かもしれない」のアニメから一度体験してみたかったのです。声がもう心にびんびんに鳴る!その声で唄われる詩の世界は小さな虫や惑星。いのちの視点がすっごい。いわさきちひろや藤城清治の画を想起。「セシウムと少女」には泣きそうに。「きつね、たぬき、うどんうどんうどんスープ」のうどん数え歌も。リハではずいずいずっころばし何かも。やー素晴らしかったです。生で体験できてよかった。舌を出したり野生児って感じの可愛らしいカッコよさと心揺らす歌、最高でした。
by wavesll | 2019-04-19 00:12 | Sound Gem | Comments(0)

カネコアヤノ インストアライヴ@新宿タワーレコード

c0002171_01345127.jpg
カネコアヤノの新宿タワーレコードでのインストアライヴをみてきました。今一番の女性ロックンロールシンガーとは思っていたけど、生で聴くと朗々と歌う域から最後は燃え盛るような歌唱で凄かった。またバンドも彼女の魅力を拡大させていて良かったです。

by wavesll | 2019-04-18 01:38 | Sound Gem | Comments(0)