晒しな日記

起床。mixi更新。
c0002171_2214194.jpg
エンコード。TUTAYAに返却。模擬試験×2。効果測定。合格。

電話。「今日ヒマ?」暇ですとも。

横浜で大勝軒。つけ麺は旨い。量もあって良い。

HMVを散策。Galaxy 2 Galaxyのアルバムが無い。DVDコーナーの横にレゲエコーナーがあるんだね。

みなとみらいに歩いて行って知り合いのカップルに遭遇してやろう計画。半分嫌がらせ。しかし諸刃の刃。途中からカップルの数をカウントしだす。諸刃の刃。なぜ俺たちは逆に逆にいこうとしているのか?That is the problem.

赤レンガについたときに100組になったので打ち切り。だからやめようっていったのに!(いってない)赤レンガのスケートリンクは今日まで。多くの人が滑っている。中央のオブジェがきらめいて美しい。でも海を見に行く。連れの「あの島何?」の一言で大桟橋に行くこと決定。

山下公園を通って大桟橋へ引き返す。芝生の上に寝転がる。

あー、空が青い。

小一時間後、動き出す。向かうは再び横浜。

今日、ほとんど俺がしゃべってない?「いや、俺聞き役だから」

途中でポップサーカスのところを曲がって俺の隠れ家癒しスポットに立ち寄る。意識が沈むほど心地よい。

タリーズで茶。ハニーミルクラテが美味い。ちょうど今日で終了だった。

横浜ドンキ初上陸。やはり異質な空気だが面白い。メイド服へのプッシュが凄い。ピンクの照明あれなんとかしろ。

ハンズでチャリ関係を物色。今度旅に出るかも。やはり旅はいい。

駅で先輩と数年ぶりに再開。チャリ旅について2,3質問。4日で名古屋は楽勝らしい。

一旦別れた後、連絡先を聞こうと引き返したがもうそこに先輩の姿はなかった。

セレンディピティって「気づけるかどうか」っていうことだと思う。
# by wavesll | 2006-02-14 22:36 | 私信 | Trackback | Comments(8)

君の眼は必ず再び光るだろう

今宵は満月ですね。地面に近い赤い月を見ながら夕暮れに効果測定というしょぼいテストを受けに教習所にいきました。そしたら一点差で落ちてしまって、そんな一点差とか言っちゃうところとか、色々俺ってしょぼい男だなぁとか思いながら、TSUTAYAへ行きました。太陽の様に輝く月の光が沁みました。

それでJupiter病める無限のブッダの世界クラムボンのbest黒船を借りました。

Jupiterは『ベル』を聴きたくて借りたんですが、帰りの電車内で歌詞カードで読んだ『Stage of the ground』の詩がとても心に響きました。藤原君の優しさが沁みました。

帰ると原田がラージヒルに挑戦できるかもというニュースが流れていました。人生は、いつからでもやり直せるはずだと思いました。
# by wavesll | 2006-02-13 21:12 | 私信 | Trackback | Comments(0)

夢際のラストボウイ

クリックで救える命がある

今浅い眠りについていたら、夢の中で高校時代の英語の授業で、でも違和感があって「これは夢だな」と思ったら目が覚めて、その時高校時代の体から大学時代の体に戻った感覚があった。ドッピオみたいなことって現実にあるのだろうか。

7日11日先見日記はムハンマドの風刺漫画の件。こういうのはまさに触らぬ神にたたりなしといった様相を呈しているが、権威に屈しないという意思を見せたい欧州の気持ちも、自分の大切な価値観を守りたいというイスラムの気持ちと同じなのではないだろうか。

あとまなめさんのところ見事につられていたことを知る。すっかり儲かるものだと信じていてしまった。うそをうそと(ry

あと、これまでのはてなの質問の中で、質問も、回答もハイレベルだったなあと思った質問を教えてください。(はてな)は素で面白かった。

誠天調書さんあなたの中で「ダントツに役に立たな過ぎて困っている厳選されたサイト」を教えてください。(はてな)も面白かった。

Navさんのところから東京エスムジカを見る。いいねこれ。というかアジアの民俗音楽のコンピレイション聴いてみたい。

あと、べつやくさんの公園レビューがあいかわらずおもしろかった。

そしてお前ら心の中で「アー」ってずっといってみろ (ニュー速クオリティ)物を少しだけかっこつけて表現してみようか(日刊良スレガイド)を紹介し忘れていたので紹介。

忘れていたといえば言い忘れていたことがあって、ニュースサイトの副業というエントリを書くきっかけになったことのひとつに香陸さんが「今は純粋な羅列型をやること自体が個性的だ」といっていて、実際のところどうなのだろうかなぁと思ったことがあった。まぁあれはやってみて良かった。現在も情報募集中です。

あ、コスプレした眞鍋かをりがいっぱい出てくるスロットは全種コンプしておきました。

みひろさんのところGoogle Desktopは危険(ITmedia)という情報を知る。考えてみればたしかにそうだ。入れてなくて良かった。

魂の一行詩blogはいい。こういうの大好き。

童貞が泣いた瞬間。 (Diary Hopeless Sinnner)に泣いた。

しかし絶対に笑ってはいけないスレ ブームくん編(ぷろぐれもーど)で大笑いw

もし漫画が入試にでたらこんなかんじだろ (痕跡症候群)は非常に面白かった。こんなの本気で作って欲しい。

青ひげノートさんのところでみた哲学者占いソシュールだった。般教で言語学取ってた身として嬉しい。

小生にうずさんが取り上げられているvipoir勝手に講演会 / 第1回 「VIPクオリティー」とは何か(Vipoir)vipoir勝手に講演会 / 第2回 「VIPクオリティー」は今後どうあるべきか(Vipoir)は力作。続きが楽しみ。

HemoSTATIONさんが紹介されているSYRIANAが激しく観たい。観たい映画が多すぎる。

そして「猫食」「異食」には一番上で取り上げた文化の衝突とリンクして考えさせられた。多元主義と土着のナショナリズムは双方正義だと思う。
# by wavesll | 2006-02-13 06:32 | 私信 | Trackback | Comments(0)

ディスカッションをするときの姿勢

まぁさ、戦略バリバリで自分の思うとおりに場をハンドリングするのも楽しいとは思うのだけれども、残念ながら俺にはそんな技量はないわけで。じゃーどうやってディスカッションを楽しむかといえばルールを楽しむのが良いかと思う。型は重要だ。

で、ちょっと思いついたことを箇条書きっぽい感じで書いていこうかな。

<相手に分かる言葉で話せ>
隠語や専門用語は、噛み砕いて説明すべし。特に重要な単語に関してはその定義を掘り下げて説明すべし。そこでの合意がなければ話がおかしくなる。

<文章を書くように話せ>
いわゆる論理的に話せということ。これは上ともつながるんだけれども、整理された論議にするためには必須。ディレクトリを意識しながら階層をわけて話すと良い。

<ゆっくり話せ>
物理的な速度もそうだけど、論理的にも飛躍しないよう、文と文のつながりを意識しよう。

<質問に答えろ>
いわゆる「質問に質問で答える」とか「質問されたこととは違うことを答える」のはよそう。会話がなりたたない。

<相手がわかっているか考えろ>
相手がわかっていなそうだったら二度でも三度でも同じことを説明すると良い。その際説明のアプローチを変えたりするとなお良い。

<自分がわかってないところにきづけ>
それが分かれば半分理解できたようなもの。質問しよう。

<わかったふりをするな>
お互いのために良くない。わからなければ質問しよう。

<風を掴め>
タイミングは大事。ここだと思ったら即発言しよう。質問も同様。

<途中でそれまでの合意を取れ>
そうやって前提条件を積み上げていくのがディスカッションだ。

<やりこめようと思うな>
これは好みだけれども、俺は「自分の意見=正解」とは思っていない。議論の中で相手の意見を理解して、その場での正解をつくりだすのがディスカッションだと思う。

<批判には感謝しろ>
上とも関係するけど、自分の意見を否定されたり、粗を指摘されたりされたときに「ムッ」と思っても飲み込んで、「よし!ここを直せば俺はもっと良くなるんだな」と思うと成長できる。難しいけどね。

あー、誰か俺にディスカッション教えてくれねーかなー。勉強したい。
英語もやらなきゃなー。
あと本質論だっけ?あれもかなりために成りそうだと思うんだよなー。暇な人教えて。
# by wavesll | 2006-02-12 21:40 | 私信 | Trackback | Comments(0)

香陸さんへ

ニュースサイトに必要な個性と、それに関する僕の考えを、下のエントリLogistica第2周に書かせていただきましたのでこれを返答とさせていただきます。

まぁ投函しただけなので、反応はお好きなように(むろん「しない」のも全然アリです)されてください。

こちらもお読みいただけると分かりやすいかと思います。
# by wavesll | 2006-02-12 18:13 | 私信 | Trackback | Comments(0)

南へ行く高速道路

昨日高速教習をやってきました。とても勉強になりました。

「遠くを見て、先を見れば未来の危険が分かる」とか、「高速移動中は少しのハンドルが大きく進路を変える」とか、ある意味人生にも応用できそうな技術をつかめそうな気がしました。

また、高速移動していると、速度に麻痺してくるんですよね。で、どんどんスピードを高めていく。

高速っていいですよね。何か時間が普段より長く使えている気がします。普段のスピードなら2時間かかるところを、30分でいけるのですから、4倍ですね。

webをやっている時も、そんな時があります。例えば、ニュース以外にもこんなことやってるよまとめはこの2日間で5000hitを稼ぎ出しましたが、これは鴎庵の一月半のアクセス数です。また最近はmixiで1日3エントリぐらい書いているのですが、思い返したときなにか1日が長く感じます。

速度が時間を決めるってのは、アインシュタインもいってましたね。

さて、今回、、ニュース以外にもこんなことやってるよまとめで幹線道路に乗ったわけですが、書いているとき正直「これはニュースサイトに紹介されるだろうな」と思って書きました。「ニュースサイトの副業」っていうネタを思いついた時点で半ば成功だろうなとは思っていました。でも、予想していたhit数は1000くらいだったので、5000というのはちょっとした驚きでした。ニュースサイトに関心のある人は結構多いみたいです。
もっというと、最初は「これあったらいいから誰かにやってもらうようにお願いエントリを書こうかなぁ」とか思ってて、「でも後で『やっぱり俺がやれば良かった』とか思わないように自分でやろう。めんどくさいけど」と思ってはなはだ不完全ながら第一稿をupしました。その後はみなさんのおかげでまぁまぁの量にはなったと思います。紹介してくれたニュースサイトのみなさん、見てくれた方々にお礼を申し上げます。

鴎庵自体は最初から「縁側サイト」という折衷的なイメージのサイトをやろうと思っていたので、一応小ネタ更新が一番しやすいので多いですが、私信や小噺もメインコンテンツです。

ただ、最近は従来のニュース紹介のやり方ではなくて、より日記的な方法でアプローチしようかなと思っていました。ニュースで日記をするというか、日記でニュースをするというか、そんな感じのエントリを書いています。

これは自分のwebの見方もそうなのですが、今自分に求められていることは何かな?自分に出来ることは何かな?と思ったときに出てきたスタイルです。

鴎庵を再開するに当たり、「ニュースサイトの数が多い今、なにかオリジナリティのあることをやらなければつまらない」と思い、色々なことを試していたときに、一回このスタイルを試したところ、香陸さんやsasapongさんから良い反応を得られたので、その後も何度か試している感じです。まだ型の完成には至っていないのですが、将来的には「見易い・読みやすいけど読み応えのある・人を感じる」型にしていきたいなと思っています。

ああいう形式にした理由のひとつはオリジナリティを打ち出して集客をすることなのですが、もうひとつは常連さんはむしろ日記の方が面白いのではと思ったことがあります。
アクセス数がかなり安定して、書きやすい状況なのも関係していますが。あまりに多くなると、薄味になってしまやしないかっていう危惧はあります。

あと、従来のエントリも、それぞれ型を深化させていきたいなとは思っています。その上でまぁたまには高速道路狙いのエントリも書こうかなという今日この頃です。

追記:Logisticaに関しては、出来れば、エゴを排した完全にサービスに徹したものがかければ成功に近いんじゃないかなと今は思っています。

追記2:「ニュースサイト文化圏」と「日記文化圏」があるならば、僕は後者の住人でしょうね。
# by wavesll | 2006-02-12 09:57 | 私信 | Trackback(1) | Comments(0)

夜空ノムコウ

クリックで救える命がある教習所で久々に再会した高校時代の友人は、すっかりしっかりした大学生になっていた。たたずまいや、物腰。なにしろ二人称が「きみ」なんだからなぁ。
それに引き換え俺と来たら。。。。ちゃらんぽらんな人間になっちまったなぁ。
二人が歩んだこの3年間の軌跡を思うと愕然とした。
今から変わっていかなければ。
と、思いながら話の中で出た別の友人に「久しぶり!今なにしてんの?」とメールしたら「今からヤマイモをレイプする」と返ってきた。
二人が歩んだこの3年間の軌跡を思うと愕然とした。

その後先輩が奢ってくれるというので横浜の居酒屋に赴き、2コ上のこんがりまくった恋愛模様を聞かせてもらった。うちの代は俺を筆頭に比較的そういうのにオクテな人間が多いのでいいのか悪いのかわからないけれど、学生時代のうちに一回ぐらいは人とつきあってみたいものだと思った。

二日連続飲んでしまったので、適当にmixiを更新した後就寝。

起きて、まずmixi更新。最近は日に3回は更新する廃人っぷりを露呈してしまっている。

その後カトゆーさんのところを見る。

RSSは携帯電話にこそ向いている(C-NET)という記事には感心した。RSSとblog、掲示板に検索を組み合わせた携帯ポータルみたいなのが出来たらいいなと漠然と思ってたらmixiの社長がそんなようなことを言っていた。携帯ポータルではmixiが一人勝ちしそうな予感。サーバーをなんとかしてほしいが頑張って欲しい。
PCではここずっとGoogleが一人がちしているが、思考の枠を規定するグーグル(C-Net)が指摘しているように、健全な競争になるようにオルタナティブなものが出てくることを望みたい。

「なるトモ!」3月末で終了(日刊スポーツ)は見てただけに残念。後番組に期待したい。というか情報ツウ!の後番組が激しく面白そうだ。

エレクトロニック・ミュージックの歴史(Fresh News Delivery)は必見。細野晴臣さんとまりんが語ってる!Ishkur's Guide to Electronic Musicとあわせてデトロイトテクノに関する知識が得られて良かった。

あと、mixiのコミュニティ最新書き込みで峯田和伸がblogを再開したことと、Fishmansが映画の主題歌としてseasonを出すことを知る。嬉しいなぁ。

ゴルゴ31さんが紹介されていた今、スピリッツが熱い(マンガがあればいーのだ。)を読んで、また立ち読みを始めたくなる。スピリッツは一時の低迷から完全に抜け出したようだ。

あと、「冨樫義博」全作品特集(ホワイトデータマンション)を読んで、ハンターハンターをチェックしたくなって立ち読みに行った。だってHXHはジャンプと単行本で絵が違うんだもんよ。

あとコンピューターで作られたもの凄いリアルなお水(Fresh News Delivery)手塚ゾーン(YouTube)は凄すぎる。特に後者は圧巻w

それにしても、ぢぢさんのとこの地図は凄いw

昨日のエントリにトラバをくれた情報のゴミ箱さんが紹介されてた新しいシャワーヘッドデザイン(OHGizmo!)がなんか良かった。


今日は教習がないので、図書館にでも行くつもり。

『深い河』創作日記 遠藤周作

夢十夜 夏目漱石

痴人の愛 谷崎潤一郎

三四郎 夏目漱石

海と毒薬 遠藤周作

私本 イソップ物語 田辺聖子

を借りました。このうち夢十夜はすでに青空文庫で読んでいるのですが、本でも読もうかなと思って借りました。誰だったかが、「ディスプレイを読むのは放たれる光を見ること。本を読むのは反射した光を読むこと」といってましたが、光の質が理解にどのような影響を及ぼすのか楽しみです。
# by wavesll | 2006-02-10 12:35 | 小ネタ | Trackback | Comments(0)

Night School

クリックで救える命がある
今夜は友人を家に呼んで音楽講義を受けていました。どんな友人かというと、エアギターどころかエアベース、エアドラム、エアヴォーカルによるエアバンド活動を行ってしまう友人です。


彼にはこの間もCDを紹介してもらって、今日も数枚CDを持ってきてもらったんですが、いいですねー。
ARAKAWA RAP BROTHERS内山田洋とクールファイブはいいですねー。日本人の僕にとってはまさにお味噌汁、ソウルフードなミュージックでした。

特にARAKAWA RAP BROTHERSは14年前からラップという手段によって童貞少年の悲哀を刻んでいて、現在のモテ/非モテ論など1992年に通過しているッ!って感じですねー。いやー、ほんといいなー。

良い勉強させてもらいました。これからも良かったらよろしくお願いします。

朝起きても気分は夜学で巡回。まずはeverything is goneさん
しっかしJASRACはもう駄目ですね。こういうサンプリングを否定する動きってのがなくなったら今の音楽から面白味がますますなくなっていくというのに。例えばこのシマコーの記事は許可とってやってるのかもしれないけれども、ネット上の全ての無許可シマコーネタを規制したら少なくとも若い読者なんかつきませんよ。今の愚だ愚だ具合から言って。

さて、Escapismさんのところで紹介されていた全国に1軒しかない苗字集はあまりにもありふれた苗字の僕にとってはうらやましいものばかり。雷電とか名乗りたいなぁ。
そして僕は食べ方が汚いと常々思っているので、マナーは学んでおきたいところ。
あと、人事課だけどなんか質問ある?(ニャー速)は後学になりました。さて、休学のことはどう話したらいいものやら。

就職関係ではまなめはうすさんが紹介されていたブラックランキング(京大生の就職活動)も外せませんね。やはり噂される企業は載っていますし。あと、就活中の人は社会人・大人・働くようになってからいいことってあるの?(教えて!goo)も読むと更に就活意欲が湧くかもしれません。

あと、今日の眼目はネットは多様性を生むという幻想が終わった時代に(ARTIFACT)。これと、一軒家@メモ帳さんが紹介されている『儲からない人と儲かる人の、明確な分かれ道になる行動パターン』(依怙地にあめぇば)、そしてPopTheBeatさん「プロアクティブ精神を持って自己中心主義を極めたい。」 を読むと、他者に対してどう振舞えばいいのかということを自然と考えます。まず方針としては外交的になるか内向的になるか(ここで上の、人事課だけどなんか質問ある?(ニャー速)もからませて自己分析するといいと思う。)があり、向き合った他者に向けて「自分を認めてよ」というアクションを取るか「あなたを喜ばせたい」というアクションをとるか。まぁそして結局コミュニケーションというのは「あなたを変えたい」というものでありますが、「私を変えたい」と考えることも出来ると思います。これらそれぞれの段階でどちらに重心を置くかで、他者とのコミュニケーションへの関わり方が決まってくるのではないかと思うわけです。

あと、名前がおぼえられません(3ToheiLog)には心の底から同意。

そして当エントリ第3の目玉はある編集者の気になるノートさん蛍ちゃんの「ラックス」CMは、放送にたえられるのか?です。8日に街頭ビジョンで流れます!
そしてここでも見れます!サイコー!!!


最後に香陸さんへの返答を。やー、たしかにゲシュタルトで片付けちゃうのはあまりにも乱暴というか、飛んでましたねー。ただまぁ、個性っていう日本語に対する僕の理解だと、性格とも違うし、容姿とも違うし、単なるその人の傾向とも違うしで困ってしまってあぁなってしまいました。どちらかというとアイデンティティに近い位置にあるみたいな理解の仕方をしていました。また、「個性的」という言葉になると意味合いが違ってきて、特徴的とか、あくが強いとかいう印象が増すのですけれどね。
それと、更に深化した議論をしたいとのご意見なのですが、僕は、やっぱり一から立ち上げていくのが王道ではと思います。僕が昔ESSでやっていたディスカッションではまずはじめは議論のルールの説明から入ってました。例えば、トピックを出す順は「主題」→「問題」→「害」→「原因」→「対策」ですとか、それぞれの段階で言葉の定義を説明しますだとか。異なるメソッドを持った二者が対話するときは、やはり前提から固めていくのが良いかと。ただ、たしかに香陸さんと僕は考えが近そうですね。
「個性」にまつわるトピックとしては「個性とは何か」のほかにも「個性的であるべきか」とか、「今、どんな個性が求められているか」とかいうのが先のLogisticaからはあがってきていますが、どれにしましょうか(笑
# by wavesll | 2006-02-08 02:27 | 私信 | Trackback(1) | Comments(0)

「あなたのサイトの個性ってなんですか」を読んで

Plogect::Logiaticaの第一巡目、「あなたのサイトの個性ってなんですか」が出揃いました。「サイトの個性」に関してこれだけ色々な論が集中的に出てきたので、それに対してもう一度何か書きたいなと思い、エントリを書くことにしました。

個性とは形式か
今回、多くの方が「あなたのサイトの個性は?」と問われて自サイトの形式を挙げてられました。このプロジェクトに参加されている方の大半は個人ニュースサイトといえるサイトですが、それぞれのサイトは非常に多様なものでした。

ニュース引用+解説+感想 Orbium

1行コメントと個別hit数つき羅列型ニュース ぁゃιぃ(*゚ー゚)NEWS

ときにコメント付き羅列型ニュース everything is gone

俺ニュクローン 俺ヘッドライン

日記+ニュース+blog 鴎庵

blog+日記+テキスト 今日の覚え書き

blog+音楽+写真+本+デザイン cool D'zine room

コメント無し羅列型ニュース 小生にうず

ニュース+テキスト choiris

コメント付羅列型ニュース まなめはうす

さて、これだけで各サイトの個性は説明しきれたでしょうか。これでは情報量が足り無すぎますよね。「個性」というにはシステム面の説明だけでは無機質すぎる気がします。

ではサイトのスタンスではどうか
それでは内面的な、サイトでの目的やスタンスではどうでしょうか。個性というものに対してより近づけるかもしれません。

専門性(別になくてもいいんだけど)のあるニュース解説・感想サイトを増やしたいよ
Orbium

他のサイトと差異をつけようだとか、個性を持たせようという意識は極めて希薄だよ
羅列型ニュースサイトに個性は必要ないよ
 
ぁゃιぃ(*゚ー゚)NEWS

どこにでもある「ニュースサイト」だよ
「いかに効率よく更新するか」とか「メンテナンスフリー」という部分を追求してきたよ

everything is gone

自分が面白いと思ったもの、心動かされたものを載せていきたいよ。
結果として記事内容に割と一般向けのネタが多いよ

俺ヘッドライン

ニュースサイトにおけるネタというのも、単なる情報というだけではなくて、そのパーソナリティーを形成するものだと考えているので、むしろそのノイズこそが面白いよ
鴎庵

SPA!みたいな雰囲気のサイトにしたいよ
今日の覚え書き

物凄く洒落たスゲェエロサイトだよ
cool D'zine room

純粋な羅列型ニュースサイトだよ
小生にうず

面白いネタなら他人のネタか自分のネタかを問わず、友達に話す感覚でガシガシ載せていきたかったよ
choiris

できるだけ個人の意見を取り上げるよう心がけているよ
個人ニュースサイトに情報元が偏らないためにソーシャルブックマークを利用しているよ
自分の興味のあるニュースを紹介しているよ

まなめはうす

なにやら「個性」に近づいてきた気はしますが、まだ足りない気がします。そしてここまでまとめた時、ある考えが浮かびました。

個性≠オリジナリティ
セミマルさんの定義だと個性=他と差別化するために必要なもの=オリジナリティですが、僕が漠然と考える「個性」はそれとは違う気がします。なぜなら、セミマルさんのサイトに僕は強い個性を感じるからです。

あと、ことアクセス数を集めたり、注目を集めるためにはオリジナリティは必要なのではないかと思います。特に、今まだアクセスが少ないと思っている人にとっては、何かしらのオリジナリティを出すことは良いのではないでしょうか。まぁこれは僕自身がアクセスを集めていないのでなんともいえませんが。

個性とは
色々個性について考えてきましたが、結局サイトの個性とは上に書いたような形式、ポリシー、サイトのデザインそしてサイトの文章が織り成すゲシュタルトとしての「その人らしさ」なのではないでしょうか。
個性は人それぞれみな持っているもので、サイトを続けていくうちに自然とにじみ出るものなのだと思います。無理に個性を出そうとせずに、個性的に更新を続けていきたいですね。
# by wavesll | 2006-02-07 13:50 | 小噺 | Trackback | Comments(0)

ロジスティカ感想 第一回

始まってますねーと書こうとしたら、恥待ってますねーと変換され、機械に未来を予見されたとです。(挨拶←一度やってみたかった)

見れば見るほどなぜ僕が選ばれたのか分からない豪華執筆陣によるテキストプロジェクト、Project::Logistica、始まりましたねー。

最初のお題は「あなたのサイトの個性はなんですか」だったのですが、皆さん上手いこと語ってらっしゃって、自分語りに徹した僕とは一線を画してるなーと思う所存です。

これはニュースサイト管理人としてとりあげざるを得ないだろと思い、通常の小ネタ更新の前に感想書いときます。

まず、としさん。サイトの形式自体が少数派で個性的だなぁとは思っていたのですが、やはり綿密な計画の上に立ち上がっていたようで、素晴らしいです。

次にセミマルさん。個性なんて必要ない、そんな小手先の子供だましでは勝負しない!という無頼男振りをいかんなく見せ付けてくれています。やー、かっこいい。

そしてみひろさん。自分が快適なように自然に練り上げられた更新スタイルの型自体が個性といってもかまわないと思います。今回、「みひろ先生の長文を読めるのはLogistica.だけ!」って感じでかなり楽しみにしている次第です。

全員への感想をここでやろうかと思ってます。終わったらまた一本エントリ書きます。

追記

わんこさん。個性とは形式じゃない、俺自身のポップな感性だ!という主張は非常にロックで感銘を受けました。

そして僕。まぁ無理やりいえば個性とはその人の歴史の産物であるという意思表示ですね。

あと、ちょっとつけたしで、ニュースサイト以前のことを少し話そうかと思います。パソコンに始めて触れたのは中学生の授業の時で、教師が筋金入りのマッカーだったのでマッキントッシュを使ってました。家でもパソコンを買うことになり、Yahoo!とかを使ってました。

悪友の影響でCD-Rを焼き始め、もせ掲示板に出入りするようになりました。「地球病」とか「そ」とか「ラルチ」とかいう言葉に聞き覚えがある方とはおそらく昔話に華が咲くと思います。

ご多分に漏れずNapstarやMXを使ってmp3を(注:僕は合法ファイルのみですよ!合法ですよー。)DLしていました。

その頃は個人ニュースサイト群は存在すらもそんなに知らなくて、裏ニュースばっか見ていました。

裏ニュースが連邦に変わるまでの空白期間に、裏ニュースのリンク集から斜壊塵さんsawadaspecialさんを経由して個人ニュースサイト界に足を踏み入れたって感じですね。以上鴎庵前史でした。

追追記

yujiroさん&もそさん。まさか2MCなんていう裏技使ってくるとは!センスを感じます。
お二人のサイトを拝見させていただいた感じだとホントに記事の中で言われている通り、すっきりと美しいデザインで素晴らしいです。今後もかっ飛ばしてください!

追追追記

いよいよ香陸さん。でたー!という感じ。この「あなたのサイトの個性はなんですか」っていう題はサイトへの哲学やwebへの問題意識が導き出されるなぁと今更ながら大関心しました。
サイト持ちが語る意味が見えてきた気がします。

追追追追記

ゆつきさん。やりたいこと全部つめこみたいっていうのは凄いわかります。代替不可な存在にしたいっていうのも凄い共感します。心情的に近い気がしました。

そしてまなめさん。まずツンデレ萌えーw
高い視点を持った人なんだなと改めて思いました。

さて、エントリ書くぞ!
# by wavesll | 2006-02-07 12:21 | 私信 | Trackback | Comments(0)