タグ:みなとみらい ( 32 ) タグの人気記事

モネ それからの100年@横浜美術館 印象派から現代美術への水脈

c0002171_17265162.jpg
みなとみらいの横浜美術館にて開かれていたモネ展。モネ自身の絵画の他、現代美術に浸透したモネの華がみられて。春にみたビュールレ・コレクション展での印象派の流れの最後に、米国現代美術家にオールオーバーの祖として見出された≪睡蓮≫があったのも印象深いですが、この展覧会ではそこから現代に繋がっていった潮流がみれた気がしました。

クロード・モネ≪税官吏の小屋、荒れた海≫の破れる波しぶき、≪ヴィレの風景≫は”これモネなの!?”というくらいに印象派のスナップショット的な筆遣い。

今回はモネからの流れだと感ぜられる現代美術家の作品も展示していますが、その大きな集団にU.S.のアクション・ペインティングの一派がいます。ウィレム・デ・クーニングもその一人。≪風景の中の女≫だったり≪水≫はモネが睡蓮で魅せた風景の抽象化を人物画において更に進めた感じ。またルイ・カーヌ≪彩られた空気≫は金網を使って描いた”色の影”が新鮮で。2013年作の≪WORK 8≫の透過する絵具も印象的でした。

また日本人画家の作品も展示していて。中西夏之≪G/Z 夏至・橋の上 To May VII≫のライトグリーンにパープルや≪G/Z 夏至・橋の上 3Z II≫の水面、丸山直文≪puddle i the woods 5≫の暖色のパステル。中でも写真をデジタル加工して解像度を歪ませたような木版画の湯浅克俊≪Quadrichromie≫が素晴らしかった!

再びモネ。≪印象、日の出≫と対を為すような氷が浮かぶ≪セーヌ河の日没、冬≫。太陽の光が印象的な作品には≪テムズ河のチャリング・クロス橋≫≪霧の中の太陽≫がありました。他にも白く深い景色が広がる≪ジヴェルニー近くのリメツの草原≫≪チャリング・クロス橋≫も魅力的でした。

再び現代美術へ。やはりNYスクールのマーク・ロスコ≪赤の中の黒≫はずっとみていられ惹き込まれるような存在性。ゲルハルト・リヒターの≪アブストラクト・ペインティング(CR 845-5)≫≪アブストラクト・ペインティング(CR 845-8)≫は黄と灰が立体的に塗りこめられた多重絵画で素晴らしかったです。

松本陽子≪振動する風景的画面III≫のピンク・白・グレーの光の羽搏き。根岸芳郎≪91-3-8≫はロスコをカラフルにモコモコさせたようなカラーフィールドペインティング。丸山直文≪Garden 1≫はクリーム色の世界に緑が生える風景画が不思議な魅力。

そして想像以上に素晴らしかったのがロイ・リキテンシュタインの作品。アメコミを駆使した作品で有名な彼ですがドットで描かれた≪積みわら≫に、メタリックな鏡面と実線の有無を使って實界と水面をポップに描いた≪日本の橋のある風景≫!これが複雑な意図をなんとも簡便に表していて本当にみれて嬉しかったです。

ここから睡蓮をモチーフにした一連の作品群が。

9枚の絵画がウォーホルのように連続するルイ・カーヌ≪睡蓮≫。ジヴェルニーから株分けした大原美術館の睡蓮を描いた福田美蘭≪モネの睡蓮≫湯浅克俊≪Light garden #1≫が光画の縦縞で画き出した睡蓮も素晴らしかった。児玉麻緒≪IKEMONET≫≪SUIREN≫は太くプリミティヴな筆遣いで描かれた蓮池。水野勝規≪holography≫は岐阜のモネの池を寫した映像作品。

モネ本人による睡蓮の作品も展示されて。黄色の睡蓮の花が描かれた≪睡蓮≫≪睡蓮、水草の反映≫のもぞっと揺蕩う感じも好かった。また最晩年にモネが描いた≪バラの小道の家≫の鮮烈な赤にも晩年の紅の睡蓮を想いました。

最後の部屋はWWII以降の現代作家たちの絵画たち。

サム・フランシス≪無題(WC00956)≫はアンフォルメルの作品。青と紫が印象的でした。同じくサム・フランシス≪Simplicity≫はポロックのよう。ジャン=ポール・リオペル≪絵画≫もアンフォルメルな一枚。そしてアンディ・ウォーホル≪花≫の多重性も確かにモネ的ともいえそうかも?もしこの展覧会の瑕疵を一つ挙げるならポロックの作品が欲しかったですね。

そして本展覧会の一つの白眉だったのが福田美蘭≪睡蓮の池≫。高層ビルのリストランテのガラスに写り込んだテーブルクロスを睡蓮の葉に見立てた、モネが決して描かなかった夜景の逸品。さらに横浜展ではその朝の光景を描いた≪睡蓮の池 朝≫も展示されていました。

そして最後の部屋で格別に存在感を放っていたのは小野耕石≪波絵≫。小さな立体が粒粒に並べられて、3次元の筆触分割とも言えるような概念を破る作品。

モネという水脈がいかに豊かなユニヴァースを拡げていったかがよく分かる非常に愉しい展示でした。現代美術への導入としてのモネというコンセプトが素晴らしかったです。

by wavesll | 2018-10-15 19:49 | 展覧会 | Comments(0)

NISSAN FORMULA E@日産グローバル本社ギャラリー

c0002171_21132392.jpg
c0002171_21105018.jpg

c0002171_21111851.jpg
c0002171_21100577.jpg
c0002171_21120413.jpg
c0002171_21124258.jpg
c0002171_21134892.jpg
c0002171_21140026.jpg

by wavesll | 2018-09-06 21:14 | 展覧会 | Comments(0)

ダットサン240Z 1972年第41回モンテカルロラリー総合3位 ダッドサンブルーバード1600SSS 1970年第18回東アフリカサファリラリー総合優勝車

c0002171_19104219.jpg
c0002171_19115392.jpg
c0002171_19124239.jpg
c0002171_19131890.jpg
c0002171_19134069.jpg
c0002171_19140813.jpg
c0002171_19143648.jpg
c0002171_19145312.jpg
c0002171_19153413.jpg
c0002171_19160201.jpg
c0002171_19162836.jpg
c0002171_19164957.jpg
c0002171_19170052.jpg

by wavesll | 2018-09-06 19:17 | 展覧会 | Comments(0)

ニッサンR380 (A-II型)@NISSANグローバル本社ギャラリー

c0002171_19044988.jpg

by wavesll | 2018-06-28 19:05 | 展覧会 | Comments(0)

NUDE展 at 横浜美術展 時を越えて先端表現をめぐる旅

c0002171_23115448.jpg
横浜美術館で開かれているヌード展 英国テート・コレクションよりをみてきました。

先ず展覧会場に入ると目に映るのがフレデリック・レイトン≪プシュケの水浴≫。神話に登場する美女を複数の女性の裸体を組み合わせることで理想の肢体として描いた作品。

この作品とウィリアム・マルリディ≪裸体習作≫は柔らかさを感じさせる金髪のコーカソイドの女性のヌードでした。

それに対してハモ・ソーニクロフト≪テウクロス≫は古代の戦士の締まった躰が凄かった。

19世紀ヴィクトリア朝英国では神話・古代をモチーフに裸身が描かれて。女性の湯殿が描かれたローレンス・アルマ=タデマ≪お気に入りの習慣≫や黄昏が波に輝くハーバート・ドレイバー≪イカロス哀悼≫のニンフたちも可愛らしかった。またウィリアム・エッティ≪寝床に就く妻を下臣ギュゲスに密かに見せるリディア王、カンダウレス≫なんてえぐい場面も。

そんな中ジョン・エヴァレット・ミレイ≪ナイト・エラント(遍歴の騎士)≫は理想化された肢体でなく、腹が弛んだヌードで当時「リアルすぎる」と物議を醸したそうです。英国の方々は流石紳士の国で御堅い。

このような形で、ヌードという題材は人間の根本的な欲求故に道徳規範との鬩ぎあいであり、自然その時代時代の前衛・先端の表現が裸体画によって更新されてきました。

エドガー・ドガ≪浴槽の女性≫はさらにアヴァンギャルドで、神話ではなく素人の女性が湯浴みをしている様を画いた作品。

バスルームの裸身画というとピエール・ボナール。彼が奥さんが湯船に浸かるのを画いた数多い作品から≪浴室≫≪浴室の裸婦≫が展示されていました。

アンリ・マティス≪布をまとう裸婦≫は明るい力を強く発して。オーギュスト・ルノワール≪ソファに横たわる裸婦≫は幸福があふれた彼一流の美女。ルノワールにしてはしゅっとした體かも。

そんな明るい絵画に相対してダークな雰囲気の作品が並んでいて。フィリップ・ウィルソン・スティア≪座る裸婦――黒い帽子≫は昏い色気のある美人画。グウェン・ジョン≪裸の少女≫は痩せ細った翳のある少女。画家とのソリも合わなかったそうです。


ここから20世紀に入りモダン・ヌードのEraへ。

アンリ・ゴーディエ=ブルゼスカ≪レスラー≫は古代のレリーフのよう。ダンカン・グラント≪浴槽≫はアフリカからインスピレーションを受けたイエローなヌード。ディヴィッド・ボンバーグ≪混浴≫はトリコロールの幾何学なヌード?ついにここまで来たかという感じ。

ヘンリー・ムーア≪横たわる人物≫は穴が開いた身体が印象的な彫刻。同じくヘンリー・ムーア≪倒れる戦士≫もシンプルに図示化された敗れ去った兵士の姿が印象的。

そしてこれが見たかった!パブロ・ピカソ≪首飾りをした裸婦≫!!人間存在が匂い立つ迫力。海の潮と赤い大地にド迫力の裸婦画。これが87才での作品とは…!全く勢いが衰えていない…!

この豊満なヌードに対してアルベルト・ジャコメッティ≪歩く女性≫は極限にすらっと削られた女性の彫刻で、非常にハイレベルに好対照していました。

さらに次の部屋は本展のメインヴィジュアルにも現れるオーギュスト・ロダン≪接吻≫が。眼で生で感じるとまるで砂糖でつくられたかのようにしっとりとしながら今にもほどけてしまいそうな質感でえもいわれぬ体験でした。この作品に限って撮影OKで、360°から撮影しました。

この間にはジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナーのヌード・スケッチも。≪ベッドに横たわるスイス人の裸の少女とその相手「スイス人物」スケッチブックより≫なんかは艶っぽかった。


またデイヴィッド・ホックニーのBLな挿絵も展示してありました。

次に在ったのがレアリスムとシュルレアリスムの章。

マックス・エルンスト≪男はこれについて何も知らない≫はタロット的なデザイン。マン・レイ≪うお座(女性と彼女の魚)≫はいきいきとした魚ですらっとした女性のヌード。マン・レイは寫眞作品の≪無題(ソラリゼーション)≫も美しかったです。

ポール・デルヴォー≪眠るヴィーナス≫は近現代的な舞台の中で色っぽい女性たちが存在する画。バルテュス≪長椅子の上の裸婦≫は昏い悦びがあるヌード画。

次の章に入るとまず目に飛び込んでくるのはフランシス・ベーコンの≪横たわる人物≫≪スフィンクス――ミュリエル・ベルチャーの肖像≫のオレンジ。そしてルイーズ・ブルジョワの≪カップル≫・≪女性≫・≪誕生≫・≪授乳≫・≪親しみのある風景≫・≪家族≫等の白地と滲む赤も印象的でした。

そしてルシアン・フロイド≪布切れの側に佇む≫の布の白も印象的で。

またウィレム・デ・クーニング≪訪問≫セシリー・ブラウン≪楽園の困難≫は色彩爆発で裸体が自由に躍動蠢動していました。

そしてヌード画という表現は政治的な意思表示を顕わすようになってきます。

バークレー・L・ヘンドリックス≪ファミリー・ジュールス:NNN (No Naked Niggahs[裸の黒人は登場しない])≫は白人の女性ばかりだったヌード画の世界に黒人男性のヌードが存在感を放っていました。すらりとした身体にメガネがなかなかに素敵でした。

シルヴィア・スレイ≪横たわるポール・ロサノ≫も男性のヌードを画いた一枚。毛むくじゃらのカラダにちょっと嫌悪感を感じて、自分自身の目線を否応なしに意識させられました。

女性のヌードも従来からは変わってきて、ロバート・メイプルソープ≪リサ・ライオン≫は女性ボディビルダーの写真。

写真だとサラ・ルーカス≪鶏肉の下着≫も股間に鶏が入るインパクトのある写真。

シンディ・シャーマンのグラビア撮影後にローブを纏って睨む様を写した≪無題 #97≫・≪無題 #98≫・≪無題 #99≫、ジョン・コブランズが自分の弛んだオヤジヌードを写した≪セルフ・ポートレート(フリーズno. 2、4枚組)≫、リネケ・コブランズが出産後の母子を撮った≪ジュリー、デン・ハーグ、オランダ、1994年2月29日≫・≪テクラ、アムステルダム、オランダ、1994年5月16日≫、≪サスキア、ハイデルウェイク、オランダ、1994年3月16日≫も面白かった。

そしてこの展覧会が行きついた先に在った絵画は舞台上のヌードの女性の動きを活字で書き綴ったフィオナ・バナー≪吐き出されたヌード≫。遂にヴィジュアルだけでなく概念に裸体画は到達し、NUDE展は幕を下ろしました。

今年は西洋画の大きな流れをみせる展覧会を幾つかみて。その中でもビュールレ・コレクション 至上の印象派展プーキシン美術館展 旅するフランス風景画とこの展覧会で西洋画をみる上での一つの軸が形成されつつある気がします。

普通に上手く肖像画や神話の風景を描くところから絵画でしかありえない表現世界へ飛び立っていく、さらなる超フロンティアを求める美の冒険。時を越える旅。そのダイナミズムの先端を画いたNUDEの数々に大いに刺激を感じる展覧会となりました。

最後に≪The Kiss≫の360°からのShotを。

c0002171_01434020.jpg
c0002171_01441015.jpg
c0002171_01444051.jpg
c0002171_01451038.jpg
c0002171_01454063.jpg

by wavesll | 2018-06-11 01:46 | 展覧会 | Comments(0)

Drone Raceを日産グローバル本社ギャラリーにてやってきた

c0002171_15372325.jpg
c0002171_15370914.jpg
c0002171_15374247.jpg
たまたま立ち寄った日産本社でドローンレースの体験コーナーがあって参加してみました。

プログラミングで高度が保たれていて、アクセルとハンドリングを操作すれば良くてなかなかカンタンに操作が出来て楽しい!

動画だとこんな感じ。結構空中でクラッシュすることもあってドッグファイトな感じも面白い。なかなかの先端趣味を愉しめました◎

by wavesll | 2018-06-10 15:44 | 小ネタ | Comments(0)

高島水際公園@みなとみらい

c0002171_08030972.jpg
高島水際公園はベイクオーターから海に抜けたところに在る、2011年オープンの公園。貨物路線と帷子川が通るNeatでありながらどこかSolidな雰囲気。

ここを知っているのはかなりCoreなみなとみらいerでは。潮風が反則なくらい自由の匂いがしていました。

ここからみなとみらい橋を抜けて東神奈川とのはざまにある瑞穂埠頭エリアも、素敵な處です。



by wavesll | 2018-05-23 08:14 | 街角 | Comments(0)

日産グローバル本社ギャラリーのダットサン・サニーが活けてる

c0002171_14182323.jpg
c0002171_14181578.jpg


by wavesll | 2018-05-06 14:18 | 街角 | Comments(0)

ANTIBODIES Collective 「エントロピーの楽園」at 赤レンガ倉庫

c0002171_18364394.jpg
ANTIBODIES Collective 『エントロピーの楽園』をみなとみらい赤レンガ倉庫にてみてきました。

噂に違わぬ異界体験。回遊型で同時多発的に巻き起こる演劇で没入感が凄く、異様な空気に飲まれて危うくアジールと勘違いするような時空。宇宙が乱雑になりながら冷えて行く物理法則をヒトの流転の比喩として燃ゆる舞踏で顕したようにみえました。

上演中は写真はNGなのですが上映後はOKということでぱしゃり。写真の後に内容にも踏み込んだ感想を書きたいと想います。

c0002171_18442993.jpg
c0002171_18444385.jpg
c0002171_18445549.jpg
c0002171_18453049.jpg
c0002171_18455165.jpg
会場に入るとノイズとドラム、そして熊の被り物をしたキーボード奏者が強烈な打音を鳴らしながらフロアに設けられた舞台で患者着のようなグレーの服を着た男女が幾何学的なダンスをしています。そこの中にオレンジのつなぎを着たB-BOYっぽい人や、メタリックな防護服?を来た人物がいて。「抗体」と書かれたヘルメットを装着した女性が客の中を渡り抜けていました。

正直このパートが結構長くて「回遊型とはいいながらもメイン舞台を中央に置きその周りを自由に歩けるだけなのかな」と少しダレたのですが、フロアを周りながら見ている内にドラマーのスキンヘッドの男性が詰襟の学生服を着ていることに気づいたときにこの抽象的な舞台パフォーマンスに補助線が引けて。

それは「エントロピー」という熱力学のタームを舞台で顕わす際に、宇宙が極めて熱い状態から冷えていくと同時に乱雑に固体化していく様を、人間そして社会の様相の写し絵としているのではないか。この今の集団によるエネルギッシュなダンスは青少年期のエナジーが爆発しながらも学校制度で画一させられている様を顕わしているのではないか、と。

そうする内にダンサーが解散しステージが解体されていって。と想うと物凄い煽情的な格好をした仮面の女性やチアリーダーの女性が現れ踊っては奥へ消えていって。”あの奥に往けるのかな?そういえば前室も凝った内装だったけど、あそこ今どうなっているのだろう?”と想い向かうとそこでもパフォーマンスが展開されていて。

解放された廊下を通るとメインフロアの奥へ辿り着いて。そこではバーカウンター(実際にビールやワイン等が飲める)やさっきの艶い女性がポールダンスしていて。廊下では首でテルミンを弾く女性や脚を引き摺りながら前進する女性が。

メインフロアに入ると飄と歩いて叫び出す男や女、ゾンビというよりも妖鬼のような演者たち。それぞれに自分だけのコスチュームを身に纏う彼らは、学び舎から社会に飛び出てそれぞれの道を行き、(恐らくは)都市の心理的圧力に精神が軋轢され、まともでいられなくなっていく様なのであろうか、なんて思いました。

回遊型の演劇、音楽フェス的な空間というより、全てを体験できないという意味で人生、或いは世界の写し図としての表現形態にも感じて。メインフロアからバーカウンターへ舞い戻り、気になっていた「水」のパネルを持つ女性に「水お願いします」というと、エロチックに運動してその汗をコップで掬い飲み干すというパフォーマンス、なんかくらくらしてきたw

パフォーマーと客が同じ平面で直接触れながら劇時空が展開されるから本当に一種異常な時空体験というか。無論節度があるからこその悦楽ですが。

メインフロアではクライマックスのダンスが展開し、銀のヴェールが河になり、そこへ小鳥のようなダンスをしていた人間達が入って行って膨らんで芋虫のようなフォルムへ。そこからの孵化。卵から這い出るように人々が這い出て終劇。

エントロピーという自然現象を顕わす概念が、政治経済的なコールと共に社会の中での人間としての遷移や人生に於けるビルグンドゥスロマンとして顕されていたように感じて。轟く炸裂音の罅と激烈な精神表現のダンス、魔の領域まで迫る舞台でした。

by wavesll | 2018-04-28 19:26 | 舞台 | Comments(0)

DakhaBrakha X 紫木蓮 ウクライナ民俗音とみなとみらい駅前の麗聖な花々 第47回音の貝合わせ


c0002171_19491390.jpg


横浜美術館の前を通りがかると随分綺麗な花が咲き零れていました。桜には花弁が大分大きい、紫の花。調べてみると紫木蓮のようです。

この美しい花に合わせたい音はウクライナ出身の民俗音楽集団DakhaBrakha.

”様々な民俗音楽をあわせる”というコンセプトは言うは易く、行うは難しこと。そこをこのコレクティヴは見事に成しています。
東欧の野生動物のような天衣無縫さと伝統を感じさせる質実剛健さが何とも瑞々しく鳴らされていて素晴らしい。

ここに春芽吹く紫木蓮のヴァイオレットを添えて。麗聖な時間をお楽しみを。

c0002171_19485922.jpg

by wavesll | 2018-03-28 20:02 | La Musique Mariage | Comments(0)