タグ:上野 ( 39 ) タグの人気記事

アラビアの道-サウジアラビア王国の至宝 / 東博表慶館にてカァバ神殿の扉などをみる

預言者モスク、シリア扉のカーテン
c0002171_05245873.jpg
c0002171_05251364.jpg
c0002171_05260630.jpg
c0002171_05262818.jpg
c0002171_05264062.jpg
香炉
c0002171_05292467.jpg
c0002171_05265698.jpg
ヒトコブラクダ
c0002171_05300818.jpg
神殿の装飾
c0002171_05304222.jpg
イシス=テュケー
c0002171_05311842.jpg
奉献台
c0002171_05314938.jpg
男性頭部
c0002171_05321713.jpg
葬送用ベッドの脚
c0002171_05325284.jpg
ライオン
c0002171_05331703.jpg
c0002171_05271094.jpg
c0002171_05272409.jpg
アブドゥッラーの息子アッバースの墓碑
c0002171_05275211.jpg
アルアシャジュ・アルイーディーの息子カーシムの息子ジャァファルの息子アブー・アッリダーの息子アリーの墓碑
c0002171_05282738.jpg
ギリシャ語の墓碑
c0002171_05335896.jpg
ペンダント
c0002171_05342872.jpg
ネックレス
c0002171_05344868.jpg
c0002171_05345803.jpg
胸飾り
c0002171_05352873.jpg
巡礼路建設記念碑
c0002171_05355419.jpg
クーファからマッカへの里程標
c0002171_05362285.jpg
法学者ジャマールッディーン・アブー・アブドゥッラー・ムハンマドの墓碑
c0002171_05365008.jpg
カァバ神殿の扉
c0002171_05371638.jpg
オスマン朝スルターン、スレイマン1世の銘板
c0002171_05374541.jpg
マッカ聖モスク再建碑
c0002171_05381088.jpg
花文扉
c0002171_05383797.jpg
コーヒー豆冷まし
c0002171_05390580.jpg
儀礼用短剣
c0002171_05393259.jpg
ライフル
c0002171_05395789.jpg
アブドゥルアジーズ王のクルアーン(コーラン)
c0002171_05402212.jpg
アブドゥルアジーズ王の刀
c0002171_05404814.jpg
c0002171_05410331.jpg
c0002171_05411655.jpg

東博にてみたアラビアの道-サウジアラビア王国の至宝展、表慶館の前では浅炒りでスパイスが効いたハーブティーのようなアラビア珈琲と棗椰子が振る舞われていました。

古代からの文化の潮、欧州文明からの影響や、イスラムならではの文字や意匠での美しさがみてとれました。カァバ神殿の扉がみれたのが熱かった◎

特別展のチケットで追加費用無しで観れます。私も仁和寺展そして本館コレクション展からの梯子でみました。5/13まで。

by wavesll | 2018-03-05 05:58 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)

如月の東博本館にて好い月岡芳年やみみずく土偶、太刀 古備前包平(名物 大包平)、伊能忠敬 九州沿海図などをみる

月岡芳年 ≪雪月花の内・雪 尾上梅幸の岩倉の宗玄≫
c0002171_04220223.jpg
初代宮川香山 ≪黄釉銹絵梅樹図大瓶≫
c0002171_04230641.jpg
歌川広重 ≪名所雪月花・井の頭の池弁財天の社雪の景≫
c0002171_04235139.jpg
≪銹絵雪笹文大鉢≫
c0002171_04243217.jpg
≪縫箔 紺地丸紋散様模様≫
c0002171_04250378.jpg
≪渡辺崋山 佐藤一斎(五十歳)像≫
c0002171_04254315.jpg
≪狩野山雪 猿猴図≫
c0002171_04261922.jpg
≪豊蔵坊信海・孝雄 二家法書≫
c0002171_04265693.jpg
≪束帯≫
c0002171_04272719.jpg
≪陣羽織 赤天鵞絨無地(丸十字紋付)≫
c0002171_04275463.jpg
≪桜花文兵庫鎖太刀(太刀 銘備前国友成の拵)≫
c0002171_04282433.jpg
≪榊原康政所用 黒糸威二枚胴具足≫
c0002171_04284932.jpg
≪伝藤原為家 狭衣物語歌合断簡(姫路切)≫
c0002171_04292230.jpg
≪五大虚空蔵菩薩像≫
c0002171_04360258.jpg
≪菩薩立像≫
c0002171_04365970.jpg
≪土偶 山梨県笛吹市御坂町上黒駒出土≫
c0002171_04373635.jpg
≪埴輪踊る人々 埼玉県熊谷市 野原古墳出土≫
c0002171_04380537.jpg
≪千手観音菩薩坐像 四天王立像≫
c0002171_04383821.jpg
≪蓬莱山蒔絵袈裟箱≫
c0002171_04392105.jpg
≪塩山蒔絵硯箱≫
c0002171_04395052.jpg
≪源氏蒔絵鏡台および内容品≫
c0002171_04403625.jpg
≪花車置物≫
c0002171_04411345.jpg
≪脇指 大慶直胤≫
c0002171_04414456.jpg
≪刀 和泉守国虎≫
c0002171_04421212.jpg
≪太刀 古備前包平(名物 大包平)≫
c0002171_04431813.jpg
c0002171_04433233.jpg
≪太刀 古青江貞次≫
c0002171_04435847.jpg
≪短刀 粟田口吉光(名物 岡山藤四郎)≫
c0002171_04442485.jpg
≪太刀 尻懸則長≫
c0002171_04445009.jpg
≪太刀 長船長光(号 大般若長光)≫
c0002171_04451677.jpg
≪太刀 長船兼光(名物 福島兼光)≫
c0002171_04454688.jpg
≪刀 伝相州正宗(名物 籠手切正宗)≫
c0002171_04461553.jpg
≪乾山 色絵椿図香合≫
c0002171_04464111.jpg
≪備前 烏帽子箱水指≫
c0002171_04471027.jpg
≪刀 左安吉≫
c0002171_04473724.jpg
≪刀 相州正宗 金象嵌銘 城和泉守所持 本阿(花押)正宗磨上≫
c0002171_04480620.jpg
≪刀 相州正宗(名物 観世政宗)≫
c0002171_04484006.jpg
伊能忠敬 ≪九州沿海図(大図) 第十五 薩摩国甑島≫
c0002171_04491271.jpg
伊能忠敬 ≪九州沿海図(小図)≫
c0002171_04502330.jpg
今井八九郎 ≪択捉島測量製図≫
c0002171_04510477.jpg
今井八九郎 ≪礼文島・利尻島測量製図≫
c0002171_04512961.jpg
今井八九郎 ≪奥尻島測量製図≫
c0002171_04515478.jpg
北海道アイヌ ≪コンチ(頭巾)≫
c0002171_04522105.jpg
≪前垂 樺太アイヌか≫
c0002171_04524748.jpg
≪首飾 北海道アイヌ≫
c0002171_04531558.jpg
≪みみずく土偶≫
c0002171_04534076.jpg
≪畏形片口土器≫
c0002171_04540372.jpg
≪埴輪 盾持人≫
c0002171_04543263.jpg
≪埴輪 盾持人≫
c0002171_04545241.jpg
平櫛田中 ≪木によりて≫
c0002171_04551424.jpg
涛川惣助 ≪七宝富嶽図額≫
c0002171_04553960.jpg

by wavesll | 2018-03-03 04:56 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)

「仁和寺と御室派のみほとけ-天平と真言密教の名宝-」展@東京国立博物館にて秘仏たちをみる

c0002171_19460062.jpg
c0002171_19461446.jpg
c0002171_19462484.jpg
特別展「仁和寺と御室派のみほとけ-天平と真言密教の名宝-」を東博にて観てきました。

会場に入るとまずこの仁和寺を完成させた≪宇多法皇像≫が。そして部屋の中央にはこの画に描かれた法衣≪刺衲袈裟≫が展示されていました。こういう試みは面白いですね。また天皇の直筆、宸翰も数多く展示され≪霊元天皇宸翰和歌懐紙≫は19才のみずみずしさがありました。

序盤の見どころは円勢・長円作≪薬師如来坐像≫。白檀でつくられた小さな薬師如来の表面には截金のような細工が施され、大変に美しいものでした。

そして序盤の目玉、空海ほか筆≪三十帖冊子≫。唐の経典を空海その他が写したもの。小さい字で、急いで書いたのか手早く書かれた印象でした。そしてこれら≪三十帖冊子≫を収める箱の≪宝相華迦陵頻伽蒔絵冊子箱≫がまた綺麗なものでした。

この展覧会では密教の奥義書が沢山展示してあって。最高の悟りへ至る十段階が記された≪秘密曼荼羅十住心論 巻一、巻二≫もその一つ。

さらに目玉が最強の儀式、孔雀経法に関連するもの。室町時代の≪孔雀明王像≫のトロピカルな古色と江戸時代の源證筆≪孔雀明王像≫のアジカンのジャケのような筆致での孔雀の首の角度、共に素晴らしいものでした。

そして≪孔雀経 巻中、巻下≫、無双の大秘法、それは「持ち出すな」という但し書きの≪孔雀明王同経壇具等相承起請文≫や安易に使うことを批判した≪覚法法親王消息・寛暁消息・返事案≫も重要文化財なことからも伺われます。

素晴らしい仏画も多く、平安時代・大治2年につくられた中国大陸風な≪毘沙門天≫とインド風な≪伊舎那天≫の十二天像や日光・月光もいる≪薬師十二神将像≫、数学的な理力を感じさせる≪虚空菩薩像≫も素晴らしかったし、≪五秘密像≫は細い吊り目でなんともいい波動が。十二支が描かれた≪薬師十二神将図像≫に加え、室町時代・大永2年≪仏涅槃図≫は動物・神将大集合◎

法具では鎌倉時代の≪金銅火焰宝珠形舎利塔≫と≪金銅都五鈷杵≫が良かった。

そして曼荼羅が素晴らしかった。≪別尊雑記 巻二十六 虚空蔵≫はレオナルド・ダヴィンチのウィトルウィウス的人体図のよう。≪唐本曼荼羅図像(千臂軍荼利ほか)≫や天体が描かれた≪北斗曼荼羅図像≫も良かった。

エキゾな色彩の≪両界曼荼羅≫とスカイブルーが美しい≪尊勝曼荼羅≫、そして何より奈良・子島寺の≪両界曼荼羅(子島曼荼羅)≫の金剛界は黒金の脈打つCGアートのような轟迫力がありました。

御室には様々な宝物があり、平安時代の日本の最古の医学書≪医心方 巻一、巻九≫も興味深かった。≪古筆手鑑≫は古代のエヴァーノートのようでした。最古の制作年代がはっきりしている日本地図である≪日本図≫では左に北、右が南に日本が描かれていました。

若かりし頃が描かれた鎌倉時代の≪聖徳太子像≫、近衞道嗣筆≪後深心院関白記≫には天気の記述が毎日一字で「晴」とか書かれていました。海幸彦、山幸彦の話が描かれた狩野種泰筆≪彦火々出見尊絵 巻三、巻六≫も鮮やかに龍王との世界が描かれていました。≪清水寺仮名縁起絵≫や≪金銅装戒体箱≫も良かった。≪覚深法親王像≫は衣の緑と赤が良く狩野孝信筆≪牡丹図襖≫は剥離がまたいい風合いになっていました。

そしてここから各地の秘仏満載の仏像次元。まずは写真がOKだった仁和寺の修業の場である観音堂の完全再現!素晴らしかった!裏手へ廻るとそこの壁画も完全スキャンされて再現されてました!

仁和寺の仏たちでは≪吉祥天立像≫は西アジアな美。≪愛染明王坐像≫は愛ゆえの怒りを感じさせられ≪文殊菩薩坐像≫は美青年でした。また修業中のゴータマ・シッダールタを彫った院智作≪悉達太子坐像≫という珍しい題材もありました。

大阪・金剛寺≪五智如来坐像≫は金色の鍵として天界を明けるよう。光背の影が美しい。≪大日如来坐像≫は飾りが緑青に錆びていい感じ。

宮城・龍寶寺≪釈迦如来立像≫は黒糖の飴のような輝き。神奈川・龍華寺≪菩薩坐像≫は木目が渦のように活かされた仏。三重・蓮光院≪大日如来坐像≫はすきっとした御仏。

福井・明通寺の≪降三世明王立像≫はカーッと威嚇する明王、≪深沙大将立像≫は阿吽の”うん”の方で、非常に豪鬼。そして福井・中山寺≪馬頭観音菩薩立像≫は憤怒のカッコよさ。

大阪・道明寺≪十一面観音菩薩立像≫の優美さ。兵庫・神呪寺≪如意輪観音菩薩坐像≫の炎の光背にちょっと小生意気な顔。広島・大聖院≪不動明王坐像≫の鬼婆感。

そしてこの展覧会の宝玉は素晴らしい千手観音。
香川・屋島寺≪千手観音菩薩坐像≫の全て受け止め掬う感覚。徳島・雲辺寺、経尋作≪千手観音菩薩坐像≫の祈り救う感覚。

そして何よりも心動かされたのが大阪・葛井寺≪千手観音菩薩坐像≫。腕と手が伸びる様は上海万博のUKパヴィリオンの如し。その表情は高次元空間から顕現したかのような、言葉では定義できないなんとも沁みるものでした。

これだけの様々なタイプの仏像を愉しめる展覧会もそうないと想います。加えて仏画・曼荼羅も逸品が多く、大変滋味深い仏教美術体験となりました。

by wavesll | 2018-02-25 21:36 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)

国風盆栽展at東京都美

鬼頭正男 真柏
c0002171_07505016.jpg
佐藤三夫 五葉松
c0002171_07522244.jpg
市村富雄 真柏
c0002171_07542248.jpg
廣瀬幸夫 黒松
c0002171_07551312.jpg
c0002171_07552352.jpg
c0002171_07553359.jpg
c0002171_07554279.jpg
田中慶治 かりん
c0002171_07564748.jpg
c0002171_07570234.jpg
c0002171_07571969.jpg
小松正幸 真柏
c0002171_08000854.jpg
高橋廣美 五葉松
c0002171_08011977.jpg
高村佳雄 真柏
c0002171_08022764.jpg
c0002171_08023707.jpg
大泉義郎 一位
c0002171_08034276.jpg
大平二作 真柏
c0002171_08044731.jpg
c0002171_08050157.jpg
斎藤晃久 いわしで
c0002171_10255688.jpg

c0002171_08075079.jpg
c0002171_08080116.jpg
山田剛士 五葉松
c0002171_10263623.jpg

c0002171_08092003.jpg
森勝喜 真柏
c0002171_08100934.jpg
c0002171_08102006.jpg
池田有光 赤松
c0002171_08111081.jpg
袁健棟 真柏
c0002171_08115527.jpg
鈴木憲一 檜
c0002171_08123820.jpg
石内勉 杜松
c0002171_08134308.jpg
c0002171_08135609.jpg
c0002171_08140315.jpg
小山明徳 真柏
c0002171_08151451.jpg
中野隆 赤松
c0002171_08155438.jpg
登之内博 うめもどき
c0002171_08162685.jpg
c0002171_08163768.jpg
遠藤雅久 真柏
c0002171_08175574.jpg
c0002171_08180812.jpg
佐藤輝 蝦夷松
c0002171_08184940.jpg
池原一美 がじゅまる
c0002171_08192043.jpg
沼田清 真柏
c0002171_08201421.jpg
c0002171_08202503.jpg
c0002171_08203636.jpg
綿引新一郎 一位
c0002171_08211875.jpg
c0002171_08212910.jpg
c0002171_08214052.jpg
葉坂勝 真柏
c0002171_08221585.jpg
橋本義信 山もみじ
c0002171_08235640.jpg
絹和勝利 蝦夷松
c0002171_08243323.jpg
真鍋光一 真柏
c0002171_08251448.jpg
c0002171_08252633.jpg
中村正美 五葉松
c0002171_08260101.jpg
山崎養世 寒ぐみ
c0002171_08264595.jpg
富岡正夫 真柏
c0002171_08274223.jpg
島田博靖 真柏
c0002171_08283371.jpg
c0002171_08284417.jpg
広田孝伸 五葉松
c0002171_08292074.jpg
照井享悦 真柏
c0002171_08300127.jpg
c0002171_08301315.jpg
白井雅彦 ちりめんかずら
c0002171_08305238.jpg
丸山かつみ 真柏
c0002171_08312331.jpg
c0002171_08313698.jpg
白井美子 真柏
c0002171_08324516.jpg
坂野卓弘 山もみじ
c0002171_08332330.jpg
高本康司 真柏
c0002171_08340904.jpg
c0002171_08342329.jpg
c0002171_08343621.jpg
c0002171_08344950.jpg
c0002171_08350334.jpg
佐伯一男 かえで
c0002171_08363029.jpg
河内淳司 黒松
c0002171_08371251.jpg
c0002171_08372531.jpg
並木浩一 一位
c0002171_08382440.jpg
c0002171_08383668.jpg
c0002171_08384892.jpg
c0002171_08385971.jpg
大森要次 皐月(栄冠)
c0002171_08401632.jpg
c0002171_08402866.jpg
内田任人 五葉松
c0002171_08412993.jpg
鈴木金五郎 真柏
c0002171_08421946.jpg
久保田嘉文 赤松
c0002171_08432327.jpg
松島稔 真柏
c0002171_08440418.jpg
古澤辰雄 山もみじ
c0002171_08444523.jpg
二見厚 一位
c0002171_08452185.jpg
c0002171_08453305.jpg
鈴木利男 蝦夷松
c0002171_08463747.jpg
c0002171_08465399.jpg
c0002171_08470744.jpg
豊田喜代子 野梅
c0002171_08475681.jpg
下総幸男 皐月(大盆)
c0002171_08484976.jpg
靍見敏夫 皐月(栄冠)
c0002171_08493792.jpg
c0002171_08500736.jpg
小倉薫 赤松
c0002171_08512858.jpg
c0002171_08515820.jpg
岩出政雄 五葉松
c0002171_08532099.jpg
c0002171_08534928.jpg
山﨑義信 皐月(光華)
c0002171_08550151.jpg
山口久弥 真柏
c0002171_08555336.jpg
高橋忠義 一位
c0002171_08564921.jpg
Adam Balick ちりめんかずら
c0002171_08573069.jpg
摂待睦夫 赤松
c0002171_08580666.jpg
熊谷寿 五葉松
c0002171_08584824.jpg
大川賢三郎 一位
c0002171_08592626.jpg
Melvyn Goldstein 皐月(栄冠)
c0002171_09000654.jpg
c0002171_09003001.jpg
高橋勇義 蝦夷松
c0002171_09012534.jpg
廣島勝沖 杜松
c0002171_09020641.jpg
仲村威 蝦夷松
c0002171_09025153.jpg
湯浅一徳 黒松
c0002171_09033016.jpg
坪井孝一 五葉松
c0002171_09040980.jpg
荒川和也 真柏
c0002171_09044935.jpg
佐々木春樹 長寿梅
c0002171_09052677.jpg
鈴木政行 真柏
c0002171_09063406.jpg
c0002171_09064704.jpg
塩田満夫 真柏
c0002171_09073907.jpg
上川忠雄 五葉松
c0002171_09083515.jpg
髙木一幸 真柏
c0002171_09091878.jpg
吉永芳男
c0002171_09100195.jpg
鷺喜三郎 真柏
c0002171_09115488.jpg
鷺喜三郎 うめもどき
c0002171_09122268.jpg
萩原勇吉 長寿梅
c0002171_09130035.jpg
関口吉男 皐月
c0002171_09134351.jpg
田続明 真柏
c0002171_09142438.jpg
高倉一男 野梅
c0002171_09145766.jpg
八木沼芳二 真柏
c0002171_09153459.jpg
澳耳又邑全教 かえで
c0002171_09163995.jpg
杉浦義尚 五葉松
c0002171_09171603.jpg
井上豊一 真柏
c0002171_09180242.jpg
島方孝晴 かえで
c0002171_09184014.jpg
菊田勝三 赤松
c0002171_09191579.jpg
近藤一史 野梅
c0002171_09200268.jpg
館幸太郎 真柏
c0002171_09204179.jpg
中野喜美江 かえで
c0002171_09212200.jpg
廣瀬町子 長寿梅
c0002171_09221530.jpg
c0002171_09222700.jpg
平山重孝 五葉松
c0002171_09230434.jpg
関根宏一 紫式部
c0002171_09233923.jpg
星良一 野梅
c0002171_09241881.jpg
村上佐和次 姫美好
c0002171_09245691.jpg
村上佐和次 ちりめんかずら
c0002171_09251700.jpg
霜田義江 けやき
c0002171_09260095.jpg
霜田孝光 五葉松
c0002171_09263034.jpg
大森忠嗣 山もみじ
c0002171_09270684.jpg
清水欣一 寒ぼけ
c0002171_09275966.jpg
内田昇 五葉松
c0002171_09284534.jpg
青木洋 黒松
c0002171_09292360.jpg
斉藤功 真柏
c0002171_09301777.jpg
塚越満雄 寒ぼけ
c0002171_09310902.jpg
久保田将万
c0002171_09314390.jpg
小林昭雄
c0002171_09322018.jpg
藤原重政
c0002171_09330103.jpg
石井千一
c0002171_09334103.jpg
羽鳥弘 けやき
c0002171_09341581.jpg
吉永久徳 黒松
c0002171_09345252.jpg
隅田真一 ちりめんかずら
c0002171_09352772.jpg
笠井清秀 五葉松
c0002171_09370504.jpg
豊田啓治 真柏
c0002171_09374321.jpg
和田法宏 五本松
c0002171_09382003.jpg
c0002171_09390728.jpg
c0002171_09392184.jpg
c0002171_09395168.jpg
c0002171_09445210.jpg
米村金夫 真柏
c0002171_10270871.jpg

永塚滋 五葉松
c0002171_09461098.jpg
森波博 真柏
c0002171_09464319.jpg
森岡英一 真柏
c0002171_09470996.jpg
c0002171_09472070.jpg
梅原武 山もみじ
c0002171_09474152.jpg

宮内庁 檜
c0002171_09402655.jpg
東京都美術館の国風盆栽展へ行ってきました。

“アランカル”なんて言いたくなるような中2心をくすぐられる造型美。盆の上の宇宙。兼六園に行ったとき”これは殿様のリアルサイズ盆栽だ”とか想ったけれど、素晴らしい盆栽はまるで縄文杉の縮小版のような密度の魅力でした。

小さな大樹の幹は骨であり筋肉だと知り。捩じれる體は荒木飛呂彦のよう。そしてひとつひとつの容貌は運慶の彫る無著菩薩立像 世親菩薩立像のような存在感を湛えていました。

年輪を重ねたひだの美は若々しいつるっとした者には出せないと謂ったはかわぐちかいじだったか。時間がつくりだす美しさがそこにありました。



by wavesll | 2018-02-17 09:40 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)

Photographs of 第66回 東京藝術大学 卒業・修了作品展

懸谷直弓 ≪2.5次元の触覚≫
c0002171_17330877.jpg
藤田クレア ≪閾≫
c0002171_17340679.jpg
鈴木修一郎 ≪夜景≫
c0002171_17350755.jpg
c0002171_17353814.jpg
齊藤琴絵 ≪影は絶えず≫
c0002171_17363070.jpg

SIMONE PHILIPPOU
c0002171_17381637.jpg
堀内悠希 ≪Circular Clues≫
c0002171_17390366.jpg
栗木結生 ≪今日めぐりあえなかった人達≫
c0002171_17395397.jpg
石塚嘉宏 ≪数えきれないほどたくさんの粒子の移動について≫
c0002171_17404836.jpg
鷹觜絢香 ≪Twin Chair≫
c0002171_17421180.jpg
岡ともみ ≪岡山市柳町1-8-19≫
c0002171_17480343.jpg
黒氏琢也 ≪ムズムズ≫
c0002171_17504231.jpg
後藤宙 ≪Composition:Heptagon≫
c0002171_17524655.jpg
澤井恭平 ≪Soul Immortal≫
c0002171_17544997.jpg
倉田明佳 ≪When I came back to myself≫
c0002171_17555686.jpg
趙恩枝 ≪記憶の緑≫
c0002171_17565111.jpg
日下部岳 ≪可能世界と石≫
c0002171_17580160.jpg
岸由紀子 ≪Paradise(ver.JY)≫
c0002171_17592071.jpg
伊藤五津美 ≪孤を描く≫
c0002171_18002618.jpg
京増千晶 ≪容疑者:■本陽一(32)≫
c0002171_18031128.jpg
住吉美玲 ≪いつかその時が来たら、私は≫
c0002171_18043335.jpg
c0002171_18044714.jpg
渡邊優子 ≪漂う夢≫
c0002171_18054790.jpg
細渕すみれ ≪いるかホテルの友人≫
c0002171_18064508.jpg
川上椰乃子 ≪弁慶橋より≫
c0002171_18073077.jpg
真鍋由伽子 ≪変わらない海≫
c0002171_18085686.jpg
大山菜々子 ≪今はまだ揺籠の中で≫
c0002171_18094889.jpg
金丸理恵 ≪かつ消えかつ結び≫
c0002171_18103775.jpg
安河内蘭 ≪回帰≫
c0002171_18120429.jpg
上野真樹 ≪畜生道~獄中愛物語~≫
c0002171_18133376.jpg
岡村峰和 ≪自画像「鷺男」ポスター≫
c0002171_18141834.jpg
長谷川友香 ≪Here≫
c0002171_18151574.jpg
石村大地 ≪自刻像~好きを集める~≫
c0002171_18163908.jpg
澤村崇太郎 ≪あとどれくらい僕は深く潜れるだろう≫
c0002171_18174682.jpg
c0002171_18175894.jpg
澤村崇太郎 ≪ダイバー≫
c0002171_18193964.jpg
石下雅斗 ≪The Tower of Life≫
c0002171_18203898.jpg
江田伊吹 ≪望郷≫
c0002171_18212137.jpg
小早川和香奈 ≪filtered sunlight≫
c0002171_18220587.jpg
吉原優里子 ≪A blink of bloom colon starry≫
c0002171_18231488.jpg
東京藝大の卒展に行ってきました。

先ず目に飛び込んで来たのは懸谷直弓さんの≪2.5次元の触覚≫。超巨大なマウスカーソルが現前したプレゼンテーション。逆ARというか、仮想が現実化することで、物質というのは超密度の情報体でもあるのかもしれないと思いました。

本日は最終日で、棟によっては1/31までだったのか><!とか思いつつも藤田クレアさんのヴンダーカンマーな≪閾≫を愉しんで。

絵画では写真と見まごうような鈴木修一郎さんの≪夜景≫、黒炎に闇虹が滲む齊藤琴絵さんの≪影は絶えず≫、日本的なめでたさがいいSIMONE PHILIPPOUさんの作品、堀内悠希さんの≪Circular Clues≫の機械と風景スケッチのめぐりあわせ、紫輝に透ける栗木結生さんの≪今日めぐりあえなかった人達≫、石塚嘉宏さんの≪数えきれないほどたくさんの粒子の移動について≫のコンポジションや水でつくったかのような鷹觜絢香さんの≪Twin Chair≫のエメラルドグリーンに目を瞠りました。

そして岡ともみさんの≪岡山市柳町1-8-19≫はお婆様の家の品々を使いながら、静謐に鳴る環境音と透明な板を使ってレイヤーを組む暗やみの中で光が存在する作品。懐かしさと尖端性が同居する感覚でした。

藝大美術館へ行くとまず黒氏琢也さんの≪ムズムズ≫が。虫が這う劔?面白いフォルムでした。中の展示も素晴らしいものが多く、後藤宙さんの≪Composition:Heptagon≫の堂々たる美、木で人魚を顕わした澤井恭平さんの≪Soul Immortal≫、現代的な女の子の可愛さとカッコよさが表現された倉田明佳さんの≪When I came back to myself≫、情報の構造体を形成した趙恩枝さんの≪記憶の緑≫、日下部岳さんの≪可能世界と石≫と岸由紀子さんの≪Paradise(ver.JY)≫は連作の中での全体の合成の面白味がありました。

ここで東京都美術館へ移動、伊藤五津美さんの≪孤を描く≫は貝殻が張り付けてある球体の作品。京増千晶さんの≪容疑者:■本陽一(32)≫は「の」の字が盗まれた世界線のユーモアがある作品。結婚情報誌の表紙を全部自分の顔にした住吉美玲さんの≪いつかその時が来たら、私は≫にもニヤリとさせられました。

日本画がとっても素晴らしくて、渡邊優子さんの≪漂う夢≫の漆黒のカイロス、細渕すみれさんの≪いるかホテルの友人≫はピンクの壁から南米のマジックリアリズム世界への扉が開かれる様に感じて好きでした。川上椰乃子さんの≪弁慶橋より≫の濠の緑が美しくて。写真より全然生が良かったです。

真鍋由伽子さんの≪変わらない海≫の冬の情景、大山菜々子さんの≪今はまだ揺籠の中で≫は仙人掌が良かった。金丸理恵さんの≪かつ消えかつ結び≫は懐石料理のような澄んだ味とキャンディーのようなPOPさが融合していて。安河内蘭さんの≪回帰≫にはクリムトの金地のような美しさを感じました。

上野真樹≪畜生道~獄中愛物語~≫はスティッキーフィンガーズのようなファッショナブルな狂いがあって好きで◎岡村峰和さんの≪自画像「鷺男」ポスター≫はアイディアと実装クオリティの勝利。長谷川友香さんの≪Here≫にはLOSALIOSの音が似合いそう。

B1へ降りていくと彫刻作品群が。石村大地さんの≪自刻像~好きを集める~≫は甘い毒っ気が好みで。澤村崇太郎さんの≪あとどれくらい僕は深く潜れるだろう≫は潜水士を木で彫るのが面白く、素潜りの≪ダイバー≫は泡を彫刻してて興味が惹かれました。

石下雅斗さんの≪The Tower of Life≫は古代遺跡から採って来たような崩れが見事。江田伊吹さんの≪望郷≫には裏にあるドラマの深さを感ぜさせられました。そして恐竜骨格のような小早川和香奈さんの≪filtered sunlight≫。最後に吉原優里子さんの≪A blink of bloom colon starry≫金属の花を目の保養に会場を後にしました。

結構焦って回ってCheck洩れも多数、出来れば最終日も12:30終わりでなく17:00までやって欲しかった><と想いつつも、結構スパスパみれて快い卒展となりました。

by wavesll | 2018-02-03 18:24 | 展覧会 | Trackback | Comments(2)

「怖い絵」展 at 上野の森美術館 画の背後にある物語性と劇的瞬間の美しさ

c0002171_20365004.jpg
上野の森美術館で休日には2h待ちの行列をつくっている「怖い絵」展。今は連日20:00まで開館が延長されているこの展覧会に並んできました。

中に入っても物凄い人で。正直ビックリというか、”このラインナップでこんな混む!?”とw 逆に普段見てる歴史的な銘品揃いの展覧会凄いなとw

『怖い絵』シリーズは何でもかなりの重版出来らしく、世界一受けたい授業にもキュレーターの中野さんが出演しているとかで、普段展覧会をみに行かない方々にかなりリーチ出来たのかもしれません。

なので、多くの人が館内で正攻法でみようとするので、ちょっと絵を通り過ぎてから逆側からみたり、2列目からみたりサッと隙間からみたりするとかなりスルスルと見れる感じです。というかこの混み方では覇道じゃないと。箱が狭いこともあり体感は北斎展@あべのハルカス国宝展@京博並みでした。

先程”このラインナップでこんな混む!?”と書きましたが光る作品は幾つもあって。

特に女神、妖女、ファム・ファタールが描かれた作品に惹かれました。

一番美女だと感じたのはハーバート・ジェイムズ・ドレイパー≪オデュッセウスとセイレーン≫のセイレーン達。若い女の子の官能性の極致。セイレーンだと美女でなく妖獣ですがギュスターヴ=アドルフ・モッサ≪飽食のセイレーン≫も良かった。


この展覧会では作品と同じくらいキャプションが主役となっていて、背景や意味が語られていて。怖い絵といってもスプラッターではなくてじわじわと怖いものが多く、中には”「死にたい」と言っていたら髑髏が現れてしまい「この荷物を運ぶの手伝ってくれ」と翻意して言う様子”が描かれたジョセフ・ライト≪老人と死≫なんて作品も。

『サロメ』の挿絵画家ビアズリーの暗澹さが滲むチャールズ・シムズ≪ワインをたらふく飲む僕と君にこれらが何だというのだ≫やこれもチャールズ・シムズの≪そして妖精たちは服を持って逃げた≫なんてのは小人がきらゆらと描かれて。著名人やその時々の風俗・迷信という題材の面白い作品が多いのも「怖い絵」展の特長と言えるでしょう。

そしてチャールズ・シムズ≪クリオと子供たち≫は戦争で死んでしまった子供たちが血を流す女神の元で聴き入っているという、どこまでも明るいヴィジュアルなのに死が描かれている作品で、確かにこれは怖い絵だと感じました。

一方で昏いヴィジュアルの怖い絵の代表がウォルター・リチャード・シッカート≪切り裂きジャックの寝室≫。切り裂きジャックに強烈な関心を示したシッカート。実は彼自身が切り裂きジャックだったという調査が発表されていて。解説も含めて絵を見た時の負のエナジーというか、正に本展の狙い通り鳥肌が立ちそうになりました。

またその隣のニコラ=フランソワ=オクターヴ・タサエール≪不幸な家族(自殺)≫は今まさに練炭自殺をしようという場面が描かれていて。これもしみじみと恐ろしい絵。

本展はいわゆる”綺麗目”な画が多く、ヴィジュアル表現としては同じようなテイストが多い印象でしたが、中には”おぉ!”と想わされる絵もあって。凶悪な笑みを浮かべるピエロ達が舞台上?のキスする男女を眺めるジョン・バイアム・リストン・ショー≪人生はこうしたもの≫なんかはかなり好きでした。

そして展示の中に何気に有名画家の作品もあったり。エドヴァルド・ムンク≪森へ≫はまるでデジタルな森淵へ歩んでいくような心象風景が近現代な感覚。ギュスターヴ・モロー≪ソドムの天使≫は神々しく光り輝きながら殺戮をつくす天使が印象的。パリ初期の不遇な時代の鬱々とした絵が意外なポール・セザンヌ≪殺人≫やヒエロニムス・ボス風の作者不詳(オランダ派)≪聖アントニウスの誘惑≫なんてのも。

モチーフの面白さでいうとウィリアム・ホガース≪ビール街とジン横丁≫は溌溂と生きるビール街と、アルコールに冒されたジン横丁の悲哀が。今だとその内ストロングゼロ文学な絵画が出てくるかもしれません。

絵画の物語性でいうと死体を出廷させて有罪を言い渡した場面を描いたジャン=ポール・ローランス≪フォルモススの審判≫や噴火という大災害を描いたフレデリック=アンリ・ショパン≪ポンペイ最後の日≫、そして後に運命が暗転する前の栄華を描いたフレデリック・グッドール≪チャールズ1世の幸福だった日々≫も「怖い絵」でした。


王位継承権をめぐって反逆の汚名を着せられ処刑された若き乙女の白く透明な美しさ。それぞれの登場人物がきちんと素晴らしい演技が込められていて、劇的な場面の物語性と絵画表現としての圧倒的な美しさが。正に真打。これは観れて良かった。

なんだかんだで結構楽しい展覧会でした。そして物語性や意味性の解説がこれだけの需要を喚起するとは。これに味をしめられてこんな感じの展覧会をやられまくったら困りますが、寧ろ他業種、洋楽PRや翻訳書PRの人達にとってはかなり刺激を受けるプロジェクトなのではないかと想いました。

12月17日まで。最前列で全て見たいというのでなければ平日仕事終わりにサクっとみるのがお薦めです。

by wavesll | 2017-12-07 21:36 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)

師走の上野で和楽器バンドフリーライヴ@東博をみる

c0002171_05450896.jpg
和楽器バンド / 千本桜

東京国立博物館にて和楽器バンドのフリーライヴを観てきました。普段使わなかった東博の西門から入ったのが楽しかった。

和楽器バンド、ロックサウンドの中「千本桜」のイントロの三味線とか尺八もよく聴こえて。ライヴでのサウンドワークにかなり”おぉ!”と想いました。

個人的にはもっとソリッドでソウルフルな渋み苦みを演ってくれたらより好きになれそうです。


c0002171_15180177.jpg

by wavesll | 2017-12-04 06:39 | 街角 | Trackback | Comments(0)

東博常設展にて好い写楽や好い月岡芳年、そして刀や絵師の仕事をみる

東洲斎写楽 ≪中島和田右衛門のぼうだら長左衛門と中村此蔵の船宿かな川やの権≫
c0002171_18141706.jpg

東洲斎写楽 ≪紀伊国屋納子 三代目沢村宗十郎の孔雀三郎≫
c0002171_17261241.jpg
月岡芳年 ≪英名二十八衆句 古手屋八郎兵衛≫
c0002171_18183616.jpg
月岡芳年 ≪英名二十八衆句 笠森お仙≫
c0002171_17304088.jpg
月岡芳年 ≪英名二十八衆句 福岡貢≫
c0002171_17312493.jpg
歌川広重 ≪名所江戸百景・蓑輪金杉三河しま≫
c0002171_17321198.jpg
寺崎広業 ≪秋苑≫
c0002171_17325463.jpg
≪小袖 染分綸子地若松小花鹿紅葉模様≫
c0002171_17334859.jpg
岸連山 筆 ≪猪図≫
c0002171_17343004.jpg
喜多川月麿 ≪相州江の島巖屋の図≫
c0002171_17350895.jpg
荻生徂徠 ≪文語≫
c0002171_17361010.jpg
徳川綱吉 ≪和歌≫
c0002171_17365230.jpg
c0002171_17371433.jpg
三井親和 筆 ≪詩書屏風≫
c0002171_17375806.jpg
円山応挙 ≪波濤図≫
c0002171_17412951.jpg
≪熊毛植二枚胴具足≫
c0002171_17421820.jpg
≪紅糸威二枚胴具足≫
c0002171_17425122.jpg
≪白糸威二枚胴具足≫
c0002171_17433722.jpg
≪瓶形四君子図七宝水柱≫ ≪瓶形梅桜文七宝水滴≫ ≪重丸瓶形花文七宝水滴≫
c0002171_17444974.jpg
≪火事羽織 紺木綿地刺子人物模様≫
c0002171_17483854.jpg
≪火事装束 猩々緋羅紗地波鯉模様(抱き茗荷紋付)≫
c0002171_17492524.jpg
≪太刀 長船景光(号小龍景光)≫
c0002171_17500750.jpg
≪太刀 備前元重 銘 備前長船元重 観応二二年十二月日≫
c0002171_17505707.jpg
≪刀 関兼元≫
c0002171_17513314.jpg
≪刀 相州正宗(名物 石田正宗)≫
c0002171_17521876.jpg
≪刀 長曽祢興正 銘 東叡山於忍岡辺長曽祢興正作之≫
c0002171_17541552.jpg
≪刀 堀川国安 銘 国安≫
c0002171_17551363.jpg
≪刀 来国光≫
c0002171_17555798.jpg
≪脇指 畠田光守≫
c0002171_17563352.jpg
≪脇指 相州貞宗(号 石田貞宗)≫
c0002171_17570585.jpg
≪黒漆小脇指 無銘 貞宗(号 石田貞宗)の拵≫
c0002171_17584461.jpg
≪獅子造鱗文兵庫鎖太刀≫
c0002171_17591889.jpg
≪沃懸地葵紋蒔絵合口≫
c0002171_18000196.jpg
≪沃懸地葵紋蒔絵螺鈿打刀 銘 助真の拵≫
c0002171_18094200.jpg
≪梨地笹龍膽車紋蒔絵糸巻太刀 銘 貞真の拵≫
c0002171_18101732.jpg

この写楽とか芳年とか、かなり好きな感じでした。

最近の刀剣ブームでかなり見る機会が増え、段々と「この刀いいねぇ」と想うようになったりw

ここには載せていませんが国宝室には万葉集が。また信長の肖像画の掛け軸なんかも。常設展と言っても結構な頻度で展示替えしているので、特別展を見るたびに新鮮に楽しめて満足感高しです◎

by wavesll | 2017-11-28 19:07 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)

フランス人間国宝展 at 東京国立博物館 表慶館が素晴らしかった

c0002171_20043703.jpg
東博・表慶館にて開かれたフランス人間国宝展に最終日に行ってきました。

日本の通称人間国宝(重要無形文化財の保持者)認定を基に、フランスにおいて認定されたメートル・ダール/Maître d' Artの保持者たちの作品群。日本伝統工芸展とか好きな人にはかなり響きそうな展覧会でした。

まず入ると陶芸家ジャン・ジレルの≪Tennmoku(天目)≫が。
曜変天目の再現としては瀬戸の陶工の長江さんの方が見事なように感じましたが、ジャンさんの作品もメタリックな天目として愉しめました。

そして奥に入ると鼈甲細工、革細工、金銀細工の部屋が。

クリスティアン・ボネによる鼈甲が光に透ける≪花瓶≫はアールヌーヴォー的な卵にもみえて。セルジュ・アモルソによる革鞄≪クフ王≫シリーズは品の良さと格好良さを非常に感じさせられました。

そして≪グラス チューリップ≫がメインヴィジュアルにも使われたロラン・ダラスプの金銀細工。
ファンタジー世界の砦のような≪パンチボウルとレードル≫、銀の枝が伸びる≪枝付き燭台≫、≪キャビア船≫、≪トレイ≫、≪ゴブレット≫も好いし、コップで表現された≪ドン・キホーテとサンチョ・パンサ≫なんてのも。≪一輪挿≫も粋でした。

階段を上に上がると麦わら象嵌細工、壁紙、真鍮細工の一室。

フランソワ=グザヴィエ・リシャールによる和紙の壁紙≪オービフォールド≫が明暗の変容をするライティングに映えて。

その中に包まれるナタナエル・ル・ベールの真鍮細工が何しろ素晴らしい。

アーク・ノヴァのような≪マヨルカ≫と≪無限≫。臓器のような身体性を感じさせる≪灰色≫。≪トルソー≫というなの壺。肺がイマージュさせられる≪呼吸≫。金と黒の須恵器 子持高坏のような≪テーブル オペラ≫、緑・黄緑、そして木の茶の≪テーブル シャイアン族≫。そして本展随一の印象を受けた黒孔雀のような≪テーブル 春の月≫が美事でした。

リゾン・ドゥ・コーヌの≪ルクソール≫という家具もシックとゴージャスが両立していて素晴らしかった。

第四室は 傘、扇。これがまた素晴らしく良くて!

ミシェル・ウルトーによる傘たち。椿姫な≪日傘 日本≫やレースがひらりとする≪花嫁≫、≪イシス:豊饒の女神≫の舞う赤。老婦人が持ってたら凄くイイ感じの≪パゴダ≫、確かにアール・デコな≪アール・デコ≫や確かにアフリカな文様の≪アフリカ≫。

跳ねるデザインの≪突風≫や植物な白岩感のある≪フォンタンジュ嬢≫、淑女のスカートの中を覗いてしまったようなコケティッシュさのある≪土星≫、赤が映える≪日傘 スペイン≫、本当に上品な落ち着きのある≪銀杏≫、どれも素晴らしかった。

そしてシルヴァン・ル・グエンによる扇がまた好くて。日本で生まれた扇子が現代フランスの感性でリファインされていて。

”こんなのありかよ!”というようなボウボウが出た≪イソギンチャクの夕べ≫や、立体の羽根の≪香り立つポップアップ≫。そして透明な”トゲ”がでた≪ウニ≫、≪ホワイト・ウェディング≫も立体的で。前衛扇子。

四角と丸のカタチの≪非対称なスルタン妃≫や畳むと三角形になる≪ピラミッド≫。珊瑚の様な柄の≪ゴルゴン≫、抽象画な≪セルジク≫にそれが折り目で立体的になっている≪セルジク 折り紙≫、空に風に流れる雲が描かれた≪風の神アイオロスに捧ぐ≫や、≪マラルメに捧ぐ≫も美がありました。

菱形の折り目達がついた≪ダイヤモンド≫や広告が織られた≪200%≫、PSのゲーム『IQ』のようなヴィジュアルの≪格子(ピックに捧ぐ)≫や人の顔とグラスのだまし絵が描かれた≪ジュリエット・グレコ≫。≪孔雀の太陽≫も美しかった。

対になる白鶴が表現された≪鶴≫、立体裁断な≪星々のきらめき≫、木の感じがいい≪秋の夕暮れ≫にクリスタルも使われた≪カロリーナ≫。柄の部分が蓮な≪蓮(黒/革)≫にまさに黒蓮が表現された≪蓮(黒)≫。

ヴェールがついた≪霧氷の花びら≫に広げた時逆三角形になる≪トライアングル≫、マジシャンのような≪ホワイト&ブラック≫といい、非常にアヴァンな扇、大変愉しめました。

そして吹き抜けの空間を抜けるとピエトロ・セミネリの折り布が。

まず目に飛び込んでくる≪トレーン≫が凄い!黒い鳳凰の尾のよう!圧倒され、思わず”すげぇな”と呟いてしまいました。

そして≪権力者≫、≪強さ≫、≪義務≫はどことなく東洋というか、スルタンな感じを思わせる作品。≪力の荘厳≫は鎧のようで、≪隠遁者≫は恐竜の鱗のよう、≪深き淵より≫も美しい黒の連なりでした。

第6室は銅盤彫刻、紋章彫刻、エンボス加工(ゴブラージュ)

ジェラール・デカンの紋章彫刻による≪明日≫はガラスに動物たちを浮き上がらせる連作。金の円柱の≪方舟≫とこれも動物が彫られた≪陶印≫も良かった。

ロラン・ノグのエンボス加工による≪構造と動き≫はミニマムな複雑性というか、白地に立体的な構造が編まれていて、”こんなの家に飾ったら最高の空間になりそう”と想いました。

≪ITO≫は細い糸のような線で幾重にも円が重なる作品。紙に死神などがエンボス加工で画かれた≪黙示録≫も。

リアルな大和絵のような金色の空を見上げる≪雲1≫、≪雲2≫や≪三連作 風景≫も素晴らしかった。

さらにファニー・ブーシェの≪継承≫は神域の空間が広がっていて。白いふわりとした布の花の上に銅の球が浮かんで。感銘を受ける、非常にシンボリックな逸品でした。

そして階段を降りるとネリー・ソニエによる羽根細工が。

花を中心に植物が羽根で形づくられる≪沼地のはずれで 蜜採集≫や羽根で竜魔がつくられた≪ドラゴン≫、木のウロが羽根によってつくられて金の虫が這う≪窪み≫の感じなんかアルチンボルドに通じるものを感じて。

アクアリウムのような≪ツグミと鯉 分け与える≫や実際の林檎の木に羽根を飾った≪夏の盛り 思いがけない樹木≫なんて作品も。

そして最後の部屋はエアニュエル・バロウによるガラス作品。ガラスの巨大な波があらわれている≪探究≫には金沢国際ガラス展でみた作品群を想い起しました。

この展覧会、フランスの現代工芸を観ることが出来てなんか世界が広がった気がしたし、表慶館の建築も凄く雰囲気があって行って良かったです。今後も表慶館で開かれる展覧会、ちょくちょくチェックして行こうと想いました!

c0002171_21280128.jpg

by wavesll | 2017-11-27 21:28 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)

藝大美術館「素心伝心ークローン文化財 失われた刻の再生」にて敦煌莫高窟 第57窟等のクローンをみる

敦煌莫高窟第57窟
c0002171_8134624.jpg
c0002171_8163169.jpg
c0002171_8171413.jpg
c0002171_817325.jpg
c0002171_8184675.jpg
c0002171_8222436.jpg
c0002171_8225089.jpg
c0002171_8231693.jpg
c0002171_8242343.jpg
c0002171_8271831.jpg
c0002171_8273880.jpg
c0002171_8284588.jpg
c0002171_8291098.jpg
c0002171_8324660.jpg
c0002171_834641.jpg
c0002171_8352055.jpg
c0002171_822229.jpg
c0002171_8365773.jpg
c0002171_8415859.jpg
c0002171_973427.jpg
c0002171_8432995.jpg

敦煌莫高窟 第57窟南壁≪部分≫再現模写
c0002171_854247.jpg


高句麗古墳群江西大墓≪四神図≫
c0002171_848199.jpg
c0002171_8484829.jpg
c0002171_849833.jpg

江西大墓≪四神図≫再現模写
c0002171_8471778.jpg


新疆ウイグル自治区 キジル石窟 第212窟
c0002171_8565150.jpg
c0002171_857882.jpg
c0002171_857296.jpg
c0002171_9222793.jpg

アタカマイト
c0002171_8592696.jpg

壁画断片 仏陀坐像
c0002171_952826.jpg


バーミヤン東大仏天井壁画
c0002171_93362.jpg
c0002171_9102749.jpg

バーミヤン石窟K洞 壁画 仏坐像
c0002171_995551.jpg

パキスタン 仏伝浮彫 占相・祝宴・勉学
c0002171_9121029.jpg

パキスタン 仏陀説法図
c0002171_9141693.jpg

ストゥッコ 仏陀像頭部
c0002171_9265391.jpg


タジキスタン ペンジケント遺跡発掘区VI 広間1壁画≪ハープを奏でる女性像ほか≫
c0002171_9163835.jpg


ミャンマー・バガン遺跡 ミンカバー・グービャウッヂー寺院壁画(部分)
c0002171_9182767.jpg
c0002171_919994.jpg


法隆寺釈迦三尊像
c0002171_9282647.jpg
c0002171_929384.jpg

法隆寺金堂壁画
c0002171_9301878.jpg
c0002171_9303598.jpg


東京芸術大学大学美術館のシルクロード特別企画展「素心伝心」クローン文化財 失われた刻の再生に先日行ってきました。

Q)文化財は唯一無二の存在であり、その真正性は本来、複製が不可能です。その一方で、文化財の複製の歴史は古く、文化財の記憶をより広く長く継承したいという思いは、普遍的・根源的なものであるといえます。

東京藝術大学は、劣化が進行しつつある或いは永遠に失われてしまった文化財の本来の姿を現代に甦らせ、未来に継承していくための試みとして、文化財をクローンとして復元する特許技術を開発しました。本展では古代シルクロードの各地で花開いた文化を代表する遺産がクローン文化財として甦ります。

絹の道シルクロードは仏教の道でもあります。インドで生まれた仏教は、シルクロードを通ってギリシア・ローマ、イランなどの文化と融合し、グローバルな文化様式が育まれ、さらに中国において大きな変容を遂げ、東アジア仏教美術の古典様式が形成されました。シルクロード各地の文化財は、それぞれに関係性をもちながら多文化・多様性を体現しており、極めて今日的な意義を有しているといえましょう。

しかし、シルクロードの文化財は現在、様々な危機に面しています。2001年に爆破されたバーミヤン東大仏天井壁画、流出後に第二次大戦の戦火で失われたキジル石窟航海者窟壁画、保存のため一般公開が困難な敦煌莫高窟第57窟、模写作業中に焼損した法隆寺金堂壁画など、この度、再現する作品はいずれも唯一無二の歴史的・芸術的価値が認められながら、惜しくも失われていたり、実物を鑑賞することが難しい作品ばかりです。

クローン文化財の制作にあたっては、オリジナルの精細な画像データを取得し、三次元計測や科学分析を行って、空間・形状・素材・質感・色を忠実に再現します。また、クローン文化財に加えて、生涯にわたりシルクロードを歩き、撮り続けた並河万里の写真や、本展のために現地で撮影した映像、臨場感のある音など、五感でシルクロードの世界を体感いただけます。
(UQ

クローン藝術の面白さを愉しめました。
特に敦煌莫高窟は四方が完全に再現されていて、まるでVRで石窟に迷い込んだような気になりました。

欲を言えば天井も床も再現してほしいし、もし敦煌莫高窟を全窟完全再現したテーマパークとかが出来たらかなり行ってみたいと想いました。大塚国際美術館みたいに街おこしになるかも。

"それは流石に費用が"ということもあるでしょうし、取敢えずはいつかGoogleがストリートヴューで公開して呉れたらいいなぁと思います。

またクローン藝術として現在はもう失われてしまったものを記録から再現するという試みもしていて。新疆ウイグル自治区 キジル石窟やバーミヤン東大仏天井壁画等、本当に意義深いなと感じました。

東千仏洞石窟のミニスカートの女神といい、中国西域のエメラルドグリーンの麗しさには目をみはるばかりでしたが、今回その顔料がアタカマイトだというのを知って。本当に、根源を刺激する発色だなと。

360°の空間展示と言う意味ではインスタレーションや例えばチームラボが宇宙と芸術展で披露した空間映像作品などもそうですが、クローン文化財もその一角に大きなプレゼンスをこれから成していく感覚がありました。

さらに
Q)本展終了後、クローン文化財の一部は、故国に「帰還」する予定です。シルクロード美術の伝統は残念ながら多くの地域で途絶えてしまいましたが、終着点の日本では幸運にも今日まで継承してくることができました。クローン文化財の「帰還」をとおして、シルクロード美術の道が円環を描き、新たに脈動することを願ってやみません。(UQ

とのこと。未来への遺産としてこの手法は普及、発展してほしいですね。
by wavesll | 2017-11-02 07:51 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)