タグ:植物 ( 25 ) タグの人気記事

路傍のつつじ

c0002171_16092052.jpg
午後の陽に照らされて雨露がきらきら輝いていた。蜜甘し。檸檬水のように躑躅水を出すカフェがあったらそれだけでスペシャリテになりそうだ。

by wavesll | 2018-04-18 16:11 | 街角 | Trackback | Comments(0)

Jades from Philippine ー 新宿御苑にてヒスイカズラをみる

c0002171_11271336.jpg

c0002171_11301448.jpg
c0002171_11304893.jpg

c0002171_11321639.jpg
c0002171_11330208.jpg
c0002171_11333343.jpg
c0002171_11335848.jpg
c0002171_11354040.jpg
c0002171_11361770.jpg
c0002171_11363224.jpg
c0002171_11364629.jpg
c0002171_11370858.jpg
c0002171_11375807.jpg
c0002171_11372558.jpg
c0002171_11385385.jpg
c0002171_11391868.jpg
c0002171_11394070.jpg
c0002171_11401116.jpg
c0002171_11402656.jpg
c0002171_11404061.jpg
c0002171_11405978.jpg
c0002171_11411513.jpg
c0002171_11413193.jpg
c0002171_11423866.jpg
c0002171_11425760.jpg
c0002171_11434053.jpg
c0002171_11440232.jpg
c0002171_11444721.jpg

c0002171_11453846.jpg
c0002171_11455205.jpg
c0002171_11460853.jpg
c0002171_11463961.jpg
c0002171_11470564.jpg
c0002171_11474712.jpg
c0002171_11480307.jpg
c0002171_11481811.jpg
c0002171_11483450.jpg
c0002171_11485802.jpg
c0002171_11491822.jpg
c0002171_11493463.jpg
c0002171_11494948.jpg
c0002171_11500302.jpg
c0002171_11501721.jpg
c0002171_11503282.jpg
c0002171_11504873.jpg
c0002171_11512149.jpg
c0002171_11513820.jpg
c0002171_11525036.jpg
c0002171_11530712.jpg
c0002171_11533125.jpg
c0002171_11541104.jpg
c0002171_11543174.jpg
c0002171_11544650.jpg
c0002171_11550595.jpg
c0002171_11552114.jpg
c0002171_11554839.jpg
c0002171_11561615.jpg
c0002171_11563968.jpg
c0002171_11565276.jpg
c0002171_11570670.jpg
c0002171_11572051.jpg
c0002171_11573875.jpg
c0002171_11575299.jpg
c0002171_11580659.jpg
c0002171_11583203.jpg
c0002171_11584628.jpg
c0002171_11591701.jpg
c0002171_11594645.jpg
c0002171_12000922.jpg
c0002171_12002646.jpg
c0002171_12005694.jpg
c0002171_12011179.jpg
c0002171_12012695.jpg
c0002171_12015841.jpg
c0002171_12021313.jpg
c0002171_12023569.jpg
c0002171_12025159.jpg
c0002171_12031334.jpg
c0002171_12034827.jpg
c0002171_12032816.jpg
c0002171_12060106.jpg
c0002171_12062763.jpg
c0002171_12064804.jpg
c0002171_12070831.jpg
c0002171_12074922.jpg
c0002171_12082269.jpg
c0002171_12083935.jpg
c0002171_12090012.jpg
c0002171_12091720.jpg
c0002171_12093814.jpg
c0002171_12095554.jpg
c0002171_12101696.jpg
c0002171_12103805.jpg
c0002171_12105870.jpg
c0002171_12111444.jpg
c0002171_12113105.jpg
c0002171_12114792.jpg
c0002171_12120317.jpg

by wavesll | 2018-04-14 12:12 | 小ネタ | Trackback | Comments(0)

天土の空色 ひたち海浜公園でネモフィラをみた

c0002171_19085806.jpg
c0002171_19124551.jpg
c0002171_18464923.jpg
ひたち海浜公園へネモフィラをみにゆきました。

東京駅八重洲南口にて茨城交通の高速バスに乗り込み、2h30mでひたちなかへ。なんと往復チケットが4000円。平日でしたが補助席も出る人気でした。
c0002171_18570694.jpg
「海浜公園西口」が最も近い停留所でしたが、帰りの便では止まらないようなので「海浜公園入口」で降り場所を確認。西口を出てまっすぐ600m歩いた道路沿いに停留所はありました。

西口の翼のゲート、ここに来るのはいつかのROCK IN JAPAN FES振り。
c0002171_18565448.jpg
中に入ると水仙やパンジー等も植わっていました。
c0002171_18582088.jpg
c0002171_19424280.jpg

そしていよいよ…ネモフィラ!たっぷりとお楽しみください。
c0002171_18592448.jpg
c0002171_18595692.jpg
c0002171_19002282.jpg
c0002171_19004389.jpg
c0002171_19005702.jpg
c0002171_19012436.jpg
c0002171_19020796.jpg
c0002171_19022265.jpg
c0002171_16010401.jpg

c0002171_19025287.jpg
c0002171_19030669.jpg
c0002171_19032188.jpg
c0002171_19033442.jpg
c0002171_19040860.jpg
c0002171_19045253.jpg
c0002171_19051965.jpg
c0002171_19054634.jpg
c0002171_19062117.jpg
c0002171_19063696.jpg
c0002171_19065113.jpg
c0002171_19072303.jpg
c0002171_19075056.jpg
c0002171_19081420.jpg
c0002171_19082776.jpg
c0002171_16015666.jpg

c0002171_19100605.jpg
c0002171_19102828.jpg
c0002171_19104710.jpg
c0002171_19110371.jpg
c0002171_19112284.jpg
c0002171_19113680.jpg
c0002171_19115174.jpg
c0002171_19122976.jpg
c0002171_19134609.jpg
c0002171_19134609.jpg
c0002171_19142528.jpg
c0002171_19144175.jpg
c0002171_19145916.jpg
c0002171_19151455.jpg
c0002171_19154198.jpg
c0002171_19155703.jpg
c0002171_16031490.jpg

c0002171_19170783.jpg
c0002171_19174376.jpg
c0002171_19180254.jpg
c0002171_19181953.jpg
c0002171_19183669.jpg
c0002171_19190657.jpg
c0002171_19192904.jpg
c0002171_19194656.jpg
c0002171_19200574.jpg
c0002171_16041606.jpg

c0002171_19205343.jpg

c0002171_19214037.jpg
c0002171_19221558.jpg
c0002171_16052543.jpg

c0002171_16083649.jpg

c0002171_19231545.jpg
c0002171_19233127.jpg
c0002171_19234500.jpg
c0002171_19253616.jpg
c0002171_19255186.jpg
c0002171_19244153.jpg
天地の青。丘の向こうは海なのですね。あっという間の夢見心地な、いつまでもぽかぽかしていたい楽園でした。
ひたちなか名物の五浦ハムのハム焼の屋台も。
早くもまた行きたくなりました。次はまたネモフィラの季節か、コキアの季節に◎

by wavesll | 2018-04-12 19:32 | 小ネタ | Trackback | Comments(0)

春にほころぶ蠢く3盤 Criolo, The Sign of Four & Oumou Sangaré

c0002171_00415766.jpg

櫻も南関東でも満開となり、春本番。個人的には花粉症の一番つらい時期も抜けて、これから温かい季節が楽しみな今日この頃です。

ところで皆さんは「春の音」と聴いてどんな音をイメージされますか?春の海?或いはヴィヴァルディ?結構爽やかな音なのではないかなと想ったりします。

ただ、何となく私は春というと「春になったなぁ」でもないですが、ちょっと可笑しな感じというか、ポーっと変なゆるさから蠢きが巻き起こるイメージがあって。このエントリではそんなイメージの3枚のアルバムを載せたいと想います。


いきなり謎ジャケw謎HIPHOPというなかれ、クリオーロはブラジルの新たなヒーローとも言えるラッパ-です。あのカエターノ・ヴェローゾも「ブラジルのポップ・シーンでもっとも重要な人物だ」と賛辞を惜しみまない存在だとか。

この何ともワンダーな音世界、この”蠢く”ってキーワード、お伝わりしているでしょうかw?ワールド・ヒップホップは近年気になっているところで、コーカサスな歌をサンプリングしているアゼルバイジャンのКаспийский Грузや京劇ラップのVIVAも印象的でしたが、Crioroは民族音楽という枠組みを越えて普遍的に好い音楽だなという印象でした。


The Sign of Four - Topsy Turvy - Jazzman Records - Release Date 1 April 2013
Jazzmanから2013年に現行音楽としてリリースされたサイケデリックなジャズバンド。この曲が入っている『HAMMER, ANVIL, STIRRUP』は何とも不思議な音世界で、電子音からシタールからオルガンから摩訶不思議な雰囲気がSo Good. またこのPVも変質的に蠢いていいですねw


Oumou Sangaré – Mogoya (full album – 2017)
最後に紹介するのはマリが誇る西アフリカのディーヴァのアルバム。マリというとハープの祖先とも言われるコラが有名ですが、このアルバムでもアフリカのワールドミュージックな味も楽しませてくれる上、極上のポップスとして素敵な音を聴かせてくれます。

個人的にはこのアフリカンな感覚は花々が咲き綻ぶ感覚に通じるというか、春になって命が蠢き始めるのを感じます。こういう音を聴きながら花見をすると桜というよりアーモンドをみている気になったりするかもしれませんね(笑)

ではでは、素晴らしき光のどけき春の日をお過ごしください◎

by wavesll | 2018-03-26 00:38 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

国風盆栽展at東京都美

鬼頭正男 真柏
c0002171_07505016.jpg
佐藤三夫 五葉松
c0002171_07522244.jpg
市村富雄 真柏
c0002171_07542248.jpg
廣瀬幸夫 黒松
c0002171_07551312.jpg
c0002171_07552352.jpg
c0002171_07553359.jpg
c0002171_07554279.jpg
田中慶治 かりん
c0002171_07564748.jpg
c0002171_07570234.jpg
c0002171_07571969.jpg
小松正幸 真柏
c0002171_08000854.jpg
高橋廣美 五葉松
c0002171_08011977.jpg
高村佳雄 真柏
c0002171_08022764.jpg
c0002171_08023707.jpg
大泉義郎 一位
c0002171_08034276.jpg
大平二作 真柏
c0002171_08044731.jpg
c0002171_08050157.jpg
斎藤晃久 いわしで
c0002171_10255688.jpg

c0002171_08075079.jpg
c0002171_08080116.jpg
山田剛士 五葉松
c0002171_10263623.jpg

c0002171_08092003.jpg
森勝喜 真柏
c0002171_08100934.jpg
c0002171_08102006.jpg
池田有光 赤松
c0002171_08111081.jpg
袁健棟 真柏
c0002171_08115527.jpg
鈴木憲一 檜
c0002171_08123820.jpg
石内勉 杜松
c0002171_08134308.jpg
c0002171_08135609.jpg
c0002171_08140315.jpg
小山明徳 真柏
c0002171_08151451.jpg
中野隆 赤松
c0002171_08155438.jpg
登之内博 うめもどき
c0002171_08162685.jpg
c0002171_08163768.jpg
遠藤雅久 真柏
c0002171_08175574.jpg
c0002171_08180812.jpg
佐藤輝 蝦夷松
c0002171_08184940.jpg
池原一美 がじゅまる
c0002171_08192043.jpg
沼田清 真柏
c0002171_08201421.jpg
c0002171_08202503.jpg
c0002171_08203636.jpg
綿引新一郎 一位
c0002171_08211875.jpg
c0002171_08212910.jpg
c0002171_08214052.jpg
葉坂勝 真柏
c0002171_08221585.jpg
橋本義信 山もみじ
c0002171_08235640.jpg
絹和勝利 蝦夷松
c0002171_08243323.jpg
真鍋光一 真柏
c0002171_08251448.jpg
c0002171_08252633.jpg
中村正美 五葉松
c0002171_08260101.jpg
山崎養世 寒ぐみ
c0002171_08264595.jpg
富岡正夫 真柏
c0002171_08274223.jpg
島田博靖 真柏
c0002171_08283371.jpg
c0002171_08284417.jpg
広田孝伸 五葉松
c0002171_08292074.jpg
照井享悦 真柏
c0002171_08300127.jpg
c0002171_08301315.jpg
白井雅彦 ちりめんかずら
c0002171_08305238.jpg
丸山かつみ 真柏
c0002171_08312331.jpg
c0002171_08313698.jpg
白井美子 真柏
c0002171_08324516.jpg
坂野卓弘 山もみじ
c0002171_08332330.jpg
高本康司 真柏
c0002171_08340904.jpg
c0002171_08342329.jpg
c0002171_08343621.jpg
c0002171_08344950.jpg
c0002171_08350334.jpg
佐伯一男 かえで
c0002171_08363029.jpg
河内淳司 黒松
c0002171_08371251.jpg
c0002171_08372531.jpg
並木浩一 一位
c0002171_08382440.jpg
c0002171_08383668.jpg
c0002171_08384892.jpg
c0002171_08385971.jpg
大森要次 皐月(栄冠)
c0002171_08401632.jpg
c0002171_08402866.jpg
内田任人 五葉松
c0002171_08412993.jpg
鈴木金五郎 真柏
c0002171_08421946.jpg
久保田嘉文 赤松
c0002171_08432327.jpg
松島稔 真柏
c0002171_08440418.jpg
古澤辰雄 山もみじ
c0002171_08444523.jpg
二見厚 一位
c0002171_08452185.jpg
c0002171_08453305.jpg
鈴木利男 蝦夷松
c0002171_08463747.jpg
c0002171_08465399.jpg
c0002171_08470744.jpg
豊田喜代子 野梅
c0002171_08475681.jpg
下総幸男 皐月(大盆)
c0002171_08484976.jpg
靍見敏夫 皐月(栄冠)
c0002171_08493792.jpg
c0002171_08500736.jpg
小倉薫 赤松
c0002171_08512858.jpg
c0002171_08515820.jpg
岩出政雄 五葉松
c0002171_08532099.jpg
c0002171_08534928.jpg
山﨑義信 皐月(光華)
c0002171_08550151.jpg
山口久弥 真柏
c0002171_08555336.jpg
高橋忠義 一位
c0002171_08564921.jpg
Adam Balick ちりめんかずら
c0002171_08573069.jpg
摂待睦夫 赤松
c0002171_08580666.jpg
熊谷寿 五葉松
c0002171_08584824.jpg
大川賢三郎 一位
c0002171_08592626.jpg
Melvyn Goldstein 皐月(栄冠)
c0002171_09000654.jpg
c0002171_09003001.jpg
高橋勇義 蝦夷松
c0002171_09012534.jpg
廣島勝沖 杜松
c0002171_09020641.jpg
仲村威 蝦夷松
c0002171_09025153.jpg
湯浅一徳 黒松
c0002171_09033016.jpg
坪井孝一 五葉松
c0002171_09040980.jpg
荒川和也 真柏
c0002171_09044935.jpg
佐々木春樹 長寿梅
c0002171_09052677.jpg
鈴木政行 真柏
c0002171_09063406.jpg
c0002171_09064704.jpg
塩田満夫 真柏
c0002171_09073907.jpg
上川忠雄 五葉松
c0002171_09083515.jpg
髙木一幸 真柏
c0002171_09091878.jpg
吉永芳男
c0002171_09100195.jpg
鷺喜三郎 真柏
c0002171_09115488.jpg
鷺喜三郎 うめもどき
c0002171_09122268.jpg
萩原勇吉 長寿梅
c0002171_09130035.jpg
関口吉男 皐月
c0002171_09134351.jpg
田続明 真柏
c0002171_09142438.jpg
高倉一男 野梅
c0002171_09145766.jpg
八木沼芳二 真柏
c0002171_09153459.jpg
澳耳又邑全教 かえで
c0002171_09163995.jpg
杉浦義尚 五葉松
c0002171_09171603.jpg
井上豊一 真柏
c0002171_09180242.jpg
島方孝晴 かえで
c0002171_09184014.jpg
菊田勝三 赤松
c0002171_09191579.jpg
近藤一史 野梅
c0002171_09200268.jpg
館幸太郎 真柏
c0002171_09204179.jpg
中野喜美江 かえで
c0002171_09212200.jpg
廣瀬町子 長寿梅
c0002171_09221530.jpg
c0002171_09222700.jpg
平山重孝 五葉松
c0002171_09230434.jpg
関根宏一 紫式部
c0002171_09233923.jpg
星良一 野梅
c0002171_09241881.jpg
村上佐和次 姫美好
c0002171_09245691.jpg
村上佐和次 ちりめんかずら
c0002171_09251700.jpg
霜田義江 けやき
c0002171_09260095.jpg
霜田孝光 五葉松
c0002171_09263034.jpg
大森忠嗣 山もみじ
c0002171_09270684.jpg
清水欣一 寒ぼけ
c0002171_09275966.jpg
内田昇 五葉松
c0002171_09284534.jpg
青木洋 黒松
c0002171_09292360.jpg
斉藤功 真柏
c0002171_09301777.jpg
塚越満雄 寒ぼけ
c0002171_09310902.jpg
久保田将万
c0002171_09314390.jpg
小林昭雄
c0002171_09322018.jpg
藤原重政
c0002171_09330103.jpg
石井千一
c0002171_09334103.jpg
羽鳥弘 けやき
c0002171_09341581.jpg
吉永久徳 黒松
c0002171_09345252.jpg
隅田真一 ちりめんかずら
c0002171_09352772.jpg
笠井清秀 五葉松
c0002171_09370504.jpg
豊田啓治 真柏
c0002171_09374321.jpg
和田法宏 五本松
c0002171_09382003.jpg
c0002171_09390728.jpg
c0002171_09392184.jpg
c0002171_09395168.jpg
c0002171_09445210.jpg
米村金夫 真柏
c0002171_10270871.jpg

永塚滋 五葉松
c0002171_09461098.jpg
森波博 真柏
c0002171_09464319.jpg
森岡英一 真柏
c0002171_09470996.jpg
c0002171_09472070.jpg
梅原武 山もみじ
c0002171_09474152.jpg

宮内庁 檜
c0002171_09402655.jpg
東京都美術館の国風盆栽展へ行ってきました。

“アランカル”なんて言いたくなるような中2心をくすぐられる造型美。盆の上の宇宙。兼六園に行ったとき”これは殿様のリアルサイズ盆栽だ”とか想ったけれど、素晴らしい盆栽はまるで縄文杉の縮小版のような密度の魅力でした。

小さな大樹の幹は骨であり筋肉だと知り。捩じれる體は荒木飛呂彦のよう。そしてひとつひとつの容貌は運慶の彫る無著菩薩立像 世親菩薩立像のような存在感を湛えていました。

年輪を重ねたひだの美は若々しいつるっとした者には出せないと謂ったはかわぐちかいじだったか。時間がつくりだす美しさがそこにありました。



by wavesll | 2018-02-17 09:40 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)

Hiking in 高尾山

c0002171_01130952.jpg

c0002171_00493696.jpg

c0002171_00593298.jpg
c0002171_00165631.jpg
c0002171_00172718.jpg
c0002171_00175607.jpg
c0002171_00414427.jpg
c0002171_00515699.jpg
c0002171_00420333.jpg
c0002171_00522881.jpg
c0002171_00524807.jpg

紅葉が色づき始めた頃、高尾山に赴きました。

高尾山は2回目。今回は一番メジャーなコースでない道で往路・復路と歩いたので、山頂での紅葉や蛸杉の他、吊り橋や滝なんかも楽しめて。名物のとろろ蕎麦もいただきました。

上の広場ではアコギで『涙そうそう』を歌う人たちとか。何だか70sなユース感覚というか、礼文の桃岩荘もそうですがハイキングとフォークは親和性が高いのかもしれません。

個人的には苔むした狛犬が美しく感ぜられました。鎌倉・源氏山といい街に臨した山のハイキングはサクっと踏破出来いいですね。

by wavesll | 2017-11-14 00:30 | 街角 | Trackback | Comments(0)

小石川後楽園 東京ドームを借景とした江戸庭園

c0002171_23472781.jpg
c0002171_23474284.jpg
c0002171_23475868.jpg
c0002171_234815100.jpg
c0002171_23484569.jpg
c0002171_2349067.jpg
c0002171_23493394.jpg
c0002171_23494958.jpg
c0002171_23501215.jpg
c0002171_23502921.jpg
c0002171_23505464.jpg
c0002171_23511336.jpg
c0002171_23513237.jpg
c0002171_23514892.jpg

水戸徳川家の日本庭園、小石川後楽園。
今は東京ドームを借景にTOKYOの庭園の姿をみせてくれました。現代風景と江戸の情景が交じるのは結構好きで。浜離宮の高速道路の走行音や姫路城の補修骨組なんかも好きでした。

江戸太神楽という芸のステージがありました。話を聴くとカトマンズやトルコにも行っているらしく、この後は越後へ行くとか。旅から旅へ、いいですね◎

美事な枝振りの松や、円月橋の美しさ。気持ちの良い秋の日差しの中で穏やかな時間を過ごせました。
by wavesll | 2017-10-09 23:57 | 街角 | Trackback | Comments(0)

長谷寺の紫陽花

c0002171_22105528.jpg

by wavesll | 2017-06-30 22:08 | 街角 | Trackback | Comments(0)

三春の滝桜に行ってきた!

c0002171_176781.jpg
c0002171_1763634.jpg
c0002171_1764499.jpg
c0002171_1773327.jpg
c0002171_1774244.jpg
c0002171_178059.jpg
c0002171_178957.jpg
c0002171_1782147.jpg
c0002171_1783622.jpg
c0002171_1784544.jpg
c0002171_1785550.jpg
c0002171_179687.jpg
c0002171_1791680.jpg
c0002171_179276.jpg
c0002171_1793743.jpg
c0002171_1794987.jpg
c0002171_1795866.jpg
c0002171_17104970.jpg
c0002171_1710596.jpg
c0002171_17113276.jpg
c0002171_17114389.jpg
c0002171_17115269.jpg
c0002171_17121319.jpg
c0002171_17122286.jpg
c0002171_17123268.jpg
c0002171_17125383.jpg
c0002171_1713594.jpg
c0002171_17131583.jpg
c0002171_17132625.jpg
c0002171_17134752.jpg
c0002171_17135641.jpg
c0002171_1714574.jpg
c0002171_17141471.jpg
c0002171_17143374.jpg
c0002171_17144297.jpg
c0002171_1715435.jpg
c0002171_17151911.jpg
c0002171_17161882.jpg
c0002171_17154524.jpg
c0002171_17165747.jpg
c0002171_17171932.jpg
c0002171_17173098.jpg
c0002171_1723987.jpg
c0002171_17231810.jpg
c0002171_17232823.jpg
c0002171_17233738.jpg
c0002171_17235827.jpg
c0002171_1724833.jpg
c0002171_17241786.jpg
c0002171_17242818.jpg
c0002171_17244764.jpg
c0002171_17245695.jpg
c0002171_1725587.jpg
c0002171_17251433.jpg
c0002171_17253134.jpg
c0002171_17254165.jpg
c0002171_17255195.jpg
c0002171_1726192.jpg
c0002171_17264695.jpg
c0002171_17265657.jpg
c0002171_1727613.jpg
c0002171_17272422.jpg
c0002171_17275974.jpg
c0002171_1728974.jpg
c0002171_17284269.jpg
c0002171_17291458.jpg
c0002171_17292777.jpg
c0002171_17293836.jpg
c0002171_17294931.jpg
c0002171_17302630.jpg
c0002171_17303516.jpg
c0002171_17305753.jpg
c0002171_1731715.jpg
c0002171_17314397.jpg
c0002171_17315276.jpg
c0002171_173219.jpg
c0002171_17321155.jpg
c0002171_173243100.jpg
c0002171_17325363.jpg
c0002171_1733432.jpg
c0002171_17331468.jpg
c0002171_1734824.jpg
c0002171_17342154.jpg
c0002171_1734329.jpg
c0002171_17344177.jpg
c0002171_1735984.jpg
c0002171_1735197.jpg
c0002171_17353064.jpg
c0002171_17354114.jpg
c0002171_1736258.jpg
c0002171_17361156.jpg
c0002171_17362022.jpg
c0002171_17362813.jpg
c0002171_17365147.jpg
c0002171_17365918.jpg
c0002171_1737810.jpg
c0002171_17371620.jpg
c0002171_17373953.jpg
c0002171_1737487.jpg
c0002171_17375952.jpg
c0002171_1738767.jpg
c0002171_17381817.jpg
c0002171_17384275.jpg
c0002171_17382638.jpg
c0002171_17383366.jpg


三春の滝桜へみにいきました。
流石日本三大桜、去年観た六義園のしだれ桜も凄かったけれど、こちらの紅枝垂桜も球形に咲き誇る様が素晴らしかった。

草叢のつくしに福島の春を感じて。三春町の"三春"の由来は桜、梅、桃の花が同時に咲くことからとソフトクリーム屋のおばちゃんが言ってました。フードコートのグルメンチという三春産のピーマンが入ったメンチカツが美味しかった。

着いたのは13時頃だったのですが、14時くらいから曇りがちになって通り雨が降ったり。滝桜号という駅と滝桜を結ぶバスが16:20で終了で、ライトアップに間に合わない状況で、帰路に着くか迷ったのですが、せっかく満開の時期にこれたしと6時間粘りましたw18時から照明は灯るけれどまだ明るく、見頃は19時とのこと。

ライトアップされると背景の桜の木々から浮き上がったからか滝桜がより大きく感じました。美しい霊性。素晴らしかった。

タクシーの配車を頼もうとしたら「出払っていて今夜は無理」と言われ焦ったのですが、駐車場に来ていたタクシーの運転手さんに車両を呼んでもらえて、同じように駅へ向かう方と相乗りできたのは幸運でした。

そうして駅に着くと大勢の制服の集団が。旅行者っぽい方々の話を聴くと強風でもう1.5時間位待たされているとのこと。"今日中に還れないとヤバイな"と想ったのですが、何とか動いてくれて。

帰りは駅で知り合った方と桜話に花を咲かせました。福島には雪村の庵の桜なんかもあるとか。一目千本や花見山もあるし、福島は桜の郷ですね。

なんとか午前様にならずに帰宅。とはいえ渋谷から三春まで7000円弱だし、大宮から郡山は新幹線で1hで、"福島って思ったよりも近いんだ"というのも収穫。

瀧櫻に一日中いたから、眠るときに海に行った夜に波を感じる如く瞼の裏に桜が現れ。桜尽くしの一日、素晴らしかった。


桜風
『2001年宇宙の旅』at恵比寿ガーデンシネマ爆音映画祭と中目黒の桜
第5回音の貝合わせ 千鳥ヶ淵の花筏、上野の桜吹雪、なんだかそれは花見日和なんだ
吉野の山桜 晩春爛漫
山下公園と中目黒の桜 X Residents - Sokurha 第29回音の貝合わせ
Nuno Canavarro - Plux Quba X 花曇りの千鳥ヶ淵 第30回音の貝合わせ
by wavesll | 2017-04-20 19:25 | | Trackback | Comments(0)

草間彌生展 わが永遠の魂@新美

c0002171_23322221.jpg
c0002171_23323695.jpg
c0002171_23324649.jpg


草間彌生展、ドチャクソヤバかった。くらくらした。富士山からの“21世紀の草間彌生”にガガガツーン喰らって。そして初期からの画のその情念、(男根を打ち出してるから敢えていうけど)女には敵わねえなあと。そして『天上よりの啓示』、こんな蠢く生命の構造体初めて見た。文句なし。お勧めです。

と直後にTweetしたのですが、これだけでも情熱は伝わるかも(笑)

新美に着くとなんと平日にしてチケット売り場に行列が。流石ミュシャ&草間は凄い。10分ほど並んでチケットを買えば中での並びはなかったです。

草間彌生展、最初の展示は『生命は限りもなく、宇宙に燃え上がっていく時』という富士山の絵画。これは浮世絵の原画で、その浮世絵展にも行っていたので感慨深かったです。ってかこんなにデカい原画だったのか…!

そして次の広間が一気に開けてドガーンと作品の焔がExplosionしている『連作「わが永遠の魂」』。これがもの凄い熱量。公式Webサイトに特設ページがあり、撮影可だったので後で写真載せますが、このグワワワワとくる炎のような熱源は現場で体感してこそだと想います。

私は
『星のすみか』『初恋』『人間達の営み』『行こう、空の彼方へ』『私に愛を与えて』『開花の季節に涙するわたし』『永遠の美』『恋は呼んでいる』『人間愛の果て』『悲しみの日々を超えて』『心のすべて』『空の一隅』『天空の祭り』『生きる喜び』『ふるさとへ帰りたい』『原爆の足跡』『宇宙の足跡』『祭りの中の群衆』『死が訪れた瞬間』
が好きでした。いや、全部で130点あるというヴォリュームで。水玉の連弾にはアボリジニのアートのような鮮烈なスピリチュアルを感じたのですがスタッフの方に聴くと特にアボリジニアートへの参照はないとのこと。彼女にとっては水玉はまさしく世界がそう捉えられるという表現。

さて、第二部に入ると白黒の線画でやはり水玉のぽつぽつがある人物画『(無題)』等の初期作品が。

繰り返される水玉は姿を変えてNY時代は「YAYOI KUSAMA」が羅列され貼られる『文字の集積』、「VIA AIR MAIL」が繰り返し貼られる『Airmail Stickers』、数々の顔写真のコラージュをアリの巣のような線がうねり貫く『顔の集積No.2』へと変幻していきます。

そして『The Man』という作品を始め男根がうにょうにょ生える作品が勃発。男根を顕わすであろう突起物の作品群をみていると、水玉というか斑点に関しても性的なモチーフなのかもしれないという想いに駆られました。

アボリジニの話でいうと、ウルルには女陰とされる部分があったりもして。ただどちらかというと水玉/斑点は性病の湿疹というか、鈴木其一の点苔のような自然から生まれる不気味な生命力を感じました。

『自己消滅』『自己消滅#2』ではポップアートのようなヌードを伴う作品をみせ、『Kusama's Self-Obliteration 草間の自己消滅』というビデオ作品ではハプニングというパフォーマンスアートの様子も。

また文学作品では"自殺"、"陰茎斬り"、"男娼"、"心中"、"精神病院"といったキーワードが並び此のおどろおどろしさが後に『連作「わが永遠の魂」』のような原色の明快さにネガポジ反転するのだなと。

そんなネガポジ反転の象徴がカボチャ。銀紫金の『南瓜』の輝きが素晴らしくPOPで。美術館の外にも巨大な『南瓜』がありました。

また『生命の輝きに満ちて』は1965年の『無限の鏡の間』にプロトタイプを持つ、電飾と鏡の無限空間作品。時空に放り出された気持ちになりました。

帰国後の作品1970-2000では蛾や蝶が飛び交う『自画像』や、『闇に埋れる我青春』、『みどり色の死』、『魂のをきどころ』、『暁の蕾』、『戦争の津波』、『無名戦士の墓』、『戦争』、『自殺した私』『水に映った蔭』といった一連の作品の陰鬱な情念に降参。草間彌生には敵わないし、女性の情念の前では男の陰鬱なんてなんと甘っちょろいものなのだろうと想わされました。

そして次の部屋がこの展覧会の最大の輝きで。

水玉の連関はネクストレヴェルへ行き、おたまじゃくしの『魂を燃やす閃光A.B.Q』、草間彌生流のエネルギッシュなボタニカル作品『一億年の星屑』、瀧のような、幹のようなモノクロ作品『よみがえる魂』、ちんぽこちんな突起物が可愛い無限に上下に伸びる梯子の『我ひとり逝く』に加え、『天上よりの啓示』、この蠢く赤、黄緑の小丸、草間彌生の作品からは常に生命の蠢動を感じますが、これほど生命力にあふれた絵画は稀有で、ほとんどありえないくらいのエナジーを感じました。これは生で見て欲しい。

最後の部屋では黄色と黒の触手・樹枝の『黄樹』、"実家の商売からだというけれど草間さんはカボチャに出逢えて良かったなぁ"と思わせる『かぼちゃ』、そしてその発展形『黄樹リビングルーム2017』も"草間彌生の世界に住む"といった感じで感銘を受けました。

さて、そうしてまた『連作「わが永遠の魂」』の間へ。写真撮りまくってしまいました。これ、ネタバレになってしまうかもしれないし、せっかく本物を観れるチャンスが今あるのだからこのインパクトは変に先入観なく現場で先に見て欲しいです。と、いうわけで、もう見たという方向けとして写真を載せます。

c0002171_0485165.jpg
c0002171_049163.jpg
c0002171_0491226.jpg
c0002171_0492188.jpg
c0002171_049442.jpg
c0002171_0495379.jpg
c0002171_050534.jpg
c0002171_0501490.jpg
c0002171_0503658.jpg
c0002171_0504599.jpg
c0002171_0505391.jpg
c0002171_051110.jpg
c0002171_0512155.jpg
c0002171_0513028.jpg
c0002171_0513870.jpg
c0002171_0515093.jpg
c0002171_0521361.jpg
c0002171_0522139.jpg
c0002171_0522947.jpg
c0002171_0523898.jpg
c0002171_053893.jpg
c0002171_053169.jpg
c0002171_0532419.jpg
c0002171_0533343.jpg
c0002171_053497.jpg
c0002171_0535759.jpg
c0002171_054450.jpg
c0002171_054122.jpg
c0002171_0542888.jpg
c0002171_0543544.jpg
c0002171_0544311.jpg
c0002171_0545429.jpg
c0002171_0551017.jpg


会場外では観客が水玉のシールを貼って完成させる作品『オブリタレーションルーム』が。最後の最後まで楽しませてくれる素晴らしい展覧会でした。

c0002171_0551742.jpg
c0002171_0552589.jpg
c0002171_0553382.jpg


おまけ(5/9追記)
GINZA SIXの白赤南瓜、上から見るか、横から見るか、下から見るか
c0002171_4413824.jpg
c0002171_4415168.jpg
c0002171_442199.jpg

by wavesll | 2017-04-14 17:42 | 展覧会 | Trackback | Comments(2)