タグ:横浜 ( 49 ) タグの人気記事

内海信彦 「INNERSCAPE SERIES 宇宙山水屏風」展 @ FEI ART MUSEUM YOKOHAMA

c0002171_03040510.jpg
c0002171_03042216.jpg
c0002171_03043967.jpg
c0002171_03045913.jpg
c0002171_03051348.jpg
c0002171_03053575.jpg
c0002171_03063910.jpg
c0002171_03070234.jpg
c0002171_03072202.jpg
c0002171_03055723.jpg

横浜・鶴屋町のFEI ART MUSEUM YOKOHAMAにて内海信彦 「INNERSCAPE SERIES 宇宙山水屏風」展をみてきました。

深海の山水画、天の気が金色からあふれていて。

風景画が抽象化を経て自然の本質へ究まるのはプーキシン展Cornelia Thomsen展でも感じたことですが、アブストラクトな表現がいかなるものからエンコードされたものか想像を巡らすのは自然というCHAOSから理を読み解いてきた進化から生まれる習慣かもしれませんね。

書道は線を観るにあらず、その線が描かれた筆と身体の流れをみるのだ、といいますが、この画も筆の身体性を立体的に想像すると脳の新たな部位が触発される気がしました。

天海の航空写真のような輝きに見惚れた験となりました。

by wavesll | 2018-06-17 03:16 | 展覧会 | Comments(0)

横浜ソバ処変わり種 東白楽のわんこそば & 東神奈川の蕎麦道具屋

たち花
c0002171_19423447.jpg

by wavesll | 2018-06-07 19:42 | 街角 | Comments(0)

リス像に松ぼっくり

c0002171_21541710.jpg
ふらりと立ち寄った白楽の公園の入り口にて。粋なことをすなる御人もいるものだ。


by wavesll | 2018-05-29 21:55 | 街角 | Comments(0)

ギリヤーク尼ヶ崎 50周年記念横浜公演@六角橋商店街ドッキリヤミ市場

c0002171_08324472.jpg

c0002171_03114361.jpg
c0002171_03115853.jpg
c0002171_03121698.jpg
c0002171_03123454.jpg
c0002171_03125807.jpg
c0002171_03133008.jpg
c0002171_03135199.jpg
c0002171_03141023.jpg
c0002171_03143283.jpg
c0002171_03145122.jpg
c0002171_03150819.jpg
最後の大道芸人!1990年代絶頂期のギリヤーク尼ケ崎『じょんがら一代』神戸公演より 湊川神社

数年前TVのドキュメンタリーで知って気になっていた舞踏家のギリヤーク尼ヶ崎さんが六角橋商店街で公演を行うと聴き馳せ参じてきました。

椎間板ヘルニアやパーキンソン病を患い、87歳という高齢にして命の向こう側まで続く焔のような舞い。なんて透き通った瞳なんだ。数珠を振り回し水を振り撒き、地をのたうちまわる。

どこまでも切実で呪術的なオーラを感じさせる舞いに人を惹きつける重力が生じ、ひしめきあう観客と演者の異様な熱量が闇の中に存在していました。

「あと2年で(念仏じょんがらは)完成させる」「次はもっと仕上げてくる」。藝の道とはかくたることか。終演後投げ銭して語りかけ握手してもらった際の本当に力強い握力が頼もしかったです。

by wavesll | 2018-05-20 03:27 | 舞台 | Comments(0)

横浜市港北区・太尾堤緑道にあるヨコハマビエンナーレ'89の彫刻遺産群

c0002171_19334738.jpg
c0002171_19355304.jpg
c0002171_19362758.jpg
c0002171_19365022.jpg
c0002171_19374138.jpg
c0002171_19384485.jpg
c0002171_19403700.jpg
c0002171_19393002.jpg
c0002171_19410619.jpg
c0002171_19372301.jpg

by wavesll | 2018-05-14 19:42 | 街角 | Comments(0)

横浜市立幸ヶ谷小のクジラ壁画

c0002171_17422776.jpg
白楽のGOKURAKUや野毛のCHIGUSAと同じくRocco Satoshiのコラボの壁画。小学校はこの上に建っています。
by wavesll | 2018-04-30 17:46 | 街角 | Comments(0)

電線って時に天高く設営されたインスタレーションにみえる時がある X Lubolo - Redelamente 第46回音の貝合わせ

Lubolo - Redelamente (bandcamp)
c0002171_19145686.jpg
c0002171_19150792.jpg
宙に停まるオブジェクトと浮遊する音の連なる調和が伸びていく弥生の夕に居りました。空に遊んだ景に色に、心も少し浮きました。

by wavesll | 2018-03-25 19:15 | La Musique Mariage | Comments(0)

Niwa-Gardd-Garden 岩手柿内沢鹿踊を起点にするダンス 創造に根差すもの

c0002171_00273947.jpg
c0002171_00275580.jpg
c0002171_00282292.jpg
c0002171_00283379.jpg
c0002171_00284653.jpg
c0002171_00290006.jpg
Odori Dawns Dance

BANKART Studio NYKにて行われたNiwa-Gardd-Garden 国際ダンス交流プロジェクト〈Odori-Dawns-Dance〉をみてきました。

英国ウェールズ出身のショーネッド・ヒューズさんが岩手県住田町に住みながら、そこに伝わる行山流山口派柿内沢鹿踊(ししおどり)に喚起されたダンス・プレゼンテーション。

踊り手たちが口歌唱(くちしょうが)を唱えながら舞い、太鼓を打ち鳴らす。

PAを通さない生の音がとてつもなく迫真性が有って。コンクリート打ちっぱなしの中で響く太鼓の神轟き、アイヌのウポポや沖縄の神歌に通じる澄んだ旋律、そして足音や衣の擦れ音、全てが澄明に響き、ミニマルやエクスペリメンタル・ミュージックとして感ぜられて。

鹿の装いをするために休憩を取り、その後鹿踊が披露されました。(写真は舞台本番でなく、幕間などに撮ったものです)
キリンが首で打ち合うように背中から生えた角?をぶつけあう勇壮な姿、仮面をつけるまえにも想っていましたが、人ならざる精霊に成っていると。

ヤマトが地方の豪族を退治していく過程での文化的残滓が妖怪だとすれば、あまりに清浄な縄文的な調べはまさしく異教のカミであり、それがヤマト文化圏の外からの目で見つけられるのはストレートな結果にも想えました。

その後のトークセッションにも参加して。鹿踊のリズムは非常に難しいものがあること、地元の人は腰を低くする等の基礎以外は自由にしていいというレジリエンスがあること。町でのお祭りには観光客が居なく、本当に純粋に地元の人の伝統芸能であること。

また口歌唱は仮面をしているため太鼓の叩きだしのリズムを合わせるために唱えられている事、無音であったり倍速にしている部分はショーネッドさんが顕わした部分であること等を聴けました。

そして一番印象的だったのは文化へ敬意を払い、人生に根差した藝術への姿勢。ショーネッドさんは住田町に何年も住み人間同士の関係を町人の方々と創り、そして今後もこの活動を続けていく。

一人のダンサーの女性は「外から来た人間がこの踊りを舞っていいのか葛藤があったが昨年末ようやく乗り越えられて」と話されて。文化・伝統に対して消費でなく創造として関わるとはこう生きることかと深い感銘を受けました。

時が醸した素晴らしい藝能に、感謝と心からの敬意を。





by wavesll | 2018-02-19 01:09 | 舞台 | Comments(0)

横浜市西区章

c0002171_18035820.jpg

by wavesll | 2018-01-18 18:04 | 街角 | Comments(0)

元旦初詣@伊勢山皇大神宮

c0002171_14250459.jpg
c0002171_14251414.jpg
c0002171_14253390.jpg

横浜総鎮守 伊勢山皇大神宮へ。今年もつつがなきを祈って。そして挑める勇気を願いました。
by wavesll | 2018-01-01 14:29 | 街角 | Comments(0)