人気ブログランキング |

タグ:海外 ( 71 ) タグの人気記事

O'ZBEK蒼天 ウズベキスタン旅行記 16. タシケント:ナヴォイ劇場、そして帰国

c0002171_21423263.jpg

タシケントの街にはオブジェが多い。宇宙飛行士ジャニベコフの像などもあった。
c0002171_22000644.jpg
c0002171_22002298.jpg
c0002171_22003579.jpg
c0002171_22005122.jpg
c0002171_21443969.jpg
c0002171_21451355.jpg
c0002171_21452931.jpg
c0002171_21454260.jpg
c0002171_21461045.jpg
c0002171_21462629.jpg
そしてみえてきたのはこの旅最後の観光地、ナヴォイ劇場。
c0002171_21472552.jpg
c0002171_22361371.jpg
ナヴォイ劇場はオペラとバレエの専門劇場で、デザインはシュセフが行った。スターリンが気に入りシュセフには金のメダルが贈られ、彼はモスクワのコンサートホールなども作った。

1Fは舞台と820の客席、2F、3Fは6つのホールとなっていて、各州の文化や金で彩られている。今は蝶々夫人がやっていたが、チケットがない為中に入ることは出来なかった。
c0002171_21495919.jpg
綿花をイメージした噴水
c0002171_21524643.jpg
ナヴォイ劇場はWW2中に建てられ、1945年にソ連が強制労働させた日本人が最後の内装の仕上げをした。

タシケントの大地震でも壊れなかったナヴォイ劇場は日本人の勤勉さをウズベキスタンの人々に印象付けた。
c0002171_21554454.jpg
c0002171_21560215.jpg
c0002171_21562607.jpg
c0002171_21564094.jpg
ナヴォイ劇場の壁面には日本人のことを記したレリーフがある。当初は「日本人捕虜」という表記だったが、戦争終了後に連れてこられたということで、今は「日本国民」と彫ってあった。
c0002171_21584440.jpg
c0002171_21590493.jpg
c0002171_21591791.jpg
c0002171_21593725.jpg
そこから最後の最後の目標地点、スーパーへ。スムからドルへの両替はできないため、最後に残ったスムをお土産などで遣った。
c0002171_22012982.jpg
c0002171_22035822.jpg
そして空港へ
c0002171_22044705.jpg
c0002171_22051905.jpg
c0002171_22053232.jpg
c0002171_22054640.jpg
c0002171_22055941.jpg
厳重なセキュリティを抜けてロビーにてジンジャーのビールを。
c0002171_22064729.jpg
ウズベキスタン最後の光景は夜景の上に浮かぶ三日月だった。
c0002171_22071631.jpg
c0002171_22073232.jpg
c0002171_22074431.jpg
大韓航空の飯はやっぱり美味い。韓国麦酒はイマイチだったが。
c0002171_22100638.jpg
機内では『アクアマン』をみた。ヒーローの革新性においてはマーヴェルに後れを取っているが、痛快に楽しめる娯楽映画で、深海の超文明というファクターで『フィフス・エレメント』の都市像を更新したのではと思った。

c0002171_22115315.jpg
c0002171_22120880.jpg
c0002171_22123715.jpg

朝だ、仁川に戻ってきた。最早近所の感覚だw
c0002171_22130149.jpg
c0002171_22132029.jpg
行きのトランジットで替えたウォンで水を買う。ほんとトランジットラウンジいいわ。
c0002171_22140514.jpg
最後の機内食、また肉になってしまったw
c0002171_22143913.jpg
成田は梅雨だった。
c0002171_22151251.jpg
大学の頃から十余年想い続けてきたウズベキスタンの青を浴びまくった旅だった。

弾丸のようなツアーだったけど、帰宅してから2週間以上にわたって旅行記を書けるほどの密度の旅ができた。ターニャさんや同じツアーのお客さん、ドライヴァー、そしてウズベキスタンの人たちに感謝したい。

ウズベキスタンは憧れの、一つの究極だと思っていたが、いざ行ってみると、まだまだヒヴァもあるしカラコルパクスタンもあるし、さらに中央アジアの国々の話とか、ブハラもサマルカンドもまだまだみるところ一杯あるし、果ての先にはさらなる天地が拡がっていて。ゴールかと想ったらスタート地点のような気分だ。

旅のモードに入るには3泊は短かったが、旅想は帰ってからの旅日記を認めることで補完できたようにも想。

本当に綺麗で、平和で。素晴らしくヤフシ(Good)な国だった。ラフマット(ありがとう)★★★★★

by wavesll | 2019-07-23 22:21 | | Comments(0)

O'ZBEK蒼天 ウズベキスタン旅行記 15. タシケント:ウズベキスタン国立工芸博物館

c0002171_05395048.jpg
タシケントでウズベキスタン国立工芸美術館に滑り込み入場
c0002171_05041037.jpg
c0002171_05042998.jpg
c0002171_05044365.jpg
c0002171_05045829.jpg
ここはロシア公司の家として建てられ、壁の穴などウズベキスタン伝統の様式が活かされている。唯一ミフラーブだけあえてメッカの方向を外しているそうだ。暖炉はイスラムと正教の物が。部屋の真ん中は噴水だそう。
c0002171_05123707.jpg
c0002171_05133528.jpg
c0002171_05140659.jpg
c0002171_05142374.jpg
c0002171_05144539.jpg
c0002171_05150501.jpg
c0002171_05152019.jpg
c0002171_05153357.jpg
c0002171_05154890.jpg
c0002171_05161310.jpg
c0002171_05163049.jpg
c0002171_05164683.jpg
c0002171_05170130.jpg
c0002171_05172472.jpg
c0002171_05173959.jpg
c0002171_05175582.jpg
ここは水タバコの部屋。春分の旧正月のナブルーズという祭りの絵とかがあった。
c0002171_05200230.jpg
c0002171_05201638.jpg
c0002171_05203193.jpg
c0002171_05204515.jpg
c0002171_05210931.jpg
c0002171_05212297.jpg
c0002171_05213644.jpg
c0002171_05214936.jpg
c0002171_05221198.jpg
c0002171_05222519.jpg
c0002171_05224734.jpg
c0002171_05230075.jpg
c0002171_05235085.jpg
c0002171_05241144.jpg
陶芸や楽器、アクセサリーやタペストリーなどをたっぷり撮った。
c0002171_05250564.jpg
c0002171_05251970.jpg
c0002171_05253863.jpg
c0002171_05255384.jpg
c0002171_05262979.jpg
c0002171_05271392.jpg
c0002171_05273633.jpg
c0002171_05280362.jpg
c0002171_05281991.jpg
c0002171_05283443.jpg
c0002171_05284995.jpg
c0002171_05291124.jpg
c0002171_05292630.jpg
c0002171_05294231.jpg
c0002171_05300554.jpg
c0002171_05304156.jpg
c0002171_05305501.jpg
c0002171_05311001.jpg
c0002171_05313925.jpg
c0002171_05323095.jpg
c0002171_05324504.jpg
c0002171_05325812.jpg
c0002171_05331208.jpg
c0002171_05341433.jpg
c0002171_05342654.jpg
c0002171_05351062.jpg
c0002171_05353539.jpg
c0002171_05354965.jpg
c0002171_05362325.jpg
c0002171_05363422.jpg
c0002171_05370800.jpg
c0002171_05373314.jpg
c0002171_05375202.jpg
c0002171_05380422.jpg
c0002171_05381664.jpg
c0002171_05383349.jpg
c0002171_05384653.jpg
c0002171_05390984.jpg
c0002171_05392127.jpg
c0002171_05395048.jpg
c0002171_05002061.jpg
c0002171_05410100.jpg
c0002171_05420320.jpg
c0002171_05421851.jpg
c0002171_05423328.jpg
c0002171_05430279.jpg
c0002171_05431739.jpg
c0002171_05433351.jpg
c0002171_05434743.jpg
c0002171_05442383.jpg
c0002171_05444127.jpg
c0002171_05445546.jpg
c0002171_05451371.jpg
c0002171_05454952.jpg
c0002171_05460642.jpg
c0002171_05462616.jpg
c0002171_05464380.jpg
c0002171_05470814.jpg
c0002171_05472488.jpg
c0002171_05481710.jpg
c0002171_05483532.jpg
c0002171_05490172.jpg
c0002171_05491537.jpg
c0002171_05493869.jpg
c0002171_05495050.jpg
c0002171_05500391.jpg
c0002171_05502611.jpg
c0002171_05504191.jpg
c0002171_05505623.jpg
c0002171_05511036.jpg
c0002171_05513307.jpg
c0002171_05514895.jpg
c0002171_05520411.jpg
c0002171_05521846.jpg
c0002171_05523970.jpg
c0002171_05525186.jpg
c0002171_05530708.jpg
c0002171_05535287.jpg
c0002171_05542095.jpg
c0002171_05543529.jpg
c0002171_05545036.jpg
c0002171_05551773.jpg
c0002171_05553091.jpg
c0002171_05554263.jpg
c0002171_05555798.jpg
c0002171_05561833.jpg
c0002171_05563110.jpg
c0002171_05564442.jpg
c0002171_05565993.jpg
c0002171_05571379.jpg
工芸美を後にし、ウズベク最後の観光スポット、ナヴォイ劇場へ。




by wavesll | 2019-07-21 05:57 | | Comments(0)

O'ZBEK蒼天 ウズベキスタン旅行記 14. サマルカンド2タシケント



c0002171_23262823.jpg
サマルカンドの乗り合いタクシー場、ここで相乗りして3h強でタシケントへ行くらしい。我々はバスで5hかけてタシケントへ向かう
c0002171_23284688.jpg
ザラフシャン川(金の川)を渡る
c0002171_23290245.jpg
小麦の貯蔵庫。小麦話だと、男が娘にサマルカンド・ナンを分けると結婚らしい。サマルカンド・ナンの風習だと、戦争中は、戦争に往く息子の部屋にナンを張り付けたそうだ。
c0002171_23295900.jpg
パミール高原
c0002171_23325346.jpg
c0002171_23343233.jpg
写真は撮らなかったが、葬式の行列とすれ違った。1つのパレードだった。

また時々馬車ともすれ違った。
c0002171_23361738.jpg
c0002171_23363833.jpg
沿道の売店
c0002171_23372942.jpg
c0002171_23374370.jpg
c0002171_23375621.jpg
c0002171_23381242.jpg
c0002171_23382721.jpg
c0002171_23385283.jpg
大岩山2つに挟まれたチムール門へ。ここが王国のゲートだった。
c0002171_23395641.jpg
c0002171_23401183.jpg
c0002171_23402586.jpg
c0002171_23404000.jpg
c0002171_23410271.jpg
c0002171_23412462.jpg
c0002171_23421151.jpg
c0002171_23423481.jpg
c0002171_23424965.jpg
c0002171_23431617.jpg
c0002171_23434375.jpg
ガイドのターニャさんからワインが振る舞われた。ウズベキスタンはソグド人の昔から葡萄酒の歴史があって、この地では子供が生まれるとワイン壺を埋めて子どもの結婚式に取り出すそうだ。

昔は甘いのがウズベク好みだったそうだが、今は欧米の感覚が入ってきて辛口も。

チムールもお酒が大好きだったとか。

個人的にはウズベクワインはそこまでで、ウズベクビールの方が美味かった。サマルカンドのカゴルワインという薬酒は気になる。
c0002171_23475386.jpg
道端にコウノトリがいた
c0002171_23515742.jpg
c0002171_23521188.jpg
c0002171_23522470.jpg
c0002171_23525041.jpg
c0002171_23530619.jpg
c0002171_23531941.jpg
c0002171_23533217.jpg
ウズベク料理は結構食えるのだが、動物性の油を大量に使うからか腹をこわす人が多くいた。旅に出る前は蒼空トイレの為トイレットペーパーを持ってこいとのことだったが、実際来るとガススタンドにトイレがあり俺は持ってきたトイレットペーパーを使うことはなかったが、腹を壊された方は途中で蒼空トイレとかしてた。その遅れから、タシケントでの予定がタイトに。スーパーマーケットいけたらいいなー><
c0002171_23561877.jpg
再びコウノトリ
c0002171_23564887.jpg
c0002171_23571987.jpg
c0002171_23573418.jpg
トラクターも普通に走る
c0002171_23580302.jpg
ガススタンド
c0002171_23582635.jpg
c0002171_23584475.jpg
c0002171_23590015.jpg
c0002171_23592371.jpg
タシケント州入り
c0002171_23593951.jpg
このクッキー美味かった
c0002171_00012507.jpg
綿花はソ連時代にモノカルチャー経済もそうだが、今でも大生産している。ただ、今の大統領は綿花から脱却し効率のいい農業に遷りたいそうだ。
c0002171_00031472.jpg
c0002171_00033071.jpg
c0002171_00035656.jpg
c0002171_00043121.jpg
c0002171_00044838.jpg
c0002171_00050549.jpg
c0002171_00052730.jpg
タシケント(トッシュ石ケント街)の街へ。タシケントは今は首都だが、歴史の上では首都となったのはこれが初めて。19Cに一番最初にロシアに征服された街で、1930年にサマルカンドから遷都した。

1966年に大地震が起き旧市街が破壊され、現在の街はそれからできた。街自体は2200年前からアフロシヤブ博物館の壁画にも描かれたチャッチからの人が住んでいた。
c0002171_00101069.jpg
1h遅れて16:00過ぎにタシケント着。遅い午餐を。きのこのスープが美味かった。夜飯は機内食なので、これがウズベク最後の食事。
c0002171_00113927.jpg
c0002171_00115474.jpg
c0002171_00120918.jpg
c0002171_00122446.jpg
c0002171_00123839.jpg
c0002171_00130014.jpg
c0002171_00131463.jpg
c0002171_00132702.jpg
c0002171_00134058.jpg
さぁていよいよ旅も仕上げに入ってきた。これからタシケント観光だ◎




by wavesll | 2019-07-20 00:14 | | Comments(0)

O'ZBEK蒼天 ウズベキスタン旅行記 13. サマルカンド:ウルグ・ベク天文台

c0002171_06315594.jpg
アフロシヤブ博物館からほど近くにウルグ・ベク天文台はある
c0002171_06331423.jpg
ウルグ・ベクはチムールの孫で、チムール朝の王となった人物
c0002171_06371549.jpg
c0002171_06373984.jpg
ここはウルグ・ベクがつくった六分儀のオリジナルとミュージアムがある。この天文台はずっと探されていて、1908年にロシアの考古学者ヴァシリー・ヴィヤトキンが発見した
c0002171_06390126.jpg
c0002171_06392541.jpg
先にミュージアムへ
c0002171_06400476.jpg
ウルグ・ベクは軍事的指導者としてはからきしで、チムールが拡げた版図をほぼウズベキスタンの大きさに減らしてしまう。その為大司教や息子の画策で処刑されてしまう。

しかし彼は学問の分野において多大なる功績を遺した。

ミルゾ・カリー・ウルグ・ベクといい、字も上手ければコーランもよく覚え、生物学、数学、地理、物理、天文学を普及・発展させた。

彼は戦争が嫌いで、学問が好きで。国家も宗教もなくなるが科学はなくならないと考えていた。

このミュージアムでは彼やチムールの功績が展示されていた。
c0002171_06511678.jpg
c0002171_06513595.jpg
c0002171_06520690.jpg
c0002171_06522145.jpg
c0002171_06524120.jpg
c0002171_06525335.jpg
c0002171_06541535.jpg
c0002171_06543474.jpg
c0002171_06545164.jpg
c0002171_06550610.jpg
c0002171_06552335.jpg
c0002171_06554547.jpg
c0002171_06561867.jpg
c0002171_06563311.jpg
c0002171_06565298.jpg
c0002171_06571596.jpg
c0002171_06575258.jpg
c0002171_06580523.jpg
c0002171_06582168.jpg
c0002171_06583621.jpg
c0002171_06585959.jpg
c0002171_06591286.jpg
c0002171_06593088.jpg
ウルグ・ベクは男女共学を夢想していたそうだ。本当に先進的な考えの人だったのだなぁ。
c0002171_06595436.jpg
c0002171_07011592.jpg
c0002171_07014656.jpg
c0002171_07022973.jpg
c0002171_07024194.jpg
c0002171_07032079.jpg
c0002171_07033988.jpg
c0002171_07035330.jpg
c0002171_07040888.jpg
c0002171_07042415.jpg
そして彼の最大の功績がこの天文台。地上から地下へ入る巨大な六分儀で太陽や星々を観測し、その業績は当時の欧州を超えていた。

64度の子午線に沿ってつくられ、ここでつくられた1018の星の運行はオックスフォード大学に渡った。

ここでの観測において1年が365日6時間5分8秒と観測され、現在の観測ともほぼ変わらない精度だった。
c0002171_07044255.jpg
c0002171_07052567.jpg
c0002171_07053883.jpg
c0002171_07055237.jpg
c0002171_07060569.jpg
c0002171_07062028.jpg
c0002171_07063505.jpg
c0002171_07072306.jpg
c0002171_07073421.jpg
c0002171_07075147.jpg
c0002171_07080320.jpg
c0002171_07081595.jpg
c0002171_07162982.jpg
c0002171_07164989.jpg
c0002171_07170331.jpg
c0002171_07172167.jpg
c0002171_07173526.jpg
c0002171_07175160.jpg
c0002171_07181403.jpg
c0002171_07182910.jpg
c0002171_07185682.jpg
c0002171_07191359.jpg
c0002171_07192688.jpg
c0002171_07193931.jpg
c0002171_07195580.jpg
そして今でも残る六分儀へ。

地上部分は破壊されてしまったが、地下の部分は残っている。

c0002171_07252950.jpg
ここで天体たちが観測されたのか。中世のスーパーカミオカンデだな。
c0002171_07262972.jpg
c0002171_07270274.jpg
c0002171_07272222.jpg
c0002171_23151959.jpg
c0002171_23153492.jpg
さて、ついにサマルカンドでの観光を終え、タシケントへバスで向かう。ハイル(さよなら)サマルカンド★




by wavesll | 2019-07-18 07:28 | | Comments(0)

O'ZBEK蒼天 ウズベキスタン旅行記 12. サマルカンド:アフロシヤブの丘, アフロシヤブ博物館

c0002171_21064979.jpg

アッサラーム・アライクム。ついにウズベク最終日。

朝食を食べてバスで移動
c0002171_21165048.jpg
c0002171_21473618.jpg
c0002171_21475092.jpg

ここはアフロシヤブの丘。元々サマルカンドの街はこの丘にあった。チンギス・ハンがこの丘の街を破壊し、その後で、今の旧市街の位置に再建されたのだ。
c0002171_21182604.jpg
c0002171_21184652.jpg
c0002171_21195545.jpg
今日の最初の観光はアフロシヤブ博物館。ガンガン写真上げてくのでガンガンスワイプしてほしいw
c0002171_21214507.jpg
c0002171_21220838.jpg
c0002171_21222670.jpg
c0002171_21224064.jpg
c0002171_21225780.jpg
c0002171_21231296.jpg
c0002171_21233047.jpg
昔はサマルカンドはシタデル、シャフリスタン、アラバットの3地区に分かれていて、チンギスハンがすべて破壊した後、アラバットの地域に旧市街が再建された。
c0002171_21245796.jpg
c0002171_21251217.jpg
この地は紀元前からの歴史があり、欧米人なんかはアレクサンダー大王が通った後として研究を薦めたりしている。かなり層が幾重にもなっていて発掘の難易度は高い。
c0002171_21264665.jpg
c0002171_21272266.jpg
c0002171_21273621.jpg
c0002171_21275154.jpg
古くはBC5のアクメネス朝ペルシアの土器なども出土している。
c0002171_21291684.jpg
c0002171_21293609.jpg
c0002171_21295336.jpg
c0002171_21300910.jpg
c0002171_21304144.jpg
c0002171_21305668.jpg
c0002171_21311785.jpg
c0002171_21313263.jpg
昔の窯も再現されていた
c0002171_21320875.jpg
c0002171_21322550.jpg
c0002171_21323911.jpg
c0002171_21325474.jpg
c0002171_21340655.jpg
c0002171_21344145.jpg
c0002171_21345721.jpg
c0002171_21351224.jpg
c0002171_21353497.jpg
c0002171_21355014.jpg
c0002171_21360560.jpg
c0002171_21362736.jpg
c0002171_21364857.jpg
c0002171_21370501.jpg
c0002171_21373637.jpg
c0002171_21381857.jpg
c0002171_21383481.jpg
c0002171_21384769.jpg
c0002171_21392172.jpg
c0002171_21394894.jpg
c0002171_21400144.jpg
c0002171_21401512.jpg
c0002171_21403565.jpg
c0002171_21410214.jpg
c0002171_21411910.jpg
c0002171_21414274.jpg
古代、この地ではゾロアスター教が信じられていた。ゾロアスター教では火などの四元素が信仰されていた。
c0002171_21424948.jpg
c0002171_21430325.jpg
c0002171_21431656.jpg
c0002171_21434465.jpg
古代のサイコロなど。バックギャモンで遊んだらしい。
c0002171_21440541.jpg
c0002171_21444172.jpg
c0002171_21464862.jpg
c0002171_21483607.jpg
c0002171_21495467.jpg
c0002171_21502467.jpg
古代の貨幣。穴が開いていて紐で携帯性が善い。
c0002171_21504625.jpg
c0002171_21513802.jpg
c0002171_21520383.jpg
c0002171_21524288.jpg
c0002171_21525967.jpg
c0002171_21531592.jpg
c0002171_21532891.jpg
c0002171_21534215.jpg
c0002171_21535500.jpg
c0002171_21541562.jpg
c0002171_21543701.jpg
c0002171_21550471.jpg
c0002171_21551708.jpg
c0002171_21553220.jpg
c0002171_21555901.jpg
c0002171_21562868.jpg
c0002171_21564620.jpg
c0002171_21570802.jpg
c0002171_21572245.jpg
c0002171_21574178.jpg
c0002171_21575977.jpg
c0002171_21583088.jpg
c0002171_21584542.jpg
c0002171_21585933.jpg
c0002171_21591434.jpg
c0002171_21593252.jpg
c0002171_21594692.jpg
c0002171_22000207.jpg
c0002171_22001756.jpg
c0002171_22004118.jpg
そしてここからが本ミュージアムの目玉、ソグド人の壁画。その昔ウズベキスタンの地にはソグディアナという国があり、商才に長けたソグド人が活躍していた。
c0002171_22053281.jpg
これらの絵は王族が墓参りする図であったり、チャーチからの人や中国人やトルコ人とソグド人が過ごすさまが描かれているとされる。ここでも蒼が印象的だった。
c0002171_22080654.jpg
c0002171_22082491.jpg
c0002171_22084255.jpg
c0002171_22085903.jpg
c0002171_22091787.jpg
c0002171_22093421.jpg
c0002171_22095277.jpg
c0002171_22100934.jpg
c0002171_22102860.jpg
c0002171_22104663.jpg
c0002171_22111909.jpg
c0002171_22113659.jpg
c0002171_22115526.jpg
c0002171_22121592.jpg
c0002171_22123890.jpg
c0002171_22125626.jpg
c0002171_22131342.jpg
c0002171_22133157.jpg
c0002171_22134943.jpg
c0002171_22140636.jpg
c0002171_22142954.jpg
c0002171_22144676.jpg
c0002171_22150542.jpg
c0002171_22152250.jpg
c0002171_22154160.jpg
c0002171_22155943.jpg
c0002171_22161977.jpg
c0002171_22163633.jpg
博物館のすぐそばには発掘が進むアフロシヤブの丘が拡がっていた。
c0002171_22180939.jpg
c0002171_22183464.jpg
c0002171_22185767.jpg
c0002171_22192295.jpg
c0002171_22194591.jpg
c0002171_22200830.jpg
c0002171_22203138.jpg
ソグド人の壁画はここでみつかった
c0002171_22210458.jpg
c0002171_22212956.jpg
c0002171_22215404.jpg
c0002171_22222941.jpg
c0002171_22232324.jpg
c0002171_22234824.jpg
c0002171_22241231.jpg
c0002171_22243653.jpg
c0002171_22250309.jpg
c0002171_22252682.jpg
c0002171_22260357.jpg
c0002171_22262555.jpg
c0002171_22263858.jpg
c0002171_22271231.jpg
c0002171_22273267.jpg
c0002171_22275654.jpg
c0002171_22282177.jpg
c0002171_22284441.jpg
c0002171_22290395.jpg
c0002171_22291634.jpg
c0002171_22292820.jpg
c0002171_22294126.jpg
さて、次がサマルカンド最後の観光ポイント、ウルグ・ベク天文台だ。



by wavesll | 2019-07-16 22:30 | | Comments(0)

O'ZBEK蒼天 ウズベキスタン旅行記 11. サマルカンド:グリアミール廟にて憧憬の光景に邂逅

c0002171_17230499.jpg
ショブ・ボゾールからグリアミール廟へ。
c0002171_17241314.jpg
c0002171_17242660.jpg
ここにはチムールが眠っている。
チムールは中央アジアから西アジアにかけてかつてのモンゴル帝国の半分にも及ぶ大帝国を築いた軍事的英雄で、この霊廟にはチムールと2人の息子、そして2人の孫、チムールの先生、聖人が葬られている。
c0002171_17271006.jpg
c0002171_17272372.jpg
c0002171_17273599.jpg
c0002171_17274645.jpg
c0002171_17275824.jpg
そして驚いた。ここは、俺がウズベキスタンに憧れを抱いたあの青い煌めきウズベキスタン展のポスターの場所じゃないか…!ここだったのか…!ようやく出逢えた…!
ここはチムールが自分の後継者になると愛情を注いでいた孫のムハンマド・スルターンが早世し、彼の為に建設された。

チムール自身は自分の墓をシャフリサブスにつくろうと計画していたが、彼自身も中国遠征から急逝し、墓の建設が間に合わなかったため、この霊廟に葬られた。
c0002171_17343167.jpg
門を裏側からみるとこう。
c0002171_17345825.jpg
c0002171_17351308.jpg
c0002171_17354497.jpg
このギザギザのドームはサマルカンド様式
c0002171_17365262.jpg
c0002171_17370226.jpg
c0002171_17372347.jpg
c0002171_17373608.jpg
内部へ
c0002171_17375111.jpg
c0002171_17380306.jpg
c0002171_17381572.jpg
c0002171_17383503.jpg
黒曜石の棺がチムールのもの。その先にある棺はチムールの師であるミルサイ・バロカのもの。チムールの棺の右の棺がムハンマドのもので、チムールの棺の足元が孫のウルグ・ベク、左側には息子のシャー・ルフと小さな棺には有力者が眠っているとされる。
c0002171_17411076.jpg
グリアミール廟内部は金色に彩られていた。
c0002171_17490847.jpg
白い部分は元の形が分からず、修復せずにそのままとしている部分。
c0002171_17491995.jpg
c0002171_18140547.jpg
c0002171_17492974.jpg
c0002171_17502450.jpg
c0002171_17504692.jpg
あまり心霊的なものは感じない人間なのだが、この霊性な場の空気には圧倒された。この棺の中には遺体は無く、本物は地下に埋葬されているそうだが、調査の為チムールの棺を開けたその翌日にWWIIが勃発したとか。戦いの英雄、凄し。
c0002171_17505971.jpg
c0002171_17531217.jpg
c0002171_18251080.jpg

入り口から見て棺達の奥には聖人が祀られていた
c0002171_17534745.jpg
c0002171_18064691.jpg
c0002171_18072214.jpg
c0002171_18073493.jpg
外へ出ると地下室の寫眞があった。
c0002171_18080416.jpg
c0002171_18081561.jpg
白いミフラーブ
c0002171_18084049.jpg
c0002171_18090026.jpg
c0002171_18091478.jpg
花紋
c0002171_18110638.jpg
この光景…まさに十数年越しの邂逅だった。
c0002171_18114881.jpg
c0002171_18120011.jpg
c0002171_18121185.jpg
チムール、あなたの青の都は本当に偉大でチロイリ(Beautiful)でした。
c0002171_18125832.jpg
c0002171_18131048.jpg
c0002171_18132079.jpg
夕食は地元の人気店、カリンベックにて。果物が甘くて美味かった。サマルカンドナンも。今のウズベキスタンは宗教が自由だから牛も豚も食べられてビールもワインも飲めていいね◎
c0002171_18152953.jpg
c0002171_18154245.jpg
c0002171_18155746.jpg
c0002171_18160934.jpg
c0002171_18171025.jpg
c0002171_18172430.jpg
c0002171_18173745.jpg
c0002171_18175117.jpg
c0002171_18181180.jpg
c0002171_18182909.jpg
c0002171_18184682.jpg
さぁ明日は5hバス移動でタシケントへ戻り、夜には成田へ発つ。まさに弾丸旅行だw



by wavesll | 2019-07-15 18:19 | | Comments(0)

O'ZBEK蒼天 ウズベキスタン旅行記 10. サマルカンド:ビビハニム・モスク, ショブ・バザール

c0002171_20090133.jpg
c0002171_20501804.jpg

レギスタン広場から数分歩いてビビハニム・モスクへ。
c0002171_20103151.jpg
c0002171_20104745.jpg
c0002171_20111196.jpg
c0002171_20123041.jpg
c0002171_20112928.jpg
c0002171_20125011.jpg
c0002171_20130436.jpg
c0002171_20132067.jpg
c0002171_20135687.jpg
c0002171_20173928.jpg
ビビハニムは「第一夫人」の意味。
実際はチムールがつくったもので、中央アジアで最大のモスク(金曜モスク)で、チムールがインド遠征をした時にみた現地の建築の威容に負けない壮大なものをつくろうとしたそう。
c0002171_20183177.jpg
c0002171_21282113.jpg

c0002171_20190661.jpg
c0002171_20192988.jpg
わずか4年の突貫工事でつくったため、損傷・崩壊が進んでしまい、ユネスコからサマルカンドの世界遺産登録の際に「修復しすぎ」と難色を示されたそう。
c0002171_20220447.jpg
c0002171_20221843.jpg
c0002171_20223096.jpg
ジュマモスクの前には石造りのコーラン台が。
c0002171_20224683.jpg
c0002171_20231061.jpg
c0002171_20243947.jpg
c0002171_20245234.jpg
このモスクの建築にはある伝説があって。チムールの第一夫人・ビビハニムがチムールがコーカサス遠征をしている間に巨大なモスクを作ってチムールにプレゼントしようとしたというもの。

けれどこの伝説はここからが面白くて、建築家がビビハニムに惚れ、工事は遅々として進まず、しびれを切らしたビビハニムが建築家を責め立てると「キスさせてくれたら一瞬で間に合わせる」と。

ビビハニムは迷いましたが、最後はキスを許します。

チムールは帰ってきて巨大なモスクに喜びますが、ビビハニムに残るキスマークに憤慨し、建築家を殺そうとしますが、建築家は自作の羽機械で飛んで逃げて行ってしまったというもの。
c0002171_20320982.jpg
モスク内部はかなり荒廃していた。上から石が落ちてきてけが人も出て、入るのは推奨されていない。
c0002171_20330350.jpg
c0002171_20331647.jpg
c0002171_20333005.jpg
c0002171_20334434.jpg
c0002171_20340158.jpg
c0002171_20345017.jpg
c0002171_20351930.jpg
ビビハニム・モスクに向かって左の建物では細密画が売られていた。
c0002171_20353266.jpg
c0002171_20354720.jpg
c0002171_20360232.jpg
c0002171_20363420.jpg
c0002171_20364616.jpg
こちらはビビハニムモスクに向かって右の建築
c0002171_20381009.jpg
c0002171_20382132.jpg
ビビハニム・モスクを後へ
c0002171_20385583.jpg
c0002171_20390995.jpg
ビビハニム・モスクのすぐそばにはショブ・バザールが。ボゾールのそばに古来モスクはつくられた。
c0002171_20405715.jpg
c0002171_20411219.jpg
c0002171_20412838.jpg
c0002171_20414235.jpg
c0002171_20415685.jpg
ここではナッツ類やドライフルーツ、米、香辛料から電化製品、衣服、奥の方では酒類なんかも売られているそう。ドライフルーツなどは量り売り。
c0002171_20440464.jpg
c0002171_20441992.jpg
c0002171_20443223.jpg
c0002171_20444599.jpg
c0002171_20445907.jpg
c0002171_20451492.jpg
c0002171_20453983.jpg
c0002171_20455207.jpg
c0002171_20462046.jpg
c0002171_20463455.jpg
c0002171_20464986.jpg
これはサマルカンドナン。なんでもウズベクの乾いた気候では2年持つそう。
c0002171_20474268.jpg
c0002171_20480697.jpg
c0002171_20481860.jpg
c0002171_20483466.jpg
c0002171_20485201.jpg
c0002171_20491948.jpg
c0002171_20493375.jpg
c0002171_20494902.jpg
c0002171_20500426.jpg

c0002171_20504276.jpg
c0002171_20512522.jpg
c0002171_20513916.jpg
c0002171_20515492.jpg
c0002171_20520776.jpg
c0002171_20522202.jpg
c0002171_20523886.jpg
c0002171_20525398.jpg
c0002171_20531023.jpg
c0002171_20533355.jpg
c0002171_20534734.jpg
c0002171_20543546.jpg
c0002171_20544985.jpg
c0002171_20550433.jpg
c0002171_20551939.jpg
c0002171_20553374.jpg
c0002171_20554654.jpg
c0002171_20561368.jpg
c0002171_20562696.jpg
c0002171_20563955.jpg
c0002171_20565461.jpg
c0002171_22064852.jpg
試食もガンガンさせてもらえるけど、買わなかったからなんか悪かったなw
さて、サマルカンド観光はもちっとだけ続くのじゃ。




by wavesll | 2019-07-14 20:57 | | Comments(0)

O'ZBEK蒼天 ウズベキスタン旅行記 9. サマルカンド:レギスタン広場

c0002171_15123235.jpg

いよいよ此の旅のクライマックス、レギスタン広場。砂地という意味のレギスタン広場はウズベキスタン各地にあるけれど、その始まりはここサマルカンド。

元々は灌漑のための運河の岸の砂地だったのが14Cに街の中心地となり復活したバザールの会場になって15Cにチムールの孫ウルグ・ベクによって広場として整備された。今も砂地の為、修復しないと建築が傾いてきてしまう。

広場にはステージが出来ていて。今年は2年に一回レギスタン広場で開かれる世界東洋音楽祭の開催年とのこと。さぞや盛り上がることだろう。
c0002171_15162578.jpg

広場ではウェディングの記念写真を撮るカップルがたくさんいた。
c0002171_15130272.jpg
この地に一番最初につくられたメドレセは向かって左のウルグ・ベク・メドレセ。
c0002171_15251356.jpg
c0002171_15253012.jpg
c0002171_15261329.jpg
c0002171_15262937.jpg
c0002171_15270707.jpg
c0002171_15283212.jpg

15Cにつくられたときは神学校だったが、今は中は土産物屋。けれどその中庭の青の美しさは目を瞠るものがあった。
c0002171_15300185.jpg
c0002171_15301204.jpg
c0002171_15302759.jpg
c0002171_15305392.jpg
c0002171_15310569.jpg
c0002171_15311763.jpg
c0002171_15312926.jpg
c0002171_15314564.jpg
c0002171_15320621.jpg
c0002171_15321847.jpg
c0002171_15323234.jpg
c0002171_15324560.jpg
c0002171_15325918.jpg
c0002171_15331144.jpg
c0002171_15333886.jpg
c0002171_15335024.jpg
c0002171_15340229.jpg
c0002171_15341677.jpg
c0002171_15343132.jpg
c0002171_15344304.jpg
c0002171_15350514.jpg
c0002171_15352013.jpg
c0002171_15360542.jpg
c0002171_15361969.jpg
c0002171_15363027.jpg
c0002171_15364559.jpg
c0002171_15370903.jpg
c0002171_15372150.jpg
c0002171_15373435.jpg
c0002171_15374668.jpg
c0002171_15380456.jpg
c0002171_15381617.jpg
c0002171_16322286.jpg
c0002171_16324293.jpg
c0002171_16325433.jpg
c0002171_16330642.jpg
c0002171_16341784.jpg
c0002171_15385414.jpg
c0002171_15392066.jpg
c0002171_15393879.jpg
c0002171_15395403.jpg
c0002171_15562823.jpg

ウルグ・ベク・メドレセから200年後の17C、その向かいにシェルドル・メドレセがヤラングトシュ・バハドールによってつくられた。
c0002171_15480226.jpg
c0002171_15481895.jpg
c0002171_15485172.jpg
ライオンのような生き物が偶像崇拝禁止なのに描かれているのはウズベキスタンはシーア派の為、現実にない神話などの動物ならOKのため。
c0002171_15520779.jpg
c0002171_15522030.jpg
やっぱり中は今は土産物屋だが、青が本当に綺麗で。この青はラピスラズリでなくコバルトブルーらしく、黄色や緑色が入ってない方がより豊かな証しとされるが、他の色と混ざることでまた芳醇な魅力を放っていた。
c0002171_15540740.jpg
c0002171_15541924.jpg
c0002171_15544270.jpg
c0002171_15545439.jpg
c0002171_15551446.jpg
c0002171_15552690.jpg
c0002171_15553968.jpg
c0002171_15560086.jpg
c0002171_15570255.jpg
c0002171_15581183.jpg
c0002171_15582407.jpg
c0002171_15583739.jpg
c0002171_15590901.jpg
c0002171_15592456.jpg
c0002171_15594177.jpg
c0002171_15595472.jpg
c0002171_16003125.jpg
c0002171_16004944.jpg
c0002171_16010331.jpg
c0002171_16011575.jpg
c0002171_16013685.jpg
c0002171_16015642.jpg
c0002171_16021007.jpg
c0002171_16022246.jpg
c0002171_16024718.jpg
c0002171_16030311.jpg
c0002171_16031777.jpg
そしてラングトシュ・バハドールが1660年につくったのがレギスタン広場向かって正面のティラカリ・メドレセ。

c0002171_16074374.jpg
c0002171_16071991.jpg
ティラカリとは金を意味し、特徴的なドームは実は元々はなくてソ連時代に「モスクにはドームないといかんだろ」とつくられたもの。今は残念ながらこのドームは改修中だったが”元々はなかったのだ”と捨象して楽しんだ。
c0002171_16094238.jpg
c0002171_16095592.jpg
c0002171_16101176.jpg
c0002171_16102806.jpg
c0002171_16105052.jpg
そしてこのティラカリ・メドレセのドーム。ドームは元々なかったが、そこには騙し絵的に金のドームがあった。この金色が凄かった。
c0002171_16195563.jpg
c0002171_16200750.jpg
c0002171_16202946.jpg
c0002171_16205966.jpg
c0002171_16211237.jpg
c0002171_16214727.jpg
c0002171_16215924.jpg
c0002171_16230676.jpg
c0002171_16231896.jpg
c0002171_16233181.jpg
c0002171_16234250.jpg
c0002171_16250813.jpg
c0002171_16252096.jpg
c0002171_16110531.jpg
c0002171_16113528.jpg
c0002171_16123356.jpg
c0002171_16130910.jpg
c0002171_16133632.jpg
c0002171_16145744.jpg
c0002171_16152165.jpg
c0002171_16154328.jpg
c0002171_16155891.jpg
c0002171_16164408.jpg
c0002171_16165653.jpg
c0002171_16170741.jpg
c0002171_16171923.jpg
c0002171_16285802.jpg
c0002171_16311052.jpg
c0002171_16312315.jpg
c0002171_16313588.jpg
c0002171_16314507.jpg
c0002171_16315824.jpg
c0002171_16321070.jpg
c0002171_16355350.jpg
c0002171_16360586.jpg
c0002171_16363441.jpg

c0002171_16364736.jpg
c0002171_16371476.jpg
c0002171_16372607.jpg
c0002171_16400323.jpg
c0002171_16401910.jpg
c0002171_16405197.jpg
c0002171_16410426.jpg
c0002171_16415982.jpg
c0002171_16421806.jpg
c0002171_16423481.jpg
c0002171_16424847.jpg
c0002171_16430443.jpg
c0002171_16431960.jpg
レギスタン広場を後へ。イスラムのミフラーブやドームの煌めく色彩をみていると無限の奥行きを感じて夢の中に入るかのようだが、この感覚どこかで味わったなと思ったら奥入瀬渓流の翠だ。フラクタルな美か。青も凄かったし黄金も凄かった。

ウズベキスタンの抜けるような蒼天の元、サマルカンド観光はto be continued...!


by wavesll | 2019-07-13 16:44 | | Comments(0)

O'ZBEK蒼天 ウズベキスタン旅行記 8. ブハラからサマルカンドへ

c0002171_02205591.jpg
朝起きて、朝食を食べ、ホテルの近所を散歩したらため池とミナレットとモスクかメドレセがあった。旧市街ってほんと歩いてて愉しい。
c0002171_02231136.jpg
c0002171_02233366.jpg
c0002171_02235175.jpg
c0002171_02240307.jpg
c0002171_02241625.jpg
c0002171_02243120.jpg
c0002171_02244667.jpg
c0002171_02251579.jpg
今日はこれからバスで5hかけてサマルカンドを目指す。
c0002171_02261106.jpg
道中、ガイドのターニャさんからウズベキスタンを囲む中央アジアの国々の話があった。

タシケントから20分でカザフスタン、トルクメニスタンは西南側でブハラから1h30m、有名な地獄の門はテントで一泊するツアーに成るらしい。

タジキスタンは東と南側でサマルカンドから1h。山の国でパミール高原があり、首都には考古学博物館も。キルギスタンはフェルガナ盆地から近く、天山山脈がある。

そして南にはアフガニスタン。アフガンに近いテルメーズは安倍が来てから渡航警告がされなくなった。テルメーズには仏教遺跡が多く、創価大学が発掘して日本語の文献も多いらしい。

ちなみに「スタン」とは「場所」という意味。

c0002171_02335045.jpg
ウズベキスタンは人口3200万人で134民族が暮らしている。
これは古来シルクロードの要所であり人の交わりがあるのに加えて、ソ連の移住政策があった。

全12州あり、それに加えてアラル海に国内にある別の国、カラカルパクスタン共和国(首都ヌクス)がある。これは50年契約でウズベキスタンに属しているが、いつでも独立できる契約だとか。

また、今回は行かないが、ヒヴァという街はウズベキスタンで一番最初に世界遺産登録されたところらしい。

ナヴォイという街を通る。この名の由来は有名な文学者アリシェル・ナヴォイから。元々はソ連の秘密の工業都市で、今も工業が盛ん。
c0002171_02400522.jpg
窒素?の工場だとか。原発に見える(実際今原発を国内で造ろうとしているのだとか)
c0002171_02410827.jpg
c0002171_02412389.jpg
c0002171_02413982.jpg
カラクム(黒い砂)砂漠とキジルクム(赤い砂)砂漠があり、4463mの山が一番高い山。四季はあるが夏が長い。

夏は15hくらい明るい。そういえば20時過ぎまで明るいのに5時前には明るかった。日照時間はカリフォルニアや地中海と同じ。

写真は撮れなかったがキャラバンサライと丸屋根の溜池もみた。

c0002171_02452970.jpg
c0002171_02454397.jpg
c0002171_02455782.jpg
国旗は赤がイスラム、白が平和、緑が自然、青は青天と純水の意味。三日月はイスラムとカラコルパクスタンの象徴で、星は12州を顕す。

エンブレムはフェニックスと小麦と綿花。
c0002171_02510094.jpg
c0002171_02511568.jpg
ウズベキスタンは天然ガスやメタン、金や銀、銅、ウランや鉛、亜鉛、錫、リチウム、チタン、マンガン、トパーズ、トルコ石、大理石などが採れる。

産業の70%は農業で、綿花やフルーツを栽培。アメリカンチェリーは輸出世界三位。暑い為果物が甘く育つ。メロンが有名。ソグド人(胡人)がキュウリやトマト、葡萄を中国に伝えた。杏も美味しい。

ツーリズムは一番下だったが、今の大統領は観光立国を目指しているそうだ。
c0002171_02582064.jpg
またウズベキスタンでは、銀行の信頼度が低く、金の信頼度が高く良く採れるため、金歯が流行っていたという。最近は欧米の価値観が入ってきてセラミックが人気だそうだ。
c0002171_03001296.jpg
GMの4工場があり、シボレーを輸出しているせいかGMが多かった。日本車は税金が高く買えないそう。その他シトロエンやいすずの工場があるそう。
c0002171_03042857.jpg
c0002171_03045341.jpg
給料は安く、首都で月給6万円くらい。子どもも多く、結婚式の費用も大変なのだとか。その為外国へ出稼ぎの出る人も多い。
c0002171_03050854.jpg
c0002171_03065478.jpg
そうしている内にサマルカンドについた。この地で確認されている最古の城壁は2700年前でローマと同じ。

アフラシアーブの丘にあった都市はチンギス・ハーンに破壊された。

その昔、BC4の頃アレキサンダーも通りその頃は「マラカンダ」という名前だったらしい。更に前は「スマラカンサ」という名だったとか。
c0002171_03105946.jpg
c0002171_03111133.jpg
プラタナスが映えるブリュアール通りにはチムールの像があった。
c0002171_03115670.jpg
c0002171_03120861.jpg
c0002171_03122225.jpg
昼ご飯はマントゥ。これがめっちゃくちゃ美味かった!ケバブ版小籠包みたいな感じ。
c0002171_03132678.jpg
c0002171_03133991.jpg
c0002171_03135130.jpg
c0002171_03142119.jpg
c0002171_03143672.jpg
さぁて、いよいよレギスタン広場だ…!楽しみ★★★★★
c0002171_03152376.jpg
c0002171_03153681.jpg


by wavesll | 2019-07-13 03:15 | | Comments(0)

O'ZBEK蒼天 ウズベキスタン旅行記 7. ブハラ:カロン・ミナレットとアルク城の夜景

c0002171_23541132.jpg
ステージの後でホテルに戻り、夜闇が来てからカロン・ミナレットのライトアップをみにいった。

c0002171_23563043.jpg
c0002171_23564724.jpg
ライトアップされたカロン・ミナレット、凄い綺麗だ
c0002171_23572777.jpg
c0002171_23574408.jpg
c0002171_23575956.jpg
c0002171_23584376.jpg
c0002171_23581620.jpg
c0002171_23582836.jpg
c0002171_23592221.jpg
c0002171_23593364.jpg
そこから少し歩いてアルク城へ
c0002171_00002537.jpg
c0002171_00003801.jpg
c0002171_00005300.jpg
c0002171_00010825.jpg
地下水汲み取り塔が凄いイルミネーションだった
c0002171_00013803.jpg
アルク城には三頭の駱駝が。
c0002171_00023156.jpg
c0002171_00024794.jpg
c0002171_00030591.jpg
それにしてももう21時を過ぎているのに街には子供が結構歩いてて。昼暑いから夜遊ぶんだな。平和だ。サラーム。
c0002171_00040290.jpg
再びミナレットへ
c0002171_00041519.jpg
c0002171_00043339.jpg
c0002171_00045597.jpg
c0002171_00050988.jpg
c0002171_00052315.jpg
c0002171_00054076.jpg
さて、明日は愈々サマルカンドへ。超楽しみ。




by wavesll | 2019-07-12 00:06 | | Comments(0)