タグ:渋谷 ( 127 ) タグの人気記事

Laraaji Live at WWW

c0002171_04331143.jpg
c0002171_04333654.jpg
c0002171_04334824.jpg
Laraaji Boiler Room London - Deep Listening Session

Laraajiのlong set liveを渋谷WWWにてみてきました。素晴らし過ぎた…!

Laraajiは
巨匠Brian Enoに見出され、近年のニューエイジ/アンビエントの再興により生ける伝説となったNYCのパーカッション奏者/電子音楽家(WWWの記述より)

去年・今年あたりに作品がタワレコで大きく扱われていて存在を知って。ニューエイジ系に、何か今までとは違う音を体験できるかと想って馳せ参じたのでした。

四畳ほどの空間にツィターという小型の箏とサンプラーと銅鑼と仏具のようなベル。暗闇に丸窓のようにゴングが浮かび上がる様子はまるで茶室で点膳を受けているような序。

寝れましたw いや、ここ数日深い眠りを味わえなかったのだけれど、ディープなリラックス環境を抽出してくれて、本当に安らかな気持ちに成れました。

そして立ち上がって銅鑼を叩擦り声を歌い上げる破。

『私は平和な庭で働いている。私は美しい庭で働いている。遍く光がある。遍く。』と語り笑うララージ。まるでミスターポポみたいだ、いや、すらりと伸びた身体から、ナメック星の音楽があったらこんな感じだろうか。低音の唸りと澄んだアフリカな歌。さらにここからツィターを弾き始め、音楽が…!

序破急の先にはただ音楽がありました。鈴の音、撥、そしてブラシで叩かれるツィター。音色は天上的な色彩を増し、音楽がありました。

そして水底、セノーテの祠の様なライティングの中で音楽は響き再び銅鑼。冥界のよう。そしてツィターと法珠ベルで大団円。ENではリラックスした伸びやかな音を聴かせてくれました。

水音、鳥音が流れ、茶室から外界、そして茶室の壁がぱたりと展開し星空からの天界、水底の祠、冥界、そして現世へ還ってくるような。ニューエイジ、底深い…!

深い安寧を与えてくれ、響きに脳が波動を発する、非常に精神的なライヴ。

個人的には座・高円寺2でみたインディアン・スライドギターの超人、デバシシュ・バタチャルヤのライヴに迫る感動がありました。

音楽の宇宙は未だに汲めども尽きぬ莫邪であると認識させられる、素敵なライヴでした。心身がほぐされました。

by wavesll | 2018-09-16 05:06 | Sound Gem | Comments(0)

想い出波止場 live at WWW

c0002171_04352532.jpg

想い出波止場のLive、圧倒されました。
場内に入ると聞き覚えのある優しい音楽が。Shazamするとアレハンドロ・フラノフでした。

そして山精さんが出てきて映画?のSEを流しメンバーの登場。
ここから超絶に飛び抜けたロックが弾き鳴らされて。ノイズの域へ行くようなロック、カントリー・ロケンロー、四畳半フォーク・ロケンローそして最後はシューゲイザー!PCでサンプラー流す音と混合する楽曲が鬼のようにかっこよくて!ENのHIGANでシューゲイズな轟音に津山さんが熱情的なスキャットを入れていたのにも"おぉ"と想わされ、砂十島NANIさんのドラムもめちゃくちゃ躍動的で素晴らしかった。

『これを思いついたからライヴを行った』という「来店春日」?な替え歌な展開もありながら、様々なスペクトルの滾揺音像に痺れた一夜となりました。

今夏の大きな音楽体験としてSONIC MANIAでのMy Bloody Valentineの轟音があったのですが、今夜の想い出波止場はそこから一歩AdvanceするようなFreshでSplashなROCKの夏が果てていく飛沫がありました。



by wavesll | 2018-08-26 04:53 | Sound Gem | Comments(0)

Khun Narin's Electric Phin Band, ROVO, stillichimiya, Monaulal Mini Plug, Soi48 Live at WWWX

c0002171_05415751.jpg
c0002171_05421811.jpg
c0002171_05424763.jpg
c0002171_05430030.jpg
c0002171_05431133.jpg
c0002171_05432850.jpg
c0002171_05433977.jpg
c0002171_05435142.jpg
c0002171_05440280.jpg
c0002171_05441527.jpg
c0002171_05442506.jpg
c0002171_05443868.jpg
c0002171_05445483.jpg
c0002171_05481322.jpg
c0002171_05482316.jpg
Khun Narin - 'Khun Narin's Electric Phin Band LP' (Full Album Stream)


Khun Narin's Electric Phin Band (full concert) - Live @ Trans Musicales 2015


「爆音映画祭2019 特集タイ|イサーン VOL.3 プレイヴェント ~ピン・プラユック・スペシャル~」に行ってきました!

御目当ては本場タイ北部のピン・プラユックバンド、クン・ナリンズ・エレクトリック・ピン・バンドがなんと日本にやってきたときいて!Soi48のNHK出演番組でタイ北部での冠婚葬祭や出家の儀式の際にパレードで音を鳴らすピン・プラユックのバンドを観て”いつかこれを体験したい”と想っていたので、一にも二にもなく馳せ参じたのでした。

会場へ入るといきなりのクン・ナリンズ・エレクトリック・ピン・バンドによるお出迎え。メロウでスピリチュアルな音粒達がだんだんトランシーに山を越えていく空気感に”あぁこれフジロック月曜のクリスタルパレスの続きみたいだ”と高まって。最前でからだ揺らして踊ってたらライヴ終わりで握手も出来ました。鳳でのさらなる出演時が楽しみ!

Soi48の皿回しはいつも最高。タイのチキンピタとガイヤーンをハイネケンで愉しみながらイサーンな音像にみを浸らせていました。

そしてROVO! これが本当に今日の驚愕。前ではなくPA卓附近で観高らかかもしれないけれど、死ぬほど音が好くて!もうWWWXでROVO聴いちゃったら他では聞けないってくらいに!KharmaからはじまったSetはその強靭無敵なリズム隊に、殺しにかかるかのような山精のギターに割れる位まで高まる勝田さんのエレキヴァイオリンにもうほんと日本のトランシー・ロックの真髄を味わいました。

そして暫く階段で休憩してから臨んだのがstillichimiya。ビアラオ美味いよね!なんかブッダブランドのスピリットすら感じるというか、日本語ラップの大樹のイマはこの感覚かと。ドラゴンボールのSEを使った寸劇からの「やべ~勢いですげー盛り上がる」はガン騰げでした!

そこから登場したのが日本のピン・プラユック・バンド、モノラル・ミニ・プラグ!上野の不忍池でみた時からメンバーも増えバンドとしてどんどんビッグになってる!すげー!なんとフロアに降りてパレードも始めて!これやりたかったんだー!と列の後ろについて踊り練り歩きました!どんどん電子的な気持ちの良いグルーヴが人力で高められていって。パレードで何周も踊って汗だくになってたらお姉さんからスミノフを「飲む?」ともらえちまいましたw

そこからクン・ナリンズ・エレクトリック・ピン・バンドの面々がステージになだれ込んできて!ここからが圧巻!もうこのピンというタイの3弦ギターがエレキギターヒーローかってくらいにガンッガンに弾きまくる!ベースもまたワッルい音鳴らしてて!ブラスはマジでKonono No1かってくらいの楽しさ!ヤーッバイ!!!!!!踊り果て!パレードで降りてきてブラスがフロア、ピンがステージ上で鳴らしたときはもうぐるんぐるん回転しながら踊ってwタイも日本の盆踊りみたいに手をくねらせ上下させるのがまた気持ちいい。やっぱりソウルな踊りだよこれは。

天国のその先の最高に気持ちよすぎる果ての果てのえもいわれぬ完全燃焼!クエーサーのような熱狂でした!

by wavesll | 2018-08-13 06:13 | Sound Gem | Comments(0)

BRAINFEERDE X ANNIVERSARY POP-UP SHOP@Gallery XにてTeebsの絵などをみる

c0002171_23433599.jpg
c0002171_23434703.jpg
c0002171_23440309.jpg
c0002171_23441660.jpg
c0002171_23444251.jpg
c0002171_23445705.jpg
c0002171_23451139.jpg
c0002171_23452617.jpg

by wavesll | 2018-08-12 23:45 | 街角 | Comments(0)

ピクセル・ダビデ@キャットストリート

c0002171_20221776.jpg




by wavesll | 2018-07-21 20:19 | 街角 | Comments(0)

文化村通りShibuyaルネッサンスにて大田楽、石見神楽、長唄「頭山」、鏡獅子、GOCOOによる和太鼓を観

c0002171_00461549.jpg
数年前から渋谷駅でこの時期にポスターをみて気になっていた「SHIBUYAルネッサンス」というイヴェントに初参加してきました。

最初に出てきたのは大田楽。
c0002171_00194231.jpg
c0002171_00201694.jpg
c0002171_00213454.jpg
c0002171_00214870.jpg
c0002171_00220399.jpg
c0002171_00224978.jpg
c0002171_00232761.jpg
c0002171_00234066.jpg
c0002171_00235576.jpg
c0002171_00241812.jpg
c0002171_00243229.jpg
以前池袋F/Tでみた演舞からさらに新要素も加えて、平安から室町時代にあった古の祭りが現代にブラッシュアップされていました。

市民参加の群舞集団というのも興味深いポイント。こういうのに参加するのも面白そう!

夏な日差しにすっかりやられ、ドンキで涼んで炭酸水買ってたら次のステージが始まり人だかりができていました。これがみたかった、石見神楽!

c0002171_00284468.jpg
c0002171_00294020.jpg
c0002171_00295778.jpg
c0002171_00301265.jpg
c0002171_00302738.jpg
c0002171_00304383.jpg
c0002171_00312567.jpg
c0002171_00314206.jpg
c0002171_00315611.jpg
c0002171_00321032.jpg
c0002171_00323516.jpg
c0002171_00325049.jpg
c0002171_00330447.jpg
c0002171_00331813.jpg
c0002171_00333589.jpg
c0002171_00335049.jpg
c0002171_00340487.jpg
c0002171_00342361.jpg
c0002171_00343774.jpg
やー!凄かった!

こんなにも戦闘物だとは!うじゃうじゃでてくるヤマタノオロチが迫力があってまさに蜷局を巻いてスサノオに襲い掛かり、酒で眠らせる戦略も、天羽々斬でどんどん斬首していく戦場面、そして最後に尾っぽから天叢雲剣を取り出すところも。すっげー面白かったです。

と、奥のステージでは長唄、「頭山」が始まります。
c0002171_00382779.jpg
こーれがまた好かった!まず声の倍音と楽器の音が最上レベルにいい鳴りだし、ドローン耳を持ってる人ならばこのエクスペリメンタルなサウンドにはやられちゃうのでは!

演目の「頭山」もシリアスやホラーもありつつ、ユーモアが多い幻想的な噺で面白い!語りの意味が分かるのは日本人で嬉しい限り◎

途中で歌から語りに成ったり突然MCトークの場面があったりフリーキーな展開も凄く面白く観れました。虫笛のような音も快かった。

そして次に同じ楽団が奏でたのが鏡獅子!こちらはジャズ耳によさそう!鼓をその場で紐で音程を調整しているのが印象的でした。

c0002171_00453106.jpg
c0002171_00455228.jpg
c0002171_00461549.jpg
c0002171_00462772.jpg
c0002171_00464889.jpg
c0002171_01125546.jpg
c0002171_00470250.jpg
獅子の精がこういうカタチになるというのも日本ならではというか、ライオンが居なかったゆえの妄想力を感じます。面白い!

そして最後は和太鼓集団のGOCOO.
c0002171_00502380.jpg
c0002171_00503894.jpg
中盤の辺りからぐっと惹き込まれて。胴が鳴動しているのか、低音でヴィーンという鳴りが聴こえたのが興味深かったです。クラマも迫力ある鳴りでした。

このイヴェント、5回目で、年々人が増えているそうですが、その多くは通りすがりの人で、イベント目当てできたガチ勢は結構少なかった模様。

こういう良イベはもっと宣伝しても良いのでは?とも思いましたが、何しろ道路でのパフォーマンスですから、今ぐらいの集客で丁度良いのかもしれません。

何しろ大満喫出来て、とっても楽しいひとときが過ごせました。SHIBUYAに感謝★!


by wavesll | 2018-06-04 00:54 | 舞台 | Comments(0)

ラオフェスにてMs. Pat PatdavoneとMr. Soulath Thammavong, M/ALLにてGotch, テンテンコ & Yellow Fangをみる

ラオフェスをみに代々木公園へ行ってきました。
スティールパンによりラオス国歌が奏でられる中で飲んだビアラオ・ゴールドがイケる!
c0002171_00014396.jpg
c0002171_00022119.jpg
ステージに出てきたのはラオスの舞踏団によるモン族のダンス、そしてMr. Soulath THAMMAVONGさんのラオス歌謡もいなたさと未来感が同居していい感じでした。
c0002171_00052080.jpg
c0002171_00053267.jpg
ヴェトナムでいうバインミーみたいなラオスのサンドウィッチ、カオチーを食べました。味はソーソー。
c0002171_00063363.jpg
僧侶やダンサー、ケーン奏者による神輿?のパレード
c0002171_00072458.jpg
c0002171_00073468.jpg
c0002171_00074847.jpg
c0002171_00080017.jpg
お目当てであるラオスのトップスター、Ms. Pat Patdavoneさんのステージ。
c0002171_00091277.jpg
2018-05-26 Pat Patdavone , LAOS FESTIVAL 2018 in JAPAN

やっぱいいんだよなぁ。この電子音歌謡、ちょっとクンビアっぽい感じというか、ここら辺の陽るいヘンテコさを洗練させてVoodoohopライクにプレゼンテーションできたら相当いい音が創れるのでは。

Asiaに共通する歌心と外洋な感覚がなんとも心地よかったです。

ライヴ終わりにビアラオ・ダーク。やっぱり美味い。ラオスのビール、東南アジアで一番美味いかも。
c0002171_00153956.jpg
ここで代々木公園を後にして渋谷WWW / WWW X等で開かれているクラウドファンディングによってフリーとなったフェス、M/ALLへ。
c0002171_00165460.jpg
初っ端からGotchによるバンド。メンバーはthe chef cooks meよりkeyシモリョー, Gt佐藤ニーチェ, Gt井上陽介(Turntable Films), Dr伊吹文裕, Ba.中西道彦(Yasei Collective), Sax and flute永田コーセー(EMPTY KRAFT)の7人編成。

これが幸せでカンファタブルな一時でした。ゴッチも本当に楽しそうに歌っていて朗読も飛び出て、ソロプロジェクトの良い抜け感とチャレンジが何とも心地よく今のゴッチが聴けた気がしました。

特にフルートが好かった。2曲目の轟音のなかでフルートが鳴り響いていたのはエクスクルーシヴでした。

そしてラストは「Taxi Driver」、この曲で一気に好きになったんだよなー。ハートウォームで自由さのあるいいライヴでした。



次に出てきたのがテンテンコ。


80sアイドルな感覚もありながら弩サイケな歌唱にサウンド機材で電子音を切り入れるスタイル、フェティッシュの極みですげーなと。


そしてこの人たちも一度見てみたかった。タイから来たウィメンズスリーピースバンドYellow Fang!!!!!
c0002171_00333717.jpg
Yellow Fang' Live at "เห็ดสด#2" โดยฟังใจ

"ワールドミュージックみ関係なく普通にいい”。爽やかな風が吹き抜ける感覚。

そんな中から電子音をフィーチャーした楽曲や轟音にもすらっといけるし、ホント素晴らしい。グリーンランドのNanookを初めて聴いたときみたいなときめきがありました。3人のキャラも伝わって良かった◎

M/ALLは政治的な活動の一環としてのクラウドファンディングでのフェスで、こういうのに参加したのは初めてだったのですが、”面白そうだからふらっと行ってみよう”から政治や社会への参画になることもあるし、米国で選挙戦にアーティストが出るみたいな空気嫌いじゃないし、何よりいい音でした。

ラオフェスは明日(明けて今日27日)もやっていてMs. Pat Patdavoneさんのステージや、爆風スランプの二人のステージもあるそう(追記:「旅人よ」演ってくれたみたいです!)。またM/ALLもやっていて、Yellow Fangのステージももう一度あるそうです。梅雨入り前のこの湿気を音楽で昇華させるのもいいかもしれません◎

by wavesll | 2018-05-27 00:49 | Sound Gem | Comments(0)

キャットストリートの排気口

c0002171_19364781.jpg

by wavesll | 2018-05-25 19:37 | 街角 | Comments(0)

TAMASHII COMIC-CON@渋谷キャストでのアメコミヒーローズ

c0002171_18540457.jpg
c0002171_18541729.jpg
c0002171_18543026.jpg
c0002171_18544405.jpg
c0002171_18545437.jpg

by wavesll | 2018-05-25 18:55 | 街角 | Comments(0)

GONNO X MASUMURA - Circuit Feat. Takuro Okada & Torn Hawkを於店試聴し心動し立ち尽くす

c0002171_05440039.jpg
WebでFull試聴が行え、ストリーミングサービスが隆盛な昨今。私自身SpotifyとかBandcampとか使いつつも、やはりタワレコの店頭で試聴して”こっれ最高だな!”となるのは大きな音楽体験で。

Twitterで何度か見掛けていたこともあり、そして渋谷タワレコ店頭でMASUMURAというのがex森は生きているの増村和彦さんだと聴いてPLAYボタンを押した本作GONNO X MASUMURA『In Circles』に、心打たれ、10:01にも及ぶ1曲目「Circuit」を聴ききってしまいました。

長尺の曲を試聴で全部聴くというのは私にはめったにないことで。一つには店の方でプレイヤーを設定し長尺で聴けないようにしているということが多いというのもありますが、店頭試聴では聴いて30秒から1分程で「あぁこれは最高、間違いのない奴だ」となるともう試聴は止めて心のメモに残しておくのです。

つまり「良い/悪いが分かった」時点で試聴を終えるという。無論”わかった”なんてのは不遜な態度ではあるのですが、そんな感じ。

そんな中でこの楽曲はどうなるのかわからないまま最後まで目撃し続けてしまうというか。言ってみれば打ち込みに生音を組み合わせる長尺インストというのは他にもあるにはあって、そういう”よくある感じ”に往々にして成ってしまいそうになる處をギリギリで成らずにハイレベルに特別な瞬間の軌跡をみせ続ける。

電子音と生ドラム、そしてギターが共鳴し、宇宙を飛翔し、有機的生命が無機的な環境を相克する様をみるような感動が押し寄せて、ただただ立ち尽くしながらこの大曲の終幕を迎えました。こんな稀有な聴験があるから店舗めぐりは止められない^^

by wavesll | 2018-05-18 06:09 | Sound Gem | Comments(0)