人気ブログランキング |

タグ:舞台 ( 29 ) タグの人気記事

舞台『海辺のカフカ』@赤坂ACTシアター 今まさに世界と対峙する物語・狂気に巻き込まれずタフになることの寓話


赤坂ACTシアターにて蜷川幸雄の『海辺のカフカ』をみてきました。
2F席後方からの観劇で、寺島しのぶ等の表情は掴めずとも、演者たちの演技には物語が息づいていて、原作は大学時代にむさぼるように読んだのですが、今回蜷川さんが非常に理解しやすく整理し魅せてくれたおかげで”こんな話だったのか”と大きな感動を受けました。

父親と、そして学校での軋轢を抱えた田村カフカ少年は、世界でいちばんタフな15歳になるために、そして損なわれないように四国・高松へ旅に出る。

一方で戦時中にある事件から知的障害を負った中田さんという老人は、ネコと話せネコ探しを仕事にしているのだが、ジョニー・ウォーカーという猫殺しの男と邂逅する。

文学として村上春樹の小説は軽く扱われることも多いですが、これを文学と言わずしてなんと言うのでしょう。母の愛の喪失、自分の影/半身の喪失、人間性の喪失、そして殺人。性愛の描写も、例えば15歳のリアルとしてのマスターベーションや、オイディプスをはじめとしたギリシア悲劇の要素、風俗描写は照れ隠しか突飛なキャラがアンリ・ベルクソンやヘーゲルを語る。そして(ここの描写は唯一記憶に残っていた)はじまりの石の異界空間。

蜷川さんは移動するガラスケースのセットという仕掛けでこの幻想と現実を抉る物語を見事に演劇化してみせました。

このジョニー・ウォーカーというキャラ、さらにはカフカ少年は酒鬼薔薇をモチーフにしているのは想像に難くありません。三島の『金閣寺』でもそうですが、現実に起きた犯罪というのは作家に”あれはどういう流れで起きたのだろう”と熟考させる契機となります。

優れた警察小説を書いた高村薫は酒鬼薔薇事件に「ついていけない」と語っていました。その闇への考察を村上春樹は本作において行ったのだと思います。無論、その後『絶歌』で馬脚を現したように、酒鬼薔薇は実に矮小な人間であったのですが…。

この劇を見ながら強く思っていたのは、”狂気に巻き込まれてはいけない”ということ。もっと具体的に言うとジョニー・ウォーカーの迷宮のような希死念慮に、思わず登戸の事件を想ってしまったのでした。

中田さんのキャラクターが秀逸なのは、現在(2002年)と戦時中をつなぐキャラだということ。戦争が何故恐ろしいかと言えば、本当に善良な人も、家族が殺されたりする中で人間性を失っていってしまうこと。それはヒトラーの狂気に巻き込まれ、官僚的に冷血の事態を巻き起こしたアドルフ・アイヒマンもそうです。ハンナ・アーレントはアイヒマンの裁判から彼の陳腐さ・矮小さを知りますが、「ひとりで死ねとは言わないで」に大きな異論が勃興したように、こうした「犯罪者への理解」はいつの世も瀬戸際な論考となりますね。

マルクス・アウレリウスは『自省録』の中で「最大の復讐は、相手と同じにならないことだ」と書いています。或いはニュージーランドの首相はテロ犯に対して「彼を徹底的に無名のままにする」と声明を発表しました。はじまりの石で開かれた森にいた2人のように、戦争から脱走することは、覚悟と犠牲はあっても、決して否定的に『海辺のカフカ』では描かれていません。狂気には向き合うのではなく、巻き込まれないことが肝要である、と。 

また性同一性障害などを2002年の段階で取り上げていたのは改めて時代の先をいっていたのだなと思います。セクシュアリティは本書においても重要なテーマで、あの黒いカラスはただのイマジナリーフレンドでなく、サエキさんの焦がれたカフカだったのだなと。プラトンの昔には男男、男女、女女と両躰あった精神存在が、神によって分割され、人間は己の半身を探すようになった。

メイン・テーマのOK COMPUTER / KID A的なエレクトロニカに、学生運動の頃のフォーク、そして戦前歌と音楽が射し表わす時代の空気に載せて己の根源的な片割れ探しの旅路は、本当に不可思議な世界を垣間見つつ、カフカ少年は再び旅という異界から戻ることを選択するラストへ、3h20mがあっという間でした。

蜷川幸雄という希代の演劇人によって、立体的に生気が物語に通い、本当に伝導率の高い、貴い時間を過ごすことが出来ました。素晴らしかったです。三回目のカーテンコールで寺島さんが蜷川さんの写真と共に現れたのには胸が熱くなりました。

by wavesll | 2019-05-31 02:35 | 舞台 | Comments(0)

長崎くんち7年+αの43踊り町による演物動画纏



長崎くんち 椛島町 コッコデショ(太鼓山)




長崎くんち2018小川町・唐子獅子踊お旅所【平成最後!】Nagasaki Kunchi


長崎くんち 本古川町 御座船 諏訪神社 2011


長崎くんち2018/10/07 紺屋町 本踊り

長崎くんち 今博多町 本踊り諏訪神社〜庭先廻り 2012

長崎くんち 魚の町 川船 諏訪神社~庭先廻り 2012

長崎くんち 玉園町 獅子踊 八坂神社 2012

長崎くんち 江戸町 阿蘭陀船 諏訪神社 2012

長崎くんち 籠町 龍踊 諏訪神社 2012

長崎くんち 桶屋町 本踊 錦輝象引民舞賑 2006

H25年 長崎くんち 船大工町「傘鉾・川船」

長崎くんち 万屋町 鯨曳き(鯨の潮吹き)諏訪神社前日朝

長崎くんち 栄町 阿蘭陀万歳 長崎音頭

長崎くんち 本石灰町 御朱印船・傘鉾・庭先回り 2013年 前日午後諏訪神社

長崎くんち 丸山町 本踊「百夜草祭禮花笠」2006

長崎くんち 興善町 本踊「時秋宮日宴弥獅子賑」

長崎くんち 剣舞 弓矢八幡祝船 八幡町2014

長崎くんち 万才町 本踊

長崎くんち 鯱太鼓 銀屋町 2014

長崎くんち 龍踊 五島町 2014

2014長崎くんち「麹屋町 前日・朝(諏訪神社)」

長崎くんち 西濱町 龍船

2015長崎くんち 新橋町 傘鉾・本踊・阿蘭陀万歳 後日・朝・諏訪神社 20151009 092350

2015長崎くんち 諏訪町 傘鉾・龍踊 前日・朝・諏訪神社 20151007 075950

長崎くんち 詩舞 曳檀尻 新大工町 八坂神社 2015

2015長崎くんち 金屋町 傘鉾・本踊 中日・朝 八坂神社 20151008 084116

2015長崎くんち 榎津町 傘鉾・川船 前日・朝・諏訪神社 20151007 093352

2015長崎くんち 西古川町 傘鉾・口上・相撲甚句・弓取り式・櫓太鼓・本踊(三番叟) 中日・朝・八坂神社 20151008 073232

2015長崎くんち 賑町 傘鉾・大漁万祝恵美須船 中日・朝・八坂神社 20151008 080504

長崎くんち 傘鉾・上町コッコデショ

龍踊 長崎くんち 筑後町 2016

長崎くんち 唐船祭 元船町 2016 八坂神社

長崎くんち 今籠町 本踊 秋祭賑諏訪乃獅子舞

長崎くんち 鍛冶屋町 七福神と宝船

2016長崎くんち 油屋町・川船 後日・諏訪神社 20161009 100224

2017長崎くんち 一番町・馬町 本踊り 前日朝・諏訪神社 20171007 073402

2017長崎くんち 二番町・東濱町 竜宮舩 前日くんちの夕べ・諏訪神社 20171007 170036

2017長崎くんち 三番町・八坂町 川船 前日朝・諏訪神社 20171007 083732

長崎くんち銅座町 南蛮船 2017年 諏訪神社

長崎くんち 築町 本踊 御座船 2017年 諏訪神社


踊る旅人EXILE ÜSAが見た 平成30年長崎くんちをみて。EXILEでTVというとMATSUぼっちなんかも面白いですが、 時々ÜSAが地球各地のダンスを訪ねる紀行舞踏番組が結構好きで。

長崎くんちは初めて見たのですが、これはかなり凄いですね!会場の諏訪神社の踊り馬場を急勾配の観客席でみるのは熱狂が頂点に滑り込むような感覚。「もってこーい」や「所望ヤレ」という独自のアンコールシステムも魅力的で。

そして長崎という土地柄、オランダや唐国、あるいはヴェトナムなんかの演目もあって舶来の魅力もありました。中でも地域の目印となる傘鉾の存在が虚無僧にも或いはTianzhuo Chenの舞台にも通じる貴妖で汎Asiaなヴィジュアル。唐子獅子踊りなんかも村上隆のアイディアの源流なのではないかという古典でありつつ現代的なセンスを感じました。

この長崎くんちは演舞する町が7年で一周すると聴いて、Youtubeを廻って動画を纏めてみました。いつか観てみたいなぁ。長崎は五島列島も行きたいし壱岐も気になる、今長崎がスウィートスポットに嵌りつつある感覚が在る処です。

by wavesll | 2018-10-21 20:26 | 小ネタ | Comments(0)

田中泯 場踊りat東京芸術劇場前広場

c0002171_21413612.jpg
c0002171_21415204.jpg
c0002171_21420567.jpg
c0002171_21421781.jpg
c0002171_21423244.jpg
c0002171_21424497.jpg
田中泯さんの場踊りを東京芸術劇場前広場にて。

序盤の軽快なビッグバンドの米国音楽への享舞いから一転戦闘機の飛行音から飢餓と祈りの戦争の絶望。そして終盤再び鳴らされるアメリカ音楽に狂気を孕んでまた踊る。

「日々刻々と踊りは変わるからこれで『田中泯をみた』とは言わないでください」とのこと。極限状態が舞踏でこんなにも説得されるとは。中盤のエクスペリメンタルな出音の舞踏と灼熱のコンクリートに寝転がる凄味、惹き込まれました。

by wavesll | 2018-06-30 21:49 | 舞台 | Comments(0)

文化村通りShibuyaルネッサンスにて大田楽、石見神楽、長唄「頭山」、鏡獅子、GOCOOによる和太鼓を観

c0002171_00461549.jpg
数年前から渋谷駅でこの時期にポスターをみて気になっていた「SHIBUYAルネッサンス」というイヴェントに初参加してきました。

最初に出てきたのは大田楽。
c0002171_00194231.jpg
c0002171_00201694.jpg
c0002171_00213454.jpg
c0002171_00214870.jpg
c0002171_00220399.jpg
c0002171_00224978.jpg
c0002171_00232761.jpg
c0002171_00234066.jpg
c0002171_00235576.jpg
c0002171_00241812.jpg
c0002171_00243229.jpg
以前池袋F/Tでみた演舞からさらに新要素も加えて、平安から室町時代にあった古の祭りが現代にブラッシュアップされていました。

市民参加の群舞集団というのも興味深いポイント。こういうのに参加するのも面白そう!

夏な日差しにすっかりやられ、ドンキで涼んで炭酸水買ってたら次のステージが始まり人だかりができていました。これがみたかった、石見神楽!

c0002171_00284468.jpg
c0002171_00294020.jpg
c0002171_00295778.jpg
c0002171_00301265.jpg
c0002171_00302738.jpg
c0002171_00304383.jpg
c0002171_00312567.jpg
c0002171_00314206.jpg
c0002171_00315611.jpg
c0002171_00321032.jpg
c0002171_00323516.jpg
c0002171_00325049.jpg
c0002171_00330447.jpg
c0002171_00331813.jpg
c0002171_00333589.jpg
c0002171_00335049.jpg
c0002171_00340487.jpg
c0002171_00342361.jpg
c0002171_00343774.jpg
やー!凄かった!

こんなにも戦闘物だとは!うじゃうじゃでてくるヤマタノオロチが迫力があってまさに蜷局を巻いてスサノオに襲い掛かり、酒で眠らせる戦略も、天羽々斬でどんどん斬首していく戦場面、そして最後に尾っぽから天叢雲剣を取り出すところも。すっげー面白かったです。

と、奥のステージでは長唄、「頭山」が始まります。
c0002171_00382779.jpg
こーれがまた好かった!まず声の倍音と楽器の音が最上レベルにいい鳴りだし、ドローン耳を持ってる人ならばこのエクスペリメンタルなサウンドにはやられちゃうのでは!

演目の「頭山」もシリアスやホラーもありつつ、ユーモアが多い幻想的な噺で面白い!語りの意味が分かるのは日本人で嬉しい限り◎

途中で歌から語りに成ったり突然MCトークの場面があったりフリーキーな展開も凄く面白く観れました。虫笛のような音も快かった。

そして次に同じ楽団が奏でたのが鏡獅子!こちらはジャズ耳によさそう!鼓をその場で紐で音程を調整しているのが印象的でした。

c0002171_00453106.jpg
c0002171_00455228.jpg
c0002171_00461549.jpg
c0002171_00462772.jpg
c0002171_00464889.jpg
c0002171_01125546.jpg
c0002171_00470250.jpg
獅子の精がこういうカタチになるというのも日本ならではというか、ライオンが居なかったゆえの妄想力を感じます。面白い!

そして最後は和太鼓集団のGOCOO.
c0002171_00502380.jpg
c0002171_00503894.jpg
中盤の辺りからぐっと惹き込まれて。胴が鳴動しているのか、低音でヴィーンという鳴りが聴こえたのが興味深かったです。クラマも迫力ある鳴りでした。

このイヴェント、5回目で、年々人が増えているそうですが、その多くは通りすがりの人で、イベント目当てできたガチ勢は結構少なかった模様。

こういう良イベはもっと宣伝しても良いのでは?とも思いましたが、何しろ道路でのパフォーマンスですから、今ぐらいの集客で丁度良いのかもしれません。

何しろ大満喫出来て、とっても楽しいひとときが過ごせました。SHIBUYAに感謝★!


by wavesll | 2018-06-04 00:54 | 舞台 | Comments(0)

ヴェトナムフェスティバルでの水上人形劇が極上なVietnamese Music Performance

c0002171_18072378.jpg
c0002171_18073457.jpg
c0002171_18074436.jpg
c0002171_18080009.jpg
c0002171_18081455.jpg
c0002171_18082537.jpg
c0002171_18083705.jpg
c0002171_18085127.jpg
c0002171_18090991.jpg
c0002171_18092254.jpg
c0002171_18094240.jpg
c0002171_18095623.jpg
c0002171_18101239.jpg
ヴェトナムフェスティバルにて水上人形劇をみてきました。超楽しい!

NHKホール前に特設の舞台が創られ、幕の奥から人形が次々と出てきてパフォーマンス。田畑や湖沼での勤労がユーモラスに描かれ、動物とのアクションや、時に龍も出て来て。ヴェトナムの水上人形劇、これは見ものでした。

”おそらくこうして操っているんだろうな”と想わせながら、ドラゴン達が水を吹いたり、王妃がぐるぐるダンスしたり、小鳥を咥えた猫は池を飛び出して木に登ったり中々仕掛けが凝っていて“おお!”と思わされるし、何より生バンドの音楽が最高!



生で聴くと今回の楽団は琴や二胡のような弦楽器の音色がまた印象的で、棒状のカスタネットのような楽器も良く、パーカッションも好かったし歌も玲瓏で極上でした。最初に『昴』のヴェトナミーズカヴァーをしてくれて。タイフェスでも縦笛の人間国宝が『昴』のカヴァーをしてたけれど、アジアでの日本の代表曲なのかな?何しろ生音でヴェトナム音楽を心行くまで堪能できたのが嬉しかったです。

by wavesll | 2018-05-20 18:25 | 舞台 | Comments(0)

ギリヤーク尼ヶ崎 50周年記念横浜公演@六角橋商店街ドッキリヤミ市場

c0002171_08324472.jpg

c0002171_03114361.jpg
c0002171_03115853.jpg
c0002171_03121698.jpg
c0002171_03123454.jpg
c0002171_03125807.jpg
c0002171_03133008.jpg
c0002171_03135199.jpg
c0002171_03141023.jpg
c0002171_03143283.jpg
c0002171_03145122.jpg
c0002171_03150819.jpg
最後の大道芸人!1990年代絶頂期のギリヤーク尼ケ崎『じょんがら一代』神戸公演より 湊川神社

数年前TVのドキュメンタリーで知って気になっていた舞踏家のギリヤーク尼ヶ崎さんが六角橋商店街で公演を行うと聴き馳せ参じてきました。

椎間板ヘルニアやパーキンソン病を患い、87歳という高齢にして命の向こう側まで続く焔のような舞い。なんて透き通った瞳なんだ。数珠を振り回し水を振り撒き、地をのたうちまわる。

どこまでも切実で呪術的なオーラを感じさせる舞いに人を惹きつける重力が生じ、ひしめきあう観客と演者の異様な熱量が闇の中に存在していました。

「あと2年で(念仏じょんがらは)完成させる」「次はもっと仕上げてくる」。藝の道とはかくたることか。終演後投げ銭して語りかけ握手してもらった際の本当に力強い握力が頼もしかったです。

by wavesll | 2018-05-20 03:27 | 舞台 | Comments(0)

ANTIBODIES Collective 「エントロピーの楽園」at 赤レンガ倉庫

c0002171_18364394.jpg
ANTIBODIES Collective 『エントロピーの楽園』をみなとみらい赤レンガ倉庫にてみてきました。

噂に違わぬ異界体験。回遊型で同時多発的に巻き起こる演劇で没入感が凄く、異様な空気に飲まれて危うくアジールと勘違いするような時空。宇宙が乱雑になりながら冷えて行く物理法則をヒトの流転の比喩として燃ゆる舞踏で顕したようにみえました。

上演中は写真はNGなのですが上映後はOKということでぱしゃり。写真の後に内容にも踏み込んだ感想を書きたいと想います。

c0002171_18442993.jpg
c0002171_18444385.jpg
c0002171_18445549.jpg
c0002171_18453049.jpg
c0002171_18455165.jpg
会場に入るとノイズとドラム、そして熊の被り物をしたキーボード奏者が強烈な打音を鳴らしながらフロアに設けられた舞台で患者着のようなグレーの服を着た男女が幾何学的なダンスをしています。そこの中にオレンジのつなぎを着たB-BOYっぽい人や、メタリックな防護服?を来た人物がいて。「抗体」と書かれたヘルメットを装着した女性が客の中を渡り抜けていました。

正直このパートが結構長くて「回遊型とはいいながらもメイン舞台を中央に置きその周りを自由に歩けるだけなのかな」と少しダレたのですが、フロアを周りながら見ている内にドラマーのスキンヘッドの男性が詰襟の学生服を着ていることに気づいたときにこの抽象的な舞台パフォーマンスに補助線が引けて。

それは「エントロピー」という熱力学のタームを舞台で顕わす際に、宇宙が極めて熱い状態から冷えていくと同時に乱雑に固体化していく様を、人間そして社会の様相の写し絵としているのではないか。この今の集団によるエネルギッシュなダンスは青少年期のエナジーが爆発しながらも学校制度で画一させられている様を顕わしているのではないか、と。

そうする内にダンサーが解散しステージが解体されていって。と想うと物凄い煽情的な格好をした仮面の女性やチアリーダーの女性が現れ踊っては奥へ消えていって。”あの奥に往けるのかな?そういえば前室も凝った内装だったけど、あそこ今どうなっているのだろう?”と想い向かうとそこでもパフォーマンスが展開されていて。

解放された廊下を通るとメインフロアの奥へ辿り着いて。そこではバーカウンター(実際にビールやワイン等が飲める)やさっきの艶い女性がポールダンスしていて。廊下では首でテルミンを弾く女性や脚を引き摺りながら前進する女性が。

メインフロアに入ると飄と歩いて叫び出す男や女、ゾンビというよりも妖鬼のような演者たち。それぞれに自分だけのコスチュームを身に纏う彼らは、学び舎から社会に飛び出てそれぞれの道を行き、(恐らくは)都市の心理的圧力に精神が軋轢され、まともでいられなくなっていく様なのであろうか、なんて思いました。

回遊型の演劇、音楽フェス的な空間というより、全てを体験できないという意味で人生、或いは世界の写し図としての表現形態にも感じて。メインフロアからバーカウンターへ舞い戻り、気になっていた「水」のパネルを持つ女性に「水お願いします」というと、エロチックに運動してその汗をコップで掬い飲み干すというパフォーマンス、なんかくらくらしてきたw

パフォーマーと客が同じ平面で直接触れながら劇時空が展開されるから本当に一種異常な時空体験というか。無論節度があるからこその悦楽ですが。

メインフロアではクライマックスのダンスが展開し、銀のヴェールが河になり、そこへ小鳥のようなダンスをしていた人間達が入って行って膨らんで芋虫のようなフォルムへ。そこからの孵化。卵から這い出るように人々が這い出て終劇。

エントロピーという自然現象を顕わす概念が、政治経済的なコールと共に社会の中での人間としての遷移や人生に於けるビルグンドゥスロマンとして顕されていたように感じて。轟く炸裂音の罅と激烈な精神表現のダンス、魔の領域まで迫る舞台でした。

by wavesll | 2018-04-28 19:26 | 舞台 | Comments(0)

マリア・パヘス&シディ・ラルビ・シェルカウイ『DUNAS』 天地と焔の生命のダンス

c0002171_16283634.jpg
c0002171_16284657.jpg
Bunkamuraオーチャードホールにてマリア・パヘス、シディ・ラルビ・シェルカウイによる『DUNAS』を観てきました。大布を翻す現代フラメンコ。

白昼夢をみているかのようで、観終わった後放心で東横線まで歩きました。砂漠は宇宙に通じ、タップはまるで野生動物がコミュニケートするよう。哀しみを帯びた情熱の歌とギターラは人生は焔だと伝えてくれ、肉体というリアリズムの極致からファンタジックな空域へ引き込まれていきました。砂絵で描かれた樹。ヒトのルーツに辿り着くループを踊るような、そんな歌舞でした。

フラメンコをみるのは3回目で、初はグラナダの丘の洞窟小屋でみた熱情迸る至高のダンス・タップ・ギターラ・フルート。2度目はセビーリャでの群舞。そして今回。所謂本流は西班牙でみていたので、今回『プルートゥ』のシェルカウイとフラメンコ界の至宝であるパヘスのコンテンポラリーとしての先端フラメンコに触れられたのは僥倖でした。

by wavesll | 2018-03-31 16:44 | 舞台 | Comments(0)

Niwa-Gardd-Garden 岩手柿内沢鹿踊を起点にするダンス 創造に根差すもの

c0002171_00273947.jpg
c0002171_00275580.jpg
c0002171_00282292.jpg
c0002171_00283379.jpg
c0002171_00284653.jpg
c0002171_00290006.jpg
Odori Dawns Dance

BANKART Studio NYKにて行われたNiwa-Gardd-Garden 国際ダンス交流プロジェクト〈Odori-Dawns-Dance〉をみてきました。

英国ウェールズ出身のショーネッド・ヒューズさんが岩手県住田町に住みながら、そこに伝わる行山流山口派柿内沢鹿踊(ししおどり)に喚起されたダンス・プレゼンテーション。

踊り手たちが口歌唱(くちしょうが)を唱えながら舞い、太鼓を打ち鳴らす。

PAを通さない生の音がとてつもなく迫真性が有って。コンクリート打ちっぱなしの中で響く太鼓の神轟き、アイヌのウポポや沖縄の神歌に通じる澄んだ旋律、そして足音や衣の擦れ音、全てが澄明に響き、ミニマルやエクスペリメンタル・ミュージックとして感ぜられて。

鹿の装いをするために休憩を取り、その後鹿踊が披露されました。(写真は舞台本番でなく、幕間などに撮ったものです)
キリンが首で打ち合うように背中から生えた角?をぶつけあう勇壮な姿、仮面をつけるまえにも想っていましたが、人ならざる精霊に成っていると。

ヤマトが地方の豪族を退治していく過程での文化的残滓が妖怪だとすれば、あまりに清浄な縄文的な調べはまさしく異教のカミであり、それがヤマト文化圏の外からの目で見つけられるのはストレートな結果にも想えました。

その後のトークセッションにも参加して。鹿踊のリズムは非常に難しいものがあること、地元の人は腰を低くする等の基礎以外は自由にしていいというレジリエンスがあること。町でのお祭りには観光客が居なく、本当に純粋に地元の人の伝統芸能であること。

また口歌唱は仮面をしているため太鼓の叩きだしのリズムを合わせるために唱えられている事、無音であったり倍速にしている部分はショーネッドさんが顕わした部分であること等を聴けました。

そして一番印象的だったのは文化へ敬意を払い、人生に根差した藝術への姿勢。ショーネッドさんは住田町に何年も住み人間同士の関係を町人の方々と創り、そして今後もこの活動を続けていく。

一人のダンサーの女性は「外から来た人間がこの踊りを舞っていいのか葛藤があったが昨年末ようやく乗り越えられて」と話されて。文化・伝統に対して消費でなく創造として関わるとはこう生きることかと深い感銘を受けました。

時が醸した素晴らしい藝能に、感謝と心からの敬意を。





by wavesll | 2018-02-19 01:09 | 舞台 | Comments(0)

Tianzhuo Chenの舞台がパステル・ホドロフスキーでハオ!

c0002171_11171559.jpg
intoxicateにてフェスティバル/トーキョーのアジアシリーズ vol.4 中国特集 『忉利天(とうりてん)』の記事を読んで。チェン・ティエンジュオが構成・演出・美術を行ったこの<古代神 X クラブミュージック>のパフォーマンス・アート。先ずこのヴィジュアルに惹かれました。

実際に池袋あうるすぽっとに行くには能わなかったのですが、Tianzhuo Chenの公演動画を漁っていました。


”上海のArt感覚の現在はこれか”と。Tianzhuo Chen氏はインタビューで「きゃりーぱみゅぱみゅなんかも興味があった」と言っていましたが、これらの作品のAsian Millennial世代の感覚はパステルなホドロフスキーあるいはマシュー・バーニーな、ヴァーチャルリアリティーが現実レイヤーと織り重なり魔術的リアリズムな日常/非日常から生まれいずる感性だなと。

Vimeoにはフルレングスの舞台動画も上がっていて。上のポスターの笠神も出てきていて。大変に楽しめました。台湾や韓国のカフェなんかもそうですが、アジア人の表現する西欧の方が本物以上にオサレでポップな感覚ってあるなぁと。Asiaの今のセンスに今後も着目していきたいです。



cf.
by wavesll | 2017-11-12 11:56 | 小ネタ | Comments(0)