タグ:表参道 ( 13 ) タグの人気記事

太田記念美術館 江戸の悪 PartII に石川五右衛門の釜茹でを眺めにいったらヴィランの冷気にあてられた

c0002171_00461081.jpg
"暑い時には熱いものを"と想い、石川五右衛門の釜茹での浮世絵を表参道の太田記念美術館で開催されている江戸の悪 PartII にみにいきました。

そのお目当ての歌川国芳 ≪『木下曽我恵砂路』≫が初っ端に。これは舞台を画いた作品らしく、舞台上でこれをやってしまうとはとんでもない演出だなと。歌舞伎って浮世絵の実体化版だなと惚れ惚れしますね。

そして本展覧会でも白眉の一つ、豊原国周≪神力谷五郎豪傑期最図≫
c0002171_00553293.jpg
この威容。いかにも無頼な龍の文様と眼光。たまらない。この絵は天保水滸伝に着想を得たもので、同じく天保水滸伝から歌川国定(三代豊国)≪近世水滸伝 競力富五郎 中村芝翫≫≪近世水滸伝 夏目子僧新助 岩井粂三郎≫も龍虎相見える藍の深さが非常に格好良いものでした。

この展覧会は様々な観点から”悪人”を顕わすもので、最初は盗賊などの犯罪人たち。歌川広重≪青野ヶ原ニ熊坂手下ヲ集ム≫ はいかにもな盗賊たちの顔、顔。月岡芳年≪芳年武者无類 源牛若丸 熊坂長範≫の貴公子牛若の空中戦。

五右衛門の作品は他にも無款≪『楼門五三桐』≫や歌川国貞(三代豊国)≪東海道五拾三次之内 京 石川五右衛門 東海道五十三次の内 京二 真柴久吉 ≫というような作品も。

浮世絵をみると”ほほう、日本史にはこんなキャラも登場するのか”と想うことも多くて。女装の盗賊を画いた歌川国貞(三代豊国)≪豊国漫画図絵 弁天小僧菊之介≫もその一人。中世・近世の印象的なシーンとしては月岡芳年≪英名二十八衆句 稲田九蔵新助≫の”あんこう斬り”の吊るし斬りの場面も大変に凄惨なものでした。

また著名人だと大岡越前をモチーフとした歌川国貞(三代豊国)≪ 『晴模様染衣更着』≫の水色の着物のぱりっとした感じや、当時の名優、市川小団次の訃報に寄せた豊原国周≪小仝三升五人俤≫のきわっとした目つきもスゴくて。歌川豊国≪斧定九郎 松本幸四郎≫もい~いツラしてましたw

悪の代表として侠客も取り上げられています。大阪の侠客達を画いた歌川豊国≪『仕入染雁金五紋』≫の威風。月岡芳年≪東錦浮世稿談 神田伯勇 幡随院長兵衛≫は湯殿で襲撃され血みどろになりながら鱈腹水を飲み干す様を描いたもの。

歌川豊国≪『助六由縁江戸桜』≫と歌川国貞(三代豊国)≪梨園侠客伝 髭のゐきう≫の髭の意休の白髪の格好良さ。

歌川国芳≪国芳もやう正札附現金男 野晒悟助≫以前観たのより発色が変わっていましたがやはり素晴らしかった。国芳の同じシリーズだと≪国芳もやう正札附現金男 梅の由兵衛≫も黄色赤青が鮮やかに反応していました。

歌川国貞(三代豊国)≪東海道五拾三次之内 赤阪 沢井又五郎 東海道五十三次の内 赤坂 沢井助平≫で画かれるアジアの獅子のようなぎょろっとした目つき助平さんは名前の通り遊郭を覗くのが趣味の人だとかw歌川国貞(三代豊国)≪『名高殿下茶店聚』≫も良かった。

月岡芳年と共に英名二十八衆句を画いた落合芳畿≪英名二十八衆句 邑井長庵≫は娘を遊郭に売り渡し父親が得た金を奪うために殺人を犯す医師を描いたもの。豊原国周≪雲上野三衣策前 河内山宗俊 市川団十郎≫もまた悪僧で。

歌川国貞≪『菅原伝授手習鑑』(車引)≫は隈取のかっこいい作品。ダース・シディアスだ◎異様な格好という点では歌川国貞(三代豊国)≪見立三光之内 日 平清盛≫の中国皇帝のような冠も凄かった。清盛を画いた絵だと月岡芳年≪平清盛炎焼病之図≫は病苦を閻魔などであらわした作品。ちょっと絵が一時期の江川達也が参考にしてたようなスタイル。

歌川豊宣≪新撰太閤記 此人にして此病あり≫ は信長が鉄扇で光秀をぶつところを描いた作品。歌川国芳≪『東山桜荘子』≫は蛇を纏う人物が格好いい作品。

そしてこの展覧会の白眉が月岡芳年≪新撰東錦絵 鬼神於松四郎三郎を害す図≫
c0002171_02065951.jpg
キルビルのように復讐を果たす”鬼神のお松”が遂に本懐を遂げるシーン。男の苦悶の表情とお松の冷徹な表情の対比が素晴らしく、水面も美しくて。これが一番好きな画でした。


豊原国周≪異種薔薇犯妻会 当ル卯の夏 高助 原田お絹≫、≪異種薔薇犯妻会 当ル卯の夏 半四郎 写真お若≫、≪艶色七人毒婦≫の毒婦たちがクリムゾン・レッドの背景に映えていました。

そして妖術使いの篇。歌川芳艶≪両賊深山妖術競之図≫と月岡芳年≪袴垂保輔鬼童丸術競図≫は怪盗袴垂保輔と鬼同丸(鬼童丸)が深山で妖術競べをする図。

楊洲周延≪東錦昼夜競 玉藻前≫は九尾の狐の正体を現す場面。変身シーンは昔から光線が出るんですねw 歌川国安≪『音菊高麗恋』≫では日本人にもインドに行った天竺徳兵衛という商人がいたのかと軽いサプライズがありました。

歌川国貞(三代豊国)≪『児雷也豪傑譚語』≫はガマガエルに乗った児雷也とナメクジに乗った綱手がまさにNARUTOの世界。歌川国貞≪豊国揮毫奇術競 須美津冠者義高≫はネズミの道士。

歌川国貞(三代豊国)≪『しらぬい譚』≫は蜘蛛の妖術を会得し戦う姫の画。歌川国貞(三代豊国)≪豊国揮毫奇術競 蒙雲国師≫は正体が蛟の妖術使い。歌川国貞≪『大和大和花山樵』 ≫もカッコよかった。

歌川国芳≪木曽街道六十九次之内 鵜沼 与右ェ門 女房累≫はレインボーな魂魄が印象的。歌川国貞(三代豊国)≪『東海道四谷怪談』≫は絵の中に折り返しがあって、障子の裏表にお岩と小平がみれるという仕掛け絵。豊原国周≪歌舞伎座 中満久 皿屋舗化粧姿鏡≫は逆さ傘でお菊の幽体を防ぐ画。

歌川国貞≪見立三十六歌撰之内 在原業平朝臣 清玄≫で清玄というストーカー坊主がいたことを今回初めて知って。ストーキングされていた桜姫を画いた月岡芳年≪新形三十六怪撰 清玄の霊 桜姫を慕ふの図 ≫も。確かに桜姫、可愛い。清玄は大分人気だったらしく、彼を女体化した女清玄を画いた歌川国貞≪『隅田川花御所染』≫なんて作品も。

その他、好いた男にまた会えるかもと放火の罪を犯した八百屋お七の事を歌川豊国≪『封文其名題』≫や処刑のシーンを画いた歌川国芳≪『恋模様振袖妹背』≫で知りました。

妖刀による凶行を画いた歌川国芳≪源氏雲浮世画合 鈴虫 福岡貢≫や同じく福岡を画いた月岡芳年≪英名二十八衆句 福岡貢≫のカッコよさ。

歌川国芳≪遇躬八芸 武蔵野秋月≫もワッルい面でよいよい。歌川国貞(三代豊国)≪梨園侠客伝 団七九郎兵衛 かわら崎権十郎≫も気合の入った刺青がいかす。歌川国芳≪鏗鏘手練鍛の名刃 佐野治郎左エ門 ≫の血飛沫もまた危険な格好良さ。

落合芳幾≪英名二十八衆句 げいしや美代吉≫、この人の描く血の滲みは情念が伝わる。歌川芳房≪清盛布引滝遊覧義平霊難波討図≫は雷となった悪源太義平の怨霊の図。悪にも色々な意味が日本にはあって、舞台上では歌川国貞(三代豊国)≪『三幅対戯場彩色』≫に描かれる善玉・悪玉みたいな役回りも。

盗賊、侠客、悪の権力者、毒婦、妖術使いetcetc...様々な”悪”の冷気にあてられた夏の夕となりました。

by wavesll | 2018-07-22 03:19 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)

ピクセル・ダビデ@キャットストリート

c0002171_20221776.jpg




by wavesll | 2018-07-21 20:19 | 街角 | Trackback | Comments(0)

落合陽一「山紫水明∽事事無碍∽計算機自然」展@GYRE

c0002171_02540062.jpg
c0002171_02543370.jpg
c0002171_02544739.jpg
c0002171_02550050.jpg
c0002171_02552064.jpg
c0002171_02563290.jpg
c0002171_02564738.jpg
c0002171_02570111.jpg
神宮前GYREへ落合陽一さんの個展「山紫水明∽事事無碍∽計算機自然」を観に行ってきました。面白かった。

落合さんと言えばとこれいう浮遊する球体がスピンしながら回転する≪Levitrope≫(動画link)の他、波形なオブジェが浮遊する≪Silver Floats≫(動画link)も好かったし、特殊なレンズにより視覚をハックしてくる≪Morpho Scenery≫や磁性流体を使った≪波面としての古蛙≫(動画link)も佳かった。

こうしたメディアアートには一定の批判もあり、チームラボと十把一絡げにするTweetなんかも散見したのですが、寧ろ言論強者ゆえ惑わされているのではという警戒心を持つ点で落合さんは菊地成孔氏的なポジションに感じます。

けれどもDCPRGを生で浴びた時の言語無関係な圧倒的な快楽のように落合さんの作品には非言語表現である質感への拘りが感じられるというか。確かに一種「素材・技術をそのまま出した」ようなソリッドな表現だけれども、チームラボの作品に感じる質感の浅さへの不満は落合さんの作品群にはそんなに感じないというか。(ちなみにそんなチームラボも宇宙と芸術展 at 森美での映像空間作品は良かったと感じました )

今回だとモルフォ蝶が物理的にパタパタする奴や動物の目のパネル、吹き抜けに在った昆虫のパネル、イルカの寫眞と彼らの声の展示や、プラズマの放出による虫の音の展示など”もうちょっとふくよかに肉付けした方がいいのではないか”という表現もありましたが、鯖の肌を顕わした≪波の形,反射,海と空の点描≫等かなり良く、質感により雰囲気が起ち上がる域に達していたと感じました。

展覧会を出る時にたまたま落合さん自身にもお会いできて。きさくに写真撮影にも応じられていて。お声掛けしたのですが、服装などまさにイメージ通りな飄々とした方でした。

by wavesll | 2018-05-26 03:25 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)

キャットストリートの排気口

c0002171_19364781.jpg

by wavesll | 2018-05-25 19:37 | 街角 | Trackback | Comments(0)

HARMONICA CREAMS & MUNDY LIVE at I Love Ireland Festival 'N' St. Patrick's Day Parade

c0002171_20093479.jpg
Harmonica Creams - Axis Mundi [Official Music Video]

HARMONICA CREAMS / Dance of quadra

Galway Girl - Mundy with Sharon Shannon (H.Q.)

昨日、代々木公園で開かれていたアイラブアイルランドフェスへ行ってきました。初夏から秋口にかけて代々木公園では様々な国のフェスが開かれますが、まだ寒いこの時期にやるんだなと数年前から気になっていて。

何でも3月17日はセントパトリックスデイといってアイルランドにキリスト教を広めた聖パトリックの命日とのこと。アイルランド以外でも「緑の日」として祝われているそうです。

さて、アイルランドから取り寄せられた麦酒なんかも気になりつつもお目当てはコンサート。ピンクフロイドとも共演したというMUNDYというアーティストのライヴがあるのでした。

で、MUNDYさんも良かったのですが、その前に出た日本のアイリッシュ音楽集団ハモニカクリームスの音がなんともトランシーで非常に良くて、なかなかのめっけものでした。

そして今日、表参道でセントパトリックスデイパレードが開かれるということで再び行って参りました。バグパイプからラインダンスから、緑繋がりであの会社の人たちまで。中々の盛り上がり。何でもハロウィンの次はイースターかセントパトリックスデイと目されてるのか。mjk! 今後も育っていって欲しい良イベントでした。

c0002171_21053774.jpg
c0002171_21055968.jpg
c0002171_21061343.jpg
c0002171_21062833.jpg
c0002171_21064284.jpg
c0002171_21065849.jpg
c0002171_21071221.jpg
c0002171_21073297.jpg
c0002171_21074782.jpg
c0002171_21080554.jpg
c0002171_21081999.jpg
c0002171_21083682.jpg
c0002171_21085310.jpg
c0002171_21090761.jpg

by wavesll | 2018-03-18 21:09 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

MeCA展 Media Culture in Asiaの光と闇のArt Experienceがスゴい。

平川紀道 - datum
c0002171_21212289.jpg
couch - TRACING SITES
c0002171_21224102.jpg
Tad Ermitaño - Spinning Jimmy v.2.0
c0002171_21235489.jpg
Kawita Vatanajyankur - SERIES: TOOLS / WORK
c0002171_21253427.jpg
c0002171_21311138.jpg

Bani Haykal - 「眠らない夜のネクロポリス」
c0002171_21270773.jpg
c0002171_21272172.jpg
Guillaume Marmin + Philippe Gordiani – TIMÉE (Vimeo link)
c0002171_21305324.jpg
MeCAへ行ってきました。

デジタルテクノロジーの現代アート展。ラフォーレ原宿と表参道ヒルズで行われていて、まずはラフォーレ6Fへ。

平川紀道の画像を色素分解し6次元ユークリッド空間上の点として顕わす≪datum≫がまず面白かった。スーラの点描画で画かれた公園を撮影してストップモーションで点描に編集、それを木片に投影したものをスクリーンに再投影することで作品が画くものの時間経過と非同期で写される鑑賞を顕わしたcouch≪TRACING SITES≫も。

そしてスクリーンに浮かんだ要素がプリンターで印刷され続けるStudio The Future - Klara van Duikeren / Vincent Schipper Fil Fiat Luxや映像で画面端にぶつかると車輪がついた画面が動くTad Ermitaño≪Spinning Jimmy v.2.0≫等電子と物理の関係が面白い作品も。

表参道ヒルズB3Fに移って、キム・ジヌンのボードの上にある珠の数と位置で音楽が変位する≪Ball≫や坂本龍一+高谷史郎がつくったアジアの一定地域の天候データによって天井からの水滴の落下と音の変化をもたらすという≪「water state 1(水の様態1)」≫をみました。女性の社会的負担を映像で顕わしたKawita Vatanajyankur ≪SERIES: TOOLS / WORK≫や一方的なチェスのゲーム展開で国際情勢を比喩したBani Haykal「眠らない夜のネクロポリス」等も。

そして一番感動を湧かされたのはGuillaume Marmin + Philippe Gordiani – TIMÉE!暗闇の中で孔々から光が射し空間の位相が変わっていく12分間の作品。ディスプレイの2次元では分かりづらいですが、生で観ると光の3次元性が本当に感銘を受けて…!シンプルなものだからこその真新しい体験、単純なものこそ創り出すのは奇跡なのではと思わされました!

会期は明日迄。この≪TIMÉE≫はホント目から鱗で、恒常展示して欲しいくらいの体験を呉れました。

by wavesll | 2018-02-17 21:51 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)

Kimono Roboto at Omotesando hills

c0002171_19584641.jpg
c0002171_19592816.jpg
c0002171_19585760.jpg


by wavesll | 2017-12-05 20:59 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)

Galaxy Studio Tokyo@キャットストリートでVRアトラクションを遊ぶ

c0002171_5362011.jpg
c0002171_5365417.jpg

渋谷から表参道へ抜けるキャットストリートの原宿 BANK GALLERYでGalaxyのフリーイベントが催されていました。

Galaxy VR gearを使ったアトラクションが幾つかあり、私が体験したのはフィフス・エレメントみたいな超絶高僧ビルの狭間をエア・バイクで翔けるアトラクション。シートベルトし、バイクも動く4D仕様。(上は私の後にやった方のPLAY写真です)

没入感半端無かった!他にもレインボーロードスケルトンするみたいなゲームとか色々あったけど、VR酔いしてしまって泣く泣く離脱しました。アトラクションをするごとにスタンプが溜まって、5つ溜まると外のガラス張りの処でVR版スター・ツアーズみたいなのやれるらしいです。

”メガネでも楽しめるVR GEAR、やるなー”と想ってたらトランプ公式夕食会に元慰安婦を招待、独島エビの料理もなんてニュースが。このタイミングでやるか。金を落させる気を失せさせられ。料理だったらカンジャンケジャン、美術だったら≪百済金銅大香炉≫、音楽ならIUOOHYOイ・ランZion.TそしてHyukohとか好い文化はあるけれども、どうにも。残念。
by wavesll | 2017-11-08 05:45 | 小ネタ | Trackback | Comments(0)

太田記念美術館にて葛飾北斎≪冨嶽三十六景≫全46枚をみた

c0002171_19583941.jpg

表参道の太田記念美術館にて葛飾北斎 冨嶽三十六景 奇想のカラクリ展をみてきました。

冨嶽三十六景は実は36枚ではないことを御存じでしょうか?私は初めて知ったのですが、人気がありすぎて10枚追加し全46枚あるのです。そしてこの展覧会はその全作が展示されるというもの。

生で観る冨嶽三十六景は、浮世絵の実物に加え保存のため照明の光量も抑えているため、色味のヴィヴィッドさはそこまででもないのですが、実物大の浮世絵に顔を近づけてみると、その筆致というか摺致から線一本一本の迫力が伝わってきました。

本記事では、各景に一言コメントをつけていこうと想います。冨嶽三十六景はWikipedia Commonsで公開されていて各画にはそこからLinkを張りました。

46枚の順番はつくられた順ではなく、今回の展示の順番でコメしていきます。タイトルの”冨嶽三十六景”は省略しました。

≪凱風快晴≫:富士の赤が美しい。鰯雲のような雲の姿も雄壮さを湛えている。

≪相州梅澤左≫:ベロ藍(プルシアンブルー)の富士もさることながら、鶴が一羽一羽個性が伝わるような描写が素晴らしい。

≪常州牛堀≫:展示してあったものは藍と白の鮮やかなもので、船の勇美さが良かった。

≪山下白雨≫:北斎は富士山の特に山肌に非常に拘りをもって微細を描いているように感じた。右下の黄色の文様は雷だそう。そのデフォルメ具合も凄い。

≪甲州犬目峠≫:歩く人の大きさから景色の雄大さが伝わってくる。

≪五百らかん寺さゞゐどう≫:冨嶽三十六景には富士を眺める人々が良く描かれていて、これもその一つ。背中だけでも性格が顕れるような描写力が見事。

≪東海道吉田≫:このGIFでも有名な絵。茶屋に集まる人々の江戸時代らしいちゃきちゃきした感じが好き。

≪礫川雪ノ且≫:三十六景唯一の雪景色。しんとした雪景と、人物たちの華やいだ空気の対比が印象的。

≪東海道程ヶ谷≫:左端の人物の立ち姿、好きだ。

≪御厩川岸より両國橋夕陽見≫:水のもにょもにょした感覚が見事。

≪隅田川関屋の里≫:地を這う霧の造詣がスピード感を増す効果が。

≪ 神奈川沖浪裏≫:やはり凄い。白波はつづらのようにも見え、”そうかこれは富士の氷雪に呼応しているのか”と。

≪駿州江㞍≫:紙が吹き飛ばされることで目に見えない風が実体として描かれた逸品。

≪武陽佃嶌≫:様々な形の舟達が快く配置されている。

≪ 甲州伊沢暁≫:薄桃の射す朝景。みじたくしている人々の姿がまたいい。

≪甲州三坂水面≫:冨嶽三十六景はもちろん実在の場所を主題としているのだけれども、北斎はそこにモキュメンタリー的な手法と言うか、画としての面白さを求めて脚色を施したものも数多く在り、影が点対称に映るこの絵もそんな一枚。

≪遠江山中≫:本来あり得ない上と下から同時に鋸が挽かれる様を描いた作品。

≪東海道品川御殿山ノ不二≫:本来この方向から眺めると富士山はみえないが、そこは巧いフィクションとして描いている。

≪甲州三嶌越≫:真ん中の碧の巨木が大変に魅力的で、この巨木は他の処にあった矢立の杉を山深さを顕わすためにここに挿入したらしい。

≪青山圎??枩≫:無論東京からではこんなに大きく富士山はみえないが、ここではダイナミックに誇張されている。

≪隠田の水車≫:今の渋谷川の水車。水は本当は上には回らないが、ここでは絵の面白さのためにこうした演出が為されている。

≪ 尾州不二見原≫:円のリズムが非常に快い。

≪深川万年橋下≫:「冨嶽」なのに富士山がこんなにも小っちゃく、富士をみつける楽しみがあるともいえる。傘を深くかぶった釣人が格好いい。

≪登戶浦≫:鳥居が連なって海から立つ感じ、江川海岸の海中電柱っぽさある。

≪上總ノ海路≫:生で観るとグラデーションの美しさに吉田博に繋がるものを感じた。

≪本所立川≫:材木馬の縦の線の景観が美しい。

≪身延川裏不二≫:46枚目に描かれた一枚。富士は山嶺群の中に。

≪江戶日本橋≫:記念すべき冨嶽三十六景の一枚目。日本橋の雑踏ではなく、江戸城の遠景が描かれているのが興味深い。

≪江都駿河町三井見世略圖≫:三十六景の2枚目。これも三越の賑わいでなく屋根の人物たちや凧にフォーカスされているのが面白い。

≪東都浅艸本願寺≫:屋根がでかい。そしてまた凧。北斎、凧好きかも。

≪東都駿䑓≫:丘の緑の彩色、松から富士山に抜ける空円が美しい。

≪従千住花街眺望ノ不二≫:吉原の風景も北斎の目線だとこう切り取られる。

≪相州七里濵≫:湘南・七里ガ浜を江の島抜きで画くとは北斎もなかなかに狙うなぁw

≪下目黒≫:北斎は冨嶽三十六景で、有名な場所だけでなく通常取り上げられないような場所も描いている。これもそんな一枚。

≪武州千住≫:堰枠がアクセントになっていい感じ。また人体描写が素晴らしい。

≪相州仲原≫:なんでもないスナップショットのようで、きちりといい演技が人物に施されているのが見事。

≪駿州片倉茶園ノ不二≫:茶畑が描かれた逸品。また冨嶽三十六景に出てくる馬は愛らしさがある感じがいいなぁ。△とOのリズムが気持ちいい。

≪駿州大野新田≫:牛たちが逞しくも可愛らしい。

≪武州玉川≫:川の水面の線描の美しさと青と白のグラデーションが素晴らしい。

≪相州江の嶌≫:定番の観光ポストカードのようなデザイン。

≪相州箱根湖水≫:シンプルにデザインされた芦ノ湖の風景に山岩の斑点が面白い効果を生んでいる。

≪ 東海道江尻田子の浦略啚≫:36枚目の冨嶽三十六景。海の図像画線が真に綺麗。

≪東海道金谷ノ不二≫:そしてこれが37枚目。これは本当に凄い画!海波のデザイン性、そして波のリズムは丘にも伝わって。この絵をしれて良かった!

≪甲州石班澤≫:これもまた凄い。とてつもないスケール感があるのは漁師の”孤”が描かれているからかもしれない。

≪信州諏訪湖≫:描かれた時代にはもう失われていた幻の水城の風景を文書記録から蘇られた逸品。

≪諸人登山≫:実は冨嶽三十六景でこうした富士山の近景はこの一枚だけ。富士に登る人たちの勢いと風情が偲ばれる。

そしてこの展覧会では北斎以外にも、娘の葛飾応為の柔らかい夜の光が美しい≪吉原格子先之図≫や雅な≪源氏物語図≫、女性の身の施し方のマニュアル本に応為が挿絵を入れた≪女重宝図≫や歌川広重などが三十六景と同じ場所を描いている作品群、そして北斎が三十六景を描くときに参考にしたという河村岷雪≪百富士≫等も展示してありました。
c0002171_22205990.jpg

三十六景以外で特に身を見張ったのが北斎が三十六景を描き上げた後に描いた≪富嶽百景≫。白黒で画かれた富嶽百景の冊子が見開かれていたのですが、≪海上の富士≫という作品など、波濤から鳥達が生成され飛んでいく美事な奇想が描かれていて、”Great Wave”の先にまた進化した浪がありました。

北斎の絵の上手さ、取り分け人物の人格が顕れるようなカラダの描き方が抜群で。引き締まってきびきびした職人たち。ホクホクして楽しそうな町人。旅慣れた渡世人など、本当に上手い。

そして富士山。静岡の方に行くと、富士山が本当に良く見え、山に抱かれているような畏敬を富士に想います。江戸の都も富士山に抱かれていたのだなぁと。

そして最後に拙写真を。太田記念美術館から帰る夕闇の代々木公園からみえた富士山の影です。現代も富士の山は東京を抱いているのだと沁みました。

c0002171_22285375.jpg
c0002171_22291279.jpg

by wavesll | 2017-10-27 22:29 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)

表参道~青山一丁目のイレギュラー銀座線を撮り鉄ったw

c0002171_2254387.jpg
c0002171_226471.jpg
c0002171_2245793.jpg
c0002171_2251937.jpg

by wavesll | 2016-11-05 22:06 | 街角 | Trackback | Comments(0)