タグ:表参道 ( 8 ) タグの人気記事

MeCA展 Media Culture in Asiaの光と闇のArt Experienceがスゴい。

平川紀道 - datum
c0002171_21212289.jpg
couch - TRACING SITES
c0002171_21224102.jpg
Tad Ermitaño - Spinning Jimmy v.2.0
c0002171_21235489.jpg
Kawita Vatanajyankur - SERIES: TOOLS / WORK
c0002171_21253427.jpg
c0002171_21311138.jpg

Bani Haykal - 「眠らない夜のネクロポリス」
c0002171_21270773.jpg
c0002171_21272172.jpg
Guillaume Marmin + Philippe Gordiani – TIMÉE (Vimeo link)
c0002171_21305324.jpg
MeCAへ行ってきました。

デジタルテクノロジーの現代アート展。ラフォーレ原宿と表参道ヒルズで行われていて、まずはラフォーレ6Fへ。

平川紀道の画像を色素分解し6次元ユークリッド空間上の点として顕わす≪datum≫がまず面白かった。スーラの点描画で画かれた公園を撮影してストップモーションで点描に編集、それを木片に投影したものをスクリーンに再投影することで作品が画くものの時間経過と非同期で写される鑑賞を顕わしたcouch≪TRACING SITES≫も。

そしてスクリーンに浮かんだ要素がプリンターで印刷され続けるStudio The Future - Klara van Duikeren / Vincent Schipper Fil Fiat Luxや映像で画面端にぶつかると車輪がついた画面が動くTad Ermitaño≪Spinning Jimmy v.2.0≫等電子と物理の関係が面白い作品も。

表参道ヒルズB3Fに移って、キム・ジヌンのボードの上にある珠の数と位置で音楽が変位する≪Ball≫や坂本龍一+高谷史郎がつくったアジアの一定地域の天候データによって天井からの水滴の落下と音の変化をもたらすという≪「water state 1(水の様態1)」≫をみました。女性の社会的負担を映像で顕わしたKawita Vatanajyankur ≪SERIES: TOOLS / WORK≫や一方的なチェスのゲーム展開で国際情勢を比喩したBani Haykal「眠らない夜のネクロポリス」等も。

そして一番感動を湧かされたのはGuillaume Marmin + Philippe Gordiani – TIMÉE!暗闇の中で孔々から光が射し空間の位相が変わっていく12分間の作品。ディスプレイの2次元では分かりづらいですが、生で観ると光の3次元性が本当に感銘を受けて…!シンプルなものだからこその真新しい体験、単純なものこそ創り出すのは奇跡なのではと思わされました!

会期は明日迄。この≪TIMÉE≫はホント目から鱗で、恒常展示して欲しいくらいの体験を呉れました。

by wavesll | 2018-02-17 21:51 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)

Kimono Roboto at Omotesando hills

c0002171_19584641.jpg
c0002171_19592816.jpg
c0002171_19585760.jpg


by wavesll | 2017-12-05 20:59 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)

Galaxy Studio Tokyo@キャットストリートでVRアトラクションを遊ぶ

c0002171_5362011.jpg
c0002171_5365417.jpg

渋谷から表参道へ抜けるキャットストリートの原宿 BANK GALLERYでGalaxyのフリーイベントが催されていました。

Galaxy VR gearを使ったアトラクションが幾つかあり、私が体験したのはフィフス・エレメントみたいな超絶高僧ビルの狭間をエア・バイクで翔けるアトラクション。シートベルトし、バイクも動く4D仕様。(上は私の後にやった方のPLAY写真です)

没入感半端無かった!他にもレインボーロードスケルトンするみたいなゲームとか色々あったけど、VR酔いしてしまって泣く泣く離脱しました。アトラクションをするごとにスタンプが溜まって、5つ溜まると外のガラス張りの処でVR版スター・ツアーズみたいなのやれるらしいです。

”メガネでも楽しめるVR GEAR、やるなー”と想ってたらトランプ公式夕食会に元慰安婦を招待、独島エビの料理もなんてニュースが。このタイミングでやるか。金を落させる気を失せさせられ。料理だったらカンジャンケジャン、美術だったら≪百済金銅大香炉≫、音楽ならIUOOHYOイ・ランZion.TそしてHyukohとか好い文化はあるけれども、どうにも。残念。
by wavesll | 2017-11-08 05:45 | 小ネタ | Trackback | Comments(0)

太田記念美術館にて葛飾北斎≪冨嶽三十六景≫全46枚をみた

c0002171_19583941.jpg

表参道の太田記念美術館にて葛飾北斎 冨嶽三十六景 奇想のカラクリ展をみてきました。

冨嶽三十六景は実は36枚ではないことを御存じでしょうか?私は初めて知ったのですが、人気がありすぎて10枚追加し全46枚あるのです。そしてこの展覧会はその全作が展示されるというもの。

生で観る冨嶽三十六景は、浮世絵の実物に加え保存のため照明の光量も抑えているため、色味のヴィヴィッドさはそこまででもないのですが、実物大の浮世絵に顔を近づけてみると、その筆致というか摺致から線一本一本の迫力が伝わってきました。

本記事では、各景に一言コメントをつけていこうと想います。冨嶽三十六景はWikipedia Commonsで公開されていて各画にはそこからLinkを張りました。

46枚の順番はつくられた順ではなく、今回の展示の順番でコメしていきます。タイトルの”冨嶽三十六景”は省略しました。

≪凱風快晴≫:富士の赤が美しい。鰯雲のような雲の姿も雄壮さを湛えている。

≪相州梅澤左≫:ベロ藍(プルシアンブルー)の富士もさることながら、鶴が一羽一羽個性が伝わるような描写が素晴らしい。

≪常州牛堀≫:展示してあったものは藍と白の鮮やかなもので、船の勇美さが良かった。

≪山下白雨≫:北斎は富士山の特に山肌に非常に拘りをもって微細を描いているように感じた。右下の黄色の文様は雷だそう。そのデフォルメ具合も凄い。

≪甲州犬目峠≫:歩く人の大きさから景色の雄大さが伝わってくる。

≪五百らかん寺さゞゐどう≫:冨嶽三十六景には富士を眺める人々が良く描かれていて、これもその一つ。背中だけでも性格が顕れるような描写力が見事。

≪東海道吉田≫:このGIFでも有名な絵。茶屋に集まる人々の江戸時代らしいちゃきちゃきした感じが好き。

≪礫川雪ノ且≫:三十六景唯一の雪景色。しんとした雪景と、人物たちの華やいだ空気の対比が印象的。

≪東海道程ヶ谷≫:左端の人物の立ち姿、好きだ。

≪御厩川岸より両國橋夕陽見≫:水のもにょもにょした感覚が見事。

≪隅田川関屋の里≫:地を這う霧の造詣がスピード感を増す効果が。

≪ 神奈川沖浪裏≫:やはり凄い。白波はつづらのようにも見え、”そうかこれは富士の氷雪に呼応しているのか”と。

≪駿州江㞍≫:紙が吹き飛ばされることで目に見えない風が実体として描かれた逸品。

≪武陽佃嶌≫:様々な形の舟達が快く配置されている。

≪ 甲州伊沢暁≫:薄桃の射す朝景。みじたくしている人々の姿がまたいい。

≪甲州三坂水面≫:冨嶽三十六景はもちろん実在の場所を主題としているのだけれども、北斎はそこにモキュメンタリー的な手法と言うか、画としての面白さを求めて脚色を施したものも数多く在り、影が点対称に映るこの絵もそんな一枚。

≪遠江山中≫:本来あり得ない上と下から同時に鋸が挽かれる様を描いた作品。

≪東海道品川御殿山ノ不二≫:本来この方向から眺めると富士山はみえないが、そこは巧いフィクションとして描いている。

≪甲州三嶌越≫:真ん中の碧の巨木が大変に魅力的で、この巨木は他の処にあった矢立の杉を山深さを顕わすためにここに挿入したらしい。

≪青山圎??枩≫:無論東京からではこんなに大きく富士山はみえないが、ここではダイナミックに誇張されている。

≪隠田の水車≫:今の渋谷川の水車。水は本当は上には回らないが、ここでは絵の面白さのためにこうした演出が為されている。

≪ 尾州不二見原≫:円のリズムが非常に快い。

≪深川万年橋下≫:「冨嶽」なのに富士山がこんなにも小っちゃく、富士をみつける楽しみがあるともいえる。傘を深くかぶった釣人が格好いい。

≪登戶浦≫:鳥居が連なって海から立つ感じ、江川海岸の海中電柱っぽさある。

≪上總ノ海路≫:生で観るとグラデーションの美しさに吉田博に繋がるものを感じた。

≪本所立川≫:材木馬の縦の線の景観が美しい。

≪身延川裏不二≫:46枚目に描かれた一枚。富士は山嶺群の中に。

≪江戶日本橋≫:記念すべき冨嶽三十六景の一枚目。日本橋の雑踏ではなく、江戸城の遠景が描かれているのが興味深い。

≪江都駿河町三井見世略圖≫:三十六景の2枚目。これも三越の賑わいでなく屋根の人物たちや凧にフォーカスされているのが面白い。

≪東都浅艸本願寺≫:屋根がでかい。そしてまた凧。北斎、凧好きかも。

≪東都駿䑓≫:丘の緑の彩色、松から富士山に抜ける空円が美しい。

≪従千住花街眺望ノ不二≫:吉原の風景も北斎の目線だとこう切り取られる。

≪相州七里濵≫:湘南・七里ガ浜を江の島抜きで画くとは北斎もなかなかに狙うなぁw

≪下目黒≫:北斎は冨嶽三十六景で、有名な場所だけでなく通常取り上げられないような場所も描いている。これもそんな一枚。

≪武州千住≫:堰枠がアクセントになっていい感じ。また人体描写が素晴らしい。

≪相州仲原≫:なんでもないスナップショットのようで、きちりといい演技が人物に施されているのが見事。

≪駿州片倉茶園ノ不二≫:茶畑が描かれた逸品。また冨嶽三十六景に出てくる馬は愛らしさがある感じがいいなぁ。△とOのリズムが気持ちいい。

≪駿州大野新田≫:牛たちが逞しくも可愛らしい。

≪武州玉川≫:川の水面の線描の美しさと青と白のグラデーションが素晴らしい。

≪相州江の嶌≫:定番の観光ポストカードのようなデザイン。

≪相州箱根湖水≫:シンプルにデザインされた芦ノ湖の風景に山岩の斑点が面白い効果を生んでいる。

≪ 東海道江尻田子の浦略啚≫:36枚目の冨嶽三十六景。海の図像画線が真に綺麗。

≪東海道金谷ノ不二≫:そしてこれが37枚目。これは本当に凄い画!海波のデザイン性、そして波のリズムは丘にも伝わって。この絵をしれて良かった!

≪甲州石班澤≫:これもまた凄い。とてつもないスケール感があるのは漁師の”孤”が描かれているからかもしれない。

≪信州諏訪湖≫:描かれた時代にはもう失われていた幻の水城の風景を文書記録から蘇られた逸品。

≪諸人登山≫:実は冨嶽三十六景でこうした富士山の近景はこの一枚だけ。富士に登る人たちの勢いと風情が偲ばれる。

そしてこの展覧会では北斎以外にも、娘の葛飾応為の柔らかい夜の光が美しい≪吉原格子先之図≫や雅な≪源氏物語図≫、女性の身の施し方のマニュアル本に応為が挿絵を入れた≪女重宝図≫や歌川広重などが三十六景と同じ場所を描いている作品群、そして北斎が三十六景を描くときに参考にしたという河村岷雪≪百富士≫等も展示してありました。
c0002171_22205990.jpg

三十六景以外で特に身を見張ったのが北斎が三十六景を描き上げた後に描いた≪富嶽百景≫。白黒で画かれた富嶽百景の冊子が見開かれていたのですが、≪海上の富士≫という作品など、波濤から鳥達が生成され飛んでいく美事な奇想が描かれていて、”Great Wave”の先にまた進化した浪がありました。

北斎の絵の上手さ、取り分け人物の人格が顕れるようなカラダの描き方が抜群で。引き締まってきびきびした職人たち。ホクホクして楽しそうな町人。旅慣れた渡世人など、本当に上手い。

そして富士山。静岡の方に行くと、富士山が本当に良く見え、山に抱かれているような畏敬を富士に想います。江戸の都も富士山に抱かれていたのだなぁと。

そして最後に拙写真を。太田記念美術館から帰る夕闇の代々木公園からみえた富士山の影です。現代も富士の山は東京を抱いているのだと沁みました。

c0002171_22285375.jpg
c0002171_22291279.jpg

by wavesll | 2017-10-27 22:29 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)

表参道~青山一丁目のイレギュラー銀座線を撮り鉄ったw

c0002171_2254387.jpg
c0002171_226471.jpg
c0002171_2245793.jpg
c0002171_2251937.jpg

by wavesll | 2016-11-05 22:06 | 街角 | Trackback | Comments(0)

Arts of Jomon展@Bank Galleryで縄文土器に触ってきた!

キャットストリートのBank Galleryにて縄文土器が撫でられるという呟きを聴き、早速行ってきました。

c0002171_19494790.jpg


小林武人 X 伊良原満美 『Dhwty(ジェフティ)』
c0002171_19545129.jpg


大藪龍二郎 『Gaia』
c0002171_20273088.jpg


篠崎由美子 『おっぱい魑魅魍魎』
c0002171_2111195.jpg


小林武人 X 伊良原満美 『薬師如来』
c0002171_19594020.jpg


XSENSE 坂巻善穂 a.k.a. sense X 小林武人 『Sculpture I (スカルプチャ・ワン)』
c0002171_2014924.jpg


XSENSE 坂巻善穂 a.k.a. sense X 小林武人 『Sculpture I ・ dark matter (スカルプチャ・ワン・ダークマター)』
c0002171_2032247.jpg


c0002171_2034831.jpg
c0002171_20467.jpg
c0002171_2045398.jpg
c0002171_2054045.jpg
c0002171_2072810.jpg
c0002171_206488.jpg
c0002171_2085940.jpg

c0002171_2092179.jpg
c0002171_2093289.jpg


Arts of Jomon展の木造みたいな作品が3Dプリンターで出力したものを漆で仕上げたと知ってびっくり。あと入り口で奥会津の日本で唯一の天然炭酸水をいただけました。お土産に黒曜石買ってしまいましたwまたつまらぬものを…w(200円)
縄文Tシャツも色々と展示販売してあって良かったですよ~明日の17:00までとのことです。
by wavesll | 2016-06-25 20:14 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)

Adidas 「交差点 l 交差展」@Catstreet

谷中でカーネーションの華茶を買った後、原宿で下りて竹下通り、裏原、表参道、キャットストリート、渋谷と歩いた時に見つけたアディダスの名作スニーカーの展覧会へ入ってきました。

c0002171_1828824.jpg
c0002171_1828171.jpg
c0002171_1828293.jpg
c0002171_1828431.jpg
c0002171_18285631.jpg
c0002171_18312140.jpg
c0002171_18313121.jpg
c0002171_18314023.jpg
c0002171_18315490.jpg
c0002171_1832445.jpg


「Boost」シリーズでソールに使われている素材を感じられるブースや、3Dプリンターの実機が動くブースも。
c0002171_18333538.jpg
c0002171_18334522.jpg


一番嬉しかったのはYEEZY BOOSTがみれたこと!カッケエー!カニエ、ヤバいなー。欲しいよ、こんなカッコ良かったら。
c0002171_18344783.jpg
c0002171_18345989.jpg
c0002171_1835969.jpg


c0002171_18372215.jpg


メアドを登録すれば入場無料!お薦め!なのですが、本日20時までだそうです。スニーカーヘッズはもう行ってそうだけど、是非!なんと会期中にスタン・スミス氏も来たとか!こんなことになっていたのか―!スタンさんの顔、初めて見たなぁ。
by wavesll | 2016-05-08 18:37 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)

Ukiyoe志向 『江戸の悪』展@太田美術館+Alpha

c0002171_22535990.jpg
今日は表参道の太田美術館で開かれている『江戸の悪』展へ行ってきました。石川五右衛門、鼠小僧といった盗賊や、お岩さんや玉藻の御前等の悪女、吉良上野介等の権力者、その他侠客、喧嘩屋、はては妖術使いまで悪人どもが鮮やかな気迫を放っていました。

一癖も二癖もある悪人どもの酷(クール)な顔つき。これはしびれました。発色が良いものが多くて、牛若と弁慶の浮世絵なんかアメコミかと想うようなヴィヴィッドな色使い。他にも絢爛たる艶やかさで、安土桃山から日光東照宮を経て、日本人の派手な感性が江戸に花開いていたのだなぁと想わされました。

以前北斎の『神奈川沖浪裏』を見た時は、「案外小っちゃいし、地の紙が変色しちゃってるなぁ」とちょっと残念だったのですが、(その時に太田美術館の規模も把握できたことも有り)今回の作品群には大満足しました。

また、歌舞伎をモチーフにした作品も多く、当時の松本幸四郎の絵なんかもありましたね。ほんとお勧めの展覧会です。次の展示の「浮世絵に描かれる戦争」展も面白そうでした。

処で常々思うのですが、現代アート界でも演劇とか時事ネタをモチーフにした絵画って現役なのですかね?浮世絵だけでなく西欧でもロートレックやミュシャなんかポスターで出世したように思いますが、映画の手書き看板も廃れた今、個人的な観測範囲内で確認できるのはビッグコミックオリジナルの表紙位ですかね。

昔は絵画が担っていた役割は今は写真が担当するようになり、そしてさらに今は画像修正という形で写真にデジタル処理を加える形に変化している藝能画像ですが、もう一度芸能人を題材にしたステージ絵のシーンが生まれたら面白そうだなぁと思いながら太田美術館を後にしました。

その後代官山まで歩いて、帰宅したらTVでAKB総選挙が放送されていました。暫く見て、テレ東の特急旅番組へ行った後、もう一度フジテレビをみてました。

何考えてたか、想像つきますよねwそう、これこれ、このAKBの総選挙なんか画題にしたら面白いのにwなんて思いながら見ていたのですw

ただ、見ている内に上海に行った子とか、複数のグループを兼任している子とか、「与えられた立場を守れなかった」とか、、なんか転勤、左遷、職責とかいうワードがもたげてきて、この子達キャバ嬢かと想ってたけど実は企業戦士じゃね?とほとほと経済力には感服してしまいました。何しろ一億円プレイヤーガンガンでてましたからね。

そういう風な目で見ると、なんか彼女たちが『島耕作』のビジュアルで見えてきてしまったのですw弘兼絵の女性たちw浮世絵スタイルでなく弘兼スタイルでのAKB同人誌なんか出たらおもれーなーなんて思いましたwストーリー的には『キャプテン』ですが、そっちより『島耕作』で。さいとうたかおの『歴史劇画 大宰相』ならば合いそうだけど、池上遼一の絵じゃないな、等とおそらく自分でやらなければ誰もやってくれない企画が頭もたげてました。(こういう時が「私以外私じゃないの」の使いどころなんですかね)

そんな総選挙番組が終わった後、ゴッホの『星月夜』がテーマとラテ欄でみて楽しみにしていた『美の巨人たち』にチャンネルを回すと、なんと『星月夜』は『神奈川沖浪裏』に着想を得たとな!確かに絵を重ねるとあの空のぐるぐるが波浪にぴったり重なってました。

c0002171_23361592.jpg


浮世絵で使われた平遠、深遠、高遠と西洋の遠近法を組み合わせた北斎の構図を、ヨーロッパの架空の夜空に翻案したゴッホ。絵画の歴史は相互に技術を盗みあい、技の改善をしてきた歴史なのですね。しっかり一作品を技術的にも解説する美の巨人たち、良い番組だなぁ。と同時に今の音楽のシーンでCEROがやってるようなまんまな引用や技術的な面から音楽を創っていく姿勢、面白いなぁと想起しました。CEROはもっともっと剛腕を振るえると想うけれど(そしてあえて今のシェイプに今はしていると想うけれど)。

そういえばミュージックマガジンの表紙もアーティストの絵でしたね。CEROが表紙の最新号、シティポップでくくられるミュージシャンが広すぎだけど、あの記事結構面白かったな。彼ら、別の雑誌で、「最近の音楽シーンで、例えばドラムがマシンを人が模倣し更新するのは人形浄瑠璃を人が模倣して歌舞伎になったのとも通じる」とも言っていて、なんだか浮世絵を核に色々拡がった日でした。
by wavesll | 2015-06-06 23:47 | 展覧会 | Trackback(1) | Comments(0)