人気ブログランキング |

タグ:音楽 ( 858 ) タグの人気記事

知久寿焼インストアライヴ@hmv record shop shibuya

『セシウムと少女』知久寿焼 主題歌フルバージョン(映画 新予告編)2015.10.20



『ああ素晴らしき音楽祭vol.2』知久寿焼"らんちう"





c0002171_00094098.jpg
元たまのVoの知久さん。デジスタでみた「電車かもしれない」のアニメから一度体験してみたかったのです。声がもう心にびんびんに鳴る!その声で唄われる詩の世界は小さな虫や惑星。いのちの視点がすっごい。いわさきちひろや藤城清治の画を想起。「セシウムと少女」には泣きそうに。「きつね、たぬき、うどんうどんうどんスープ」のうどん数え歌も。リハではずいずいずっころばし何かも。やー素晴らしかったです。生で体験できてよかった。舌を出したり野生児って感じの可愛らしいカッコよさと心揺らす歌、最高でした。
by wavesll | 2019-04-19 00:12 | Sound Gem | Comments(0)

カネコアヤノ インストアライヴ@新宿タワーレコード

c0002171_01345127.jpg
カネコアヤノの新宿タワーレコードでのインストアライヴをみてきました。今一番の女性ロックンロールシンガーとは思っていたけど、生で聴くと朗々と歌う域から最後は燃え盛るような歌唱で凄かった。またバンドも彼女の魅力を拡大させていて良かったです。

by wavesll | 2019-04-18 01:38 | Sound Gem | Comments(0)

Coachella 2019 StreamingをAlmost計24hみた感想

日本時間でこの土曜から月曜までYoutubeで配信されたCoachella Festival。特に土日なんかは家から一歩も出ないでがっつりみてました。リピートや巻き戻し含めたら3日で24h近くみたかも。

そこで良かったアーティスト達を1行感想とかで書いていけたらと思います。

Childish Gambino

Weekend1全体のベストアクトを選ぶとしたら初日のトリのチャイルディッシュ・ガンビーノ。ファンタスティックでした。「This is America」がピークでなく、中盤そして終盤のエレクトロニック・ファンクのプラズマ状態が閾値を越えてました。

「ここは俺の教会だ」と言っていましたが、ゴスペル的な要素は勿論あるけどあくまで人の熱の凄味というか、FUNKのアップデート、2019年FORMに感じて。これ、生で体験したら昇天モノだろうなと。カメラワークや演出も凝っていて、昨年のビヨンセのライヴのようにNETFLIXで配信されるかも。

JPEGMAFIA

そんな初日の朝から沸かしてくれたのがJPEGMAFIAの咆哮。ROCKが担っていた暴力性は完全にHIPHOPに喰われたなと思わされるようなシャウトでした。

Mon Lafarte

Sabrina Claudio

アーティスト達の中でも特に美女だったのが初日のMon Lafarteと2日目のSabrina Claudio。Mon Lafarteの方はラテン美女が歌う昭和歌謡、Sabrina Claudioの方もムードあってFuji Rockが楽しみになるActでした。

Anderson Paak & Free Nationals
そんなFujirockで去年みたAnderson Paak、こりゃ今年のコーチェラは配信だけどあの時の生を越えたんじゃないかってくらい出現時から飛ばしてたライヴでした。どんどん進化してるなー。リアルタイムに追いかけられる喜びがありますね。

Polo & Pan
めっけものだったのがPolo & Pan。 パリの人気クラブ「Le Baron(ル・バロン)」でDJを勤めていた、Alexandre GrynszpanとPaul Armand-Delilleのユニット。この洒落た雰囲気、エスプリが聴いていてとても素敵に聴こえました。

BlackPink
韓国からのアイドルグループの襲来。なんだかんでエロくて攻撃的でそこそこ面白かった。Weekend2では本邦のPerfumeも配信やるらしいのでそれも楽しみです。

Khruangbing
タイファンク要素だけだと”ならSoi48のパーティーで本場のを聴くよ”となりますが、こんな感じでHIPHOPのインストメドレーとかやられると”ミュージックラヴァーなんだなぁ”と思いますね~。

The1975

序盤は”それほどではないかな”と想っていたのですが中盤以降にぐんぐんパフォーマンスが刺さってきて。スタジアム・クラスのバンドになったんだなぁと。サマソニでのライヴもこれは期待値上がりますね。

Charlotte Gainsbourg
フランス語でポストロックをやっていてすっごく新鮮な響きでした。Polo & Panに続きフランス音楽いいですね。

Jambinai
2日目の初っ端を飾ったサウスコリアのバンド。韓国の伝統楽器の箏みたいなのと二胡みたいなのとチャルメラみたいなのでヘヴィでメタリックな音を鳴らす!こーれはいいですね。ワールドミュージックラヴァーとしてはかなり好きでした。コーチェラはこういうバンドも出すんだなぁ。好い。

FKJ
朝の山霧のような素敵なパフォーマンス。実は今までFKJってピンと来ていなかったのですが、生配信のマジックか魅力に開眼させられた気がします。


バキバキの中に甘やかな薄紅が射す四つ打ちの響き。コーチェラはセットの凄さも良く語られますが、個人的にはショウアップより音自体、演奏で魅せて欲しいタイプだったので、このシンプルなPlay風景は痛快でした。

Billie Eilish


同世代の新星こそティーンにとってのカリスマだと実感させられる歓声。そして音を聴いていて思ったのは『ダーク』というより暗めで落ち着いたリビングのようなカンファタブルな音像だなと。ビリーの衣服もパジャマのようなリラックスしたものでした。Z世代の雰囲気ってこれかなと。Billieは3日目のKhalidのステージにもゲスト出演してましたがそちらの方がウィスパーヴォイスなパフォーマンスでした。

Tame Impara

砂漠に広がるサイケデリックな極彩色。気持ちええ。

Little Simz

拡声器で登場されると林檎を思い出す世代wこの「Selfish」を聴くとEspecia「海辺のサティ(Vexation Edit)」を思い出します。Vapor Wave的な音像を越え血肉化された先に2019年の音はあったりするのかなと。

Blood Orange

穏やかなメロウの中に熱を秘めるBlood Orangeの空気感、とても好きでした。

Sofi Tukker

正に”フェスティヴァル”な感じにアゲてくれたのがSofi Tukker。サマソニのパフォーマンスもすげー期待できる★★★★★

やー楽しいウィークエンドとなりました。今年はWeekend2も配信があるらしく、個人的な目玉はカニエのSunday Service。また楽しみな週末がやってくる喜びが嬉しいです◎

by wavesll | 2019-04-17 03:11 | Sound Gem | Comments(0)

Guinga & Mônica Salmaso Nailor Proveta, Teco Cardoso AO VIVO @練馬文化センター

c0002171_23021813.jpg
ギンガのライヴをみてきました。素晴らしかった。春の息吹きのように浄められ、聴くほどに深く澄んでいって。森邑の清風のようなモニカ・サウマーゾの歌とパーカスにサックス・フルート・クラリネットのテコとナイロールの二人も手練れで港町な粋さ。本編最後は笛の二本吹きで聴衆も手拍子で一体に。そしてギンガのギターも素晴らしいのですが彼の歌と共に奏でられると胸がきゅっと締め付けられて。自然の野趣と城のような品と格の声。彼のギターの中低音と相まって、心臓を揺らす波動を発していました。

練馬文化センターに来たのはエグベルト・ジスモンチ ソロ ~ナナ・ヴァスコンセロス追悼コンサート振りでしたが、WWW XでのHermeto Pascoal E Grupoと本日でブラジル三大鬼才を生で体験することが出来たのは曜変天目三碗をみたのと双璧を成す充足感がありました。

端正な究極の美しさのジスモンチは稲葉天目、無敵の奔放さなパスコアルは藤田美、ギンガは一見派手でないが覗き込むとアンドロメダのようななんとも深い煌めきがある龍光院の曜変天目とかコアにコアをぶつける譬えをしてしまいましたが、今夜ギンガを直に体験したことでその魅力に一気に開眼させられたのは確かに大徳寺の曜変天目の体験にも似ていたかもしれません。

それにしてもブラジル音楽の肥沃さには感嘆しかありません。今回クラウドファンディングを初めてやったのですが、こうしてとてつもないアーティストの招聘の一助になるなら今後も是非やっていきたいなと思いました。

by wavesll | 2019-04-10 23:27 | Sound Gem | Comments(0)

Sevdaliza's The Great Hope Design in Red Bull Music Festival Tokyo 2019@Spiral hall

c0002171_22143180.jpg
オランダ在住のイラン人女性シンガー/プロデューサーという情報に惹かれてSevdaliza(セヴダリザ)のライヴへ行ってきました。

ドラム、エレクトロニクス、ストリングス、ヴィデオカメラ、バレエのようなフィメイルダンサー、そしてSevdalizaによるパフォーマンス。ライティングの演出も見事で、ダンスといい歌唱と言い、ハイパフォーマンス。

私的な事情からパフォーマンスを楽しむ余裕はほとんどないまま会場に入ったのですが、音楽の力に援けられてぎりぎり崩れ落ちるのをこらえることができました。

特に「Angel」でのファルセットのすばらしさ。これとドラムのハイハットのさんざめく音に正直救われました。

イランということでもっとアラビアな感覚なのかなとも思ったのですが、勿論アラブな感覚は漆黒なサウンドに顕れていたのですが、英語での歌で、基本的には民族音楽というよりは最新のダーク・ポップという感覚でした。

そしてその直球ともいえるサウンドでワールドミュージック好きな私にとってはストライクゾーンを少し外れているにもかかわらず心を撃ち抜く質の高さにただただ感嘆しました。

Billie EilishだけでなくKleinのWWWβでのLiveとも共鳴する音。今欧米の最新モードはダークなエレクトロニカルな音にあるとすれば、まさにその一つの綺羅星をみることができたのは僥倖でした。正直、レポを書こうと色々考察する余力がなかったので、こんな淡い感想しか書けませんが、Sevdaliza、あなたの音楽に暗闇の中で救われました。ありがとう。

by wavesll | 2019-04-09 22:39 | Sound Gem | Comments(0)

かもめ児童合唱団インストアライヴ@渋谷タワーレコード

c0002171_00150408.jpg


かもめ児童合唱団インストアライヴ@渋谷タワレコをみてきました。

坂本慎太郎「あなたもロボットになれる」のフィーチャリングがちょっとカオスでストレンジな魅力を放っていて気になって観に行って。すると新アルバムからキリンジ「双子座グラフィティ」から始まって。オリジナル楽曲も良くて。本当に児童だからオーディエンスも親御さんが一眼レフで撮ってて。私も何というかがんばれーって想いながらみましたw

「子供に本当に歌わせたい歌をやる合唱団」という感じですが、斉藤和義「ずっと好きだったんだぜ」とか、オトナな描写の歌を子どもたちが歌うアンバランス感の背伸びが不思議な愛らしさがあって良かったです。我が神奈川、三崎の合唱団、応援していきたい◎

by wavesll | 2019-04-07 00:26 | Sound Gem | Comments(0)

令和に寄せて

(R)espect your(I)ndependent (P)lace. ECD 2015/07/17_国会前

令和、命令の令にみえる感もある。と同時にレイワの響きはしゅっとして。梅の花の季節を選んだというのは桜が持つ死のイメージより、これから芽吹く季節という意思を込めたという点で悪くはない。みためだけでなく地力という幹を太く出来れば善い花が咲くかもしれない。

中国古典を原典にせず万葉集から抜き出したけれども初春にトーハクでも展示された王羲之の蘭亭序を孫引くという多重の国際性と自国性を持たせていてバランスを考えたのだと想。

逆にこのしゅっとしてる感が平成の次に来るさらなるヴァーチャル時代感があるというか、2020もこのラインなのかなとも。今さらプロレス的ど根性再びも違うかもだが、実直さを意志しないとどんどん上辺だけなっていきそうな恐れも感じて。芯・塊・體が大事やも。

こうした物言いは難癖だと厭がられるかもしれないが、寧ろこれは難陳的な態度で伝統的なスタンスと言える。

発表された夜、令嬢の様なこの雅な音にはアントニオ・ロウレイロの『リーヴリ』が似合うと想いながらも、命令に対してはECDの『言うこと聞かせる番だ俺達が』の気概を持ちたい。卯月、平成のアディショナルタイムが始まった。

by wavesll | 2019-04-02 02:42 | 私信 | Comments(0)

元ちとせLive@KEENFEST春風

c0002171_09431991.jpg
c0002171_09433905.jpg
元ちとせ - ワダツミの木

代々木公園で3/30・3/31に開かれているKEENFEST 春風へ行ってきました。

去年も行ったのですがほんと雰囲気がいいフェスティバル。

オレゴン州・ポートランドのクラフトビールで「美味い…!」と声をあげてしまったことが始まりでお隣で同じく4種飲み比べをしている方々とお話ししていたらなんと民謡クルセイダーズの方で!何という奇貨か◎エグベルトジスモンチや俚謡山脈、Ola製のギターの話なんかを楽しくすることが出来ました。

そして民クルの方が参加したという奄美民謡のアルバムをドロップした元ちとせさんのライヴをみることができました。

演歌以後でこぶしを日本のポップシーンで最も成したのは元さんだと思います。数々の銘曲に加え、中島みゆきの「時代」のカヴァーも唄者としての確かなオリジナリティを感じて。そして「ワダツミの木」、1番目のサビでのジャズのような静謐なアレンジが印象的で、この夜風な美しい歌を鳴らすと最早最強、素晴らしかった。

そして最後に奄美民謡を三線で。素晴らしかったなぁ。可愛かった、朝まで歌って欲しかった◎

去年嵌った『ニシブチ(北風)』での沖永良部の歌に加え、徳之島フェスでの民謡も素晴らしくて、今奄美群島の音の波が打ち寄せてる感が個人的に感じて。田中一村もみてみたいし奄美、訪れてみたいです。

by wavesll | 2019-03-31 10:01 | Sound Gem | Comments(0)

柴田聡子インストアライヴ@新宿タワレコ

c0002171_05532952.jpg

柴田聡子「ワンコロメーター」(Official Video)

柴田聡子「涙」(Official Video)


柴田聡子さんのインストアライヴを新宿タワレコでみました。「後悔」で気になっていたのですが生でみるのははじめて。アコギ弾き語りで旋律の美しさがくっきりとなって。J-POP以前の美しい名曲感があって。

そしてそれがアコギの弾き語りでも新しく聞こえるのは柴田さんの声ゆえかと。綺麗だし、特に声の入りと消えの繊細な張りが特長的だとあらためて感じて。

曲間の「サンキュウ」も人柄が伝わって信頼できました。がんばれ!メロディーからの楽曲を披露してくれ、聴きたかったワンコロメーターもやってくれて。なんというか、透明感のあるひと時を過ごすことが出来ました。

by wavesll | 2019-03-29 05:44 | Sound Gem | Comments(0)

Slayer, Judas Priest, Anthrax, Like A Storm etc's Live at Download Fest Japan

c0002171_19504583.jpg
c0002171_19125206.jpg
c0002171_19130595.jpg
c0002171_19132526.jpg
c0002171_19133750.jpg
海浜幕張にてDownload Fest Japanに行ってきました。

私はヘヴィメタルからは縁遠い人間だったのですが、サマソニ2013でMetallicaをみて”これは凄いぞ”と気孔を開かれて。その後Babymetalなんかもありつつ一回メタルをがっつり聞いてみたかったのです。あの時のサマソニではVolbeatもみたなぁ。

とは言え普段のリスニングではやっぱりHeavymetalはそんなに聴かなかったのですが、Judas Priestだけはなんか聴けて。今回最終追加でJPが入ったことで”よし、ダウンロード行こう!”となり朝一からがっつり聴いてきたのでした。

初っ端のバンドはNZから来てくれたLike a Storm。これがなかなか良くて。まずやっぱりメタルってライヴ映えするというか生で聴くとカッコよさが突き抜けて。さらにこのバンド面白いのがオーストラリア先住民族の楽器ディジュリドゥも駆使するという特性があって。

ディジュリドゥ・メタル。案外重低音としてぐわんぐわん湾曲した音がメタルにあって。さらにはノイズ成分にも。これはめっけものでした。

次に出てきたのがAmaranthe。男女ツイン(トリプル?)VoのHMで熱血なライヴ。なんというかこういう熱い血潮の感覚は最近聴いていたChillな音では味わえなかったなぁ何て想って。

そして次に出てきたのがMan with a Mission。屋台で買ったあごだし豚骨ラーメン(これがなかなか美味かった)喰いつつ聞いたのですがなかなか盛り上げてくれました。ただここら辺から前日そんな寝てなかったのが祟って死体モードになりつつあり(苦笑)HalestormもHard Rockな音にカリスマ性のあるFemale Voで良かったのですが今回はコテコテのメタルを聴きたい気もしてちょっと気もそぞろで。といいつつArch Enemyでもガンガン壮大な音をBlood Stage側の奥の死体置き場で寝ながら聴いてました。

そんな自分をしゃっきりさせたのがAnthrax。こーれが砲丸をボムボム撃ち込まれるようなぐわっとくる音で、”これだよ、これが欲しかったんだよ!”となって。

と熱くなってる最中に耳がなんかダメージ受けてる感がして。朝から轟音のなかにいたからかもしれぬと、Anthrax後に耳を休めるインターバルを取ったのでした。話題のGhostもローリーみたいなVoの雰囲気も気になったし、最後らへんだけ聴けたSUM41も"すげーいいじゃん”となったのですが、何しろ耳は生命線ですから、大事を取りました。

そして何を犠牲にしてもこれだけは集中したかったSlayer。今回のワールド・ツアーがラストであるとアナウンスされた彼らをみたかった。個人的には高校時代にスラッシュメタル好きだったクラスメイトに「Slayerは一番速い奴らだ」と薦められたのが記憶に残っていて。

頸動脈から血が迸るような鮮烈なライヴ!こんなこんな凄いことが起こるとは!一生忘れられないレベル。

曲の終わりがずばっと一気に止まり、そして高速曲が連打され、ずっとジェットコースターに乗り続けてるみたいな、でも全く飽きない超高速の弾丸のようなライヴでした。そしてその焦燥感が凄すぎて。”俺はNumber Girlのライヴは解散までみることが出来なかったがSlayerには間に合ったか”なんても想って。最後の「I miss you. またいつか」には泣きそうな感情が生まれました。

そんなわけで、Judas Priest目当てでチケット取って、ロブの声は魔神のごときだったのですがSlayerで燃え尽きてしまいだらっとみてました。演奏自体にもちょっと大味な感はあったのですが、終盤のペインキラー等の畳かけでガっとあげられました。これはやっぱり流石だなと。

HR/HMはLIVEで何億倍も感動が大きくなりきっちり持ってかれる最強の音楽だななんて想って。あとリアルに空耳っぽく聴こえるw唯一心残りはサークルモッシュに参加できなかったことでしたがまぁこれは翌日もありましたからwライヴとライヴの間が10分もないくらいなので一人でも退屈がないし、また行きたい!ただ次回開催の時は動線は絶対に改善してほしいです。とは言えスゲーいいFirst Metal Fes Experienceとなりました。


by wavesll | 2019-03-22 19:50 | Sound Gem | Comments(0)