タグ:飯田橋 ( 4 ) タグの人気記事

小石川後楽園 東京ドームを借景とした江戸庭園

c0002171_23472781.jpg
c0002171_23474284.jpg
c0002171_23475868.jpg
c0002171_234815100.jpg
c0002171_23484569.jpg
c0002171_2349067.jpg
c0002171_23493394.jpg
c0002171_23494958.jpg
c0002171_23501215.jpg
c0002171_23502921.jpg
c0002171_23505464.jpg
c0002171_23511336.jpg
c0002171_23513237.jpg
c0002171_23514892.jpg

水戸徳川家の日本庭園、小石川後楽園。
今は東京ドームを借景にTOKYOの庭園の姿をみせてくれました。現代風景と江戸の情景が交じるのは結構好きで。浜離宮の高速道路の走行音や姫路城の補修骨組なんかも好きでした。

江戸太神楽という芸のステージがありました。話を聴くとカトマンズやトルコにも行っているらしく、この後は越後へ行くとか。旅から旅へ、いいですね◎

美事な枝振りの松や、円月橋の美しさ。気持ちの良い秋の日差しの中で穏やかな時間を過ごせました。
by wavesll | 2017-10-09 23:57 | 街角 | Comments(0)

飯田橋の翅

c0002171_23314334.jpg

by wavesll | 2017-10-09 23:31 | 街角 | Comments(0)

Freiburger Barockorchester concert at Toppan Hall

飯田橋トッパンホールへフライブルク・バロック・オーケストラをみにいってきました。
c0002171_23493753.jpg

素晴らし過ぎ。今年中ではGY!BEジスモンチArcaレディへ並み2016年の五指に入るライヴのピークでした。トッパンホールの音の良さもとんでもないレベル。優美な音はよなよなエールをずっと味わうが如し。口ぽかーんなってましたw

一曲目が始まったときにその音のクリアさに驚愕するというか“電子音の様だ”とすら想いました。ノイズが一切ないリズムぴったりの音。私はクラシックは門外漢なのですがクラシックってみんなこうなの!?ぴたりと揃うヴァイオリンの動きは音声波形の具象化のよう。

途中の休憩時間にトッパンホール2Fのカフェでイタリアのスパークリングワイン。スパークリングで赤は珍しい。めっちゃ美味しかったです。何かほんと富裕層にでもなった気分だなぁ。誘われて観てしまった幸運。この贅沢感は初めてビルボード行った時を思い出しました。

後半の方が更に優美さが増して華やかな演奏・楽曲で。調音の時のチェンバロの音が見事で弾きまくって欲しかったのですが、何とソロパートも。その素晴らしいベスト曲は本編ラス2の バッハ/3つのヴァイオリンのための協奏曲 二長調 BWV106R。後になればなるほど尻上がりに良くなっていく素晴らしいコンサートでした。トッパンホールでのコンサートにまた来る機会があったら是非馳せ参じたいです。



ヴィヴァルディ:歌劇《オリュンピアス》RV725より 序曲
J.S.バッハ:ヴァイオリン協奏曲第2番 ホ長調 BWV1042
ヘンデル:合奏協奏曲 イ長調 Op.6-11
ヴィヴァルディ:シンフォニア ロ短調 RV169《聖なる墓にて》
J.S.バッハ:3つのヴァイオリンのための協奏曲 ニ長調 BWV1064R
コレッリ:合奏協奏曲 ニ長調 Op.6-1


c0002171_23564212.jpg
c0002171_23492838.jpg

by wavesll | 2016-10-21 23:56 | Sound Gem | Comments(0)

フランコフォニーのお祭り@アンスティチュ・フランセ東京に行ってきた

飯田橋のアンスティチュ・フランセ東京(旧日仏学院)で行われたフランコフォニーのお祭りに行ってきました。
c0002171_0481421.jpg

ベルギーのチェリー麦酒のみながらみたのは日本人ギタリストとフランス人シンガー/フルート奏者のユニット:Bix&Marki
c0002171_113159.jpg

フラ語の響きっていいなぁと聴きながら、屋台をチェック。いろんな国の料理やお酒がほとんど500円で楽しめるという。Bix&Markiが終わった後、マリの屋台でザメという野菜と鶏のアフリカ風パエリアみたいなの食べました。美味しかった☆
c0002171_1252175.jpg

腹ごなしをした後、本日のお目当ての一つ、マリの伝統楽器コラの奏者、ママデゥ・デゥンビャをみました。
c0002171_138093.jpg

コラの音色はこんな感じです。

ハープの原型ともいわれるアフリカの伝統楽器"コラ"で優美な朝を過ごしたい時に見るエントリ

私も生でコラを聴くのは初めてで。天上の調べを奏でるようなサウンドに聴き惚れるというか、音の気持ちよさに一聴き惚れしてしまいました。ライヴ後さっきのマリ屋台のところでママドゥさんと握手出来てまた嬉しかったなぁ。聴きながら飲んだモロッコのカサブランカビールも美味かったです。
続いて出てきたのはHarukarmaというシンガーとゆるアコというユニットのゆるアコトリオ。
c0002171_148872.jpg
なんとゆるアコの片方はリコーダー。アルトリコーダーの生音聴くの、中学以来だw
そしてなんとこんな楽器も。これもリコーダーだそうです。
c0002171_23536.jpg

ジャズアレンジの「あんたがたどこさ」とか、可笑しみと格好良さのバランスがいい、楽しめるライヴでした。

スイスビール飲みながら転換の時間を過ごし、次に出てきたのはケベックのラッパー、ウェブスター大盛り上がりでした。
c0002171_2103144.jpg

ラップフランセがみれるとは!嬉しいサプライズでした。日仏の子どもたちも大喜びしてました。

コートジボワールのクレオールバンド:ンザサ・ミュージック
c0002171_2285816.jpg

これがね!ノせるのが上手い!みんなで踊ったりハンカチ回したり。最近はフェスに行っても後ろの方で好きに体動かしてる自分も、今日はお客も半分以上フランス語圏の人だからか、なんか素直に楽しめてしまうw尻上がりに良くなるいーいライヴでした。

なんとンザサ・ミュージックの開始時点で1h程時間が押していたのですが、更にンザサがアンコールまでやっちまって、もう真っ暗。そんな中でいよいよ鳳の登場。スイスから来たジプシー・サウンド・システム!
c0002171_2331048.jpg


登場から、ラップトップからリズムが流れて、それにサックス、バンドネオン、ギター、ヴォーカルが入り乱れる。最初はアコースティック・ブロステ!?みたいなところから"ジプシー・サウンド"という切り口でロカビリー・ロック、アラビア、サンバ、エレクトロスイング等々、千変万化・変幻自在の祝祭サウンド!すーごいアガりました!楽しかったー!!!!!

ここまで楽しんで、フリーイベントというw!まぁなんだかんだ飲み食いで結構遣いましたけど、最高の土曜を過ごせました☆☆☆
by wavesll | 2016-03-27 02:39 | Sound Gem | Comments(0)