タグ:Game ( 12 ) タグの人気記事

大内延介九段 アジア縁台将棋紀行にみるアジアの多様な文化的遷移・ヴァリエーションの妙

c0002171_22010515.jpg
NHKBSPの名作再放送枠プレミアムカフェは大変面白いのですが、先日放送された大内延介九段 アジア縁台将棋紀行がやはり大変面白くて。

日本の将棋のルーツはどこにあるのか?確かに囲碁は中国・韓国にもあるけれど、将棋ってアジアリーグとかは聞かないなと想ったら、アジア各地にそれぞれの形のルールで存在して、その根源は古代インドのチャトランガにあるとされているそうです。

大内九段はインド亜大陸を訪ね、デリー等でチャトランガを指す人を探しますが、チャトランガ指しをみつけることは出来なくて。

このチャトランガは東へ渡って将棋になり、そして西に渡ってチェスとなります。そして一旦ペルシアに渡ってチェス化してからインドに逆輸入されたのがシャトランジと呼ばれるインドチェス。大内九段は市井の達人と青空将棋ならぬ青空シャトランジを打つことになります。

そこからインドを離れた大内九段はタイへ行きマークルックを打ち、中国で象棋を打ちます。面白いのは日本の将棋では九段の大内さんも初めて打つシャトランジやマークルック、象棋では敵の駒を自分の駒に獲れない等ルールが異なり、負けてしまうという事。AIと違ってヒューマンインターフェイスはユーティリティ運用が可能かと想っても、やはり初見は厳しい。けれど数度打つとメキメキとレベルを上げていく様に有機的ディープラーニングの神秘をみたり。

ウィルスのRNAの進化における紫外線での欠損を鮮やかにビデオテープの書き換えと転化したのが鈴木光司『リング』シリーズでしたが、文化を遺伝子で比喩したミームという概念のように、土地の空間的・歴史的遷移が様々な文化的ヴァリエーションをつくるのが私はとても好きで。

楽器なんかもそうですよね。ペルシアのサントゥールなんかも東西へ変容しながら伝わって。梅棹忠夫『文明の生態史観』における「中洋」の豊饒さには舌を巻きます。

将棋は一種の戦争ゲームですが、サッカーも戦争をスポーツ化したゲーム。ヘゲモニーをとっている西欧由来ならではで一元化された国際ルールの下でWorld Cupが行われるのは流石。

そんな中で日本がコロンビアに勝ったのが「アジア初の南米からのW杯での勝利」としてWebのフォーラムでアジア各国から”レペゼンアジア”として称賛が贈られているのがとても心を打って。

西洋に対する東洋という形で中東から極東までの超広域がAsiaという名であらわされたのが、現実に心の中での大きな共同体として効用を及ぼしている。その形而上からの形而下への働きが面白い。

そして共通基盤をつくっていく欧州に対して将棋もそうですが様々なOSが林立するアジア地域の、一種一神教に対する多神教的なありようが面白く感じて。四大文明の内の三つをはじめとする根源から発生した虹色の文化ヴァリエーションが一元化されずに共存されるアジアの魅力を探究していくことをこれからのディケイドの一つの目標として生きたいな何て思いました。

cf.
日本に伝来してからも将棋は大きく変わって来たんですね「鳳凰」「盲虎」なんて駒もあったとは。空間的だけでなく歴史的な遷移も面白い。



by wavesll | 2018-06-22 23:01 | 小ネタ | Comments(0)

Drone Raceを日産グローバル本社ギャラリーにてやってきた

c0002171_15372325.jpg
c0002171_15370914.jpg
c0002171_15374247.jpg
たまたま立ち寄った日産本社でドローンレースの体験コーナーがあって参加してみました。

プログラミングで高度が保たれていて、アクセルとハンドリングを操作すれば良くてなかなかカンタンに操作が出来て楽しい!

動画だとこんな感じ。結構空中でクラッシュすることもあってドッグファイトな感じも面白い。なかなかの先端趣味を愉しめました◎

by wavesll | 2018-06-10 15:44 | 小ネタ | Comments(0)

CHANELのCOCO GAME CENTER@神宮前に行ってきた!

c0002171_15484062.jpg
c0002171_15492748.jpg
c0002171_15501248.jpg
c0002171_15505247.jpg
c0002171_15510875.jpg
シャネルのゲーセンが出来たと聴いて行ってきました。 凄い人気で。中では新作の口紅をモチーフにした幾つかのゲームがPLAY出来るアーケード筐体やレースゲーム的な映像が流れるフォトスポットがあり、景品を取れるUFOキャッチャーなんか長蛇の列でした。男でも入れるのかな?と想っていたけれどお土産にルージュのサンプルとシールを貰ってしまったw明日までとのこと。

by wavesll | 2018-03-10 15:58 | 小ネタ | Comments(0)

超人スポーツゲームズ@國學院で最新型のスポーツギア体験

c0002171_20315836.jpg
c0002171_20322525.jpg
c0002171_20323838.jpg
c0002171_20325418.jpg
c0002171_20331234.jpg
國學院大学で開かれた第二回超人スポーツゲームズにて最新型のスポーツギアを体験してきました。

まず体験したのがキャリオット
手元のボタンで3段階にアクセルを入れ、手綱で旋回する人機一体のスポーツ。
前傾姿勢にし体重を前にかけないと進まなくて結構苦戦しました。体重が重かったのかもしれないw

またボッチャを電脳的にプレゼンテーションしたサイバーボッチャと車椅子型VRレーサーサイバーウィールも中々に面白かった。




そしてこの日一番印象的だったのがHADOカート!フィールド上にAR表示されるコインを実物のカート運転でゲットしていくゲーム!

実際にARゴーグルをかけると想った以上にゲーム世界に没入出来て!2P対戦したのですが、ゲーム後半になるとフィールド上にボムが出てきてそれに触れると獲ったコインをバラまいてしまうという、リアルマ〇カーなエクスペリエンスでかなり楽しかったです。


最後に体験したのがバブルジャンパー。バネで出来た西洋竹馬を装着しバブルサッカーでも使うような弾力性のある透明な球体を上体に身に着け、本式では相撲をするというゲーム。

私はバブルジャンパー体験で西洋竹馬とバブルを纏い歩いてみたのですが、竹馬も得意でなかった人間には中々に動的平衡を維持するのが大変でしたw


私はここで会場を離れたのですが、この後HADOの大会やシンポジウム等も開かれたそうです。
超人スポーツゲームズ、eスポーツと物理スポーツのマージナルな感じでパラスポーツとも重なるユニバーサルデザインなゲームだしすっごくわくわくさせられ中々ご機嫌な午前となりました。

そして夜。今日も五輪をみていました。ORを出した小平さん、羽生君。そして炎のようなスケーティングだった宇野君を讃えると共にラージヒルの選手達にもリスペクトを示したい。人類の今のSportsの頂点を決める競技が流星群のように発生する短い季節に、パンピーとしてホロリとさせられたりウッキウキにさせられたり、このウェイヴ、凄いなぁ。

思ったのはキーボードを打つことはあまりにも身体を鍛えない運動だと。スポーツギアで遊んだり、生で折衝すること、身体性をいかに駆使するか。コントロールする部位の複雑な指示系統が神経というものか。運動神経に縁遠い人間にはこうしたアクティビティとしてのスポーツはありがたい、などと想った一日となりました。





by wavesll | 2018-02-18 21:17 | 小ネタ | Comments(0)

世界最大の格ゲー祭、EVO JAPAN 2018に行ってきた!

c0002171_00133509.jpg
c0002171_00444268.jpg

池袋サンシャインで開かれているEVO JAPAN 2018へ行ってきました。

会場に近づくと全世界から来たゲーマーが続々と歩いていて。なんかコロコロマンガの現実化というか、リアル天下一武道会の様に兵共が集結してきてる感じ。

で、会場に入ってみるとアーケイドコーナーで盛り上がってる他、今日は大々的な予選会の為そこら中でディスプレイで対戦が行われていて。アーケイドコントローラーを持ち込んでいる人も多数。

なんかこの空気、中高の頃の部活の大会の感覚を思い出すというか、ゲーマーの熱がダイレクトに伝わって凄くいい!観戦者からの歓声もBucketheadのキルスイッチ奏法並みに熱い!

で、ホールBのメインステージではARMSの決勝トーナメントが行われていました。まさに手に汗握る決戦!実況も場を盛り上げる!

明日・明後日も大会は行われAbemaTV等でストリーミングもあるとか。日曜のチケットは売り切れですが、土曜は無料で入場出来て、KOFの決勝も。わくわくさせられる連夜、スポンサードしている日清カップヌードルとレッドブルもたんと貰ってしまいました◎
c0002171_00262046.jpg

2018.1.28.21:10追記
AbemaTVでDay2そしてDay3をみました。度胆抜かれるバウト目白押しで。

伏兵だったのがギルティギア、こんなにも熱い2D3Dバトルとは…!まるで闘舞。今まで古武道の演武の足捌きの打音剣道の裂帛にエクスペリメンタルな音楽性を感じたことはありましたが、架空の身体性に武と舞の繋がりが感ぜられて。
多様な必殺技の演出も非常に熱いものがありました。決勝は本日のベストバウト。

そしてストV。ときど豪鬼がアビゲイルを倒したところから梅原ガイルVS板橋ザンギエフ、ときどVS梅原、そして一度ジョンが勝った後にメナトで梅原を倒してジュリで決勝へ上がったインフイルトレーションの化け物クラスの強さ。もう本当に固唾をのんで観戦しました。

e-Sportsとは良く言ったものでサッカーを流すみたいな感じでいい酒が飲める好パフォーマンスで。
日本選手が韓国などの外国勢に撒けることが多かったのですが、悔しさと共に同じレギュレーションの元で死力を尽くしたという爽やかなスポーツマンシップのリスペクトを感じることが出来たいい大会でした。

by wavesll | 2018-01-27 00:27 | 小ネタ | Comments(0)

『グーニーズ』が"家からゆける魔宮の伝説"で最高だった

c0002171_09592915.jpg
『The Goonies』をみました。
土地を取り立てられかけていて街を出なければならない主人公マイキーの家にはグーニーズ(間抜け団)の面々が。
屋根裏部屋に隠されていた海賊の宝の地図をみつけて。一方で悪名名高いフラテリーズ一家が脱獄し…というオープニング。

最初のグーニーズの悪ガキ達の悪戯をみていると「おいおい(汗 それやっちゃ迷惑になるじゃないか」と”あぁ、この映画は子供のうちに観ておかないと愉しみきれない奴なのかも…”と危惧したのですが、それは杞憂で。中盤以降のグイグイ引っ張る展開に心躍らされました。

”このワクワク感、インディージョーンズみたいだ”と想ったら製作総指揮はスピルバーグ。自分の地元での秘密基地感覚の探検から海賊の残したお宝へ、ワナを潜り抜けて怖い悪人に追いかけられながら最高の冒険を行う。手に汗握る感覚に”これ、TDRやUSJにアトラクションにして欲しい~!”と強く想いました。

『ゼロ・グラビティ』や『MADMAX怒りのデスロード』も最高のアトラクション・ムービーで、”もうこれを遊園地のアトラクションとして恒常展示してほしい”と想ったくらいでしたが、この『グーニーズ』も遊園地や或いは巨大室内プールでキャニオニング的なウォータースライダーと共に再現して呉れたら最高だなと。

今はディズニーランドでもフィルハーマジックで4Dxを駆使したりしてて、ノースポートモールのゲーセンのARゲーキャットストリートのGalaxyのVRアトラクションもそうですが、拡張現実がアトラクションになっていく流れがあると想います。それでもモンスターズ・インク“ライド&ゴーシーク!”のように手触りが伝わるリッチな体験の強みが物理的なマテリアルにはあるなぁと。

藝大美術館「素心伝心ークローン文化財 失われた刻の再生」にてみた敦煌莫高窟 第57窟等のクローンもそうでしたが、空間も含めたミクストメディアなArtとして、遊園地や映画館はインスタレーションの最新系としてアトラクション的に発展していて。美術展も含めて”空間性”そして”双方向な運動性”がキーになるのではないか、なんて思ったりしました。

それにしても『グーニーズ』、こんなに夢の詰まった映画も中々ない。家から始まる冒険譚。子供心を刺激するプロットや演出は初期ドラゴンボールドラゴンボールや名探偵コナンの少年探偵団の原型がここにあるのだなぁと。いい映画をみました。

by wavesll | 2017-11-23 10:34 | 映画 | Comments(0)

センター北ノースポートモールのゲーセンがAR砂場やHADOで未来感スゴい

c0002171_05501834.jpg
c0002171_05502927.jpg
土木展での砂遊び

c0002171_05505999.jpg
c0002171_05511296.jpg
HADO WORLD CUP 2017


HADOマレーシア予選大会 - HADO Tournament in Malaysia

c0002171_05512965.jpg

cf.


by wavesll | 2017-11-17 06:05 | 小ネタ | Comments(0)

Galaxy Studio Tokyo@キャットストリートでVRアトラクションを遊ぶ

c0002171_5362011.jpg
c0002171_5365417.jpg

渋谷から表参道へ抜けるキャットストリートの原宿 BANK GALLERYでGalaxyのフリーイベントが催されていました。

Galaxy VR gearを使ったアトラクションが幾つかあり、私が体験したのはフィフス・エレメントみたいな超絶高僧ビルの狭間をエア・バイクで翔けるアトラクション。シートベルトし、バイクも動く4D仕様。(上は私の後にやった方のPLAY写真です)

没入感半端無かった!他にもレインボーロードスケルトンするみたいなゲームとか色々あったけど、VR酔いしてしまって泣く泣く離脱しました。アトラクションをするごとにスタンプが溜まって、5つ溜まると外のガラス張りの処でVR版スター・ツアーズみたいなのやれるらしいです。

”メガネでも楽しめるVR GEAR、やるなー”と想ってたらトランプ公式夕食会に元慰安婦を招待、独島エビの料理もなんてニュースが。このタイミングでやるか。金を落させる気を失せさせられ。料理だったらカンジャンケジャン、美術だったら≪百済金銅大香炉≫、音楽ならIUOOHYOイ・ランZion.TそしてHyukohとか好い文化はあるけれども、どうにも。残念。
by wavesll | 2017-11-08 05:45 | 小ネタ | Comments(0)

藝「大」コレクション展と東京藝術大学ゲーム学科(仮)展

c0002171_16162841.jpg

Monaural mini-Plug live at 不忍池を観てタイの音楽快楽に浸った後、タイ展へは行かず東京藝大へいきました。

いざ藝「大」コレクション展へ!

お目当ては高橋由一 / 鮭でした。そこでちょっと意外だったのが結構描写が荒く感じて。黒田清輝展@東博 もう一つの坂の上の雲の時も感じましたが絵画技巧ってやっぱ進化を続けてるんだなと逆に感銘を受けました。

展示された品々はさすが銘品揃い。会場に入るとすぐ出てくる「月光菩薩坐像」の、胴体が崩壊して空になったその姿は一際印象的だったし、「弥勒来迎図」の青緑の配置の美しさ。

狩野永徳「唐子遊図」の子どもたちの戦争ごっこには微笑ましさも感じ、若杉五十八「鷹匠図」の江戸時代の油彩という面白さ。

柴田是真「千種之間天井綴織下図」のレトロボタニカル、狩野芳崖「悲母観音」の金緑青の美。

橋本関雪「玄猿」の瑞々しい墨絵も、前田青邨「白頭」の消えゆく肖像画、高野松山「静動文庫」のエジプトの壁画のような蒔絵も素晴らしかった。

この展覧会のサウブタイトルは「パンドラの箱が開いた!」なのですが、その匣と同じ種類だと言われる彩文幾何学文ピュクシスもあり、同じコーナーにあったマルセル・デュシャン「トランクの中の箱(シュバルツ版)」はこの展覧会でみれてよかったものの一つ。小型インスタレーションといった趣で素晴らしかった。

「平櫛田中コレクション」のコーナーでは田中太郎「ないしょう話」が内向きトライアングルで内緒話するフォルムが新味があって面白かった。平櫛田中「活人箭」のきびきびした風貌、「灰袋子」と「禾山笑」の泰然とした大笑いにも明るい気持ちにさせられました。また大内青圃「像柱」は仏師の洋像で興味深かった。

「卒業制作ー作家の原点」では特に立体作品が素晴らしくて。

松田権六「草花鳥獣小手箱」は近未来の奈良とでもいうような金黒の美は物凄く良かった。山脇洋二「置物(犬)」のデフォルメされた超古代感、松田禾堂「香炉」は地球だし、坂井直樹「考・炉」はメカニカル。窯の地層がみえるような前沢幸恵「憧憬」、柴田鑑三「山寄りの谷 谷寄りの山ー富士山ー」の逆転空洞富士に吉野貴将「~森~ (cosmos)」の仏具のシシ神のようなフォルムも良かった。そして地村洋平「Herald」のソフトコーラルのようなガラス立体も素晴らしかったです。

勿論絵画も逸品ぞろいで。和田英作「渡頭の夕暮」の夕虹の水面、レトロフューチャーな砂浜のセーラー服の高山辰雄「砂丘」、三味線娘が可愛い白滝幾之助「稽古」、白青灰が炸裂する吉田侑加「景しき遠く」も良かったです。

また変わったところでは町田美菜穂「首都っ娘~首都高速擬人化プロジェクト~」というミクストメディアもありました。

「現代作家の若き日の自画像」コーナーでは文庫本4冊は貼り付けた会田誠のが面白かったwその他キレイめな村上隆や頼朝風にかいた山口晃の他、ヴィジュアル的にかっこいい齋藤芽生や松井冬子、モノクロの綿密な書き込みで動植物に包まれた冨谷悦子、自撮りが表示されたガラケーの山のインスタレーションの渡辺篤も面白かったです。

「石膏原型一挙開陳」コーナーでは日蓮が彫られた高村光太郎「獅子吼」、力強い北村西望「男」、聖性すら感じる生命感の石川光明「猪」、能楽師のフォルムが迫力があった後藤良「能野口兼資師黄石公」も素晴らしかった。

「藝大コレクションの修復ー近年の取り組み」コーナーではラグビー服で安まる小磯良平「彼の休息」、原撫松「裸婦」も魅力的だったし、葛揆一郎「外科手術」は不思議な空気の絵画でした。そしてトランプの絵柄のような仏画の長谷川路可「二菩薩半身像」も面白かった。

この他藤田嗣治の資料とか、結構みるもの多くて面白かったです。一期は8/6までで、二期には尾形光琳や曾我蕭白、伊藤若冲などが出てくるのでこちらも気になるなぁ。あ、ちなみに高橋由一「鮭」は二期も展示されるそうです。800円。二回分見れるお得なチケットもあり。

そしてその後寄ったのが同時開催の東京藝術大学ゲーム学科(仮)展、VR等の色々なゲームが置いてあって、私は「鞍馬の火祭り」というのをやったのですが、VRの没入感が凄くて!前にやったVRゲームでは酔ってしまったのですが、映像がこちらの動きと同期し勝手に動かないタイプだと酔わないことが分かって良かった◎

その他「Z」という、実際のブロックを積み上げると、投射されるキャラがブロックに合わせてアクションする作品もやりました。面白かった!

この他幾つもゲームが展示してあって。並べばそんなに待たずにやれそうなかんじでした。2Fではファイナルファンタジーの企画も。無料だし、お薦めです◎30日まで。
by wavesll | 2017-07-22 17:21 | 展覧会 | Comments(0)

渋谷東急屋上のカーリングバーに行ってきた!

c0002171_18422793.jpg

週末に渋谷東急百貨店屋上のICE WONDER ROOFで遊んできました。

カーリング・エンターテイメントということで、ブラシのシャカシャカはない簡易版カーリングなのですが、チェス X ボーリングといった感覚。

スタッフの人から遊び方を教えてもらえて、回転をかけて壁にバウンドさせたり、ストーンを配置することで邪魔したりとか戦略性があって中々面白かったです。

1レーン15分3000円か30分4000円と値段はちょっと高いかな。最大4人だそうなので、4人なら30分1人1000円ですね。

結構投げる加減が難しく、二人で行って30分やったのですが、それくらいで丁度楽しめる位のボリュームでした。

私たちはずっと投げっぱなしで30分間何ゲームも遊んだのでドリンクは飲まなかったのですが、ホットウィスキーとか魅力的なホットドリンクがあるそう。3/12(日)まで。

c0002171_19144948.jpg

by wavesll | 2017-02-13 19:15 | 小ネタ | Comments(0)