タグ:Sports ( 15 ) タグの人気記事

超人スポーツゲームズ@國學院で最新型のスポーツギア体験

c0002171_20315836.jpg
c0002171_20322525.jpg
c0002171_20323838.jpg
c0002171_20325418.jpg
c0002171_20331234.jpg
國學院大学で開かれた第二回超人スポーツゲームズにて最新型のスポーツギアを体験してきました。

まず体験したのがキャリオット
手元のボタンで3段階にアクセルを入れ、手綱で旋回する人機一体のスポーツ。
前傾姿勢にし体重を前にかけないと進まなくて結構苦戦しました。体重が重かったのかもしれないw

またボッチャを電脳的にプレゼンテーションしたサイバーボッチャと車椅子型VRレーサーサイバーウィールも中々に面白かった。




そしてこの日一番印象的だったのがHADOカート!フィールド上にAR表示されるコインを実物のカート運転でゲットしていくゲーム!

実際にARゴーグルをかけると想った以上にゲーム世界に没入出来て!2P対戦したのですが、ゲーム後半になるとフィールド上にボムが出てきてそれに触れると獲ったコインをバラまいてしまうという、リアルマ〇カーなエクスペリエンスでかなり楽しかったです。


最後に体験したのがバブルジャンパー。バネで出来た西洋竹馬を装着しバブルサッカーでも使うような弾力性のある透明な球体を上体に身に着け、本式では相撲をするというゲーム。

私はバブルジャンパー体験で西洋竹馬とバブルを纏い歩いてみたのですが、竹馬も得意でなかった人間には中々に動的平衡を維持するのが大変でしたw


私はここで会場を離れたのですが、この後HADOの大会やシンポジウム等も開かれたそうです。
超人スポーツゲームズ、eスポーツと物理スポーツのマージナルな感じでパラスポーツとも重なるユニバーサルデザインなゲームだしすっごくわくわくさせられ中々ご機嫌な午前となりました。

そして夜。今日も五輪をみていました。ORを出した小平さん、羽生君。そして炎のようなスケーティングだった宇野君を讃えると共にラージヒルの選手達にもリスペクトを示したい。人類の今のSportsの頂点を決める競技が流星群のように発生する短い季節に、パンピーとしてホロリとさせられたりウッキウキにさせられたり、このウェイヴ、凄いなぁ。

思ったのはキーボードを打つことはあまりにも身体を鍛えない運動だと。スポーツギアで遊んだり、生で折衝すること、身体性をいかに駆使するか。コントロールする部位の複雑な指示系統が神経というものか。運動神経に縁遠い人間にはこうしたアクティビティとしてのスポーツはありがたい、などと想った一日となりました。





by wavesll | 2018-02-18 21:17 | 小ネタ | Trackback | Comments(0)

白銀のSnowboarding Slopestyle X Burnier & Cartier - Burnier & Cartier 第45回音の貝合わせ



Burnier & Cartier - Burnier & Cartier (1974) [Full Album / Completo]

熱戦が続くPyeongchang Olympic Games。スピードスケートの氷を蹴る音をクリック音にして電子音楽を創ったら面白そうだとか、ザキトワのキトリが『昴』のようだとか、高梨沙羅さんの渾身の飛行にも感動したし、リュージュの歓声と弾丸のようなスピード感に驚いたり。連日見入っています。

そんな中でも特別に印象的だったのがスノーボード・スロープスタイル。
まずみていて本当にワクワクする滑走と跳躍が繰り広げられるのは勿論、何気に嬉しかったのが実況解説の人が「かっこいいですね」や「いかに自分を表現するか」みたいなことを評価基準として話してくれて、スノーボード文化圏っていいなと。

3連休の中で昼間にみているスロープスタイルの白銀に照り返す景色を見ながらラップトップでかけていたのが『Burnier & Cartier』。ブラジリアンメロウ~AORのマスターピースによる明るいサウダージが快く響いて。

ゲレンデでかかっている音楽って疾走感と尖りがあるイメージがあるのですが、案外ブラジリアンも陽光の雪原に合うぞと◎映像にBGMをつけてスポーツの祭典を音楽と組み合わせ愉しむの、何気にお薦めです。

by wavesll | 2018-02-13 20:33 | La Musique Mariage | Trackback | Comments(0)

二子玉ライズにてSLACKLINE NIPPON OPEN トーナメントを観てきた!

c0002171_23173053.jpg

二子玉川にて第8回ギボン日本オープンスラックライン選手権大会を観てきました!

Campeão Mundial de Slackline 2015


Giovanna Petrucci - Copa Nacional Gibbon Slacklines


男子決勝Teruto vs Haruki 2016東京[GIBBON CUP二子玉川]


Slackline WorldCup Battle - Carlos Neto vs Gappai - real-time feature!


スラックラインは幅約5cmの伸縮性のあるナイロンベルトの上をバランスを取りながら立ったり歩いたりアクロバティックなトリックを決めたりする綱渡りとトランポリンを融合したようなスポーツ。

名前は聞いたことがあったのですが、生で観たのは初めてでした。

何しろ凄い!空中技が物凄くて!特にブラジルからの招聘選手Pedro Pafael Marquesなんか度肝を抜かれるPLAYをばんばん決めて!スーパーマンポーズもw!熱くなりました!

男子部門の他女子部門、ジュニア部門、Over40歳のマスター部門なんかも。ブラジルから来たGiovannna Petrucciも凄いパフォーマンス決めて!

そして日本人選手も凄腕揃い。ジュニア部門は9歳からいたし、みな10代や20そこそこで技を決める決める!レッドブルの選手の木下晴稀なんか高度が本当に高い伸身の技を決めるし、世界チャンピオンにもなったことがあるという大杉”Gappai”徹なんか仙人のような技を繰り出してました。

このスラックライン、実はドイツ・シュッツトガルトのGIBBON社の創設者ロバート・ケイディングがスポーツとして普及させたという点が、新しいスポーツのスタートアップのユニコーンだという点でも刺激を受けました。

体操天皇杯を生で観た時も”こいつら人間技じゃねえ”と想いましたがSlacklineの選手たちもイマジネーションをBeyondしてました。スラックライン体験コーナーもあったのですが、10秒立つのも大変でw

かなり刺激的な体操 X XsportsなSlacklineの大会は明日の日曜も二子玉RISE・ガレリアで開かれます。二子玉川の改札を出てすぐの場所で、屋根もあるので雨が降っても楽しめます。さらに今日のトーナメントの勝者たちによる決勝なので、もし良ければ★!
by wavesll | 2017-10-22 00:04 | 小ネタ | Trackback | Comments(0)

UEFA Champions League 賛歌 & Olympic賛歌

UEFA Champions League official theme song (Hymne) Stereo HD


The Olympic Hymn - vocal version


オリンピック賛歌/Olympic Anthem


Olympic Anthem Nagano 1998 Closing Ceremony


合唱歌の壮麗さ、偉大なるスポーツ選手達への賛歌。福島の生徒の言葉による、惜別の震災鎮魂合唱曲 「群青」もそうですが、合唱の美しい調和と憂い、その神麗さに惹かれるようになりました。

Sports Fieldrecording スポーツ音響楽曲群という記事を以前書きましたが、サンプリング素材としてのスポーツのサウンドだけでなく、O.S.T.の一種としてのチャント、アンセムもDigり甲斐がある新天地かもと、最近感じている處です。
by wavesll | 2017-07-19 07:12 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

クルマ椅子バスケ全国大会決勝をみにいった!

c0002171_2465152.jpg
c0002171_335261.jpg
気持ちのいい陽気の中、千駄ヶ谷の東京体育館へ内閣総理大臣杯争奪 第45回記念日本車椅子バスケットボール選手権大会をみにいきました。

『スラムダンク』は好きだし『リアル』も読んでクルマ椅子バスケに興味はあったのだけれども、バスケは学校でやったくらいで試合も生で見たことがなく、バスケのゲームより先にクルマ椅子バスケをみることになりました。

こーれが本当に面白くて!10分X4ピリオドなのですが、1回の攻撃が最大24秒までなので目まぐるしく攻守が変わって集中が続く!Tweet的なSportsともいえるかもw

基本はバスケと同じルールなのですが、ダブルドリブルがなく、ボールを持ちながらの移動では車輪回すのは3漕ぎ越えるとトラヴェリングとか、クルマ椅子バスケ独自のルールがありました。

チーム編成も、障碍の重さによって選手が1~4.5点まで割り振られ、合計14点までしか出場できないとのこと。車イスの背にそれぞれの点が書いてあってわかりやすい。

さらに男子チームなのだけれども女子を1人入れると点数的に都合が良くなるとのこと。宮城の女子選手はかなり活躍していました。

クルマ椅子同士の激しいぶつかり合いが結構あって、すっ転ぶこともしばしば。手の力だけで立ち上がるのは凄い。結構ファウル判定が出てました。後2人がかりで進路をふさいでガードしたりとか、車いすならではの戦術も面白かったです。

ガンガン音楽がかかるし、ハリセンでの応援も凄くて、車イスのぶつかる音とかそういうフィールドレコーディング的な楽しみはそこまでなかったかなw「ディーフェンス!ディーフェンス!」が効けたのは良かった★

試合自体は抜きつ抜かれつで物凄かったです。何しろ残り14.7秒で1ッ点差!
シュートが入るときはどんどん入るし、枠に嫌われる時はとことん入らないし、ゲームの"流れ"ってあるんだなぁと面白かったです。選手だと一番惹かれたのは東京の香西選手だったなぁ。

優勝は宮城MAX、なんと9連覇だそう。ホントに手に汗握るいい試合でした!
『リアル』でも"マシン脚"という表現がありましたが、モータースポーツ的というか、機械と人間の人鷹一体な面白味がありました!

ハーフタイムショーのチアで「君が好きだと叫びたい」ににやっとさせられたり、車イス体験コーナーなんかもあって乗ってみると凄い機動力。選手のはオーダーメイドだそう。VR体験コーナーもあって。これでロハなんだから凄い。楽しい一日になりました◎

c0002171_34794.jpg
c0002171_342315.jpg
c0002171_343324.jpg


cf.
三点倒立もできない俺が生で体験してハマった、スポーツ興味ない人にこそ薦めたい体操観戦の魅力10ポイント

第40回日本古武道演武大会に出場した流派の映像集めてみた
by wavesll | 2017-05-06 03:07 | 小ネタ | Trackback | Comments(0)

渋谷東急屋上のカーリングバーに行ってきた!

c0002171_18422793.jpg

週末に渋谷東急百貨店屋上のICE WONDER ROOFで遊んできました。

カーリング・エンターテイメントということで、ブラシのシャカシャカはない簡易版カーリングなのですが、チェス X ボーリングといった感覚。

スタッフの人から遊び方を教えてもらえて、回転をかけて壁にバウンドさせたり、ストーンを配置することで邪魔したりとか戦略性があって中々面白かったです。

1レーン15分3000円か30分4000円と値段はちょっと高いかな。最大4人だそうなので、4人なら30分1人1000円ですね。

結構投げる加減が難しく、二人で行って30分やったのですが、それくらいで丁度楽しめる位のボリュームでした。

私たちはずっと投げっぱなしで30分間何ゲームも遊んだのでドリンクは飲まなかったのですが、ホットウィスキーとか魅力的なホットドリンクがあるそう。3/12(日)まで。

c0002171_19144948.jpg

by wavesll | 2017-02-13 19:15 | 小ネタ | Trackback | Comments(0)

Sports Fieldrecording スポーツ音響楽曲群

スガダイロー + バスケットボールプレイヤー - LIVE @ SPECTACLE in the Farm


日曜の題名のない音楽会、新たなジャズの旗手として、黒田卓也さんとスガダイローさんが登場し、レアな共演などされていて、かなり面白く、音もTV番組の中ではかなりいいのではないかと思っていたのですが、中でも気になったのは、スガダイローさんが今までで一番風変わりな共演で挙げられていた「バスケットボールのドリブルとのセッション」。

気になるなぁと呟いていたらファロワーさんからこの動画を紹介して頂いたのでした。
ドリブル音だけでなく、バッシュが床に擦れる音や、ゴール板にボールが当たって響く音など、結構打ち合わせしてるのではないかと想うような、想ったより音楽的な感覚で、面白いなぁと想いました。

この動画はライヴでの"生演奏"でしたが、スポーツの音を採音して、それをサンプリングしたら面白いんじゃないか、なんて想うんですよね。

例えばバブルサッカーの試合開始時の衝突音なんか、結構面白いと想ったんですよね。バブルサッカーはボールを蹴る音も、面白かったです。

先日、このバブルサッカーに誘ってくれた友人と喫茶店でダベっていた時に、丁度大相撲の中継をしていて、立ち合いの衝突とか音にしたら面白いのでは、なんて話したら、「ラグビーの衝突音も面白いですよ」とのこと。衝突音や蹴音でビートを創ったら面白そうですよね。実況なんかもいいかも。競馬の実況とか、独特のフロウがあって面白いなぁと想います。

確か、InterFMで鷲巣さんが相撲の実況をサンプリングした音楽掛けられていた覚えがあります。あぁいうの、面白いなぁと想うんです。ドラマを音楽に組み込めるのと、新たなビートの音色として。

ビートで言うとYosi Horikawaが縄跳びをサンプリングした音楽を創っていたりするので、まだまだ探したらありそう。見つけ次第、このエントリに追加していこうかなと想います◎

YOSI HORIKAWA "Skipping"


早速、フォロワーさんからテニスをサンプリングした楽曲をご紹介いただきました◎

DJ Koze - 40 Love 'Kompakt Total 10 CD1' Album


ピンポン球のような落下音が聴こえるYosi Horikawaの名曲「bubbles」もスポーツ音響といえるかもですね。


そして、ついに真打ともいえる楽曲が出てきたので追記します。これも卓球。しかもオーケストラでw

Andy Akiho - Ping Pong Concerto


これヤバすぎるでしょwwww

全編があったのでこちらも!これ日本でやるときは絶対観に行きたいw!

Andy Akiho 023 "Ricochet" (Ping Pong Concerto) Hsing, Landers, Zeltser, Cossin


cf.
The Vegetable Orchestra・おみそはん・Yosi Horikawa・NANTAのお料理音楽




鉄道音楽III両集
by wavesll | 2016-03-15 02:15 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

サウンドオブスポルト ゴルフ爵士・野球ブラス

朝TVを流しているとBSでゴルフ中継がやっていました。
c0002171_2032253.jpg
c0002171_20332496.jpg

私はゴルフはあまりいいイメージが無いというか、どちらかと言うと嫌いで、オッサンが休日も仕事の為にやる社交のためのスポーツと言う印象だったのでしたが、浅い眠りから覚めてうとうとしながら布団の中でゴルフ中継を聴いていると、この間書いたSports Fieldrecording的な視点で見ると非常に面白いというか。

抑制された語り口の解説と実況に、爆発するような歓声、このせめぎ合いってなんかジャズみたいじゃないかと想ったのでした。環境音楽的なジャズ。人工の自然に風がうなれば、フィールドレコーディングな色合いも見せる、そう考えると音の面からゴルフが好きになれるかも、なんて想いながら二度寝につきました。

起きて、東京マラソンでもみるかと想ったら、もう競技パートは終わり、24hTVなお涙ちょうだいバラエティパートになっていたので、早々に水道橋へ向かいました。実はプロ野球オープン戦、巨人対ヤクルトのチケットを友人からもらっていたのです。
c0002171_20501722.jpg

c0002171_20503468.jpg

東京ドームに入るのは、高校の頃にみたイエモンの活動休止ライヴ以来。そのライヴが人生初ライヴだったのですが、東京ドームで野球を見るのは今日が初めてでした。

野球は風が吹き抜ける球場が一番と、今まで横浜スタジアムや神宮球場でしかみたことがなかったのですが、いいですね東京ドームも。あまり圧迫感もないし、フィールドが見やすい。何よりこの時期にあったかい中でプレーを愉しめるのはドームならでは。ベースボール・サーカスのテントですな。

以外だったのは案外ダイヤモンドって小さいんだなという事と、あれだけ鳴り物の応援があっても、キャッチャーのミットに球が投げ込まれる音とか、バットの打音はしっかり聴こえるんだなという事。スポーツによって生み出されるビートサウンド、また一つ見つけました。

その他、結構観客の人たちってしゃべりながらみたりしてるんだなとか、応援団のチャントとミニバットのサウンドシステムは完全に試合の展開次第でヴォリュームが変わり、一番すごい時は波濤のような迫力があるという事。あとはビール売りのお姉さんたちをガールズバー、或いはアイドルの握手会みたいに何度も買っちゃう太い客もいるという事w

チャントとブラスは、昔ながらの和ブラスだなと想いました。それはそれで伝統的な良さがあるのですが、政治のシュプレヒコールがSEALDsや私の見立てでは地点X空間現代Xマヤコフスキーによってビートにイノヴェーションが起こされたように、野球応援も変化しても面白いかも。でもJTNC的な複雑なビートだと、熱気が冷静になってしまいそうだし簡単に乗りづらいからバルカン・ブラスな感じにしたらどうかな?と想いました。

例えばエミール・クストリッツァ / アンダーグラウンドの冒頭のような感じをもっと爆音で。

パチンコ屋でクラシックに続く音楽夢想ですが、バルカンブラスの爆走野球応援団、野性味ありながら洒落ててかっちょよくないっすかw?

試合はエラーとかホームラン食らうとかもありながら巨人が決めるとこ決めて5-1で勝ちました。音楽で言うと、巨人選手の登場BGMが結構洋楽が多くて、R&Bとか売れてる感じのPOPだとか、中にはレゲエの選手もいたり、阿部選手はEW&FのSeptemberだったり面白かったです。ボールパーク、面白かった。次球場に行くのはサマソニのマリンかもしれないけれど、今年はユニフォーム貰える試合とか行ってみよっかな★
by wavesll | 2016-02-28 21:16 | Sound Gem | Trackback | Comments(0)

バブルサッカーやってきた!

ミズノフットサルプラザBumBにてバブルサッカーをやってきました!
c0002171_23304054.jpg

案外バブルは重くて、10kgだそう。結構固い感じの張りのあるものでした。その中に入って5対5で3分間。これはね、面白かった!

プレーはこんな感じ。もうぶつかるのがデフォ。自分は最初のゲームではごっつぁんゴールを決められたのですが、普段の運動無し生活が祟ってその後はダメダメ。体動かなかったけど、それでも体動かすのは楽しいですね。

ゲームのスタート時とゴールが決まってからリスタート時は、両チームゴールラインに並んで、フィールド中央に置かれるボールへ突進するのですが、その時に相撲の立ち合いみたいにガーン!とぶつかるんですね。それがバブルサッカーの華というか、途中からみんなそれで盛り上がっちゃって、ボールそこのけでクラッシュに夢中になっている感もwこの音とかボールを蹴る音で音楽作ったら結構面白いかもしれませんw

大体みんな数ゲームやると疲れてきてて動きが省エネになるので、団子にならず最初よりもサッカーっぽくなったり、逆に完全に振り切って突進だけする奴とか出てきたり。バブルを使った生身のフットサルもやったんですが、あれはかなりのフリーキーさでしたねw

全然フットサルとかもやらない人間だったので異文化体験が面白かったですが、明日が怖いw明後日も(苦笑 風呂上りにバンテリン塗ったけどどうなるか…頑張ります。まぁ楽しい経験でしたw

なんとなくWANIMAの動画置いときますwこれ聴いてモード入れてトランスカルチャー体験してきましたwなんとなくバブルサッカーのイメージってこんな感じw

WANIMA 1st mini Album" Can Not Behaved!!Trailer


翌朝起きたら、バンテリンを塗ってなかった背中の中央のラインが筋肉痛に。アキレスみたいになってしまったwでも想ったより体楽でした。Vivaバンテリン。

c0002171_214979.jpg
c0002171_21491943.jpg

by wavesll | 2015-11-23 23:43 | 小ネタ | Trackback | Comments(0)

F/T 岡田利規 『God Bless Baseball』にて想った事 <価値観のスタンダードを誰が握っているのか>

ひょんなことから池袋あうるすぽっとにて岡田利規 『God Bless Baseball』を観劇してきました。初フェスティヴァルトーキョー、初岡田利規。劇に関しては大学の頃小道具作りで関ったくらいで現代演劇にはずぶの素人な自分の、正直な感想を書きたいなーと想います。(ネタバレが厭な方は読まない方が良いです)

c0002171_22545438.jpg


野球を通して日韓の姿を描いていく、自叙伝の要素もある作品。国籍を使ったネタとか、明らかにスベってるだろと思っていた「身体の部分が自分じゃなくなる」のオチとか、おっと想わされるところはありましたが、マジックと言うほどの出来ではなかったかな、、先日金沢で見たマリーシュイナールが良すぎたのもありましたが。

黒幕に米国がいることが提示され、本来そこの構造を打破しないといけない、日韓で憎み合う場合ではないという主張は、取り立てて新しいものではなく感じましたが、F/Tという場でやるのは確かに刺激的かもしれませんね。

アフタートークが素晴らしかったのですが、中でも今回の劇の着想が、劇団のスタッフが「日本と韓国は兄弟ですから」といったところから「では父親は誰だろう」と考えたことからだそうで、確かに現代の日韓の父は米国かもしれません。セウカンのパクリ元のかっぱえびせんがパクった米国のキャラメルポップコーンの話が出て来たり、中々面白かった。

ただ、政治をネタにするとどうしても違和感を感じるところもありました。劇中では中国が捨象されていますが、本来の"父"だった中華を据えて西欧と対峙するのか。しかし中共は「我々の領土を粛々と統治するだけだ」というでしょうが現実的に権益でぶつかる領土問題は些末なことだと考えるのか、或いは中共と価値観を共にできるのか。

"価値観のスタンダードを誰が握っているか"、それはこの観劇で一番心に想った事でした。劇中で大リーグに評価される日本人の野茂と韓国人の選手が描かれるのですが、メジャーリーグこそワールドスタンダードであるということで、"日本が異端"と日本人自身で思ってしまう事象。これこそ精神的敗北ではないかと想うのです。

韓国は分かりませんが、現代日本が始まったのは1945年だと想います。それ以前と以後では国が変わってしまったような意識が、自分にはあります。しかし断絶以前から受け継いだ価値が、勿論日本にはあります。

私はここ数年、ぶら美とかで仏像や仏画に目覚めたのもあったり、日本美術をかなり好きになってきたのですが、江戸の琳派に限らず、「このデザイン性、なんとモダンなんだ」と想うことがあります。その"モダン"には"西欧的"という要素が少なからず入っているのです。つまり"西欧的でモダンだ"と。

しかしそれっておかしくないですか?西欧がスタンダードになる前から日本美術の価値観の歴史の中にもそういうエッセンスがあったのに、現在の意識でそのことをディスカウントしてしまっている。本当は日本の美意識はもっともっと太い幹で肚に落ちる普遍的なものなのに、例えば"Cool Japan"的な奇矯なものにわざわざしてしまっているのは、不甲斐ないというか、恥ずかしいことだなぁと想うのです。凛として堂々とした背骨が日本人の感性にはあるのになぁと想います。

“凛とした”という意味では、この劇中のキャラクターのようなたるい感じではアメリカはおろか韓国にも勝てないだろうなぁと想います。米韓はとてつもなくハードワーカーですからね。ゆるい日本が落ちぶれていくのは、まぁ必然としては必然、国としてそういう良い心地を創っていく方にパラダイムシフトしていくのかなぁと思いますし、私自身はそれはそれでいいかなぁ、大国にはなれなかったけれど、とも思います。安倍さんはそうは思ってないようですが。

スタンダードを握られると、今回のテロでのフランスの注目とレバノン・シリアへの無関心の様な不利益が起きてしまいますし、自らの主張・価値観を伝えるメガ・メディアを持つことは大事ですね。逆に日本の場合は、劇中のイチローのように、政財・メディア界のエリートがCIAにやられてしまい米国の意向で動いているのは、どうにもこうにも…あいつらハードに働くからなぁ…という感じですな。

そういったことも含めて、価値観WARが全球を覆っているのだなぁと想います。思想・美意識・社会道徳、そして折衝能力・表現主張能力といった人文の力が、今こそ力を持つのではないかなぁと、今このblogを書いていてちょっと想いました。

C.F.として
合わせて楽しみたい展覧会レポをあげると
韓国人「日本の韓日食品博覧会のクオリティがすごすぎる」(カイカイ反応通信)

ガリレオ・ニュートン・ファラデー・キュリー夫人など歴史的書物を集結させた「世界を変えた書物」展に行ってきました(Gigazine)

そして神聖ブリタニア帝国の植民地とされ、呼称が「日本」から「エリア11」に、「日本人」から「イレヴン」と変わった近未来の日本を描いた『コードギアス 反逆のルルーシュ』なんかも興味深く楽しめると想います。
by wavesll | 2015-11-21 23:36 | 舞台 | Trackback(1) | Comments(0)